2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

女を極限まで調教していた友人の話





236 :なまえを挿れて。:2008/04/17(木) 23:04:49 ID:m5FuNvl30
少し間接的な体験なんだけどいいかな?

俺の友達でタクマってやつがいる。タクマは女に困らない奴だった。

いつだったかタクマとパチンコを打っていた時、タクマはパチ屋の店員に告白されたことがある。

何百人も客がいる中でタクマは店員に選ばれたんだ。よほど奴がいい男じゃない限り起こらない出来事だと思う。

しかもだ、タクマがパチ屋の店員から告白されたのは一度だけじゃない。

奴は俺が知るだけでも四回告白されているんだ。

タクマとして生まれてきたかったと何度思ったことか。タクマと反対に俺は一度も告白されたことがないし、ヤッたこともなかった。

正直俺はタクマを妬んでいた。一度も付き合ったことがない俺に、タクマはいつもヤッた女の話をするんだ。

時には飲んでいるときに女を呼ぶこともあった。タクマは俺の目の前で、恥じることなく女とキスしたり、乳を揉んだり、それ以上のこともやってみせた。

こんな奴車に轢かれて死んでしまえと思ったことは一度や二度じゃない。

だけどタクマに悪気がないことはわかっていた。タクマにとって女といちゃいちゃすることは日常茶飯事なんだ。だから俺が羨ましがっていると思ってないんだろう。


女の事以外なら本当に良い奴なんだ。

タクマは俺になんでも話してくれる。困った時はまず俺に相談するんだ。タクマが俺を親友だと思っている何よりの証拠だ。


あの日もいつものように、タクマは俺に相談を持ちかけた。

俺は頼られるのが嬉しくて、いつものようにファミレスでタクマの話を聞くことにした。

「この前さ、合コンで知り合ってその日にヤッた女がいるんだよ」

俺は少し落胆した。女がらみの話じゃないか。タクマが女で悩むことなんてありえない。今日は相談というよりも自慢話じゃないか。

「合コンから一週間たつんだけどよ、ずっと家にやってくるんだよ。もしかするとストーカーかも…」

女のストーカー。漫画やドラマじゃたまに見かけるが、現実で女のストーカーというのはあまりきいたことがない。

俺みたいにモテない男からしたら女のほうから追いかけてくれるという状況はまさに天国だ。何を拒む必要があるのかと思う。

あ、女がブサイクなら嫌かも。そう思った時、タクマがズボンのポケットに手を入れた。



237 :なまえを挿れて。:2008/04/17(木) 23:35:13 ID:m5FuNvl30
タクマはポケットから携帯電話を取り出し、合コンの時に撮った写真を見せてくれた。携帯の画面には、タクマとストーカーの女がうつっていた。

女は普通に美人だった。目は二重で大きく、実年齢よりも若くみえる可愛さだ。

かといってキャピキャピした感じかというとそうでもなく、落ち着いた化粧からは成熟した大人の色香が漂っている。

髪は黒で、毛先をカールさせている。派手すぎず落ち着きすぎず、男性受けがよさそうだ。


「この人に付きまとわれて何が嫌なの?」

俺がそういうとタクマは、もはや口癖になっている自らの主義を語る。

「女は使い捨て。一発ヤッたらバイバイ」

そうだった。タクマとはそういう男だった。

一度やった女に興味が湧かないタクマだから、女がどんな容姿をしていようと付きまとわれるのは困るんだ。次の女をヤるのに支障が出る恐れがあるからだ。


俺が納得すると、タクマは早速解決方法を求めた。

「何とかコイツを諦めさせる方法はないか。いっとくが口で言っても全く駄目だった。それ以外の方法を頼む」

無茶なことを言う。だいたい俺は女性経験ゼロだ。そんな俺が女を諦めさせる術など知るものか。

だがなにもアイデアを出さないというのも気が引ける。俺は適当に思いつくことをいってみることにした。

「その女がお前を嫌いになるような行動をやりまくればいいんじゃないか?」

「嫌いになるような行動か…なるほど」

タクマは俺の意見で閃いたのか、いくつか思いついた方法を挙げた。

「家に呼んで一発ヤッたあとすぐに追い出すとか、別の女とヤッてる最中に呼び出すとか、すげぇえげつないHするとか」

どれもこれも女が確実に幻滅するような行為ばかりだった。相手がストーカーだからといって許されるようなことじゃない。

タクマもそれはわかっているだろうから冗談半分で話しているんだろう。俺はそう考えてタクマの冗談に乗じて絶対にやらないであろう愚行の数々を提案した。


するとタクマは

「お前スゲーな!よし、全部やろう!」

どうやらタクマは冗談抜きで話していたらしい。

しかし俺が提案したことを実行するなんて不可能だろう。どんな女もあれを食えと言われて食うわけがない。絶対にありえない。

はずだった。



238 :なまえを挿れて。:2008/04/18(金) 00:06:20 ID:8b+jOaQP0
三日後、再び俺はタクマに呼び出されてファミレスにおもむいた。

タクマの表情は険しかった。

「それで、女はあきらめてくれたか?」

「無理だ。あの女はイカれてやがる。お前が言ったようにやったけど全然駄目なんだ」

タクマは俯いたまま深刻そうに話を続ける。テーブルの上にある灰皿には吸殻が山積している。

「俺が言ったことをやったのか…あれもか?」

「ああ、あれもやったよ」

「はいはい、嘘つくなってwさすがにアレは無理だろw」

「ちゃんと食わせたよ。椅子の上に座ってきばったんだ。ウンコを食ってほしいっていったら少し悩んだ後椅子の下に寝転んでくれたよ」

俺はしばらく信じなかった。しかしタクマが携帯を取り出し、女がウンコを食ってる写真を見せたとき無問答で事実を受け入れた。

写真には女の顔がUPで写っていた。口のまわりには茶色いヨゴレが付着していた。むき出しにした歯と歯の間には、茶色い歯垢がつまっていた。あまりにも現実味のない写真だった。

ウンコに現実味を持たせるのはニオイだ。写真からはニオイがしない。だからなんだろう。

俺は事実を受け入れはしたが、ウンコを喰らう女の心境が理解できなかった。

食った時の歯ごたえ、味、ニオイ、全てが想像できなかった。

「このほかにも、SMだとかいってゴムのロープで叩きまくったり、風俗嬢を家に呼んで見せ付けるようにヤったり、青姦やったりしたけど、全然駄目なんだ」

「アナ…」

「アナルセックスも、イマラチオも、パイパンも、フィストファックも、異物挿入も、全部やったよ!でもアイツは俺を好きなんだ。何をやっても俺を好きなんだよ!」

もしタクマの話が本当なら、女は常軌を逸している。まともじゃない。絶対にヤバい。


タクマは更なる解決方法を俺に求めた。俺は答えに戸惑った。あまりにも非現実すぎて想像できない。

「も、もっとやれよ。もっとイカれたことしてドン引きさせるしかないだろ」

気休めにもならない発言だった。

「もっとって何があんだよ!糞食っても平気なんだぞあの女は!」

「糞食っても平気なら下痢糞食わせてみろよ!フィストファックが平気ならスカルファックしてみろよ!世の中にはお前の想像を絶するようなプレイがまだまだあんだよ!あきらめんな!」



239 :なまえを挿れて。:2008/04/18(金) 00:39:17 ID:8b+jOaQP0
タクマは俺の提案を受け入れ、女に更なる変態プレイを強要することにした。

しかし女はあきらめなかった。どんなに酷いことをされてもタクマを愛した。


女とタクマの歪んだ性交渉は二ヶ月に及んだ。

その頃になるとタクマは女をいじめることに快楽を覚えていた。

女を困らせるために調べた異様な性行為の数々を一つずつ試していくうちに探究心を駆り立てられたのか。

それまでのタクマにとって、性行為とは女を落としたという証でしかなかった。簡単にできる性行為に価値を見出せるはずもない。

しかしそんなタクマが、ストーカー女と出会い曲がりなりにも性行為に興味を抱いたことで花開いてしまったのだ。性に潜む人の闇が。

生と死の狭間を行き来することが人生の本性であるのなら、肉体の破壊を伴う性行為とは生と死の融合、すなわち人の全てなのだ。

タクマは全てを手に入れた。本来なら一生をかけて味わっていくはずのものをたった数ヶ月で味わいつくしてしまったのだ。

タクマが味わった快楽は脳が処理できる情報量の限界を軽々と突破し、価値観を根底からくつがえし、タクマを変貌させたのだ。

いつしかタクマは、女を愛していた。タクマの欲望を全て受け入れる女に心酔していた。

俺はタクマの変わっていく様子を傍から見ていた。

女はタクマを求め、タクマも女を求める。考えていた結末とは違っていたが、これはこれで正解だろう。何の問題もないはずだ。

俺はタクマと女の関係を暖かく見守っていくことにした。


しかし問題は突然起こった。タクマは女にふられたのだ。あんなにタクマを愛していた女が、突然タクマに愛想をつかした。

女にどんな心境の変化があったのかはわからない。もしかすると女は男を振り向かせることだけが生きがいだったのかもしれない。タクマが女とヤルだけが生きがいだったのと同じように。


女にふられたタクマはおかしくなった。タクマにとって女は、全てになっていたからだ。

女がいなければタクマの存在理由すら危うい。タクマは生きるために女が必要だった。

だからタクマは女に付きまとった。よりを戻してほしいと必死になって。



240 :なまえを挿れて。:2008/04/18(金) 00:43:42 ID:8b+jOaQP0
女はしつこく付きまとうタクヤに嫌気がさしたのか、無理難題をいうようになった。

タクマを困らせて諦めさせようと考えたのだ。

どんな難題をつきつけられようとも、タクマは断らなかった。


今俺の手元には一枚の写真がある。タクヤを写した写真である。

よくみると満面の笑みを浮かべたタクヤの顔には、ところどころに茶色のヨゴレが見える。歯と歯の間には同じく茶色の歯垢がつまっていた。



 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様