2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

俺が寝てるフリをしている隣で、女友達の一人Hを始めてしまった




カッの部と俺婿達のは隣合わせで、女友達が寝てのベッドカップルの部屋側の壁に沿って置いてった

12時をだったと

タッとい音でし目 めた。

隣のからヤラシイ漏れた。

あ…ヤッテル」完璧に目がめドしてた。


の時ガサと女友達がし顔を上げて俺方を見た。

別に、しい事をした訳も無い嗟にり、寝した。

を閉てても視じる

目気味に目を開けると、女が俺が寝てるかして壁に耳を付けて


うわっ聞き耳立ててる」女友達の見ては行けな部分というか、むつりな部分を見感じで これだけ俺はドキし

けど、隣では正にHの最中。も、付き合いの長い人と彼女

さすに、俺ベッは壁からくて、友達の彼女が大きい声を上げな分からない(さっき聞こは相気持かったのか?)

何だか、女友達が羨まく思い寝リしてても つまらないからっその事きて女友達と二人で盗聴した方しめそう、起ようとしたその時!

女友達の手がソロロ〜と布団の中に入ってた。

ま…!!分の目

友達が、布で確認は出いがオナニーをしては状況からも確実。

解りやす説明すると

あぐらかいて片方の足のを立状態で布団が掛かってい(俺が寝てる方が布の中。

奮が止い。


息を潜めて鼻息がバレな団を顔半分まで隠した。

ザサとシーツが擦る音が段々早まる。

膝を立ててる方の足が小刻みに左右に友達ぅふぅ…と鼻息漏れ

隣の部屋ら、

「…

人の彼女の声が聞こくるが、今ではの声すら邪魔思うくらい目の前光景に釘付けだっ

実際、達の方が俺好みだったるが 中々オーの場面なんて見られないら。

フン…フンッフゥフッフッ」




てこった。鼻息がに興奮するなて。

達も凄い死に息を潜めるが、隣にバレなても俺は騙

豆電球のオレンジがいやらし女友達を照らす

が上半を揺らす。

支えにしてた右腕が痺たか?壁に寄りかる様にしてまた耳を壁に付けた。姿

その

が手を替えた。布団がズレ

背中から おしりの上半分が剥き出しになっ

薄ピクのチビーフパンツ、下着が覗く。

わからないぽい


るくバサした性格で人懐っ達が、動物的というか必に壁を擦り付け、ソコを擦る。

左手胸をる。右手が股を擦る。

バイ…らしすぎる。

みに前後させてる女友を見ながら自腰が動いて今にもバレそ稿だった

とうとう友達がTシャツの中に手を滑

背中とそして ふっくらしたを覗かせた

ーブラだ!!柔らかそう胸があらになっ

が、乳確認ない。

豆電では暗いしい。横か見え


女友達は我をれたかの様揉む

いやらしく揺る胸。今すぐにでき付きた

けど、今係にヒビのが恐くてジッと見てい一杯の俺

「ん…ん…ぁっ


友達が声漏らした。普段聞た事の無い艶っぽい声

の部屋かは俺にも分あえぎ声が漏れてき


隣「あぁはっはぁぁぁ、やっやっやっ」

友「っんっくぁぁ稿


手の動きがくなる。

隣の部屋から、今にない大きな声が一瞬だが聞こえた。

頂を迎えた声なのだろう。急空間


達の動止まる。

耳を疑様、壁を強く当てた後、ッド横になった。

ッたの

…残貿された俺のに飛込んできたのは、シーツを口にくわえを細めている女友達だ

「んっ…ふっんんっふっっふ

だ彼女は終わってなった。自分の世界に浸ってる。


困っのは俺だ。

m先繰り広げれるな光目の体中が言うない

奮える。バレたくな

今、俺と女友達は立場は違えど、まるで称にした様体勢が一緒だっ

体をめ布団顔半分まで覆い奮えいる。

荒い鼻息を必死息に誤魔化し耐える俺

友達の眉毛上下にスドする。

覆う布団が小に揺れ速を増した時女友達が自だけを淫ら布団から出した!

腰のれから膝に掛けて服の確認が来ない…。

便には、らさた綺が光っいた

いでる!…俺のが頂点に達する。

布団両足で力一挟む女友達

という音が聞こえてきそうな程、太股が揺る。右手手首から先を隠ながら肘を揺

「チチュチュ…クチ

れな擬音が耳にび込んできた

「んっんっん(チョ…クチョ)んっはっんんんふっんはっ(クュッピチャ)…ふぅぅ…はっ

このだけが、部屋響いる。



ギンギ硬く分の息が言事をかない。

んっっんっんっんっはぁっんっんっっはぁっんっんっはっはっっんんっっんっはんっ!!」

「ん…ん…ん…ふぅ」

余韻に浸るかの様に、右手をっくらす女友達頂を迎え様だ。

時折、俺の方をんだ目で認してる様に見えた。

手の中指ととなく合せて。愛液を伸ばしているのだろうか。

っくりと体を起こし静かにドアを開けバスルムに消える女達。



端 飛び起きる様に布団から出る俺。

寝巻のハーフパンツ中をくと出ちま数億匹が。てるんだ…俺。

が正しか分からなっていた。

いい歳こいな事しちまったよ。

け組の俺は、ティッシュでき取りめ息混じりに女友達のベッドに顔を埋

自己嫌悪に陥りな行取る俺かにしいた。

「パタン

バスルーから女達がきた。寝するも間合わない。たばこ火をつけた

うわっ!ビックリした。えったの?

明らかに動揺を隠せずにいる女友達。そりゃそだ。

豆電球のままたばこ。何やてるんだ俺

っうん。ア開けたで起きちゃった」

「ごごめん。電気…けよっか?」

明るなっが眩む。

とう

ごめん起こちゃったみた

『あっうん

「い…いつから起きたの

『えいやだからドアが…

「本当に?」

えっうん。あ〜俺もトイレ



逃げる様に、トイレに駆込んでしまった。

、トラがドロドロ。ら、情けなくないた。

綺麗にたものの…気まずて、中々トイから出られない。


つまトイレいても仕方無いので部屋にった、女友硬直した様にベッドにけたままだた。

赤ら座る姿らかに動揺してる。俺もそうなのか?

たばこつけしだ

あっめんイレ我慢くて』

たばこつ手が落ち着かない。えてる

「どしたの?…何変だよ。あ…寝相悪かったのかな?

必死にまかす女友達。

『いや、そん無い

えっえっな…何で知ってるの?

ばい。寝てる俺が知る由も無いを言まっ

あっいや、そのほら気ならなか

…」

…』

「もして…見た?

『な…何を?

ううんもない。ごめんね、寝る所起こしちゃって

うせだから、少しむ?


、バレたくない事があて後ろめたいから退もコソコ見てんて、バレたくなか局最後の日も酒を飲

音に殿付いた人カップルも、寝室出てきて飲んだ。

を飲む前から全員の顔がてるのが何不思議な光景だっ

結局今の今までこの事は誰にも言ってな何かヘタ開でごめん。

女友達いい奴だし、傷く様な言えないよ。

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション, 異常シチュ, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様