2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

グズのような家族に人生を狂わされてきたがやっと幸せをつかんだ。と、思った矢先に。





1 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 11:46:51.92 .net
強烈な人生ではないが、そこそこ嫌なことばかりあった。



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 11:49:57.71 .net
かまわん続けろ


3 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 11:52:44.34 .net
ありがとう

2チャンネルを読んでいると、壮絶な人生をおくっている人が大勢いる。

俺の話はありふれているかもしれないが、ちょっと誰かに話したかった。



4 :名無おっ:2011/12/22(木) 11:54:22.84 .net
おれ山の中の田舎町で生れ、親父と袋がガキだったん

精神が子同士で結婚すると、とでもないとにる。





5 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 11:56:14.26 .net
親父は子だくさんの当時としては珍しい一人息子。祖母が溺愛して育てた。

母親はアホで、母親と姉に頼り切り。



6 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 11:56:59.20 .net
つまりどちらも経済観念が全くなく、欲しいモノは買うというヤツだ。



7 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 12:00:44.97 .net
親父は公務員だったのでその町では結構な給料をもらっていた。

でもお袋は適当に金を使う。

親父も欲しいモノがあったら買う…だった。

幼い時はよく分かっていなかったが、長男だった俺はそのうちすごい不安になった。

だって新しい家電製品がでたらすぐウチにある。

友達の家にもないのに。

お袋も店に行っては「安い!」と言って大量買いして、結局腐らせるということばかりだった。



8 :っさ2011/12/22(木) 12:04:42.69 .net
姉は工場で働いていた宿父もで働いていて、子供はなかった

それ俺や俺の兄弟達をの凄愛がっていた

ころ日気がついた。

金が無くたら、は姉に金を貰っていたん

いく尿がいいといって工場で働いだ。ボナスだない。

小学生だっが嫌な気持ちになっ



10 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 12:11:15.74 .net
当時、自家用車がそろそろ普及していたころだ。

親父は車が欲しいと喚きだし、ディーラーを呼んだ。中古車だったが買うことにした。

成約してセールスマンが車を持ってきた日、伯母夫婦がやってきた。

なんだろうと思ったら、伯父が札束を出した。

…表向きは借りたという事だったが、数十年後伯父に聞いたら「返してなんかもらっていない」と言われた。

俺の家の生活はずっとそんなだったんだ。

餓鬼だった俺の知らないところで、一体どれだけ伯父伯母から金を貰っていたのか考えると、鳥肌が立った。

18歳で地方駅弁大学に入学した俺は、やっと家族から離れられて気ままに学生生活を楽しんでいた。

…あれは大学三年だった。



11 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 12:18:44.58 .net
家から電話が来た。

父親の祖母ちゃんが同居しいたんだが、なんの事かよくわからん話だった。

帰省して尋ねても祖母ちゃんは口をにごす。

でもお袋の様子がおかしい。

親父はその頃、役所の中で窓際に座らされてストレスがたまっていたらしい。

モノは買う、ギャンブルはする(餓鬼の頃から賭博が好きだったらしい)で弟妹達はつらい思いをしていたらしい。

1週間くらいの帰省じゃよくわからなくて…って言うか知りたくなかった。

餓鬼の頃から親の喧嘩を止めに入っていたのはトラウマだ。

殴り合いの喧嘩を何とか止めなきゃと思ってチビの小学生が2人の間に飛び込むんだ。

だって弟達は泣いているだけだし、俺がやらなきゃどうしようもなかった。


そして俺は就職した。

もちろん田舎じゃなくてそこそこでかい都市だ。

慣れない仕事でなんとかやっていたが、そこへとんでもない電話が来た。



12 :名のおっ2011/12/22(木) 12:25:52.41 .net
慌てて帰ったら「離婚騒動」になた。

がサラ金から金をかいたのが理由だ。

の歳になって分かるん、多って犯罪者と似ようなもので、絶対に本の事は言わいんだ

確な借金は言わない。多本人正確額は分からなかんだろ

親父責めれてした金額は3千便円だっ

言葉もなかった。父は怒りうし中学生だった兄弟

祖母さおろおろするだけ。

そんなにるまでなかったは、祖状を父に隠ていたからだった。

でも…親父は何とかしよう思ったが、世間知らの田舎の公員だ。

も、県庁にいた昔の先輩が知恵を貸してくれ、今ゃ違法うが別な名目で金をてきた。



でもそれだ済まかったんだ。



14 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 12:33:11.85 .net
お袋は2人だけになった時、俺に言った。

「実はとうさんに怒られるからいえなかったけど、まだ他にもあるんだ」

いくらだよ、とビビってきいた。

「二千五百万くらい…」

頭が真っ白になった。

「とさんには絶対に言わないで」

そんなこと言っても…と思ったが泣くお袋をみて責める言葉もなかった。

お袋だけが悪いんじゃない。高給取りでもないくせに自分の好きなモノを勝手に買っていた親父にも責任はあるんだ。

俺はとりあえずお袋を問いただして、離れた市のサラ金を一軒一軒回り、お袋がどこにどれだけ借金があるかを調べていった。

やっぱり二千五百万円近くはあった。

何をどうやったら普通の主婦が五千万円以上の借金をできるのか。

俺は社会人一年生で、貯金どころかクレジットカードでさえ作れないくらいだ。

でもお袋はなんとかしてくれと泣く。

…どうすりゃいいんだよ。




18 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 12:40:04.56 .net
ものすごく嫌だった。でも頼れるのは伯母夫婦しかいなかった。

伯母伯父も心配していた。お袋と2人で行って土下座した。

今までしてくれたことも返せていないのに…。

伯母は姉ななので何とかしたいと思っていたようだが、伯父は義理の妹家族のことでしかない。

それに今までも普通では考えられない位のことをしてくれている。

俺は伯父に甘えたんだ。思い出すだけでも自分に反吐が出る。



19 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 12:43:47.38 .net
伯父は黙って聞いていたが、伯母に「出してやれ」と言った。

少ない共働きの給料から毎月貯めていた金だ。

翌日、伯母が預金通帳をもって、俺とお袋の三人でサラ金を回った。

伯父の老後資金は無くなった。

伯父は「お前が負担に思うことはない。返そうなんておもうな」と言ってくれた。

それを言われて俺は両親と自分を殺したくなった。



16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/22(木) 12:37:55.05 .net
④円

までだよな?

現在行形な?


21 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 12:47:58.91 .net
>>16 
もう何十年の前の話なんだ。


その前にひとつ話があったんだ。両親と俺で親父の上司の所へ言った。

もう問題になっていたしな。

そこで上司からお袋がまだ借金があったことが分かったんだ。

お袋は俺にまで嘘をついていたんだ。

もう犯罪者だよ。証拠を突きつけられるまでシラを切りとおすってやつだ。



22 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 12:55:06.62 .net
まあドタバタはあったが、何とかおさまった。

親父は三千万円を銀行に返す。

俺は伯父に二千五百万円を伯父に返す。

で、どうやってそんな大金返すんだ。

給料はカツカツ。毎月少しずつと思ったが伯父の性分からして受け取らないだろう。


バカと言ってくれ。俺は仕事に逃げたんだ。

何にも考えたくないから仕事漬けの社畜になった。

20代なら遊びたい、女の子とも付き合いたい。

好きになりそうな子もいたし、趣味が悪いのか俺と付き合いたいと言ってくれた子もいた。

でも全部抑え込んだ。言えねえよ。

「俺は借金ありますが一緒に苦労してくれますか?」なんて。

おかげで上司の覚えはめでたかったが、私生活では何にもない20代だった。

でもこれも大学までいかせてもらったことの償いだよな、と思いこませようとしていた。



23 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 13:02:28.15 .net
本当につらかったのは弟達だと思った。中学生、高校生の頃に家にいて両親の怒鳴りあいを見て育ったんだから。

忘れていたが弟一人と妹一人な。

20代の終わりに一つ大きな仕事の結果を出せた。

で本社に引っ張られたんだ。100%社畜になっていた俺は評価されて嬉しかった。

で、本社に行ったら、それまで以上にきつかったんだが、まあ当然だろう。

きつい上司にしごかれた。新入社員が周りにいる前で「辞めちまえ!」と怒鳴られて涙目にもなった。

新入社員達はドン引きしてたが。

でもこのまま頑張れば課長にはなれるな、と思って頑張っていたんだ。



そんな日、また電話が来た。

親父からだった。「お袋がガンになった」

両親はまだ50代だったんだ。



24 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 13:10:33.15 .net
上司に休暇をもらって田舎に帰った。

病状を聞いたら素人の俺でも もう治らないと分かった。

医者をやっている知り合いに相談したら、都会の大きな病院だったら何とかなるかもと言われた。

入院していたのは田舎の病院だが設備はよくて、何よりお袋の姉伯母もいるし、妹もいるからお袋は離れたくないと言った。

親父も反対したので無理強いはしなかった。

有給休暇をもらっては田舎に帰っていた。



翌年の夏、もう駄目だと聞いて田舎に帰った。

たまたま親父が仕事で居ない時、医者にあと一週間もちませんと言われた。

両親は喧嘩はしていたが、お互い子供なので普段は仲が良かったんだ。子供の俺から見たらDQNのバカップルだったが。


そしてお袋が死んだ。妹は結婚相手がいたんだが遅かった。



25 :名無しのおっさん:2011/12/22(木) 13:19:01.22 .net
葬式も終わらせ、初七日が終わって俺はまた社畜に戻った。

親父は古かった墓を建てなおすと言っていた。

がっくりとはしていたが、甘えん坊の親父にしてはきちんとしていたから、心配していなかった。

まあ、この分だと大丈夫かと思っていたんだ。



上司に怒鳴られる生活に戻って二週間後、毎日のことでフラフラになって深夜アパートに帰ったら、田舎から電話があった。

弟で「親父が倒れた」と。

何かの冗談かと思ったが、電話は病院からで、看護師に病状を尋ねたら「すぐ来てください」とと言われた。

翌朝一番の電車に乗り、田舎に帰った。

本当になんの冗談かと思っていた。

病院に着いたら、もう親父の意識はなかった。元々高血圧だったので頭の血管がボン!

そしてそれから数日後親父は死んだ。

今度は俺が喪主だよ。一か月に二回の葬式は嫌なもんだ。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:泣ける話, これはひどい, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様