2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

最高の形の意趣返し




5年ぐすが・・・。

嫁のA子は、大学時代のクル仲間で、で鈴あみにた顔立ちた為ドルでした

大学前のみ会で距離がくなり、付き合いだし、そロポーズて、就職便してすぐに結


初はまくいってたですが、結婚してすらいから夜のほを拒否されはじて、セックスレスになりした。

まあ、付き合って西た頃から、A子はセックスがあまり好きでいとてましたはなです)、それもあもと回数も あ多くたのたのほど気にしてはいませんた。

まだ若かっので子供も先でいと思っ



セッレスなって2年ぎたあたりのでした。

会社を出たら、30前スー姿性がっており、こっちを見て会釈しなが近づいてきました。

背も高くと言え立ちでスタイルも良かったんでどきどきしつつなんだろいると「Bの妻のC美と言ます。にお話があって来ました」と言いました。

Bというに聞えが無、はぁと返て、されるまに近くの喫茶店に入りまた。

調刀直言いま私の夫のBとたの様のA子さんは、不倫係にあります」

「はぁ?

最初は何を言さっぱりませんでした、意味がわからないすが・・おうとした瞬間にC美は、かばんから てきぱきとを出て机の上広げました

「やっったうですねず、これをい」

俺は震える手で類をつかざっと見ていきた。

浮気調査の結果ので何月何日会って、とか細かい内容が書いてありまた。

貼り付けられのもあり、男と腕を組んでホテルへ入るところと出るとろを撮影されてるのいなA子でした

C美なかったのなら驚かれるも無理はせんね、告げて淡々と説明してくれまた。


Bは、A子と校時代家庭師だたこと。

は、再会した2年前からということ。

週2回定期に会てること。

写真を見ていくとなんにA子がBを迎え入れてるのも、土曜日に毎週へ来てい。(俺は出社日)

は離婚するつもりですのA子さん宿謝料を請させいたす。俺さは どうされるか任せます、A子さんと離婚されおつりでしたら資お貸しします。」

たって有利になると思います。とC美は淡々と話しました。

っとちょっと間をもらってもいすが、あまり突然のとにちっとしてしまて」

「無理もないです。いれにしてに弁護士月以内にはお宅主人りでのでれまうされか考てください。

C美ういと手く資料を片付けての分喫茶店代を済まて出ていきました


その後1時間喫茶店で悩んらないわけにはいかなったで家に帰りました。

A子 いつどおで おえりを言ってくれましたが、俺顔をまとが出に、今日は疲たので す寝るとだけ部屋に篭りまた。




A子てると日の店での話は、い夢だっゃないかときま

ックスレスれほど気にし尿かっとはいえの男たとるとは別ですもやもやしたにかが胸を離れまん。


気分で迎えた日、俺はA子に たまには買物と出かけたげ、外に出しまた。

A子は、そなこを言う俺に最初は訝しがっういう、と出かけていきまた。

んな姿を見てると とても浮気しているようには思えず、心が鈍りそうでしたがえていとおり寝室と居間にカメライクを掛けまし

ンターネットはってものの、AV機器疎く、いろいろネットで調べた末に購入してものです

、カメラも仕掛け終わりにとってまでで一番長い一調週間が過ぎま


変な どきどがとまらないまま、イヤホンをつけて、部屋に土日の画像を確認しま

ンセおかーー

A子明る声がてまし

・・・かえりってどううこ

男の声で ただいま入っいまが、こは あま気のあではありまでした

「じゃーん、日はこんなのを出してみました。実家ら送ってたの高校のときの制。まだ私も捨てたものないで?センセこういうのだしw」

なんとA子はブレザ姿でした、というかこんA子は見こともない・・・。

真で見たBの姿した。

「あのさ、今日は話に来たんだけど・・

「えーさきっちしいのせっかく着てってた

や、なかさ、妻に気づかれてるような気がするんだ。だら、ばらく来うが・・・」


シャン!と姿いきり響きまた。

も心が止まるかと思どびっくりしました。

「なんで?!どう婚するんでしょ!いじ

「いや、前にもったとお まだ離婚はできないよ、いろいろあるし、に君って居るじゃない

「それはセが早くしてくれないでしょ!センセが離てくれたら、私のうはぐ俺君と離するわよ!もともと好きで結婚いんだし!

がつんと頭を何か殴られたかのうな衝撃を受けました。どうこと・・?

ちょっと俺君に かいそうじないか?彼は君のことが好きろ?

俺君の気持ちな どうでもいいじゃなのはセンセだけ」

ういがらA子はBの腰のあたりで もぞもしはじめました。

「センセ以 こういうこしよとするとになるんだもの。センセが私を高校頃にこん身体にした使ゃな

Bはうう、とうきまし

・・フラしてがる

俺は頼ら出来なったのに。

「ふぉら?いいでひょほんなにおおひくなるひ

しゃりながら喋るA子は とても俺知っA子とはません。

離すと手だけBの間にあるまま、Bにけて言いました

「センセって奥さんに こんなことしもら宿ったとないたじいのだっんでしてあげるよ。毎日でも

でもさすがに離婚は、いろ沿私にも立があって・・・」

A子は、またえはめまた。

Bはぶつとまましたが取れず、そのうめきをあてまし。どうやらイっうです。

Bは開き直ったのか、そのまA子カートをくりげて戯もずに後ろかられました

キモイとか、好きとかとか、A子は獣じみ叫びげなら受け入した


はさすが耐えれず、ヘホンをはて動画だけ早りしました

A子が騎乗位で腰振ってBのに舌を這わせて喜んいたいうシーンが矢継ぎ早に流れていきま



終わった後は脱た。

苛立怒りかへってしまうほどのショッでただ脱みでした

俺の貿決まりC美した

件ですが、私もA子離婚するしまた」

うです、とせず淡々C美に少し腹が立ってき

例の資料、もらうだけではないのでも証りました。そをお渡したいのです

充分あるので・・といC美にそう言わずにいうで会をしました

DVDに稿てい、お互いに手持ち証拠を渡して別した。


静に綿て動の内容を思返して見ると、A子のほうがBに惚れてるの無さそうです。

いうからには、家庭教師のころになかあしょう

私の知っるのックに対す潔癖なA子とは別人のBに奉仕してた。

でもななくBに操をていただけというのが本当だったのが・・・


れにしろ、中にあったようC美がBをしっかりと捕まえてなこならなかったじゃないかと・・・

らかに逆恨みなでもわかっていたのですういう気持ちなっも確かでた。



こか先の展開はかったです。

BとC美はウチへれ、A子への慰謝料西求の弁護士に任せた旨を伝えてきまし

の場でA子に婚したい旨を申し入れ、慰謝料請求をさせらうとをしした。



A子は、夫と浮気相手の妻から同時に慰謝料求さ、窮地に立ているはずのに、満みを浮かべて頷くだ

Bはただ、喜んでいるA子とは対照的に赤い目をま、だうなだれていました。

俺はすでに こいう結果になることを覚悟していで、そときはあまり感慨はありせんでした

そのときは、俺はC美が気にり、C美のじっと見てま、俺へ浮気の告げたとわらない表情で淡々としした。

と押ってたBが間際に口開きかって「謝って済むことじゃないけど、君に済まないことをした」とだけ言いました。

俺は「いえ・・・」としか言えませんでした。

正直、この状況喜んでA子の味悪さ、嫌悪感と対照的にBにする怒り失せていくのかりま



日のうちにA子実家帰しのA子の、言葉だけの謝罪を電話越しで受けまた。

C美と俺への慰謝料はると かなり高額でしたが、A子の親は裕福したし、一娘だったのでどらへの慰料もまれました

離婚届もA子送られたものに捺印し、俺が出して終わました。

く銭けがり、どっちの夫婦に子供が居西は幸いだたなとう変な感慨だが残ました。



れから年後、C美ありた。

をしたいので間取れまか?」・・・。

俺は なとなく気にってたのもあって、いきました。

の二人、籍を入れたみです

俺の顔をるなりC美は言いまた。

「はぁ、うですか」

まり驚かれないですね

「まー、A子のつもりだったみたいですうなるだろうなとは

Bから謝料の予が一括で払われてきたので そうじゃないかなとは思てました。


あれから連絡はっていのでか?」


取るわけなでしょ。DVD見たん?2年以夫婦やっていながら気としか思なかったんですよ。夜もれてたしんなに連絡取りなんて思うはずもない」


C美を伏せて思たよているんですね、言いまし


そういうC美さんは、思ったより割切れてないみたいそんな顔してるなんて思せんでたよ」


「・・・


であだけ仕て、進ておいてをいまさらとい感じでた。

そんなことを言うためだ俺を呼び退したとも。

また少し地悪をしたくなりました。

「C美さんBさに実は未練あったんゃないですか?そなんだったら離なきゃよかったのに」


・・・Bの浮気は許せ、Bは私じゃ満足してなかったってこと綿し、A子さんのほうがいようでら」


「はぁ気は許いのかりすけど、Bさ明らかにあなたほうへ未綿練あるみたいでけどね。それに満足・・あのところもレスだっんでょ?

C美きっとを睨んきま


スだったのなもないでしょ。そりゃ若い誘惑されりゃそち行きますよ

なんは嫁の浮相手だったBを擁してんだと思わなくもなかったですが、なとなんな言葉が


「ど、妻の座に胡坐いて旦那に優もしなかったんでしょ?

いいかけたと思いきりひっぱたかれ

「ぁんたに何がわ

C美は涙目になってそう言ました

がちとバッグか財布を出し、その勘定を済ませると店を出いきました


思ったよわかりすい人だと思いつつ、の外にC美が居ました

のまま無言俺の服の袖をと俺を引張って歩ていました。

「ち・・・言い過ぎのは謝ります


「あなたいとっていでしょ!」


そし、その退ままC美引っ張ったのはブホテルでした。

・・すか

・・イヤならいいよ」

「い、気が変ないうちに行きましょう

もなんだだいってレスが長く、欲求不満だった事実貿す。

れにこんな美人レるな願ったり適ったす。

、呼び出されたときにも期てなかっうと嘘ですし

ブホで部屋に入ったC美のイト貿スカて股間に顔突っ

「ちょっ・・ちょ!シワーを

そんなんいいですよ、おこういう匂なん

「こっこの変態・・・」

もうどうせ会うこともないだろうし、どうせなら好き勝手やってやって腹でした

A子は気を使って出来なったとかも。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様