2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

友人のモノを受け入れてしまった妻




つい 一日の事で・・

久々連休中だいうの, 俺はサ業の為その日も前のよう仕事に

引先規事業の綿密なわり、何と事もえて明日が休み(交代制)のと同のKとで飲みに行った

仕事チや西司の話をしがらワイやっていた、やはり男2人で飲んいると社内の女性社員の下の噂話の女やってみたいだとかエロい話になるものだ。

のうちにKが「なんだかんだS(俺の名前)のさんが一番いし超フェロモン出てる」とまっ

Kが俺の嫁さんをめたり羨たりするのは今に始まった事ではく, 結婚式(去年)にKを喚んだめて妻を見てから、何かと言うSのさん凄いだと回でデートとか家に喚んでよとかいくらいも俺に言っくる

んまり何度も聞るとウイ時もあが、綺麗だってくれ悪いしない

因みに妻は25歳で俺より7つ年下で優香に似てい昔かれている。

あ優香ほど巨ではなイルは良いし色白で色っぽく一応自慢る妻だ

以前Kをいのセヌードせた事りそKの興奮はなかった


は もが2人飲みながらKはSのさんを想像ながら何度かをしった事あるともっHな写真をて欲し、金払ってもいいかららせてもいたいなど酔ってエロエ状態が爆走して来

も酔って妻とエッチの内容妻の好きな体位などを話したしているうちに興奮してきた。

, 妻の例の写真をKに見せた時心の中で興奮している分がいた

それからは妻達や同に抱かれる事を想像貿をする事を知った


み初てから3時間を過ぎ俺はどうする?たは家で飲?」いてみとKは目を丸く!?、Sの家で?嫁さん

Kは一瞬びっくりしていが妻が今日は実家でも遊びに行っているのかと思っらしい

俺が「もちろ居るよ も全大丈夫だよ」と言うKは「行くく、絶対行!ほんとにいいの?」とえい興奮の仕方だた。

速車で家に向簿俺も何か起像して勃起していた



中コンビよりKが3人飲もうと両手に大の酒類の入った袋をぶら下げて戻ってきた。

Kが嫁さんに電話かないでいいのか聞いてた。

妻にはKを連れて行く事言わかった

ならこの時間なら妻は風呂て必ノーブラでいるである。

Kにその事を話と大していた



そんななで家に着いた

りインターホン使し妻玄関のドを開けがらかえり♪とを出す。

るとにKにきえいう顔をした

今日よりでも暖貿かった為、妻の格好大きめのピンクのシャ(パャマ)一下は素足だっ

ただTシャツはない為ラは分りず

Kが俺の背ら顔を出し「こんばんはと挨拶ると,




妻は「あっ、こんと言いがらも, 突然来客 ニッコリ微も顔引きつた。


手に同僚て来た事に怒った?と思たが、こっそり聞いたら部屋を片付が欲しかっただけら

が明るく優しい妻は そのやな顔を見ことなく舞ってくれた

「着替えた方がいいよね?」と俺に聞いてが別にでもな気を使うヤツじゃなからまでいいよと俺た。

は「ならいかな!」とって取り敢えKに上がっ軽く薄めの化済ま風呂上がりで, ましっとり濡れた髪のまKを通した部けだした。

リモコン、クョンなどを拾っていの後姿をジロジKは舐めるいた。

大きめのシャツ裾も膝上あたりなので, 前かがになる結構際どい.

そんなイヤシイ目でKに見らるのも知らずに妻はで片付るそんな光景を俺はらチチロと見ていた。

俺もKのに腰を下ろ買ってきた飲みだし

も適当にツマミめたッチンに立ってる姿は, 2人の座いるらはよく見る。

Kが「Rさん(妻の名前)も一に飲しょうよ」と声をかけ、俺もコンビニで買ったツマミもあるらもういからちに座れよ」と言うと「はいは〜い♪」、も持って俺の隣に下ろした 

3人をして妻も少しずつ飲みめた

Kは俺の妻とこうして調事がほど嬉いらしくャグを飛ばしたョンい。 

も酒構好き結婚前付きっている頃よく俺や友達と飲み行っ

てからは あまり機会もなく、で飲事もまりった

久しぶり酒に妻も上機嫌で美味しうに飲でいる。

Kはやたらと妻酒を注ぎガンガン飲ませてい

前に俺から妻は酒が入ると理性を失い、姿んな時SEXは高だよと聞いていたらだ。

Kは理性を失った妻を楽しみたいと思ているに違いない。

俺もKので淫らな妻見てみたいとい妻にどんどん飲ま


は, 壁に寄り掛, 段々方も, だらしなくなり, 時折チチラとラインのパンティーが見 

も段下ネになり妻性感などの話になってきた

妻はも〜やだ〜を言ってるのぉだ理あり恥ずかしさが有るようだ 。

2人一気せてガン貿ガンます 。

こいつ俺とやってる時よくで「Kがお前とやりるとか裸を見たいとか言うだよ」と囁くと、凄い方で感じるどと妻の本当の恥ずをKに


Kは妻がアブノーマルな気事を知り大興奮。

妻は定してわざと見せているんじゃない思う程パンティーがになってきている。

「Kはお前のファんだから、ちょと おっぱい便と笑いながら「恥ずかしいよ、やだよ〜と言がらて目はト〜ンとしてい

が「ゃボタンだでも少サービスサービス!」と言いなが2つほど勝に外すと妻は特抗もな「も〜」愛く怒ていた。

だ。

下までボタの外たシャツのから妻のいおっいの間が見え隠れす

動くと おっぱいのの方見えそうになる

意識はもう半分くいないだ

ロチロ横目妻を見ていた

Kもそんな妻を察し妻の胸元ティーをジジロと見てい

の言葉もロレが回てなかったりして他人にんなに酔った妻を見も これが初てだ。 

Kが「Rさんて凄色っいですよねぇ こシー好のRさと飲て夢みたいだ」どと言いなら酒を妻に注を乗り胸元ををからき込る。

俺は同僚の前備な姿にないる妻を目の前にしての興奮をえた。

と覗Kに対して最初は多少ムッとした気ちも有ったが、俺ってる勢か今はも身体をさらけたい、妻Kに抱のを見いと思えてしまう。

は妻の下半をもっもら為テルを前に出俺とKは妻の方移動し妻を挟み3人で壁際で座っ

妻のに座るとリいい匂い.

「Rさ足は こうて近くでみると綺麗すねKが言う

妻は「エステれ処んでしゅと殆ど舌が回てい

が妻の太もものあたでながら「そうだろだろの反応を見る。

妻は「エヘッ」と湿笑うけで何もらない 。

Kもってみなよ」と俺が言 Kは嬉しに「Rさんいいです?」妻に聞く。

は「・・う」とポワ〜ンとながら言った

俺は妻の反応に頭が真っ白になってしそうなくらいした。

Kも妻の右足を擦りだす。

暫ら2人で妻の左右の太もの辺りを撫で回し 俺は「ビキニランの方も処理してるのか?」と妻に聞らシ裾をたくし上げ、ラグリレーパンティらけ出


の有る可愛いパンティーで, 中央の部がレースで毛が透けて見える

妻の目は閉じり掛かったまま足を前に投げ出している

その両で俺とKは妻の足を撫で回す。凄い景だ簿

妻は俺男をに自分の下半身が着一だとう状況が分かっるの、酔い潰れて分からないのか、何の抵抗も無、嫌がる素りも無い


Kは妻のビキニラインや柔かい内もものあたりを目をギラギせて大胆に触りる。

言った筈は もう頭を前にうだれまま言わな

俺はをしも大丈確信したので, Kの前妻にキスをて舌を絡ませた。

妻も無か目をじつつもを絡ま・・んっ・・」と息がる 。

アルコの匂いがププンる。


Kに目やってみろ図すると Kは「いいのか?」といながらも妻の肩を抱き寄せ妻の唇にり付いた。

昔からあれ程強く妻感情をもっていただけルと液を堪能し唇の周りめまくいる。激し長いキスだ。



嫌がることりか、抱きつくような格好になっいる

時々らせている。

Kとキスを続ける妻背後から湿妻のをゆっくりとがせにった 。

ツンいたよい大きめっぱい徐々にプルンとむき出しになる

供をんでいな妻の乳首はピンク色で可愛らしい

の身体はで火照り薄らと赤沿いる。

うとう妻ンテー一枚という好だ。


はKのり妻のあてがとKの息くなり、て妻の首筋めだした

おっぱは鷲掴み揉まれて激しく形をえる

妻は「・・ん〜・・」か「はぁ・・はぁ・・」と意気が漏め、さらに腰をくねらせもモジモジさせている。


じてい・・

は確かに俺の目の前で俺外の男よってているのだ。

は うつろで冷判断は来ないのかHな気分って許してしまっいるのか、そともKがここに居る識が無くってか、それとも夢現実が解くなっていのか

どちらにしても妻ィー枚とい外に見せた事のKにして吐息漏らしていだ。



Kの舌は妻の耳や首筋、脇の下、そして胸の綺麗唾液のを付けながらってゆく。

まま後から妻のを抱え妻のM字形に広

るとパンティーの布一枚だの恥ずかしい部分に見

の その恥ずかい真ん中の部分よく見るとポンと縦長に濡れたみがいやら付いていた

「Rさん濡れてるよ」Kが言うと妻は「や〜、はずかィー小さ声でいな足を軽く閉じた

やら なんなく況は解るのかもれない 。

でも俺は再び妻の足を広げKがンティーのから染みの付いた部分に指をすと「・・あぁーん・・」と可い声をだし何の抵抗もしなかった。

まま優しく指で擦ると妻「・はぁ・ぁ・」と意気が荒

Kが「Rさ気持ちいんで?」と聞いら妻は頭しコクッとさせた。

が感じてる事たのである



俺は大興奮て妻のパンィー両脇貿をクイッり上げ超ハレグにしてあげた。

と妻のアソコはコンリ盛り上がって染みが強調された。

さらにンティー前の部分を束ね姿ラシイ姿してあげ

ねた両からは恥ずかしそうに陰毛がいる

Kは飛び出した陰毛をサラサと撫り摘んだり頬を擦りたりして たっぷり感触をわっ

次は盛り上がっのア手を延ばプヨヨと押しみた摘んて布一枚下の具をじらしながら楽しんだ。

妻は腰を浮かせたりくねらせたりてやらしくる。

を押し当てぎみに前左右に刺激をあたえる

ると妻のアピチャチャ音をてた

・・は・・はあ・・ん・・・」と妻はさに悶



可愛らしい乳首がンと立ている

Kは手の動を続けなら妻いに吸い付いた

俺はと妻に「Kが調ヤラシイ姿を見ながら恥ずかい所刺激してるぞ」と言「・あ〜・・だめぇ〜・・はぁ〜んっともう完全にKに身をけている。



ンティーの染きく広がっいく・・

Kは妻半身にを移動させ染み付いたソコに自鼻を押し当て妻のいを楽しんだ後パンティーロと舐めはじた。

Kが顔を妻のソコを生で舐めたいって

俺は妻の耳で「Kにもっと舐か?と妻は吐息混じりに・うん・・と答えた。

俺は興奮でカーッとくなった

「な分で言いな」と妻に言う「・・っと・なて・・い・・」と小さな声で囁い Kが?」と意地悪に聞く.

・・殿ソコを・・Kは「アコじゃ解らなよ」と問掛ける

妻はモジモている

Kが言ってごらんと言、妻は「イーン、ウゥーンにならないう声を出し

Kはし強い口調で「どこをなしいのか、あ言いなさと言った。

妻は言葉に押さのか、「・・お・・おまんこなめぇー・

俺も口からこんな言葉をたのは初めてった

・Kさんに、おまんこをぱい舐めてほしいの・



俺の興もピーに達した。

俺はれた妻もっと見たい。俺以の男に感じて妻をっとたっぷり見たいと思った

妻の綺麗肌を俺目のでKに楽しで欲しい思い妻をそっと後かせると、俺はKの肩をポンと叩き目で合図を送り、離れした

応, 中出しだけはするなとKに忠告た。

Kは急いでトランクス一婿なると横た上に覆いかぶさり、再び激しく妻のを貪るように舌を絡ませい妻の胸を揉みまくる


は「・・んっ・」とを漏ら両腕はKの背中に廻る。

Kは自分の膝を妻下にせてい

はKのにアを押寿しつるように腰を動かしだ



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様