2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

先生を好きになった話




http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1640005780/


1 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 22:09:40.65 ID:Pk87g7PTa.net
友人と話してて懐かしくなってスレ立てた

書き溜めとか無いし遅いけど語らせて



3 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 22:17:42.55 ID:Pk87g7PTa.net
出会った当時

主 高1男、割と高身長、運動部

先生 25女、めちゃ美人、体育教師、少し小柄


可愛い感じの人だけど体育会系だからキリッとした顔してて美人な先生いると俺らのクラスで話題になってた。

他のクラスも同様にざわついてたらしい



4 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 22:24:31.25 ID:Pk87g7PTa.net
初めて話したのは部活に行く時

当時テニス部だった俺はテニスコートまで全力疾走で先輩(笑)のために準備したておくのが日課

先生は体育教官室から いつもそれを眺めてたらしい



5 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 22:24:35.67 ID:33wOHIA/H.net
似たような話を聞いたけど同じ人?



6 :き被体774号+:2021/12/20(月) 22:28:56.79 ID:Pk87g7PTa.net
>>5
違うこと立てたことあど この話するの初めて。スレ立も4年くらいだ


「俺変だね!」

「いえ!1年なで当です!」

頑張よ。なっサイくれよな」

俺「頑張ります!


て話しけられて心臓が尿び出た。

顔で手を振っくれ、その日もの何も先に仕た。



7 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 22:32:31.62 ID:Pk87g7PTa.net
夏休みまでは昼休みに廊下で会うと少し話したり、体育の時にちょっかいを出される程度で、部活の顧問でも担任でもない先生と関わる機会は そんなに無かった。

そんな中、1年の秋に俺にちょっとした悲劇が起きた。



8 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 22:39:13.47 ID:Pk87g7PTa.net
俺は病気にかかり、学校に行けない日が増えてきた。

通院、自宅療養の毎日で、少し鬱になっていた。

友人から心配のメールをもらい、かなり支えられていた。

「お前が学校で倒れたりしたら背負って病院かけこんでやるから来れそうな時来いよ」なんて言ってくれる友人までいた。

そんな彼らの支えもあり、体調の良い日は学校に顔を出すようにした。

クラスメイトたちはできる限りのサポートをしてやると意気込んでくれ、なんとか復帰しようと努力した。



10 :寿被検体774号+:2021/12/20(月) 22:48:43.50 ID:Pk87g7PTa.net
下この先生をR先(イシャル表記します。


れから何ヶ月かぎた冬休前のある日、R先生が室にけにてき


R先生俺くなんかに負けてんの?笑」

俺「いですんなに迷惑かけませ

R先生「あるから、放課後体育科の教れる


終始にこやだっだった何と予感がした

、学主任の生から席日数に関する話った。このまだと留年になと。

しかし思うよう常を送ない俺にとっては もう方塞がりあり、また鬱にりかけていた

そんR先生からの呼出し。美人な先生とこんなたくないしと余計鬱になりそう




9 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 22:46:28.43 ID:zJh/jFQG0.net ?2BP(0)
kwsk


11 :名も被検体774号+:2021/12/20(月) 23:05:37.55 ID:Pk87g7PTa.net
>>9
診断はメニエル病?と書かれて気がする。


だ同時的肉体労も重なり神経系に異常が出ていて ずっとる→急搬送→自療養繰り返



放課後、俺教官室へ向


。」

R先生「うい〜」

ドア開け先生椅子にもたれかり伸びをしてた。他に先生はおらず2人だけ空間に妙にドキドキし


R先今日は調大丈夫?

俺「倒れたらH(ってryとてた友人がいでく綿らしいので呼んさい」

R先生そうなんだ。若いっていいね〜笑」

先生も若ですよ。」

R先「四捨五入で三十路だ。おゃんまっしぐら笑」

俺「話ってなんで

R先生2つあるけど どが先がいい?1か2で

俺「じゃあ1で」

R先生「わかっ〜。俺くん、もう出席が危んだあと3回休むと留年になる」

「そういう話だ思いました。」

R先「勘のだよ〜笑」

「学年主からいて簿も説明ましたから」

R先生「それでね、提案なんだけートどう?」


先生によると、をしなくてもレポートの提出で出席扱しよという提案

し そこには大きすぎるリると思った。


「先生姿るんゃないですか?それは嫌すよ。」

R先生「大丈ッサンたち私ことから私のやるとに文句言わない〜笑


正直戸惑ったが、この話に関保留てもらった。理後述す


「もう一つの話ってなんですか?」

R先生「そう!その話したかったんだよ簿!」


手を叩くと書類に向けていた目を俺に戻し、を足と足触れギリギリまで近づけきた




12 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 23:09:17.75 ID:ts25TBhzM.net
(;゚д゚)ゴクリ…


13 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 23:18:49.33 ID:Pk87g7PTa.net
ドキッとした俺は視線を下に落とした。


R先生「俺くん、何か悩んでるでしょ。」

先生は少し上目遣いで覗き込むように視界に入り込んできた。不覚にも可愛いと思ってしまった俺は口元が緩んだ。


R先生「あーやっと笑ってくれた〜。今日ちっとも笑ってくれないから嫌われてるのかと思ったよ〜笑」

俺「先生を嫌う理由なんかないですよ。悩みも そりゃ思春期ですからありますよ」

R先生「私に相談しろっていうことじゃないよ。相談相手はいる?」


この時の俺は学校を中退することを考えていた。しかし中卒になることで親がどう思うかと考え、そのことで頭はいっぱいになっていた。


R先生「相談相手がいないなら、話せることだけでも聞いてやりたいなって思ったんだ。いるなら余計なことしてしまってるかもだけど」

俺「ありがとうございます。優しいんですね。」

R先生「お、もっと褒めろ笑」

俺「美人で優しいなんて完璧ですね」

R先生「美人?!言われたことないよ〜。しかも私料理下手くそだから完璧なんて程遠いよ」

俺「あー料理できなさそうですね。不器用そう」

R先生「あ!バカにしたな〜笑」


そう言って俺の頭を乱雑に撫で回した。

この2人の時間がずっと続けばいいのに。そう考えていたが、現実はそうもいかない。


俺「先生、もう部活の時間じゃないですか?」

R先生「ほんとだね!俺くん、話したくなったらいつでも言ってこいよ〜」

そう言って先生は俺に封筒を渡して部活の練習場へ走って行った。

目の前は野球部のグラウンド、薄暗い空の代わりに照らすナイター照明は、先生のためのスポットライトと錯覚するほど俺の中で先生に見惚れていた。でも好きとは違う感情だったと思う。

俺は封筒を鞄にしまい、家路についた。



14 :も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 23:25:48.91 ID:Pk87g7PTa.net
に着く思いした、布団にイブしばらく動かった。

あんな楽しった時間は振りだうか。

っと病気とで悩みいた、気分は落ち込みっで友話していて どこ空の方が多った。

も気をかけててい友人に迷惑をけたかった為、悩みしたことはな

孤独感とかったが、1人考える重すぎる内容に、俺は どうても来が暗いもしかえられなかっ

になてみようかとたが姿からどう話しいいかもらず布団中で婿ウジウジ考沿てい

ったことを思い出、飛び起きて中席票い込と、丁寧織りまれたフだった。

手書きのメッージ入っていた。



15 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 23:37:34.85 ID:Pk87g7PTa.net
「俺くんの全力疾走が見れなくなってもう3ヶ月だ。

先生は寂しいぞ〜。

あの頃の先生、本採用になって間もないから仕事キツくてしんどかった。

でも俺くんが毎日全力疾走で私の前を駆け抜けて、練習終わって先輩達が帰った後ずっと居残りで練習している姿を見て、私も負けないように頑張らなくちゃと元気が出ました。

あの時は私が助けられたんだから、今回は私が俺くんを助けたい。おせっかいなババアでごめんね。

でも私は恩返しがしたい。

悩んでることを話したくなかったら、辛い時に雑談でもしよう。

その気になったらいつでも話しにおいで。」



こんな感じだった。

先生はその手紙の最後に、携帯番号を書いていた。その下には「口外禁止だ!怒られちゃう泣」と書かれていた。

少し可愛く思えた。


手紙を引き出しの奥にしまい、この日はゆっくりと眠ることができた。



16 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 23:47:50.33 ID:Pk87g7PTa.net
冬休み明け、俺はまた学校に行けないでいた。

担任もいい先生で毎週月曜と金曜は先生の家から反対方向の俺の家に わざわざ家庭訪問まで来てくれていた。

来いとは言わず、顔だけ見に来たと言い、両親を交えて少し話をして帰っていた。


1月の中頃の金曜日、先生が少し深刻そうに訪問してきた。

予想はついていた。


担任「俺くん、もう出席日数のギリギリになった。」

担任は全ての教科の出席日数をカウントし、残り何日と書いてまとめたものを作ってきた。


担任「病気で来れないのはわかるけど、留年はしてほしくない。発言も何もしなくてもいいから授業だけ受けない?」


自分で言うのもなんだが、そこそこの進学校だったため勉強は人並みには できていた。

志望校も名古屋大にしていたこともあり、学校からも少しながら期待はされていた。

しかし、それがプレッシャーであった。


両親有名4大卒で父はそこそこの名家。

その家の長男である俺は親戚からの目も怖く、それで体を壊してしまっていた。


後から聞くと両親は気づいていたようだが、俺が何かしらアクションを起こすまでは待ってやろうと父が決めたらしい。



17 :名も無き被検体774号+:2021/12/20(月) 23:58:01.87 ID:Pk87g7PTa.net
担任「R先生も心配してたよ。私も家庭訪問行きたいって言ってた。みんなサポートしてくれるしできれば来てほしい」

俺「わかりました。できるところまで頑張ってみます。」


R先生にも会いたかったし、久々に登校した。

相変わらずクラスメイトは温かく受け入れてくれ、来れる日は来るからと言うと、7キロ離れているHが自転車漕いで俺を迎えに来てくれるようになった。

両親にも

H「何かあったらご連絡します。その時は俺がこいつの手足になりますのでご安心ください」

なんて言うから惚れちゃうよもう。Hとは今でも仲良しです。

1月は2人で登校、2月になると他に来てくれる友人が増え、5人で登校するようになった。俺は今でも こいつらには頭が上がらない。

2月の初め、いつも通り登校すると、正門にR先生がいて目が合った。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 青春, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様