2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

深夜だし、こっそり彼女の話をかく








1 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:11:58.90 ID:Zvr4aC5M0
聞いてくれる人がいたら、書いていきたい。

書き溜めてないから、ゆっくりだけど、よかったら聞いて欲しい。




2 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:13:41.30 ID:Zvr4aC5M0
さっき板で彼女の話をしたら、ふと話したくなったので、
良かったら聞いていってくれ




5 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:16:47.77 ID:Zvr4aC5M0
後9日で付き合ってまだたった4ヶ月なんだが、彼女がいる。

スペック

俺 大1 身長163で小さい。
  よく彼女にチビってバカにされる。

彼女 高3 身長153 友達が160台多いせいか小さい。
   コンプレックスらしい。




6 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:17:53.38 ID:Zvr4aC5M0
結論から言うと、彼女が死ぬかも知れないんだ。お前ら助けてくれ。




3 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:14:52.75 ID:AmqeO2fd0
ゆで卵をゆでた孫



8 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:19:15.84 ID:Zvr4aC5M0
>>3 >>4 盛り上げてくれてありがとう。
そのまま俺のテンションも上げてくれ。





12 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:20:08.50 ID:QZzjTJY90
聞こうじゃないか



21 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:25:52.75 ID:Zvr4aC5M0
ありがとう。

俺たちが住むのは北の大地。出会ったのは去年の冬。

当時高3の俺は、大学進学のために上京の準備をしたんだ。
バスで2時間くらい揺られて、飛行機に乗るんだが、その途中に
出会った女の子がいた。

今日も地面は雪が溶けたのが寒さで凍っていたりで、ツルツルだった。
空港について、中に入ろうとしたとき、目の前にタクシーが止まった。
降りてきた子は、目を真っ赤にしながら鼻水たらしてた。

彼女の第一印象 → なにこの女汚い。 だった




27 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:30:01.32 ID:Zvr4aC5M0
しかもその子、タクシー降りた瞬間に、そのままこけたんだ。

ワンピース?の丈が短いようなやつ着てて、おもいっきりめくれ
てた。

タクシーの運転手も「え!?」」って言いながら驚いてた。

目の前で、がん見してた子がこけて正直俺もポカーンだったけど、
とりあえず「大丈夫ですか?」って声をかけた。

彼女は、すぐに立ち上がってスカート直したら、
泣きながら小さい声で「大丈夫です。ありがとうございます」
ってお礼を言ってきた。で、俺の横通り過ぎて建物に入っていった。

でも、タクシーの中に荷物おきっぱで、すぐ戻ってきたんだ。


俺、初対面なのにくっそわろた。




29 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:35:03.80 ID:Zvr4aC5M0
時間は最終便の時間だったし、きっとこの子も東京行くんだなーっ
て思って、元々人に話しかけるの好きだったし、
「東京行くの?」って話しかけた。

その瞬間、またブワッて泣かれて、俺危うく不審者。
でも、エグエグ鼻水垂らしながら登場手続きしてる彼女は、初め
てのおつかいさながらだった。

搭乗手続きして、時間たってから飛行機に乗った。
田舎の深夜便だからガラガラで、指定席に座ったけど周りは
がらーんだった。

きょろきょろさっきの女の子を捜したら、ちょっと前の方にいた
からひっそり移動して声かけた。もう泣き止んでて、「さっきは
すいませんでした」ってシートベルト締めながらお礼言われた。





32 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:40:56.07 ID:Zvr4aC5M0
さすがに隣座るのは・・・と思ったけど、彼女が

「も、もしかしてお隣ですか!!」と嬉しそうに言われたので
「内緒ね」と言って俺は隣をゲットした。

彼女は、最後まで隣は俺の席だと思っていたみたいで、俺の言葉
に「ん?」と不思議な顔してた。

俺は彼女小さいし、中学生だと思ってたんだ。で、飛行機が飛ん
でから
「俺の妹と同い年くらいかな?」って聞いた。俺の妹は当時中2。

めっちゃ笑顔で「ええー!あたしとあなたが同い年かと思いまし
た!」って言われた。

2人で「え、お前何歳よ」って空気流れたからとりあえず
「俺高3ね」と教えた。

彼女は「うわー、一つ先輩ですね!!」って喜んでた。




お互い、「お前、その身長でその学年かよ」と思ったに違いない。




36 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:50:13.79 ID:Zvr4aC5M0
で、失礼だとは思ったけど、俺は「さっきなんで泣いてたの?」っ
て聞いた。もう、彼女は妹みたいに見えて仕方なかったし、気に
なってたから。

彼女は「あー、あのー・・・」って言ったまま黙ってて、空気重
かった。

「なに?言えないことだった?」ってちょっと冗談ぽく言ったら、
彼女が答えてくれた。

「あの、東京にいる友達のお葬式に行くんです」って言われた。

ああ、聞いちゃいけないこと聞いたなーって思って、「ごめん」
って謝った。

彼女が、「お葬式って、普段は面倒だなーって思うけど知ってる
人、大事な人が死ぬと、やっぱり悲しいですよね」と言ってまた
泣いた。

彼女は、死ぬのって怖いのかな、きっと辛かったと思う、と思え
ば あの時から『死』について考えていた。

その後は、お互いの学校の話とか色々話した。
なんだかんだ彼女もノリが良くて、凄く楽しかった。

これも運命だから、って彼女のほうからアドレス交換しようって
言ってきて俺も快く引き受けた。フライト中だから、彼女が手帳
を切り取って、アドと番号書いて渡してくれた。


時間たつの早くて、気づいたら着陸態勢に入っていた。




37 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:55:13.91 ID:Zvr4aC5M0
飛行機降りてから、2人で荷物受け取りに行った。
俺は そこから一人で電車に乗って物件まで行く予定だった。

彼女は、周りをきょろきょろして、電車のほうにも行こうとしな
い。

「電車乗る?」って聞いたら「切符の買い方がわかりません」と
いわれた。

結局2人で切符を買い、彼女はケータイで行き先を調べながら教
えた通り切符買ってた。

俺が途中で降りるような形になって、最後は「また北海道で会え
たら良いね」って話してた。住んでる場所聞いたけど、地元から
も全然遠かったし、会うことは無いなって思った。

アドレスも交換したけど、どっちかがアド変えて終わりとか、そ
んなんだって思った。






39 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:59:48.95 ID:Zvr4aC5M0
思ったとおり、そのまま月日が過ぎて、俺は大学で それなりに遊
んで、バイトして、楽しく過ごしてた。たまにアドレス帳を見て
は思い出すくらいだったけど、アドレスは不思議と消さなかった。

ほんとに突然。9月にメールが来た。
「元気ですか? 明日、そっち行くんですけど、電車の乗り方教
えてください!」って来たんだ。

どんだけ自由な人間なの?会話何ヶ月ぶり?バカなの?と思って、
でも、懐かしくて、ちょっと舞い上がった。




40 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:08:58.09 ID:Zvr4aC5M0
「久しぶりwww てか、一回しか会ったこと無いやつに何頼ん
でるのwww良いけどさwww」

と、草を生やしまくって送った。返信も早くて、さすがJKって
思ったね。

「やったー!だって、断らないと思ったの!」

おい、お前の中で俺、どんだけ低い位置にいるんだよ ってツッ
コミたかった。

また、最終便でこっちにくるって聞いたから、到着時間きいて、
空港まで迎えに行った。




時間になって、時間がちょっと過ぎて、やっと彼女がきた。前と
同じ、赤いキャリーバックころころ引きながら歩いてきたんだ。

「うわー。小さいまんまじゃん!てか、さすが北海道!色白い
ねー」って褒めた?ら

「ほんと、身長変わってないですね!」って笑われた。

キャリーバックを変わりに引いてあげながら、懐かしい、懐かし
いってひたすら同じことばを繰り返した。

髪は校則あるはずなのにちょっと茶色気味で、服は いまどきっぽ
い可愛くてふわふわな感じ。髪は背中に軽くかかるくらいで、
正直可愛かったし、どきどきした。

でも、これはあの時の鼻水女なんだ、って自分に言い聞かせた。




41 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:17:54.79 ID:Zvr4aC5M0
どこの駅に行くの?って聞いたら、ホテルとってないから漫喫行
きたい!!ってはしゃぎ始めた。

でも、こっちから言わせると「都会はぶっそうだお」って感じだっ
た。田舎育ちなせいか、性格のせいか、話してて「素直」とか
「単純」って思ったから。

「ちゃんとホテル取らないとあぶないよ」って言ったけど、彼女
は無視。


冗談で「俺の家泊まる?」って聞いたら、そっちの方があぶない
でしょ、って言われた。「お風呂場で寝てくれるなら泊まりた
い」って言われて、アホwww って笑いあった。

結局、俺の住んでるとこの駅で降りて、漫喫に行く、って雰囲気
になった。こっちとしては、これで巻き込まれたら心配。凄く心
配。お兄ちゃん泣いちゃう。そう思った。

漫喫の前で「やっぱ、家おいで?なんかあったら、警察呼んで良
いから。都会は怖いよ?」って最後の一言。

それに、彼女の動きが止まった。「うーん。でも・・・非常識じゃ
ないかな」と、すでに非常識な彼女に言われた。


結局、来ることになった。
「なにもしないって信じてるの?」って聞いたら
「なにかしない人だから」って、さっきの「都会は怖い」の意味
が何も通じてないってわかった。





42 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:23:47.41 ID:Zvr4aC5M0
家にきて、とりあえずジュース出してあげたら、彼女はクッショ
ンに座ってケータイを見てた。でも、その画面は真っ暗なんだ。
でも、彼女は見てた。

「今回は、なんで東京きたの?」って聞いたら
「内緒なかんじでー」と言い返された、
「理由言ってくれないと、こっちも困るよ。
お前はまだ高校生だろ?」

俺、すでにお兄ちゃん全開。

「怒んない? あのね、家出だよ。もう辛いんだ」
って言われた。



いえ、で・・・だと・・・?




俺、犯罪者じゃねえか。ってあせった。
本気で泣きたかった。


そしたら「うーそ。病院にきたの。田舎じゃちょっとね」
って言われて俺涙目。




43 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:25:35.73 ID:AmqeO2fd0
あぁ。…



45 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:33:00.89 ID:Zvr4aC5M0
でも、元気そうに見えたし、問題なくね?って思った。

なんの病気なのか聞いても答えてくれないし、俺も彼女が必死だ
からしつこく聞けなかった。

彼女は、明日と明後日が病院。3日後の最終便で帰るーと笑って
いた。目じりのほくろが、なんか彼女の表情をやんわりさせて可
愛かった。

さすがに、そんな病気だってきいてる子に手だそうとは思わなかっ
たし、元から妹みたいな子だから、そんな気すらおきなかった。

布団は当たり前に別々だし、布団に入ってすぐ彼女はすーすー寝
てた。俺は行くって聞いてた病院のそばのホテルを何件かリスト
アップしといて、自分の布団で寝た。


朝起きたら、彼女がご飯作ってた。
「彼女もいなさそうだから、手作りしてみました!」と言ってご
飯をもってくれた。

なにもないなーと思っていた冷蔵庫の中は、彼女の手によって素
敵な朝食になっていた。

台所にためていた食器も洗われていたし、洗濯物も洗ってくれていた。
1日泊めてくれて、しかも なにもしてこなかった!!と笑っていた。

「彼女みたいだね!」と嬉しそうに言って、また台所に鼻歌を歌
いながら戻っていった彼女の後姿が、新婚の奥さんを思わせて、
なんとなく幸せを感じた。 

まったく、赤の他人なのに。




49 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:41:18.07 ID:Zvr4aC5M0
「よく、あかの他人を疑わなかったなー、お前東京じゃ生きてけ
ないわ」って言ったら
「あたしは立派なギャルになるー」って棒読みしてた。

俺には、ギャルっていうよりも清楚なお嬢さん、って感じだった。

「東京は怖いっていうのは、何回も聞いたよ。でも、悪く無い人もいるよ」

「俺は?」

「うーん。今はいい人。凄く好きな部類に入ってる人。
でも、どうなるかわかんない」

結局、最後まで人を疑わなかった。

病院まで送っていくことにしたが、途中で何回もティッシュを渡
されて
「こ、こんなにもらったら、バックいっぱいになっちゃう・・・」
と焦っていた。

断ることも、スルーもせず、もらうたびに「お疲れ様です!」と
言っていた。本当、田舎から出てきた感があって、懐かしい感じ
がした。


送っていった夜に、「ホテルは閉じ込められてるみたいで嫌いだ
な」とメールが来た。一人になりたいけど、心の底から一人にな
んてなりたくない とメールが来た。

俺は、「会いたかったら電車でこれる距離だろう」って思ったけ
ど言えなかった。彼女なら、本当に来てしまいそうだと思ったか
ら。

「大丈夫。一人も慣れたら楽だから」と言って、その日はそれ以
上メールが来なかった。






50 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:48:04.40 ID:Zvr4aC5M0
その次の日、夕方にメールがきて

「病院終わったから遊び行きましょう!遊びたい!」という内容
だった。
明日帰っちゃうし・・・と思って、俺は彼女を迎えに行った。

病院の前で「うああああ!病院嫌いだあああ!!!」と叫んでい
て、もう、アホの塊だった。

「お前www 病院の前で叫ぶなアホwww」というと
「はっはっは。良いんだよ。嫌いなものは嫌いだ。
子供はみんな嫌いだろー?」

って言ってて「ガキー」と馬鹿にしたら
「同じくらいチビなくせに」とぼやかれた。


ゲーセン行きたい。漫画喫茶行きたい。ケーキ食べたい!
と、次々にリクエストが来た。時間もあっという間。
気付いたら12時近くて、結局また「泊めて」の言葉に負けた。

負けたっていうより、俺も少しそれを望んでた。





51 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:58:49.41 ID:Zvr4aC5M0
帰りにスーパーで買い物して、夜中に晩御飯を作ってくれた。
シチューが小麦粉から作れてしまう彼女をべた褒めしたら、照れ
てた。

お風呂入って、歯磨いて、寝る準備をした。
先に布団に入っていた彼女がまだ起きていたので、話をしながら
寝ることにした。


「東京楽しい?」
「うん。夜なのに、夜じゃないみたいで凄い」

「また来る?」

「今までは来たくなかった。飛行機長いし、人いっぱいいるし。
でも、また遊んでくれるならちゃんと来るよ」

「おいで」

「いいの?彼女できても遊んでくれるの?」

「大丈夫。作らないって。待ってて欲しいなら、待ってるから」

こんな感じの会話をした。
彼女が静かになったから、「ああ、寝たのかな」って思って俺も
壁の方を向いた。

そしたら、ベットの上で泣き声聞こえるの。
「は?」っと思って起き上がったら、彼女泣いてるの。

「何で泣くの?」って聞いたら、

「あたしのために待つなんて、絶対無いことを約束しないで。
待たなくて良いよ。遊ばなくて良いよ」って言われた。

「彼女できないって。こんなチビ、みんな『可愛いー』って言っ
て終わるよ?」って自虐ネタを言っても、泣き止まない。

「嘘は嫌い。守れない約束も嫌い。嘘の『大丈夫』が、一番嫌い
だ」と、泣きながら説教。


確かに、絶対待てる確証なんて、彼女が言うとおりない。他人だし。




だから、冗談で
「他人じゃなかったら、いくらでも待つんだよ?」って言った。

遠まわしに「彼女になる?」だった。

彼女は意味がわかったみたいで「どうして他人のあたしを彼女に
したいのかわからない」って言われた。

「カップルも、最初は他人だから問題ない」って言ったら、彼女
は「でも」と言ったきり、黙った。







>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:, 泣ける話, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:, 泣ける話, 純愛,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20120122130039