2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

バイト帰りに出会った女子高生との数年間の話






http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1473419208/


1 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:06:48.08 ID:V7RNIziR.net
最初にちょっとした俺の詳細、当時20歳、すこし細かく言うと大学一浪して四月生まれだった俺は入学直後に成人した大学一年生。

顔はよくはないがそれほど絶望的ではないと思いたい。

コミュ力も低くはないはずの、まあ多分高校ならクラスに一人、大学だったら大勢いそうな一学生といえば想像しやすいかも知れない。

当時は地元の隣県の国立大学に入学して二か月弱だった。






2 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:08:54.32 ID:V7RNIziR.net
高校のころは一人暮らしにあこがれを抱いていて、その大変さを過ごしてから気づいて、自分の無能さに気づいて、ようやく生活リズムが出来上がったころにバイトを始めた。

仕送りも一応してもらっていたが俺の周りの奴らは結構苦学生が多くて、「俺も何かするべきなんじゃないか」なんて考えたり、恋人もいない、他学部と比べると暇である、といういくつかの要因も重なってバイトを始めた。

今の日本何て地方はどこも人が少ない。夜の九時過ぎにもなれば飲み屋街以外は人影もまばらだ。

日付は確か六月の中旬ぐらいだったと思う。その日は綺麗な三日月が浮かんでいたのを覚えている。

バイト終わりの俺はそんな夜道を歩いていた。そんななかで公園の近くを通ると控えめなギターの音色が聞こえた。

今考えても不思議な話で、言い方は悪いが気まぐれみたいなものでギターの音色にフラフラ誘われて音源に近づいていった。






4 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:12:32.23 ID:V7RNIziR.net

通りを一本裏に入って行ったところにあったその公園は、大きさの割に街灯の数が多くなかった。

だから音源の位置の特定に少し時間がかかった。街灯の真下のベンチに人影はなかった。

そこから少し離れたベンチから音が出ていた。エルトン・ジョンの「Your song」だった。

女性の綺麗な歌声だった。気が付けば聞き惚れていた。

弾き終わった彼女がこちらに気が付いた。どうやら下を向いて歌う彼女の顔を見ようとして近づきすぎてしまったようだった。

だが近づいたおかげでぼんやりと彼女が認識できる。

制服のように見えるが薄暗くて詳しくは判別しかねる。学生だろうか。






5 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:16:17.95 ID:V7RNIziR.net
「「あっ・・・」」

俺と彼女の声が重なった。思ったよりも若い声で俺の方に声をかけてきた。

少女「見られてましたか?恥ずかしいな・・」

彼女は勝手に見ていた俺を非難することもなくそういった。依然として顔が見えないので表情は分からないが言葉通り恥ずかしがっているように感じた。

俺「いや、上手だったよ。聞き惚れてた。」

少女「本当ですか!?嬉しいなぁ!あっ!リクエストあるなら弾きますよ!!」

彼女の声が嬉しそうな声色に変わる。ほめられてテンションが上がったらしい。

「へぇ、色々出来るの?」

「はい!和洋中なんでもどうぞ!」

この受け答えの時点で中々冗談の通じそうな子であることと、同時に少し変わった子だということを理解した。

「料理じゃないんだからwwそうだな…いきなり言われてもなぁ・・・」

正直言ってその少女のレパートリーが分からないわけで、リクエストのしようがない。

「無いなら適当にやりますよ。すみません、ちょっと待ってください。」

そういうと少女は少しチューニングをしてから、「では!」といって歌いだした。

浜田省吾の『もう一つの土曜日』だった。





7 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:20:14.27 ID:V7RNIziR.net
バラードが合うのか歌がうまいのか。きっと両方だろう。

巧拙を語れるほどに俺は上手くないから批評なんてできないのだが、おそらく魂がこもっていると言えば一番近いのだろう。

しっとりと歌い上げる彼女の声が響く。

「お疲れ様。」

歌い終わった彼女に声をかけると、顔は依然見えないながらはにかむ様に

「どもども」という声が返ってきた。

曲が終わると何を話せばいいのか分からなくなった。

わずかに沈黙が続く。

が、突然彼女が叫ぶ。

「うわ!もうこんな時間!」

というと少女は手慣れた様子でギターをケースにしまい、立ちあがって公園の出口に向かっていった。

「あ、あのさ!」

自分でもこの時に何故声をかけたのかは分からない。

「また、ここに来る?」

「う〜ん・・・今日だけのつもりだったけどお客さんがいるならもう少しこようかなww」

その一言だけを残して少女は振り返ることもなく公園から立ち去った。街灯の下を通る彼女は制服姿だった。






6 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:20:01.01 ID:DCQWF44E.net
見てます




9 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:24:22.84 ID:V7RNIziR.net
>>6
レスありがとう。

自分語りは得意じゃなくてこれもちょっとした理由で書き始めたから色々思い出しながら書いてる。

あんまり早く打てないから気長に見ててくれ。



伊達「という夢を見たんだな?」

俺「いや、開口一番でそりゃないだろww」

こんな会話はその日の翌日に俺の部屋で交わされた。


会話の相手は高校からの旧友・伊達(外見上サンドイッチマンの伊達にどことなく似ているので便宜上「伊達」)だった。

学部こそ違うが地元の高校から一緒にここまで来たのはこいつだけだ。こいつとは高校からの付き合いだが似ている部分が少ないのに仲が良かった。

学力の差だろうか?伊達は俺と同じく一浪こそしているものの医学部合格を果たした秀才である。

価値観も考えも違う。だからこいつに話を聞いてもらうことでだいぶ違う見方ができたりする。

だが些か話しにくいところもある。

「何で小島(俺、ノリがアンジャッシュの小島ににているらしいので顔は似ているといわれる芸能人がいないのでご想像で)だけ現役JKと出会いがあるんだよ!俺もお近づきになりたい!」

残念なことにこんな感じの男だった。





10 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:26:44.70 ID:V7RNIziR.net
>>9でも書いたけどちょっとした理由があるから書き始めたんだ。

暇だったら付き合ってくれると嬉しい。


「落ち着けよ。俺自身奇妙に思ったから相談してるんだよ」

「ふん。いいよいいよ。リア充の小島様は俺みたいにクリスマスにもエロゲやってる奴の気持ちはわかるまい!」

「そう言うなって。後でハーゲンダッツ奢ってやるから。」

「聞こう!」

「正座までしやがった!」

現金な奴だ。だがダッツくらいで話を聞いてくれるなら安いものだ。






8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:22:43.38 ID:wQ4PVesD.net
小説?




10 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:26:44.70 ID:V7RNIziR.net
>>8
実話なんだけど暇つぶしの読み物にはなるかもしれない。






12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:27:40.91 ID:mGxpHyK/.net
読むから是非続けたまえ〜。





13 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:31:16.00 ID:V7RNIziR.net
>>12
ありがとう。

長くなるかもだけど付き合ってくれると嬉しい。


「で、何?具体的にどうしたいの?」

「どうって・・・」

言われて気づいた。

会いたい、とは思ったが会って何をするか何て全く考えていなかった。

「何さ?雨降って透けブラ見たいって?何てエロゲさ!」

「言ってねぇだろ!落ち着けって・・・はぁ・・・」

俺がこの男を頼るのは少なくない事だが話題が逸れるため少々相談をためらう事もまた多い。

もう一度言うがこんな男なのである。

「そうだな・・・何をしたいかは考えていなかったな・・・」

「は?マジで?そんなのでいいの?」

素のトーンで心底意外だというように伊達が驚く。

「そんなのって・・・お前なぁ・・・」

「なあ小島よ。未来は可能性で出来てるんだぜ?」

呆れ笑いとでも言えば良いのだろうか。伊達は俺にそんな表情で言った。

少し考える。





14 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:33:37.89 ID:V7RNIziR.net
「まぁ、そうだな・・・望みを言えばまた歌を聴きたいのと、少し話してみたいな、名前も知らんし。」

「ふむ、そうか・・・なら今日も会えるんじゃないか?そういう約束なんだろ?」

「約束、ねぇ・・・」

顔すらよく知らない女の子とまた会おうなんて約束に現実味が湧かなくて苦笑する。

俺が微妙な顔をしたからだろう。伊達がおもむろに立ち上がり、テーブルに足を乗せながら、「この伊達明慶(あきよし、名前は本名)には夢がある!」

バーン!という効果音をつけたくなる伊達。

「いや、そういうのいいんでww」

ネタは分かるが返したらドツボにはまるのは目に見えている。そしてこいつは俺の何倍も幅が広い。魔法少女からモビルスーツまでそつなく話せる奴だ。

「なんだよ〜、まぁいいや!ダッツ買いに行こう!」

「はいはい・・・」

面と向かってなんて言えないがこいつがいるだけで大分助かっているし、人生が楽しくも感じる。

伊達との会話は朝の事だった。その日は日曜だったので10時くらいから二時半まで伊達と一緒に試験勉強をしてから三時からのバイトに向かった。






15 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:36:04.38 ID:V7RNIziR.net
バイト先はコンビニ、一緒のシフトは五十過ぎの店長、(便宜上ジャムおじさんとでも呼ぶことにしよう。)

「ねぇ、小島君?ほぼ毎日来てもらって何だが彼女とかいないのかね?」

「店長・・・w」

苦笑する。自身の口から言うのは中々の敗北感だった。

「俺の顔でそんなのいませんて。」

「そうかい?君は無個性だが好感の持てる青年だと思うんだがね。」

聞き捨てならないことをいうジャムさん。

だがこうやって冗談の言える人としては数少ない年上の人物でもあった。

「まあ、しないよりもしたほうがいいものだよ?恋愛は」

「否定はしませんが相手がいないんですよ・・・」

苦笑しながら休憩に入って行った。男子大学生の悲しすぎるが偽らざる事実だった。





16 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:38:35.21 ID:V7RNIziR.net
(だがまあ、考えてみりゃこの子も一応対象にはなり得るんだよな。)

「♪〜〜〜♪〜〜」

昨日よりも少し近くなった彼女との距離を気にしながら彼女の声に聞き入る。

ワイシャツにチェックのスカート、赤いギター、昨日よりも少し鮮明に彼女を捉えた。

今日もまた彼女は洋楽を歌っていた。

スティービー・ワンダーの「Part time lover」だった。

アコギでやっているので少し曲調が変わっているが相変わらず上手い。

(そもそも名前も知らんしなぁ・・・)

コミュ障ではないが、俺は人見知りだ。出会って二日目で面識がほぼ皆無の女性に自分から名前を聞く程のスキルは俺には無かった。

観客が一人のリサイタルがいったん止まる。

「えへへ、どうでした?」

「ああ、うん。じょうずだった・・・って語彙貧困だな俺はw」

距離が少しだけ近くなったおかげだろう。昨日見えなかった彼女の顔が少しだが分かる。整った顔立ちはいつぞや伊達が見せたアイドルに似ていた。

その顔がにこやかに俺を見る。





18 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:40:22.95 ID:V7RNIziR.net
「本当ですか?ギター始めたの少し前だから全然自信なかったんですよ。」

「へぇ。そうなんだ。歌が随分うまいからてっきりずっとやってたのかと思った。」

「ううん、お兄ちゃんがやってたから貰ったの。」

「へぇ・・・」

指使いは随分と淀みがなかったので初心者には思えなかった。

「お兄さんは?何か楽器とかできないの?」

「俺?昔友達にギターのコード教えてもらったかな…今はほとんど忘れるくらいだから本当に嗜む程度なんだがw」

「お兄さんも出来るんだ!」

同好の士を見つけたからだろう。嬉しそうな声音が響く。

「いや、でも弦抑えるのだけで精一杯で曲なんか弾けないよ」

「そうなの?残念だなぁ…あっ!じゃあさ!」

私が教えてあげるよ。彼女は笑いながらこう続けた。








17 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:38:45.20 ID:r0ENZCT4.net
なんで小説風なの?




19 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:44:42.63 ID:V7RNIziR.net
>>17
今そっち系の仕事してて何かかたよっちゃうんだよね・・・

見にくいなら努力するんだけど・・・




伊達「という夢を見たんだな?」

俺「いや、使いまわしはするなよww」

再び伊達と会談。と言っても今度の会話は人でごった返す学食で行われた。進展があったら言えと釘を刺されていたので今に至る。

だが想定外だったのは他の友人たちも一緒に居ることだった。どうやら伊達が漏らしたらしく、さながら事情聴取だった。


友人A「何さ!ギターの練習しててうっかり手が触れてイチャイチャな雰囲気に持っていくんだろ?」

B「羨ましいぞ!小島!俺らにも分けろ!」

C「然り!俺も『お兄さん💛』って呼ばれたい!」

俺「ええい!静まれ!」

伊達「でも断らなかったんだろう?」

閉口する。だが一人の男子としてそんな申し出を断れるかと言われたら答えはNOだろ?





20 :1 ◆Rvi/ZSmlcg @\(^o^)/:2016/09/09(金) 20:48:47.55 ID:V7RNIziR.net
俺と伊達の友人という点と会話文から推察できるだろうが友人らは女の子(二次三次とわず)大好きな変人たちである。

と、不意に対面の伊達が立ち上がる。

「伊達?」

「諸君、私は女の子が好きだ。諸君、私は女の子が好きだ。諸君、私は女の子が大好きだ!」

「「「「「「少佐〜〜〜!!!」」」」」」

「・・・」


無言で席を離れようとして両隣の友人たちが俺の肩を抑えて座らせる。地獄だ・・・

「年下の女の子が好きだ。同い年の女子が好きだ。年上の女性が好きだ。

ネコ耳が好きだ。メイド服が好きだ。巫女服が好きだ。スク水が好きだ。ジャージが好きだ。制服が好きだ。テニスウェアが好きだ。ゴス服が好きだ。諸君、私に付き従う同志諸君、君たちは一体何を望む?」


「「「「「「うおおおおおおお!!!少佐〜!!!」」」」」」


「よろしいならば尾行だ!第三次ゼーレベ作戦、状況を開始せよ!」


分かってたさ・・・

分かってて目を逸らしたんだ・・・

こいつらは、バカだ・・・









>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, すっきりした話, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, すっきりした話, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20161029094705