2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

幼なじみへの気持ちに気づいてしまった






22 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:36:26
体験談だけどここ凍ってるぽいし大丈夫だよね。。。

幼馴染が彼氏なんだけどこの時期になったら思い出しちゃうんで。。。。。



小学6年の春に転任してきて私のクラスの担任になった先生は かなりのバスケ好きで すぐにバスケットボールクラブの監督兼責任者になりました。

当時すでに身長が168センチあった私は目をつけられ半ば強制的にバスケットボールクラブに入部させられてしまいました。

元々スポーツは大の苦手で、外より家の中で遊ぶことの方が好きだったし、背が高いことだってコンプレックスだったくらいなのに気の弱かった私ははっきり断ることが出来ませんでした。


やがて2.3ヶ月もすると

「あんたヘタすぎっ!」

「背が高いだけでバスケしてるくせに!」

「先生も背が高いってだけでなんであんたなんか使うのっ!」

私がゲームに出るときベンチに下げられた子やその子の友達とかにいろいろ言われはじめ, そのうち先生がいないと毎日のように文句を言われるようになりました。

自分でも他の子が出た方がいいといつも思ってたのに先生は背の高い私を優先して使いました。

母に相談しても「頑張って上手くなって見返してやれ」だし先生には告げ口みたいになるので相談出来ませんでした。





23 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:38:05
そんなある日、またいつものようにみんなに文句を言われている時でした。

「おい!お前ら何やってんだよっ!」

幼稚園から幼馴染の亮太でした。

「あんたに関係ないでしょ!あっち行ってよ!」

「これがイジメってやつか?初めて見たよ」

「イジメてないじゃん、注意してただけじゃん!」

「じゃあ先生がいるとき同じ事やってみろよ!」

「・・・・・・・・・。」

「なつー、帰ろうぜー」

「えっ、でも・・・・」

「いいからほっとけよ」





24 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:39:23
帰り道で私は今までのいきさつを全部亮太に打ち明けました。

「お前がバスケなんておかしいと思ったよ。そんなんならやめちゃえよ」

「でも・・・・」

「好きじゃないのにやってもしょうがないじゃん」

私は涙がポロポロ溢れてきていつの間にか泣いてました。

「おいっ、泣くなよ!おばさんが怒るのか?先生に言えないのか?」

「うっ、うっ・・・・・」

「俺が一緒について行ってやるから」

いつも背が高いだけで大人びて見られて勝手にしっかり者みたいに思われて・・・・・・背が高くてよかったことなんか全然ないし・・・・・

「うっ・・・うっ・・・・・あたし・・・背が・・・・・・・低く・・・なりたい」

「な、なに言ってんだよ!背関係ないだろ、お前がちゃんと言わないのも悪いんじゃん」

今思うと私はほんとに自分が情けなかったです。亮太の言う通りだったんだけど、当時の私はただただ自分の身長をうらめしく思ってました。





25 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:41:28
家に着くとちょうど父がガレージに車を入れてるところでした。

私は泣きじゃくってまともに話が出来ずにいたら亮太が父に全部話してくれました。

「とりあえず、うちに入ろう。亮太、ありがとな」

家の中には母もいて3人でいろいろ話をしました。

母「スポーツはやっといた方がいい」

父「合う合わないもあるし中学高校になってからでもいいだろ。無理矢理やらすもんじゃない」

みたいな話を延々していけど結局父が担任に電話して私は退部することになりました。





26 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:42:16
次の日学校に行くと担任の先生に

「ゴメンな。そこまで思いつめてるとは思わなかった。気づいてあげれなくてほんとにごめん。」

と言われました。

そして亮太には報告しとかないといけないなと思いバスケをやめたことを伝えました。

「良かったじゃん やめれて」

「えっ、あぁ、うん・・・・でも、なんだか逃げ出したみたいで・・・・」

「いんじゃないの。元々無理矢理入部させられたんだし」

「亮はいいな・・・・サッカー上手くて・・・・」

「お前だってピアノ上手いじゃん」

「うぅん、スポーツは全然だめだから・・・・・」

「あはっ、俺、勉強全然だめだし」

「つかさー、お前さー俺には散々文句いうし態度デカイくせに、なんでバスケ部のやつらなんかにビビってんだよ」

「亮は恐くないもん・・・・」

「なんだとぉ」





27 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:43:26
亮太は幼稚園から中2で転校していくまでずっと同じクラスで家も同じ町内で家族ぐるみの付き合いをしていました。

昔は背があまり高くない亮太とは取っ組み合いもして「チビチビチビ」って連呼して泣かしたこともあったけど それは亮太に対してだけで、どっちかというと私は引っ込み思案で人見知りする方でした。

だから中学生になって同じクラスに仲のいい子がいなくても、亮太がいたのでとてもほっとしました。

教室での亮太は他の小学校出身の子たちとも仲良くやってて特に男子からは人気者みたいでした。

私の方はと言うと人見知りは相変わらずで、他の小学校から来た人とはあまり上手く話せずにそのうちみんなから「暗いヤツ」と思われるようになっていました。

亮太はいつも他の男子に囲まれていて楽しそうにしていたのでなかなか話かけづらくなって丸一日何も話をしない日も増えていきました。





28 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:44:47
そんなある日 同じクラスの沙希って子が亮太に告白してふられたという話を聞きました。

沙希はとても明るい子で男子からも人気のある方だったし亮太とも普段はよくしゃべっていたみたいなので、みんな不思議がっていました。

「なんで沙希ふったの?」

「さぁーね」

「他に好きな子いるの?」

「さぁーね」

「お前もったいないなぁ」

「かもな」

沙希の友達や、周りの男子が亮太にしつこく理由を聞いたりしていたけど亮太はただ笑って誤魔化しているようでした。





29 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:46:11
沙希は私なんかにも優しくしてくれるし、いい子だと思うけどなぜか私はほっとしていました。

「あたし、亮のこと好きなのかな・・・・・」

自分でも幼馴染だから気になるのか好きだからなのかよく分からないままでいました。

それからしばらくして、1学期の期末試験の発表があり学校が終わりまっすぐ家に帰っているときでした。

「おーい、なつー」

振り返ると亮太でした。





30 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:47:01
「クラブ禁止って、うぜぇよなぁ・・・」

「亮はサッカー命なんでしょ」

「そーでもないけどな」

「なんか久しぶりに亮と話すような気がする」

「そぉか〜?」

私は自分がドキドキしているのに気づきました。

「お前、今身長いくつだよ?」

「えっ?えーと、171・・・・・」

「くそっ、まだ伸びてんのかよ・・・・」

「亮は?」

「ひみつー」

「あぁー卑怯じゃん、あたし言ったんだから教えなさいよ」

私がしつこく聞いていたらやっと白状しました。

「155だよっ!でもあと16センチだ!すぐに抜いてやるからなっ!」

いつもは私なんかよりすごくしっかりしてる亮太が、身長のことになるとむきになるのがおかしくて思わず笑っていました。





31 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:48:16
そして、気兼ねしないで何でも話せる自分に気づきました。

あたし、やっぱ亮のこと好きなんだ・・・・。

「ねぇ、どうして沙希ふったの?」

「はぁ?うぜぇぇ・・・お前までそれ言うか?」

「え?」

「もういろんなやつにさんざん聞かれてうぜぇんだよ」

「いいじゃん、教えなさいよぉ」

「今は誰にも何にも言いたくねー」

「今は?じゃいつになったらいいの?」

「さぁね・・・」





32 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:48:48
結局、試験発表から試験が終わるまでの2週間くらいの間に、何回か亮太と一緒に帰りました。

試験が済んでからも、教室とかで小学生の頃みたいにまた亮太と話すようになり

初めは亮太つながりだったけど、だんだんクラスのみんなとも普通に話せるようになりました。

部活も「ピアノが弾けるならぜひ」と同じクラスの子に誘われてコーラス部に入りました。


やがて私と亮太が幼稚園からの幼馴染で、クラスがずっと一緒なことが女子の間で知れると、亮太のことをいろいろ聞かれるようになりました。

やっぱ亮モテるんだなぁ・・・・・亮好きな子いるのかなぁ・・・

沙希がふられたくらいだから亮の理想の彼女ってめちゃレベル高いんだろうなぁ・・・・

あんだけ身長のことでむきになるんだからあたしなんか眼中にないんだろうなぁ・・・・





33 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:49:23
私は だんだん亮太のことばかり考えるようになっていました。

自分なんかに彼氏なんて想像出来ないけど亮太なら想像出来るというか、彼氏はもう亮太しか考えられなくなっていました。

でも考えれば考えるほど自分じゃ相手にされないと思えて、話が出来るだけましだと自分に言い聞かせるようになっていました。

それは2年生になっても同じで私は相変わらず亮太に片思いを続けていました。

そして、だれかが亮太のこと好きらしいみたいな噂が出る度に落ち込んだりするくせに自分が告白なんてありえないと思っていました。



亮太の転校の話を知ったのは2年の夏休みの直前でした。

家に帰ると亮太のお母さんが来ていて私の母と話をしていました。





34 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:50:03
「ただいま」

「あははっ、お帰りー、噂してたら帰ってきたわ」

「こんにちは、お久しぶりです」

「今、なっちゃんの話してたのよ」

「え?」

「小さい頃からずっと亮太と仲良くしてくれてありがとね」

「え?」

「あれ、亮太から聞いてない?うち引っ越すことになったの」

「えぇっ!」

「聞いてないの?どうしたのかしらあの子・・・なっちゃんにも言ってないって・・・・」

「お、おばさん、どこに引っ越すの?」

「そんなに遠くじゃないわよ○○よ」

「じゃ、亮、転校しないですむの?」

「うーん、亮太と考えてたんだけど通うのは無理だからやっぱり転校することにしたのよ」

私は もうパニック状態になってました。




35 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:51:30
「い、いつ引っ越すの?」

「8月の最初の日曜日よ」

悟られまいと思っても涙が出てきて声も上ずっていました。

えぇ・・・・もう10日しかないじゃん・・・・

母にも亮太のお母さんにも亮が好きなことがバレバレの態度もかまわず、私は自分の部屋に逃げるように駆け込むと晩御飯も食べずに泣いたりボーっとしたりしてました。

どうしよう亮に会えなくなっちゃう・・・・・・

生まれて初めて「胸が苦しい」というのを実感しました。





36 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:52:07
次の日の朝、私は教室で亮太が登校して来るのを待ってました。

「よぉ」

「おはよ・・・・・昨日亮のおばさんがうちに来て・・・」

「あぁ聞いたよ。ったく・・・・・」

「なんで、教えてくれないの?」

「別に・・・・・・」

「みんなにも言ってないの?」

「あぁ」

「先生は?」

「学校にもまだだよ」

「なんで?」

「うーん・・・・まぁいいじゃん。で、お前だれにも言うなよ」

「ちゃんと説明してよ!」

「お、おい・・そーむきになんなよ。今日部活出ないから一緒に帰ろう。その時話すから」





37 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:52:38
放課後になると私は部活を休んで亮太と一緒に帰りながら話を聞きました。

「1年の時 和樹が転校したじゃん?」

「うん」

「あの時HRで送別会ぽいことしてたら和樹のやつ泣きまくりだったじゃん。女子ももらい泣きするやつ出たりして・・・」

「あぁ覚えてる」

「和樹って気が強いやつだと思ってたのにさ、俺すげぇびっくりしてさ、俺もあーいう風になりそうな気がしてさ」

「うん」

「で、親に頼んで夏休み入ってから学校に言うことにしてもらった」

「いいの?そんなんで・・・・サッカー部の人達とかはどーすんのよ?」

「引っ越す前に話すよ」

私は何か割り切れない気持ちでいましたがあっという間に夏休みになってしまいました。

どうしよう・・・もうこのまま会えないのかな・・・・・告白?・・・・・・いや・・・・私には無理だ・・・・・・

玉砕覚悟で想いだけ伝えようか・・・・・・でも亮にすれば迷惑だろうし・・・・・

引越しの日が近づいてくると私は亮太のことばかり想うようになってました。





39 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:53:47
引っ越しの前日亮太から家に電話がかかってきました。

「おい、なつ、俺もやっと携帯買ってもらったぞ。お前の番号とメアド教えろよ」

「えっ、うん」

私はうれしかったけど、普通好きな子にメアドとか聞くのってすごい勇気とかいるはずなのに 亮太にとって私はやっぱただの幼馴染なんだなと思いました。

「で、なつ明日ヒマ?」

「え?なんで?」

「うちにこいよ。面白いもの見つけたぞ」

「なに?」

「いいから来いよ来てからのお楽しみだ」

「わかった」

「朝は引越し屋来て忙しいから昼にな」

「うん」




40 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:55:59
もしかしてこれが告白する最後のチャンスになるかもしれない・・・・・・

それでも次の日私はまだ迷っていて結局決められないまま亮太の家に行きました。

「おぉ、なつーあがれよ」


亮太の家は家具とか電気製品のほとんどが運び出されていて、ダンボール箱が何個か残っているだけでガランとしてました。

「あれ?おじさんとおばさんは?」

「一回向こうに行ったよ。タンスとかの配置があるからって」

私は寂しくなってきて泣き出したい気持ちになったけど、必死に我慢しました。

「こっちこっち」

私は亮太について行きました。

「これこれ、このへこみわかる?」

亮太はリビングの壁を指差しながら床に座りました。私も隣に座って壁の「へこみ」を見ましたが何のことだか分かりません。








>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20171023171805