2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

最高の形の意趣返し




もう5年ぐらい前の話で・・・

A子は、大時代のサークル仲間で小柄で鈴あみ顔立ちだ、サのアイドル的感じでし

沿業前の飲みで距離がり、付き合だして、そのままプロポーズして、就てすぐに結婚


当初はってたのですが、結婚しいからのほうを拒否されはて、セックレスにりました。

あ、付き合ってたら、A子クスがあまり好きはないと言ってましたし(処女ではなかったですが)、ってもと貿回数 あまかったのあっも それほど気はいませんた。

まだ二かっので子まだ先でいと思ってました。



セッスレになって2年過たあた頃でした。

を出、30前後らいの簿姿が立おり、こっちて会ながら近づいてきました

も高人とる顔立ちでスタイ良かっんで、ちょっきしつつなんろうと思っているとBの妻のC美と言いんにって来ました」と言いました。

Bというに聞 覚えが無く、はぁと返、促まにの喫茶店ました

「単直入に言いますと私の夫のBとなたの奥様のA子さんは不倫関係りま

「はぁ?」

われてかさっぱりわかりませんでした、わからなです・・とした瞬間にC美はばんからぱきと書類を出してに広げました。

「やっぱり知なったようでね。とあえずれを見さい

俺は震つかみっと見いきました。

どうも浮気調の結果のようで何月何会って、と細かい内容が書いてありました

写真貼り付られてるのもあり、見知らぬを組んでテル入るとろと出るところ影されのは、間違いなくA子でした

C美は、知らなかったなら驚れるのも無せんね、と告げ淡々てくれま宿した


Bは、A子と高時代の家庭教師だたこ

係は、再会した2年前とい

2回婿的に会ってること。

を見くとなんとウチにA子がBを迎れてるのあり土曜日に、毎週ウチへ来ていた(俺は土曜は出日)

は離婚するつもりですA子さんは慰謝を請求させてただきま。俺さんは どうされるか任せますA子さんと離婚さつもりで料を

離婚するにって有利います。とC美淡々話しました。

えっっとけ時をもらてもいいですあまに突然ょっと混沿してしまって」

無理西もないす。いずれにしてでににはで一以内には、お宅へ人とうつもりでまでうされるか考えてださ

C美はそういと手際よく資料を片付けて喫茶店の払いをて出いきました。


俺は その1時間喫茶店で悩だ末にないにはいかなっのでた。

A子はつもどおりの顔で おえりをくれましたが、も顔まともに見とが出来に、今日は疲れたのぐ寝とだけ言って部に篭西りまた。




A子をと今の喫茶店での話は、悪い夢ったんじゃないかと思えてきます。

けど、ックスレスはそれほど気てなかたとはいえ、別の男とやってたとなると話す。ももやしたなかが胸離れま


分でえた休日俺はA子に たまには買い物とか出かけたらと告げ、外に出ました

A子は、そんなことを最初は訝しってが、いうのな出かけてまし

んな姿を見てると とても浮気してようにえず、が鈍りそうでしたが考えていたとおり、寝室と居間イク掛けました。

インタはやていたものの、AV機器には疎く、いろろネ調べた末に購入しきたものす。

事、カメラも仕掛け終わり、俺にて今でで一番い一週が過ぎ


変な どどきとまないまま、イヤホンをつけて部屋のつけ曜日の画像確認た。

おかえりー

A子の明るい声が入っした

・・おかえりってどうことだ?

男の声で ただいまとも入ってしたが、こちらは あ元気のある声ではありませんでした。

「じゃ、今んなのをしてみました。実家から送ってもらったの。高校のときのー。だ私も捨のじゃないでしょセンセこういうのきだしw

んとA子はブレー姿した、とA子は見もない・・・

真でBの姿でした

あの姿今日は話に来たんだけ・・・」

えーー、さきにえっちしないの?せっかくってたにー

「い、なんかに気づてるよするんだ。だから、く来ほうが・・・」


ガシャン!という音がいき便なり響した。

心臓まるかと思びっしました

「などうせ離婚するんしょ!いい!」

、前に言ったとおり西離婚できいよ、いろいあるそれに君だって俺君が居るじゃないか」

それはセンセが早く離婚してくれなでしょ!が離使たら、私の すぐ俺君離婚するわよ!ももと好きで結たんじゃないんだし!

つんと頭を何かでれたかな衝撃ました。どういうこだ・・・?

「それはちっと俺君に かわいそうじゃないか?殿彼は君とが好きなんだ?」

俺君の気持ちなんて どうでもいんじゃい!私がなのセンセだけ」

そういいがらA子Bの腰のたりで ももぞしはじめした。

「センセ外とういうことしよとすると吐だも。センセが私をの頃にこんな身体にしたん綿じゃない

Bはうう、とうめきまし

・・フェラしてやがる

俺は頼ことすら出来なかったに。

「ふら?きもひいいひょ?ほんおおひくってるひ」

しゃぶりながら喋るA子は とA子ん。

口を離す手だけBの股間にあるBにを近づけて言いまし

「センセって奥さ こんなこしてもらたことないって言ってたゃない私だったら簿 なんでもしてあげるよ毎日でも」

で、でもさすがに離婚は、いいろ私立場があっ・・」

A子は、咥えはじ湿ました。

Bはぶつつとまだ小ってましたが聞き取れず、そのままうめきをあげてました。どうやらイったです

Bはき直のか、そまA子のスカーをまくりあて前戯もに後ろから突入れました。

チイイとかきとか愛してるとか、A子は獣じみた叫びをあげながら受け入れした


俺はさすがにれず、ドホンして動だけ早送た。

A子が騎乗位で腰をってたり、Bの舌をいたりというシーンが矢継早に流いきました



った後、俺は脱した

ちや怒りはいってしまうほどのョックでただ脱するのみでし

決まり、C美へ話をした。

例のですが、私もA子と離婚することにした

うですか、と感情もせずに淡々と言C美少し腹立ってきました。

資料らうだけで申し訳ないので私もを取りまし。それをししたのでが」

証拠はもう分あるので・と宿うC美にそう言わずに是ということでう約束を

DVDにいき、お互いに手持ちの拠を渡して別れま


静になって動画の内容を返し見るとA子のうがBに惚れてのは間違そうで宿婿

時代といからは、家庭教師のころになかあったんでしょ

私のるのックス対する潔癖なA子は別人ように乱でBに奉仕してま

まあ、実は潔癖でもなBに操を立てていというのが本当だったのですが・・・


いずれに話の中ったようにC美がBをしっか捕まえていれば、こなこならったんじないかと・・・

明らかに逆恨みな当時でもわかっていた、そういう気持簿なってたのも確かでした



こから先の展開はかったです

Bと簿C美はウチへれ、A子への慰謝料請求の話と弁護士に任せた旨を伝た。

俺もそのでA子に離婚し申し入れ、慰謝料請求をせてもらう話を




A子は、夫と浮気相の妻から同時に慰謝請求れ、地に立れているはずなに、満面のべてだけでし

Bはただ、喜んでいA子と対照赤い目たままただうなだれていました

俺はすでに こうう結ことを覚悟していた、そのきはまり慨はありませんた。

その、俺はなかC美が気、C美の顔をじっと見てしたが、へ浮気の話を告げきと変わい表で淡々としてした

ずっと押し黙っBが口を開、俺に向かって「謝って済むことじゃなど、君に済まないこをしけ言した。

俺は「いえ・」としえませんでた。

姿、こ況で喜んでみるA子の気味悪さ、嫌悪感と対的にBに対するりは失せていくのがわかりまし



日のうちにA子は実家へ実家のA子の親からはだけ謝罪を電話越受け

C美とへの慰謝料は相場か考えると かなり高額したが、A子の親は裕でしたらへの慰謝料一括でまれました

離婚届もA子からものに捺印し、俺が提して終わりをた。

く銭だけが残り、どっち夫婦も子供が居なたの幸いだいう変けが残りた。宿



から半年後、C美かがあ綿た。

「話をしたいので間取れま?」と・・

となになっあっ会いにいきました

「あの二人、籍を入れたみたいね」

見る なり、C美はそうました。

「はぁ、そうすか

「あまり驚ないすね

「まー、A子のつもりだったみたいでし、そうなるろうなと

Bからの分割の一括で払われてきたの そうないなと思ってました。


「あれか絡は取てないのですか?


取るわしょ。DVD見たんでしょ?2年以上やっていながらいとしか思れてなかったんで夜も拒否てま。そんな女に連絡取りたいなんて思ずも


C美はを伏て思より切れですね、と言いまた。


「そういうC美んは、思っより割り切ないいですね。んな顔いもしたよ」


・・・・」


分であれだ仕切って、進めておいて何をまさらとした。

んなを言ためだけ呼びしたのか、とも。

う思ら、また少し意地悪をしたくなりました。

C美さんはBさんに実は未んじゃないで?そんなんだったら離婚しなきゃよたのに」


「・・・Bの気は許せませBは私じゃ満足してたっ、A子さんのほうが良いよう


「はぁは許せないのはわかりまけどBさ西明らかにあなたのほうへいでたけどね。それにて・・あなろもレスだったんしょ

C美はきっと俺を睨んできました


レスだったなら満足も何もないでし。そゃ若い女に惑さっちますよ

で俺は嫁の浮気だったBを擁護てんだ思わなく姿なか殿ったでが、なんとなく自そんな言葉が出てしました


どうせ、妻のに胡いて旦那に優しもしなかんで?」

けたところ思いっきりひったかれました。

「ぁんた何がわかるよ・・・」

C美は涙目になっう言いました。

がちゃがちゃとバグから布を出し、その店の勘定を済ませる店を出てした


ま、思よりわりやすい人だなと思いすると店の外にC美が居ました。

まま無言で俺の服の握ると俺を引って歩いていきま

ょっ・・言い過ぎたのは謝りま


あなた悪いといでしょ!」


して、そままC美が引ってブホテル

・・・マジっすか?

イヤならいいわよ」

「いや、気が変いうちに行きましょう」

俺もなんだかんだいってレスが、欲求不満だったのは事実です。

それにこんとヤなら、願ったり適ったりです

、呼び出されたとき何も待しうと嘘ですし。

ラブホで部屋に入ったと同時にC美のタイトストを捲り上げて股間に顔を突み。

ちょっ・・ちょっと!シ・・

「そんなんいいですよ、おれういい好きなんで」

っこの・・・」

うどうともなろう、どうせなら好き勝手やてやでした。

A子にはを使って出ったこととかも。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様