2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

特別可愛いわけでも美人なわけでもない俺の嫁の話




http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1651409505/


1 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 21:51:45.03 ID:jMqpJF/wp.net
吐き出したいだけなので淡々と書いていきます



2 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 21:53:38.03 ID:jMqpJF/wp.net
俺が嫁と出会ったのは俺が就活してる時だった

就活で俺は京急線のある駅の近くのホテルに泊まっていた



3 :も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 21:57:04.85 ID:jMqpJF/wp.net
俺は就活トレスで食欲がなかったが何か食べなとと、駅ナカの弁当屋を見に行っ

そこ個か菜を選んだ


そこでレジ打をしてたが将来嫁なる彼だった



4 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 21:58:19.40 ID:rMFuUJQLd.net
ナンパか


6 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 22:05:19.43 ID:jMqpJF/wp.net
言っておくが嫁は本当に可愛いわけでも美人なわけでもない

こんなこと言っといて失礼だけど顔は声優の種﨑敦美さんに似てる(種﨑さんごめんなさい)

でも俺は そんな彼女の笑顔に惚れてた


書いててもマジで気持ち悪い男だと思うが惚れちゃったものはしょうがない






7 :名も無き検体774号+:2022/05/01(日) 22:09:22.06 ID:jMqpJF/wp.net
んな俺は彼女の笑顔がられないままホテルの屋に

部屋で俺は明日の面接対忘れて女のことをずっと考え

いあの愛嬌のある笑顔にれてた

は彼受けった惣菜を寿としながら食べて、寝



9 :も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 22:14:29.37 ID:jMqpJF/wp.net
次のは面接を簿ルに戻っ

面接のごたえはなかったのでホルの部屋でぼんやりして8時を過ぎていた

ご飯買わなと思女の顔を思い出した

俺は昨日と同じ総菜屋に行った

もちろん彼女に会いにくた



10 :名も無き被検774号+:2022/05/01(日) 22:20:53.80 ID:jMqpJF/wp.net
見てくれ人ありがとう


俺がに行くと彼女がいた

、心の中でポー沿した

たいか惣ジに並ぶと女と目て軽く会釈され

(むこも俺のこと覚えて...?)なんて思いなレジに向かうと

いつもあうございます(笑顔)

だ二日し会ってないのに覚えてくれてては もう4とさえ思った

どうしてからいけど、はそれくら彼女にだった



11 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 22:25:30.51 ID:jMqpJF/wp.net
俺は次の日に帰る予定だったので、なんとか彼女とつながりを持ちたいと思い、「ちょっと待ってて!」と言って受け取ったレシートに電話番号を書いて渡した

今思えば相当基地外じみた行動だが その時は必死だったんだ

当たり前だけど彼女は絶句してた

けどレシートは受け取ってもらえた



12 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 22:32:08.83 ID:jMqpJF/wp.net
その夜、知らない番号から電話がかかってきた

俺は もう大興奮、彼女だって確証もないのにワンコールで電話に出た

聞こえたのは彼女の声だった

彼女は「どういったご用件でしょうか...」なんて言ってた

俺は「あ、えっと、笑顔が素敵だなと思って...」とかキモいこと言ったと思う

彼女は電話口でもわかるくらい動揺してた



13 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 22:38:30.40 ID:jMqpJF/wp.net
こんなん ほぼタイーホ案件だが 彼女は俺との電話に付き合ってくれた

彼女の仕事の話とか俺の就活の話とかをしたと思う

そのあと夜遅いのもあって なんやかんやでメルアドとLINEを交換した

俺がLINEで謝ると彼女から「全然気にしてないですw就活頑張ってください!」って返事が来た


嘘みたいな話だが彼女はマジで天使だった



15 :名も無被検体774号+:2022/05/01(日) 22:44:21.37 ID:jMqpJF/wp.net
その後 数か月LINEだけの関係だっ

は都内のベンチ企業に内が決ま

内定出たことをに報告ると 自分ことのでくれた

内定も決まっ学卒業まで暇なので どこ会えかと彼女に提案した

彼女は最初はっていたが、的に会っことになった



16 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 22:51:20.11 ID:jMqpJF/wp.net
嫁と会った当時のスペック書いときます




20
身長172
フツメン

素人童貞




20
身長155
さっきも書いたけど顔は種﨑敦美さんに似てる

処女


で、都内のカフェで会うことになった

カフェにつくと 彼女は先に来てた

今思い返すと惣菜屋で ちょろっと買い物してただけのやつによく会ってくれたよな

久しぶりに会った彼女は やっぱり可愛くも美人でもなかった

でもあの笑顔だけは変わってなかった



17 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:00:11.65 ID:jMqpJF/wp.net
彼女は高校を卒業してすぐに就職したらしく、出会いとかも なかったらしい

だから俺に電話番号を渡されたときや笑顔を褒められたとき、戸惑うと同時に すごくうれしかったらしい

彼女と対面で話をしていくうちに やっぱり俺は彼女に惹かれていった

その後も何度か会ううちに俺たちは自然と付き合う形になった

初セクロスは酔った勢いで適当に済ませてしまった

後で俺も彼女も初めてだって知って すごく申し訳なくなって謝った

そしたらあの笑顔で許してくれた、彼女は本当に天使だった



18 :名無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:07:25.66 ID:jMqpJF/wp.net
俺が大学卒業して就職すると一緒にむようになっ

なにつらいとがあっても笑顔を絶やさかった

の仕が長引いて、深も絶に起きて俺を待っててく

俺は先にう勧めたけど、何度言ってもずっと待ってくれてた






20 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:18:16.66 ID:jMqpJF/wp.net
就職して4年目、俺たちは互いの両親にあいさつしに行った


俺の両親は「こんな息子だけどよろしくね。」って言ってた


その後、俺は緊張しながら義両親に会いに行った

義両親は とてもいい人そうだった

でも義父が俺に「娘は美人でもないし大した職にも就いてない、本当にいいのかい?」といったときは緊張が怒りに変わった

俺は「僕が好きになったんだから関係ないじゃないですか」とキレ気味で言ったら 若干謝りながら結婚を承諾してくれた


惣菜屋で出会って6年、俺たちは結婚した



21 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:22:01.55 ID:jMqpJF/wp.net
結婚してから、俺たちは いろんなところに行った

嫁は旅行が大好きだった

俺は旅行中、写真撮影係に徹した

嫁の笑顔を撮ってる時が一番幸せだった



22 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:29:20.10 ID:jMqpJF/wp.net
俺たちは将来の家族計画についても たくさん話をした

どこに住んで、子どもは何人で、なんて話をしてた

俺の仕事も忙しくなっていったが、嫁のためだと思えば全く苦痛じゃなかった


そんなこんなで 結婚生活は過ぎていった

結婚1周年のお祝いもしたし、誕生日も欠かさず祝ってた

全ては嫁の笑顔のためと言ったら言い過ぎかもしれないけど、それくらい俺は笑う彼女が大好きだった



24 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:33:17.74 ID:PMZqgq7na.net
なんか不穏な語り口だな、バッドエンドだけはやめてくれよ


26 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:39:16.80 ID:jMqpJF/wp.net
俺たちの家族計画には もちろん子どものことも含まれていた

嫁は子供が大好きだったので、早くできるといいねー、名前は何にしよっか?なんて気の早いことを言ってた

俺も将来できるであろう自分の子どもに期待を膨らませていた



27 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:44:59.36 ID:jMqpJF/wp.net
でも しばらくしても子どもはできなかった

子作りは定期的にしていたが、嫁は なかなか身籠らなかった

「大丈夫、きっとできるよ」と俺は言ったが嫁は不安そうだった

「きっと、大丈夫だよね...」と言う嫁の顔は笑っていた、というより ほとんどひきつっていた


この頃から、嫁は笑顔を見せなくなっていった



28 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:50:20.47 ID:jMqpJF/wp.net
ある日、俺が仕事から帰ると、嫁の「おかえり〜」が聞こえない

心配になって見に行くと寝室でうずくまる嫁


泣いてた

事情を聴いても答えてくれなかった

その後、落ち着いた彼女に事情を聴くと「病院に行った」と言う

病院で調べたところ、彼女は生まれつき子供を作れない体だったらしい

俺は覚悟はしていたが、やはりショックだった



29 :名も無き被検体774号+:2022/05/01(日) 23:59:09.70 ID:jMqpJF/wp.net
嫁は「私は可愛くもないし、美人でもないし、仕事もできない。子供も産めない。世界一価値のない人間だよね...」と本気で言ってた

俺は言い返せなかった

嫁の笑顔があれば俺は幸せだ、とは言えなかった

言っていたら何か変わっていたかもしれないのに



30 :名も無き被検体774号+:2022/05/02(月) 00:06:54.84 ID:bnHs8Y3Kp.net
結論から言うと、嫁はいなくなった


自殺でも離婚でもなく、本当の失踪


俺が嫁を慰めようと連れて行った旅行先で突然いなくなった

どれだけ探しても、警察に届け出ても、嫁は見つからなかった

失踪事件ならニュースにもなると思っていたが、失踪って意外と起こってるみたいで たいして取り上げられなかった


最後まで俺は嫁の笑顔を取り戻せなかった


これがちょうど4年前のGWの出来事

コロナとかで いろいろうやむやになってまだ嫁は見つかっていない


ただの家出だ、嫁はどこかで元気にやってるって俺は信じてる





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:結婚, 真面目系, 泣ける話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様