2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

古い慣わしの祭りで他人としてしまった嫁




こんちは。『』というです。

一夫妻制近出来上がった夫婦ので、昔は契りあうずし1人と言う事は無くいろな夫形があったようです。

そんな男出会いの村の楽しみのとして、祭りが有り、無礼講って婚・既婚に関らず性欲が欲するましていました

で古来祭、性的な部分が含ま治時代に入っても一部の地域では性的礼がれていようです

うは言ても子供の生存率が極に低くて、が大った事もあるのかもしませんね

ここも、そんな習がまだっていした。


去年の、私達夫婦てしまった・・はめらた・・そんなりでの話です

田舎から少し離れたある地域では、毎年夏祭われす。

輿担いだり、露天が出ていたり、一見普通のどこにるような祭りです。


祭りは、が学生、たまたま祖に行った時、その地区の遠縁の親戚時で神輿の担ぎ手をしてくれなかと、頼まれた始まりでした。

実は この祭りこそ、私が童貞を卒業した思い出がある物でした。

の地区の衣装は、リと締め込んだ褌姿とていました。私も当然とです、褌られました

都会育ちの私の事、長くてい布を渡され、どうするのか判らず、者から褌締める指導けて自分も全裸になってから褌を締たの

の時は、フンだったよ、揉み合ってる最中にが解けてしまい、全裸ってた経す。

お尻は丸見えですし、前袋も かろうじて覆うだけで毛深くない私の陰毛み出、全裸に近状態で、恥ずかかったのですが今は、幅を半分てよじる様に巻いいくと褌の出り、この姿が格良見えると思っす。

レの舞・・神様の前は、何も着けない姿での奉仕が必要でし

は男ももそうだので


だからこの日だけは特別

通だっら猥褻列罪罰則殿ょうが、こん姿で町中ろしいてもOKです。

暑いり、のほうちよく、また肛にくい込む込んが男の高めている様にも思います。

りの興奮も重なり、水をかけ、濡れて透けた褌の布越しに勃起しているかり状なってい

このりでは、そんな男衆が名物な、町以外の人も見来てて、女性達も男のそんな姿形を見が楽しのよた。

んな訳かどうこの祭りは許された男のスップと言っていいのかも知れまん。

んな状況なの、いったるまで褌姿です



2回目回目かの祭りの時神酒の酔いも手町中抜けておじさんの家に帰ろうと歩いていたと

あっ、Yuゃん・・よね〜」と言女の声でした

年齢く、おじさん貿だ記憶がある女の子がした。その声はかり大きくその子でし

大人女に変身し、浴衣姿の彼んのと石鹸の良いりがしています。

も濡綿綿た褌の形を浮かびがら退せている状

そんなをちらち見ながら「るの〜」と言う彼うん頷く私でし




男ちゃん久ぶりよね」と言ながら一緒に歩いていまた。尿

ノーブラで浴を揺房と浮き出のシルエッりたの私の褌の中はパンパってました。

に大人のの仲間入りをしていた彼女に欲望が形で判っんな童貞男に馴染みでさせてあげようとうのでしう。


さんのまであと少しの所で、彼女がの手を握り、のある引っ張られました。

瞬どきっとしました。

う訳はあません。私も彼女の手り返し秘密のかいま稿

木から漏れているかりだけが照らした暗がりには、風が木々を揺らしる音がするだ


私には、から彼女をどうしと考えるの精一た。

かしそんな心配もたわい事だと判た。

彼女は私に手をかると、腰巻きついいる所を手慣れたゆるいてしま

そして全させられると冷たい夜私のが縮み上がる感じでし

立ち状態のそれを握り、せわしなく上下に動した

皮が動きにわせて動きっぽは針で突らパチンと破裂しそうな位にパンに腫まし

しばらく奉仕が続いていました

り、元気になっ、彼女は、浴衣て、木に手を着くとックで誘いす。


てなと暗がりに彼女の性器の入りが判ず突いていけの物を彼女握りかれて挿入を果たしました。

いって感じでし。初て女の人体温を感じました。


言ってもこの時が初めての奢な体の彼女があえいでいる姿と、彼女たり入ったりしてい物をいると急に射精が高まってきと抜便いたとたんにドッと精液放出ししまれこそ彼女のふくはぎ太股にもしまいました。


まり早さ気まずさが残りましたが、は逆に」と言っくれまし沿

そしてYuちゃん初めてなの」と聞か、うん頷いしまいました

次は平気よねと言いながら、全裸になると草の上に向けに寝そべした。

そし常位でする、今度は一放出したため出ていま

女ので腰ながら、かい膣の度をぎゅと締めけて来る膣の感余裕もどこ・・完敗た。


べて終り、彼を私の褌でい、パティーの履き、も褌を締め、支度を整えてそそさとこを後にした。


そして彼女を家までる間いろい聞くと、彼女の初体験もそん習の中で、親子ど離れた男にバージげたようです

実際 初めても関わらず、痛さや怖さなく、逆ックス良さを教えてもらっうで、初らエクスーに達したと言う事でした

その後、セスの喜びを知った彼女はりのは、儀式をするのが恒例となったので便が、今回は通り掛かっ私が・・と言う事


は「Yu男ゃんの初めての女になて嬉しい・・」とって

そういっれると気分が高揚しいた私でした。

おじさの家にると、前日より遅帰っきた私を見たじささんは、多分判ってうでしたが・



そのも数回女と使セックスを、そん彼女、私のはなく他っていました

でい場所が遠と言うの原因でが、私は、今の社内結婚しました。


祭りへの参加もこれを足が遠のいていですが妻がたまたま、私が持っ褌を見つ、妻思ったのでしょうか、そんを見けててみてよ と言、実際に着けみるりへ思い調ってきたので

同然褌姿で闊歩するちよさと、いに、ドキする興奮える出来ずご無沙汰していた、そんな祭りにしようと思ったのでした。


っとも、れて事がで簿なんててもいませんでた。

含めた裸男衆を妻にせたら どうなるかだけでし

連絡しあったおじさんの家にると、祭りなので、模はですが、なに一回婿の事、町中が賑わい、私の様な若年より方がはるかに元気です。

じさんの家で、妻を浴衣着替せ、私は、自分の褌て地区の集沿て着えます。


寿姿物の褌けられ、よ人もいるようですが、私は おじさんの地区の申し渡しである白(もっとだいぶたびていま西すが

に私も半りまが、っとおにくい込ませ、褌をめるとちが引き締まりた。


浴衣姿に着替え集会所に来て妻は、初めて見た姿の私「凄い格好・・」と言っていまたが、廻りの便男衆もなので、目のやり場に困ってした。

もっも、妻にそんな姿を見せるのは これが初めてで、妻近い褌姿男衆にて びくりしている様子で、この瞬間立ち会わ、目的のつを達成しました


そんな店巡りをしがら妻と境内を歩いてかつ童貞を卒業せてくれた、思い出の彼女が赤褌の男と

さすがに気がしたですが、向達を見つけると彼が声をかけのです

くと、そんな彼女もに結婚して、毎回、で祭加していると事でした。


いだですが、別のて、一の夫でした

りに参加していてきりりと赤褌でし

彼女のかつの顔だちはそのままでしたが、そも気になったの彼女の夫の方でした。

赤褌姿のは、一回りぐらい年上の様に見え、全身毛むらでした。足や腕は毛も生えていて、は腹毛か陰毛かを区別し況で

、筋肉はもりもりとしていて、肉体労働を主にしのがわかす。

て、妻ならずとも一番にになったのは、赤褌のでし

かい・・・その一言です

い布の前袋収まっますが、上を向いているり、突き抜けない様斜めに収納さています

の中のボルを浮び上がらせた褌が妻のを引きつけていまし



私達彼女達は「こ」「んにちは拶。



どうしてるの・・奥などの会話をして、その場は別れたのです



とで、「の人は誰?」と言う、昔のここの幼なじみみいな人だよ言う

「えっ、随取っいるだけど」「いさんの方だよ」

うだったのご主人の方だちゃった

俺も初めてたよ・・っとカカッタ

「う・・っ、いや〜ね〜」

性を興奮があしょう、裸慣れてきた妻は、時と違って、褌姿男達の品評を言った。(前の大きさですね



て、度目かの神輿担ぎが廻って、妻をおいて、みんなが集ってい簿き、それが終次の担ぎ手に渡すと、ずれになった私タオルをかくれる人ました。

先程の彼女で

彼女も一人でいて、今度は私2人だけで、祭の喧騒から離れた所に行き、妻がて話せなか事のをしました。



はお互いのた。

自分もとの話をしたすが、私西その夫の事が気なっていまし

随分けど」と言に、そ、一回も上の男でした。

お互が知り合ったのもの祭りきっか

、学生であった彼女に大人のテックを教、いつまでに無い快感に夢中になってしまったそうです



女の子に夢中になっていたでしょう。

うなると結婚むの早かっうで

しかし、私は、彼女の夫の持っている物を後ししたのではと思いました。華奢なあんなに突たまらないだろうなと,

人妻とってつてはを卒業させてくれた彼女を、あの頃て別の色気が出



な目で見てと、褌の物が勃起し、があらわになってきました。

んな様子を見た彼女は、すっと褌越にさすと、手り、こっちいらっしゃいと引っ張した

社から離れたとある場所、・は私達が初めてした所で



前袋ら手を入れられ、勃起している私の物を上下るとテクニックにもう出そうです。

かさ脱ぎ彼女をまくり上ンテーを履いいま

少しいたですが、欲情しては すぐバック挿入していました。

ニュグニュとした女の膣を味いなら、精感がってきまし


そう・・わよ」と言う湿彼女・・彼女のお尻の割れ目から出入りる自の物を見て、私興奮し、旅行中ずっと溜っていたいもあの限でし

やうく中しそうな所で抜面へと一気に出していました



この祭りは無礼・・誰もている事なのです

ぽから白い液体を滴ながらふとに返、そうえば妻を忘れた事に気がつきまた。


捜そい、び褌を締んで彼女と別れようとすると、「私の家姿にいるかもねと言ってきました。

うしと言う、「さっu男寿ちゃんが神輿を担いでいた時、奥さんがいたの見つけてね・・」と、

彼女姿は、一人で居る妻つけると、話けたのです、そのに私と彼事を話してしそう


結婚た時、私も妻 お互い処女でも童貞ったが、さすの前に居女性が夫てのと知と複な顔をしてそうす。

そんな顔色に、彼は この祭そんな物すよた後、今は彼女夫が妻に憩しないか勧め、妻は私のあるかと言で妻させる代りに彼女して来あげるとって こに居るのでした


女達 この祭りの期婦間以外のックスの相手求めいたした

だから彼女達は参加し、い見つけた手とっているのでした

回、彼女の獲物にされたは私達夫婦ったようで

まり彼女達夫婦女と私セックスさ尿それを妻に教える、妻が然的に彼女の貢ぎ物なる事を承諾させる簿だったようです


彼女らは、「さっ、うちのYu男ちゃんの奥んをりたいって言いたしに都会の女って好たいね」

「えっそんな」と言う私対して、

てY男ちゃもそれ期待してこんでしょう

・彼女言う事は半分当たっました

当は、祭りは、なく使・と思ました。


貿貞を手てくつて彼女と遭てし、そしックスをしてしまった事、事態は急展開ってしいまし

もち彼女の旦那は、私を童卒業させてあげた事や、今日もうして彼女と交事は知ました

そんな調子だ逆に私の妻おかくはないと思っていす。


の実家から数十メートル離れた所調女夫婦のありた。

実家は大きな土地をも、一族がそ土地内に住んでる感じです

女の後にいて行くと、の中からていました。その中にはの定、聞覚えの有る妻の声混じっていました。

しかし、その内容は、会話している、歓喜の声した



彼女の続いて広い関を抜ける、大き仏間があり妻が そこにいました。

妻はには四んば全裸になっていて女の夫がそんな妻をから責めている所でた。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 異常シチュ, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様