2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

年上の嫁の浮気と隠されてた性癖【後編】
(2ページ目) ※最初から読む








しばらくすると かなり遠めで見てもわかりそうなぐらいにブラウス
の双丘を押し上げる乳首が見えた。

C子は、俺の上によつんばいになるとその胸の先を俺の体に這わせ
てきた。
「あっ・・・んっ・・はぁん・・・」

熱い吐息をもらしながら、ゆっくりと俺のからだのあちこちに自ら
の乳首を這わせる。
こりっとした感触に背筋がゾクゾクっっとくる。
上半身からなぞっていき、下半身へと移っていく。

すでに勃起していた俺のモノのところまでくると、俺のモノをにぎっ
て、自らの乳首にこすりつける。

「あうっ、はっ、んっ・・・おっぱいの先っちょ気持ちイイ・・・
ねぇ、もっと激しくしていい?痛くない?大丈夫?」

俺が頷くと俺の腰をベッドの端まで引っ張り、自らはベッドの下に
しゃがみこむかたちで俺のものに乳首をこすりつけてくる。

「はうっあんっ・・・」

だんだんと激しさを増し、乳首をこすりつけるというより俺モノを
胸全体に押し付けるようにする。
見るともう片方の手は、自らの股間に這わせており、俺のモノを使っ
た自慰行為になっている。
俺のモノのほうもだんだんとしびれてきて、そろそろ限界が近づい
てきた。

「ちょっと、待って・・・イキそうだから、ちょっとストップ」

「んっ、、あん・・・私ももうちょっとでイキそうだから、がんばっ
てぇ・・」
って、そんなんでイキそうになってるのかよ。

「Oとやってるときも そうやってOに奉仕しながらイったのか?」

「・・んっ、はっ・・ううん・・イケなかった。私がイカせるのに
集中してないとあの子はダメだったみたいで・・」

・・・もう完全にドMかよ。O君。

「じゃあ、今もイっちゃダメだろ。同じことをしてくれるんじゃな
いの?」

「んっはうっううううん・・・ごめんなさい。わかったわ・・・」

C子は自分の股間に這わせていた手を唇に咥える。
たらたらと唾液を自分の指にからませて、俺のモノになすりつける。

そのまま両手でしごきはじめると思った刹那、
唾液をからませていた手を俺のケツの下にすべりこませる。

「だっっからっ、それは まだ慣れてないからダメだっ
つーーーっっ!!」

叫ぶも遅し、唾液でぬるぬるになったC子の指先はすんなりと俺の
ケツ穴に侵入してくる。
片手でケツの穴をいじりながら、なおも俺のモノは自分の胸にこす
りつけるC子。

「ねぇ・・イキそう?
もうちょっとでイケる?
早くイッてくれないと、私のほうが先におっぱいでイッちゃうか
ら・・んっ・・」

「うぐ・・・」
だから、ケツに指入れられると変な声が出るからしゃべれねえんだ
よ。

「ねぇっ、、やっぱり、口の中がいい?お口でやる?」
・・・だ、めだ・・聞くなら手を止めてから聞け・・・イく・・・

「きゃっ!」
俺は そのままC子の胸めがけて放出した。

「はむっ・・んっ・・・」
C子はすぐさま俺のモノを口に咥えるとぐいぐいと吸い上げる。

「ちょっ・・待って、とりあえず手をどけろ・・・」
なんとか呻きながらそう言った俺のほうを咥えたままC子は見ると

「いま、もう一回硬くさせるから、待っててね」
「無理っだってば、昨日もさんざんしたんだぞ」

「でも、O君と同じようにしろってあなたが言ったんじゃない」

「年齢が全然違うだろっ、そもそも一回のプレイで何回ぐらいして
たんだよ!」

「5回ぐらい、さすがに私も疲れちゃってそのあたりで断ってた」

マジか・・・俺が若いときでも5回とか無理だった気がするぞ・・・。

「でも、硬いのは1回目か2回目ぐらうで、あとはふにゃふにゃのま
まなんか、イっちゃうの。練習だからがんばってとか言いながら何回も」

フニャチンのまま射精ってありえるのか?
にしても、ほんと受身オンリーだったのかよ。O君。

「長いときは2時間ぐらいやってたことあるし、ゆっくり回復してい
いからね・・・んっあん・・はむ」

C子は丹念に俺のモノを舐め上げる。
時間にして30分ぐらいか、だんだんと俺のモノも回復し、硬くなっ
てきた。

「んっ・・硬くなってきた・・・今度はどこで出しちゃう?おっぱ
いで挟む?」C子は舌なめずりをしながら嬉しそうに聞いてくる。

「ん・・・キミの膣内でイキたい」
「・・・・うん、私も欲しい・・・・」

C子はストッキングを下着ごと脱ぎ、そのままスカートをたくしあ
げて俺のモノを腰にあてがう。

「んっ・・・やっぱり、あなたのがイイ・・ごりごりくる・・・」
ゆっくりと自分の膣内へ俺のモノを導きながら、そう呟く。

「私、もともとセックスは好きだったと思う。もっとしてって何度
も言おうと思ったけどどうしても言えなかった。
もうこんなおばさんだし、しつこく言うと嫌がられると思っ
て・・・」

腰をゆっくりと動かしながらC子が言う。

「こんなことなら、あんな馬鹿な真似して自信をつけようとせずに
もっと素直に言えばよかった・・・んっ・・」

・・・まあ、俺も反省しなきゃいけないのかもしれないな。
実際にセックスに関しては、C子をおざなりに扱ってたのは確かだ。
年齢差も気にならなかったと言えば嘘になる。
もっと若ければやる気も出るのにと思ったことも何度かあった。

俺は体を起こすとC子の腰に手を回し、胸に顔をうずめた。
対面座位の格好になる。

「んっ・・はあん、、ねぇ・・おっぱい吸ってお願い・・・」
C子はブラウスのボタンをはずして胸を露にする。
俺は そのまま乳首を口に含んで、舌先で転がした。

「あああんっ・・・もっと強くしていいよ、きもちいいい。おっぱ
いでいっちゃいそう・・・」
C子は腰を大きくグラインドする。
俺もそろそろ限界になりそうだった。
乳首から口を離して、C子の唇に顔を寄せる。

「んっ・・・あんっ、、、れるぅっ・・」
C子と俺はそのまま唇を重ねて舌を激しくからませる。
C子のほうが唾液が多いのか、たらたらと俺の口の端をC子の唾液
がたれていく。

「ああああん、イキそう・・・イッちゃいそう・・・」
「イっていいよ、俺もそろそろイく」

C子の腰の動きが激しくなる。

「ああああああ、だめっ・・イきそう・・・イっちゃう・・・
ねぇっ!お願いっ・・・おっぱいを噛んでっ・・・
お願いっ・・もうイっちゃうからぁ・・」

俺はC子の右乳首を口に含み、歯を立てる。

「ひぎぃっ・・・キモチイイイイイイ!!」
そのままぐいっと歯でねじあげた。

「いくっ・・・いっちゃう・・・イクウウウウ・・・!!」

C子の体ががくがくと震える。
くたっと後ろに倒れこみ、俺のモノがするっと抜ける。
タイミングを見誤って、俺はイケなかった。

ぐったりする、C子に仰向けにして、腰をつかんだ。
「俺、まだイッてないから、腰上げて」

「えっ・・・ちょっとまって、いまイったばかりだから・・・ひぐっ
うう!!」

C子が言いかける途中で俺は強引に腰をあげさせ、そのまま突き入
れた。

「んんんっあああっ!!!ダメ、イったあとだからダメ!ひぐっ」
俺もイキたかったのでC子の言葉に聞く耳もたず、がんがん腰を振
る。

「んああああああっつ!奥に奥にごりごりあたるぅううううう、ダ
メぇえ!」
C子が よつんばいのまま、腰を引いて逃げようとするが腰を押さえ
つけて逃がさない。

・・・うーん。
イッたばかりだからか、C子は、いまいち締まりがよくなく、イケ
そうでイケない。
俺はC子の髪を軽く引っ張り入れたまま上体をを起こさせた。
「ひぃっ・・・ちょっと何をするの?!」

そのまま後ろから胸をわしづかみにしてこねあげる。
「ひっ・・おっぱいはだめ!今はダメなの、んぁあああキモチいい
いい!!」

そのまま乳首をひねり、そのまま前へぐいっと引っ張ると、C子のアソコがぎゅっと
締まりはじめてきた。
「だめええええええ、乳首とれちゃう!いやぁあああああ、またイ
クイクゥウウ!。早くイって!出して出して、ダメ、しんぢゃ
うっ・・お願い、早くイってぇえええ!!」

俺はもう一度、C子の頭を抑えてベッドに抑え付けて腰を打ちつける。

「はぐっひぐっ・・・んっああ・・・あたってる。あたってる。
ごりごり奥にぃいい・・またいくっ、いっちゃう、早く!早くイって、
膣内に出してっ、しんぢゃうよぅうう!!!」

C子の絶叫に背中をおされて、俺は思いっきりC子の膣内に放出した。

「んぁ・・・・出した?出ちゃった?・・キモチよかったよ・・・」

俺は さすがに力尽きてそのまま、ベッドに横たわった。




その後、自主退社だった為、3ヶ月の待機期間を経て失業手当を6ヶ
月もらった。
仕事をやめてからだいたい1年間、家でごろごろとしていた。
C子は俺が家に居ることがまんざらでもないらしく、なにかしら世
話をしたがった。

夜の生活のほうは、C子が生理じゃないときは、ほぼ毎日求めてく
る感じだった。

さすがに体力的にきついのだが、C子自身はセックスそのものにこ
だわらず、奉仕するのが楽しいといった感じで俺がなにもしなくて
もいろいろやってくる。

おかげでアナルもすっかり慣らされてしまい、今ではアナルに舌を
ねじこまれながら、イカされる有様に・・・。

フニャチンのまま、イクってのも嘘じゃないんだな。
実際に4回ぐらい続けられたとき、後半の2回は、勃起もほとんどし
てないのに射精感むりやり引き出された。
実際にはほとんど精液も出てないような感じ。

C子が言うには、自分が浮気したからには浮気されても文句は言え
ないけど、浮気されたくないので浮気しなくて良いようにしたいら
しい。

・・・まあ、確かに浮気しようって気は起きない。


俺は失業保険を満期までもらったあと、うまくネットで登録してい
た地元の工場に再就職が決まり、給料はC子に及ぶべくもないが、
それなりに満足している。

Oは約束どおり、県外で別の会社に就職したようでその後見かける
ことはなかった。

Oの父親の社長のほうもC子の会社でたまに顔を合わせるようだが、
会釈する程度であれから仕事上でのことも含めてしゃべってもいな
いらしい。

ただ、やはり浮気は一度すれば二度目は抵抗が無いというのは未だ
に思っているので C子の周辺には常に目を光らせているし、仕事以
外には友人との付き合いも含めて俺抜きで遊びに行くことを許して
は居ない。

だが、特にC子はそういった俺の極端な束縛に不満も無いようで、
むしろ なにかれとなく俺にベタついてくる有様だ。
俺のほうが束縛されてるんじゃないかとすら思えてくる。

まあ、あのとき勢いに任せて離婚しなくてよかったと、今ではそう
思っている。




 
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20110218212104