2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

僕とオタと姫様の物語







70 名前:('A`)  投稿日:04/08/16(月) 07:33
クリスマスイブにデートの娘を買ったことがある。
Hなしっていう条件。拘束時間は明け方まで。
高いなぁと感じつつ、綺麗だからまあ仕方ない。

食事して映画みて、すこし飲んで、場所を変えてまた飲んで。
話が弾んで楽しくてあっという間に明け方になった。
こういうのも悪くないと思った。


時間になったから開こうと言って、電車動いてる時間だし駅ま
で送ったら「帰りたくない」と言われた。

金ないし。延長はしないよってきっぱり告げると
じゃあわたしが出すからホテル誘って…と。


繁華街にそのまま歩いて戻り、結局ホテルでその娘に子供みた
いにしがみついて、長いことぐっすり眠った。

髪から煙草とミツコと何か甘ったるい少女系コスメの匂いがし
た。ハンドバッグに10センチくらいのピンクのクマのぬいぐる
みが入っててやけに汚れてて、イメージと随分かけ離れたもの
持ってるんだねと聞くと お守りなんだと言ってた。

翌日の頭がすっきりした感じと爽快感は今でもはっきり覚えて
る。もう長いことあの爽快感を経験してないな。





90 名前:70  投稿日:04/08/17(火) 07:00
彼女と渋谷駅で別れる瞬間
彼女が山手線の開いたドアに今にも吸い込まれようとしたその
とき 彼女は 何を考えたかいきなり回れ右をして電車をやり過
ごしてしまった。

「アドレス交換しよ」
と言って強引にぼくのポケットからケータイを引っ張りだす。
向こうは おそらく仕事専用ケータイ。
こっちは隠れることのできない丸裸の自分自身情報。
こういうのは好きじゃないし、自分らしくない。

イブの日にお金で女の子を買った情けない男だけど
そこに溺れるほど子供でもないんだけどな。
得たいの知れない営業メールが今後山ほど送られてくることを
思うと鬱になる。


だけどケータイは彼女の手にあって、素早い指先技でぼくのア
ドレスは彼女の中へ。
勘弁してくれと口に出すのは さすがにかっこ悪いから
誤魔化すように彼女のさらさらの髪を撫でてみた。

「じゃあね」と言って、彼女はふざけて全力でぼくにしがみつ
いてきて顔を上げ。女の嫌らしさ全開の笑顔で
「また会いたいよ」って言った。

笑顔は ぼくの下半身を一撃で起立させるほどのパワーがあって。
あの甘ったるい匂い。小さな肩。
また電話しちゃうんだろうな、おれ。




91 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/08/17(火) 07:23
書いてたら、どんどん自虐的な気分になってきた。
当時を思い出しながら書こうとするが、
記憶は曖昧で時間の順序もめちゃくちゃなことに気づく。
最初の出会いをきっかけに彼女とは微妙な関係が長く続く。

どうせだから最後まで書こうと思う。
一日にアップできる量は多くないけど
続きを希望してくれる人がいれば書きつづけようと思う。

当時のデートクラブのお姫様に魅了された
哀しい喪男の物語だ。これは。
笑ってやってほしい。

それからトリップつけてみた。





93 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/08/17(火) 08:29
大晦日になっても片付かない仕事に悪戦苦闘しながら
同僚と年越しするのだけは やめようと
缶コーヒー飲みながら誓い合い、
その数秒後に無理だと即答されて大笑いした。


そのときケータイが震えた。と記憶してる。
彼女からだった。メール。

 >-クリスマスは一緒にいてくれてありがとう。
 お正月の三日間のどこかでお会いできませんか?

営業メールの第一号が早速やってきた。
それにしても早い。すごく早い。
彼女は仕事熱心なのか世間の時間の流れに無頓着なのか…


でも正直に言うと実は すごく嬉しかった。
向こうはお金のため、と頭では分かっていても口元が緩む。

それから彼女の香水、ミツコじゃなくて、あのかすかな甘った
るい匂いを思い出そうとして何度も失敗。いらいらする。
彼女の手管に見事に はまったようだけど
全面降伏は さすがにかっこ悪いから意地の悪いレスで応戦し
てみた。

 >元旦は無理。2日、3日なら空くと思う。
 隠さず素直にカムするけど、ぼくは制服フェチ。
 君が学校の制服で来てくれるなら会いたい。
 下着見える ぎりぎり丈でよろしく。

たぶんもうレスはこないだろうと思った。
なぜかというと、最初の雰囲気からこういう内容には拒絶反応
しそうな気がしたから。

完全に割り切った風俗の娘って感じでもなかったし。
もう一度会いたいのは素直な気持ちだけど。
待機画面になったままロゴを回転させてるPCをつついて起動する。
徹夜覚悟のpm11:00ってなんでこんな眠くなるんだろうな。
しかもさみしい。





135 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/18(水) 20:03
元旦の昼過ぎにケータイが鳴った。
前夜は そのまま朝まで仕事が続き、家に戻って爆睡予定のつ
もりが 寝つけずに雑煮をすすりながら ぼんやりテレビを眺め
てた。

 >-りょうかい。マジ制服でいくけど引かないように。
 で、いつ?明日、あさって?

引いてしまった。ほんとに来ると書いてある。
だらだら気分が吹っ飛び、頭がしゃきっとする。
脳内ではグレードレッドの非常事態。ニューロン兵士があわた
だしく駆け回り黒人軍曹の口汚い罵りと ちかちかまたたくハザー
ドランプの高速回転。

 >明日にしよう。場所はまるきゅう2の地下。
 あの喫茶店。なあ。ところでまさかイブ料金のままじゃない
 よね。

速攻のレスが返ってくる。

 >-おっけぃ。ちなみに、にがけ。

こっちもすぐに返す。

 >よんがけ。嫌だったら他の娘探す。君ほど綺麗な娘はみつ
  からないだろうけど。

 >-無茶いってるよ。おっけい。りょーーかい。
  今回だけ、よんがけ。特別だよ。
  あなたにきれいって言われるとうれしい。
  ほんとだよ。

ケータイを閉じるとどっと疲れが戻ってきた。
雑煮を下げようとする母を止めて、自分の食べた分を台所に運
ぶ。それから自分の部屋に戻ってベッドに倒れこんで翌朝まで
眠り続けた。


キャラメル色の長い髪。
かきわけると、白くてつんととんがった顎につらなるラインが
あって 顎骨に薄く乗った皮膚はかたいようで柔らかくて
そこに自分の顔を重ねたところを想像する。
でも、どうしてもあの甘ったるい匂いが思い出せない。





136 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/18(水) 20:35
新年2日の渋谷は人で溢れてた。
待ち合わせ場所は地下道で繋がっていて向かうのは楽だったけ
ど 入店することができなかった。満員だ。

そこで、ぼくは場違いなほど でかい声を上げてしまったんだ
と思う。
やんわりと入店を拒否する店員の後ろに彼女が立っていた。
約束を守って制服姿で。


店内の客が一斉に振り返りぼくと彼女を見つめ、そしてすぐに
興味を失う。
かわいい女子高生と、どこにでもいそうな年上の友人。
そんな風に見えるんだろうか。

考えてみればいままでこういう経験ってなかった。
この狭い室内で、ぼくは彼女の側にいてもおかしくない存在な
んだろうか。


客があたりまえのように、ぼくと彼女がここにいることを容認
してくれた気がして安心したような、嬉しいような、得意な気
分になった。


ふつうの女性はぼくなんかに興味を示さない。デートはしたこ
ともないし、誘ったこともない。
今まで一度だって味わったことのない感覚。
金で買った擬似的イケメンの体感。
「出よう。ここ空気悪いし」
彼女がぼくのコートの袖を引く。
そしてまた渋谷の喧騒の中。




145 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/20(金) 02:40
寒い中、地上を30分近く彷徨ったのち
南口のスターバックスで暖かいコーヒーにありつく。
ここは席すらない。バス亭と路肩を仕切る、たるんだチェーン
に腰掛けてコーヒーをすする。

「これ、今日の」
彼女の手を握りたかったのかもしれない。
唐突に紙幣を筒状にまるめた束を彼女の手のひらに乗せる。
見えないように。

ぼくの手のひらはやけに汗ばんでいたけど、彼女の手のひらは
冷たかった。
「ありがとう」と言って彼女は素直に笑った。


グレーのミニスカート。丈はかなり短かい。
Pコートに包まれて、残念だけど太ももはちょっとしか見えない。
ここの慧眼なスレ住人の前で制服の細かい描写は避けるけど
紛れもない本物のじょしこーせーが目の前にいた。
寒そうに猫背にまるまって、紙のカップを両手で持っている。


彼女は まじまじと見つめるぼくの視線に気づいたのか
「化粧してないよ」と言った。
「制服好きな人ってさ、お化粧嫌がるんだよね」
それから
「ほんとは ちょっとだけしてるけど」と付け加えた。
「お腹はへいき?」
「うん。まだへいき」
「じゃあ、行きたいところは?」
「え?付き合ってくれるの?行ってもいい?」

どこへでも、お姫様の行きたいところへ。
まるきゅうで服を、原宿に移動してスニーカーを見てまわり
キディランドで巨大なガムボールを2個買った。

お姫様はご満悦で、それからだしぬけにお腹がすいたと言い出
した。
原宿かぁ。このあたりの知識はほぼゼロ。しかも新年2日に営
業してる店なんてない。しばらくして、ふと年中無休のスタン
ドカフェを思い出した。あそこなら何か食べさせてくれるかも
しれない。





146 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/20(金) 02:42
ベーコンのサンドイッチ4切れをぺろりとたいらげてココアを
飲みトマトをガーリックで炒めたのが美味しいと、もう一皿お
かわりしてストーブにしがみついたまま、カルアミルクを飲ん
でた。

あっというまに男の店員と仲良くなるのは、顔の綺麗さと血の
せいか。ぼくは自分が買ったスニーカーの箱を「ほら」といっ
て彼女に渡した。

「お年玉。安物でごめんな」
「ん。なにこれ?ヒロのスニーカーじゃないの?」
「君のスニーカー。さっきの店で欲しそうに見てたでしょ。
 買うときに入れ替えてもらった」

話ながら、いきなり自分の名を呼ばれてドキっとした。
自分の名を女性にこんなに親しげに呼ばれたことなんてない。
キョドったかもしれない。


履いていたローファを箱に詰めなおして、新品のスニーカに履
き替える彼女。ほんとうに嬉しそうでとても演技には思えなかっ
た。
体が温まり、お腹もよくなって店を出た。

「すぐ帰っちゃう?」

と彼女

「いや、どっちでも。でももう充分楽しかったよ。駅まで送るよ」

東郷神社境内に入ったとき、彼女が腕を組んできた。
「ねえ、ホテルいこ」
「は?Hは無しなんじゃなかったっけ」

「今夜はホテルまでサービス料金に含まれてますけど。
キャンセルされますか?
ただしホテル代は別途料金になります」

制服でも平気なホテルは目黒にあった。
彼女の案内。
反射照明だけのいかにもなモーテル。
空調の振動音だったか、ほんとうに雨が降り出したのかもう覚
えてない。


そのあと彼女の腕の中に全部忘れた。
静かな寝息。
甘ったるいあの匂い。





147 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/20(金) 02:58
深夜に目が覚め、トイレ。
エビアンを冷蔵庫からひっぱりだしてガブ飲み。
冷蔵庫から漏れる明かりで彼女のバッグがひっくり返っている
ことに気づく。


始まりはそんなに激しかったっけ?
バッグを手に取って、散らばった中身をひとつづつ放りこんで
いく。

ピンクのクマに化粧品に、なんだこれ、手のひらサイズのおも
ちゃのピストル、財布、ハンカチ、ボシュロムのレンズケース、
ケータイ…


そこで手が止まった。


一枚のフロッピィが指先に触れた。
ピンクスケルトンの3.5インチ。ラベルは無い。


いつもなら気にも留めないんだろうけど、持ち主は10代の女子
高生。おまけに可愛くて、ぼくの心に住み着きつつあるその本
人。

何も考えずに備え付けのPCを起動し、フロッピィを突き刺す。
カタカタと音がして、彼女の秘密があっさり表示される。


メモ帳のファイルがふたつ。
エクセルのファイルがひとつ。


メモ帳はすべて英文で馬鹿なぼくには読解不可能。
エクセルのほうは、ケミカルっぽいちんぷんかんぷんな英単語
と数字の羅列。
結局のところ、ぼくには彼女の秘密に触れるその資格すらない
らしい。



自分の捨てアドを呼び出し、内容をコピーして放りこむ。
それから友人のオタにメールしてエクセルの内容よろしく、
と可愛い顔文字付で送付した。

ベッドに戻り彼女を背後から抱きしめるその前に
ちょっと気になって彼女の手首と、太ももを調べた。
真っ白。なんの痕跡もない。

お姫様の寝顔は、お姫様そのものだった。
フロッピィのことはすぐに忘れた。
眠かったしひどく寒くて彼女の温まった背中の方が、
あのときはよほど魅力的だった。







170 名前:70 ◆XI5VKMJ1Ek   sage 投稿日:04/08/21(土) 16:24
明け方近くに目覚めて、彼女を叩き起こした。
まだ眠いとグズる彼女をなだめ、制服を着せてやり、靴下を履
かせた。

転がったスニーカの片方を探そうとベッドの下を覗きこんだとき
ミニスカートと太ももの境界線
えっちサイトに転がってるローアングルな定番画像がフラッシュ
バックして 突然、彼女を傷つけてやりたい衝動に駆られた。


右足首をつかんで、手前に引くと彼女はあっさりベッドに倒れ
ぼくは柔らかい真っ白なふとももに顔を埋める。
何の抵抗もない。


しわくちゃになったベッドのシーツに顔を半分埋めたまま
眠いような焦点を結ばない綺麗な瞳がぼくをじっと見ていた。
いつかテレビで見たライオンに倒されたシマウマの子供を思い
出した。

どこを見ているのか分からないあの大きな黒い眼球。
喰われながら痛いのか怖いのか悲しいのか判別不能な、
だけど憐れみを誘う瞳。
欲望は一瞬に蒸発して
それからぼくは少し落ちこんだ。




171 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/21(土) 16:32
ホテルを出た。
ぼくが先に通りに出て、人がいないことを確認してから彼女に
手招きした。

場所柄、こんな早朝新年3日目に人がいるはずもないけど制服
はやはりまずい。機敏な動作でさーっと駆け出してきた彼女が、
ぼくの腕をブレーキにとまる。



同じタイミングで、いかにもなおやじと女子高生が一組出てきた。
早足で歩き去りながら後ろをちらっと一瞥して
勝った。と叫び声を上げた。頭の中で。
勝負になってなかった。髪の毛の一本まで姫様の圧倒的でまっ
たく一方的な勝利。
これも金で買った勝利か?と自問自答したけど考える意味も無い。
ぼくはこと女性に関してはガキで子供だってこと。
かわいい姫様が隣にいて有頂天になっているだけだ。



目黒駅まで長い距離を歩きながら
「今夜もお姫様を買いたい」と言ってみた。
彼女は前をみて歩きながら瞳だけこっちに向けて意外。
と言いたそうだった。

済ませたい用事があるとかで、彼女は渋谷方向の山手線ホーム
に消えた。ミルクスタンドで牛乳を買った。
冷たすぎて味がわからなかったが、頭はすっきりと冴えた。


ケータイを取り出して友人のオタにメール。
こいつは電話が嫌いでコールするだけ無駄。絶対に出ない。
昨夜のメール届いたか?内容は把握できそうか?いたらレスくれ。


駅構内は閑散としていて寒さがつらくなってきたので
営業開始したばかりのスタンドカフェへ。
暖かいコーヒーを注文して、うとうとしているとメールが届いた。








>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他, おすすめ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他, おすすめ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070827231425