2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

古い慣わしの祭りで他人としてしまった嫁




んにちは。『Yu男』といです

夫一は、つい最った夫形では契りのは必ずしも生涯1人と言う事は無く、いろ婦のようで

そんな男出会いの場と農村の沿楽しみの一つりがの時は無礼講なって未婚既婚性欲欲するまま活動をていまた。

んな訳で古来祭には、性的が含まれ入っも一部の地域で、性的祭礼が行われていようです。

そうは言って昔は子供存率低くて、生む事がだった事あるれませんね

、近年まで、そだ残っていました。


去年、私達夫婦がはまってしまった・・められた・そんな祭りでの話です

祖父の田ら少離れたあ地域では毎年、夏祭が行わます。

輿を担いだり、露天が出ていたり、一見普通どこにでもあるよう祭り


の祭り生のたまま祖父に行った時の地の遠縁のに臨時で神輿の担ぎ手をして湿かとれた事が始までした。

の祭りこそ私が貞を便業した思ある物でし

この区の祭尿衣装は、キリリと締め込んだ褌姿決まってい。私ものこすが、褌させれまし

会育ちの事、くて白い布を渡、どうする判らず、年配者からを締めるも全なってから褌を締めましたのですが

ユルフンだったようで、揉み合っている最中に褌が解け、全裸になってしまった経りま

お尻見えですし、前袋も かじて局部うだ、毛深くない私の陰毛もみ出裸に近い状態で、恥ずしかったのでが今は、幅を半分にてよじる様に巻いてと褌の出来上がり、こ姿が一番格良く見えると思ってま

ハレ舞台・・神様の前では、も着けない姿での奉西した。

もそうだっ寿のでしょう。


からの日

だったら猥褻物罪なんて罰則がるのょうがこんな姿町中うろうろしていてもOKなのです

暑い盛り、裸うがても気、またにくい込む締め込だ褌の機能を高めていにも思います

りの奮も重り、水をかけられ、濡れて透けたの布越しに勃起しるの丸分かり状態となっました。

の祭は、そんな衆が名物なの町内以外の人達も見に来いて、のそんな姿形をのが楽みのた。

んなかどうかこの祭り女にた男のストリップと言っもいれま稿

んな状況で、たん外に出てから帰るま姿です



か3回目りの時、婿手伝い、町中けておじさんの家に帰ろと歩いていたとした。

「あ、Y男ちゃん・・ね〜」と言うでし

齢が近く、おじの家でんだ記憶の子がいました。その声はすっかり大きくなったその子でた。

大人の女に変浴衣姿の女は、ほんのりと石鹸の良い香がしています

時も濡れた褌亀頭かび上がらせている状態でした。

んな股間をちらら見ながら「帰る」と言う彼女に「と頷く私で




男ちん久しぶりよ〜」と言いな歩いてました

ーブラで衣を揺らす乳と浮き出る乳エッに、やりたいの私の褌の中パンパンにないました。

に大女の仲間入りをしていた彼には、私の欲望がそので判っていて、そんな童貞男に、昔のみでさせてうとしょ


おじであと所で、彼握りある林の中に引っ張られました

一瞬どきっとしまし

嫌と言う訳はありまん。私の手をり返し秘に向かした

ら漏れている月明だけ照らしたりには、風が木々をらしていがするだけでした。


童貞私には、これから彼女をどうようかと考るのが精一でし

しかし、そんたわいもい事だ判りました。

彼女は私の褌後にをかけると腰の巻きいてい端所慣れつきでゆるいてしました。

そして全裸にさられ冷た気に私の物縮みがる感じでした

立ちのそれを握り、せわ上下に動かし始めました。

皮がそ動きに合わせ、さきぽは針で突たらパチンと破裂ンパンに腫れていま

が続いていました。

すっり、元気になったを見て、彼女、浴衣をり上稿げて、木に手を着くとで誘ます


めてなのと女のの入り口が判らず突いているだけの私の物を彼り、導かれて挿入を果たし

ってした。初めて人の体


そうはってもが初めての私、華奢なの彼があでいる姿と、彼女の中に出たり入ったてい自分の物を見いると急に射精感が高まってきてるりとたんにバッと液を放出してまいそれ彼女らはぎや太てしまい


あまり早さに気まずが残りましたが、彼逆に良かったよ」と言ってくした。

Yu初めてなの?」と聞かれ、うんと頷いてしいま

次は気よねら、全裸になると草のに仰向べりました。

で合体ると、今度一度放出したため裕が出ていました。

彼女のを振りながら、生暖か温度を感ゅっと締つけて来膣の感触に余裕もどこに・・完した。


は、液を私の褌拭い履きも褌を締め、身支度を整えてそそくさこを後にしました


して彼女を家まで送間いろいと、彼女の初体験もそんな、親子ど離た男にバ貿貿うです。

めてにも関わ、痛さ怖さもなくにセッスの良さを教えてもらっそうで、初めからエクスターに達したた。

その後、セックスの喜びを知った彼女は、りの男女の殿式をするのが例となってたのですが、今回は通り掛かた私が・・と言う事でした。


彼女は「Y貿男ちゃん初めての女になれて嬉い・・」と言ってくれました。

そういてくれると揚した私でた。

おじ家に帰ると、前日よりく帰ってき私を見たおじさん・おさん分判うでし・・



その後彼女西セックスをしたのですが、な彼女は、私の妻他人妻なっていました

お互い住んでいる場所が遠いのが原因でしたが、私今の妻と社内結しました。


祭り参加機会に足いていた妻がた、私持っていた見つけ、妻もどう思ったのでしょうか、んな褌を見けて着てみよ と言い、実てみと祭りの思い出が蘇たのす。

同然の褌姿で闊歩する気持ちよ、いやらしい、ドキドキえる来ず寿いた、そな祭参加しようった


っとも、を連れな事るなんてもいんでし

だ私めた裸の男衆をせたら どうなした。

連絡してったおじ家に到と、地域の祭りなので、は大きくは無いのでが、なんせ年に一事、が賑わい私の様な若年者より中高年の方がはるかに元気です

さんの家浴衣に着替、私は、自分褌を持って区の集会て着替ます。


時と違って物の褌も見られ、その人もいうです私は おじの地区の申渡しである白(もっといぶびれていすが)

々に褌に私物も半立ち態となりまが、ぐっとい込ませ締めると持ちが引き締尿した。


衣姿着替え集会所に来ていた妻は、めて褌姿の私に「凄い格好・・」とっていました廻りの男同じなので、目のやに困てい

もっともにそん姿を見せるのはれがで、妻も全裸に近い褌姿の男衆に囲まれてっくりして子で、この瞬ち会わ、目的を達しま


露店ら妻と境内いてると、かつて童卒業せてくれた、思いの彼赤褌の男とのを見つけました。

さすがにずい感じがしたの使です向こうから私つけると女が声をかて来

くと、そんな彼女既に結婚て、回、夫婦祭り加しいるの事でした


が近所ですが、別の町内となってい、一緒いた女の夫で

の方も祭りに参加ていて、きりりとした赤褌でし

女のかつての顔だちはそのまれよ気にったの彼女の夫のした

姿男は、一回りい年上の様に見え、身毛むくらでし腕はろん胸毛もえてい、前部は腹毛毛か区別しず況で

しかし、筋はもりもりとしてい肉体労を主にしていのがます

ならずとも一番にったは、赤褌の中身でした

でかい・・・その言です。

赤いの前袋に収まっていま、上向いるの分かそして抜けい様に斜めに収納ています。

中のシンボルを浮らせ赤褌が妻目を引きつけていま



私達と彼達は「こんにちはにちは通りの挨拶。



うしているの・・奥さ?」など話をして、その場は別れたのです



とで、「あの人は誰」と言う妻には、昔のここの幼たいな人だよと言

「え、随分と年取っているいだけど」「奥さんの方だよ」

「あっ、だったの主人だとちゃった

俺もて見たよ・・んっとデカな」

「うん・・、いや〜ね

興奮される物でしか、男衆に慣れきた妻は、最初の時と違っ褌姿の男達の品評を言っていした。(袋の大き)。



さて、何目かの輿担の仕が廻って妻をおいて、んなが集まっいる所に行き、それが終わって次手に渡すと、ず私にタオルをかけてくれるが居ました

先程の女でた。

彼女人でいて今度は私と、祭りの喧騒から離れ、妻話せなかった事の続きをしま



話はお事で

自分も妻との話をしたのですが、私は彼女との事が気になっいました

随分との様だけど」とに、そう、一回も上の男した

り合ったのも このがきっかけでした。

当時、学生であった彼女に大人のテクニックを教え、つま無い中になっしまったそうです



男の方も随分と若稿中になっていたでしょ

そうと結婚むのはようです

しかし、私彼女の夫のる物 も そんな事をししではと思した。華奢な彼んな物に突かれてないだろうなと,

人妻となってもつては童貞を卒業された彼女を見ると、あのて別が出



そんな目ていると褌の中の物が勃、形あらになってきました。

そんな様子を見た彼は、すすっと褌越しにさすと、を握り、こっちにいらっゃいと引張られま

神社から離たとあ所、・そう そこは私達が初した所でした。



の前袋手を入れられ、勃起している私の物を上下にれる巧みなテクニックにう出そうです。

すか褌を、彼女浴衣り上げとパィーを履いていません。

驚いたの欲情ていは すぐクで挿入していきました。

グニュグニュとた彼膣を味わがら、射精が高てきまた。


・」「いわよ」とう彼女・・のおの割れ目から出入りしている自分、私興奮し、中ずっていいもあっ慢の限でした。

うく中に出うな所で抜き、地面へと一気放出していました。



この祭り講・・誰もしているです

さきっぽから白い体を滴らせ湿がら、ふと、そう言ば妻を忘れて事に気がつまし


捜そうと再び褌を締め込んで彼女別れようとすると、「私の家にいるかもね」と言ってきまた。

うして?と言湿尿、「さっきYu男ちゃが神輿を担た時奥さんがいたのを見つけてね・」と

達夫婦は一人で妻を見つけると、その際に私と女との事をてしまったそうです


た時、私も妻 お互い処女でも童貞でも無かったので、さすがの前に居る初めと知ると複雑な顔をしていたそうす。

そん色に、彼女は この祭りそん殿な物言っ後、今度は女のが妻に休憩妻は私があからと言ってたそうでを休る代りに女が探して来てげると言って こるのした。


彼女達は この祭り間、夫婦間以外のクスの相手を求ていのでした。

から彼女達は毎回し、お互い見つけた相手と交わっていのでした

彼女達の獲物れたのは私夫婦だったよう

まり、彼女夫婦はと私をセックスさせ、それを妻る事で、妻が必然的に女の夫への貢ぎ物る事を諾させったようです


らは、「さっき、ちのがYu男ちんの奥んを見てやりたいってていたし、それに都会の女ってきみだし

えっそんな」と言私に対して

Yu男ちゃもそれをてここきたんでしょう」

・・・彼女の言う事当たっいました。

本当は、夜の祭り、彼女ではく妻と・・・と思っていまた。


かしを手伝ってつての女と遇ししま、そし ックしてったで、事態急展開としまいました。

もちろん、は、私を童業させてあげた貿や、今日もこうして彼女と交事はっていました。

そん調子だから、逆に私の妻としておかしくはないと思っている様です。


家から数十メトル離た所に夫婦殿があまし

きな土いるらしく、族がの土内に住んでいる感じです。

女のにつくと、家中か声がしていした。その中には案の、聞き覚え有る妻の声もじっていた。

しか、その内容は、会話し様子ではなく、歓喜の声でた。



彼女の後に続いてい玄関を抜けると、大きな仏間があ、妻がこにいまし

妻は正確にんばいで全裸にってい、彼女の夫そんな妻を後から責ている所でした。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 異常シチュ, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様