2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

愛美





281 えっちな21禁さん 04/07/29 02:08 ID:GfX0cHzV
もう、十数年前の話になるんだけど、4年生になるとき、俺は父親の転勤に伴って、東京から中部地方の人口10万のある町に引っ越した。

最初に住んだのは社宅で、敷地内には2階建てのユニットが二つずつ組になってくっついた建物が、数軒ほど立っていた。

どういうわけか空き家が多く、うちの隣も空いたので、物置代わりにつかわせてもらっていた。

仮住まいということもあって、荷物の多くが、ダンボール箱に入ったまま、隣のユニットに詰め込まれていた。

大きなタンスやら、家具やら、ダンボール箱やら、とりあえずいらないものが雑然と、詰め込まれたその空き家は、俺の格好の遊び場になった。

社宅には、年が同じくらいの子供が何人かいた。

俺は皆とすぐ仲良くなり、学校から帰ってくると、いつも一緒に遊んだ。

特に気があってよく遊んだのが愛美ちゃんという一つ年下の女の子で、隣の建物に住んでいた。



282 えっちな21禁さん 04/07/29 02:10 ID:GfX0cHzV
彼女は、成長が早く一つ下ながら、俺よりも体が少し大きかった。

おてんばで、いつも男の子いっしょに走り回ったり、いろんなところによじ登ったりして、肉付きのいい体は、よく日に焼けていた。

その頃は俺たちの間で流行っていたのは缶蹴りだった。

鬼に見つけられて名前を言われたら、つかまってしまう。

誰かが鬼が名前を言う前に缶を蹴ったら捕まった子はみんな逃げられる、という遊びだ。

そのうち皆、鬼に見つかってもすぐに誰かわからないように服をお互い取り替える「服替え」をするようになった。

男の子同士、女の子同士でどっかに隠れては服を取り替えていた。

あるとき、愛美ちゃんと俺は一緒に社宅の敷地を囲うコンクリートのブロック塀の外側に隠れた。

塀の外は、畑になって開けていたが、塀に沿って植え込みがしてあったので、格好の隠れ場だった。



283 えっちな21禁さん 04/07/29 02:12 ID:GfX0cHzV
彼女は、俺に「『服替え』しようか」といってきた。

男の子と女の子の服だから絶対間違えるだろうと言って興奮気味だ。

でも、今まで誰もそんなことをしたことが無かったのだ。

俺は女の子の服をきるなんて考えただけでも気恥ずかしかった。

俺がなかなか踏み切れずに躊躇しているうちに、彼女は「ここの木の陰だったら見えないからいいじゃん。脱いだらここにおいて」といって草の生えた地面を指差した。

そして、彼女は植え込みの中に入って、ごそごそと自分の服を脱ぎ始めた。

俺も仕方なくシャツ半ズボンを脱いで、指定された場所に置いた。

女の子のシャツを着るのはなんか不思議な気分だった。

思った通り少し大きめだった。そしてスカートも履いてみた。めちゃくちゃ恥ずかしかった。

そして、あれ、まだ何かあるぞ、と思って拾い上げたのは、なんとブルマー。

その頃、子供心にも、女の子のブルマー姿になんとなく性的なものを感じていた俺は、愛美ちゃんのブルマーをみて異常に興奮してゾクゾクした。



284 えっちな21禁さん 04/07/29 02:15 ID:GfX0cHzV
俺がそこで何を言ったか定かではないが、「スカートの中が見えたら困るから」という変な理由づけをした彼女の言葉を今でも覚えている。

俺は顔を真っ赤にしながらぴったりとした彼女のブルマーをはいたら、中でオチンチンがカチコチに堅くなっていたのも覚えている。

彼女はと見ると、俺の服の中で窮屈そうだった。

俺の半ズボンはぴちぴちで、彼女の太腿にギュウっと食い込んでいた。

さて、その時の缶蹴りがどういう結末になったかは覚えていない。

でも、それを境に、二人で隣の空き家に入ったりすると、「服替えの練習」と称して意味もなく服を交換して遊ぶようになった。

俺にとっては、女の子の着るものを着るという行為自体が興奮の材料になって、ドキドキしてそれがたまらなかった。

そのうち、俺たちは、下着まで全部交換するようになった。

愛美ちゃんのパンツを履くと、堪らなく興奮してオチンチンが堅くなった。



315 えっちな21禁さん 04/07/30 16:20 ID:w3yZd7Jb
その頃のことに関する記憶は あやふやなものがあって、前後関係は確かじゃないのだけど、ちょうど同じ頃、近所の子供達数人で股間を見せあって遊んでいたことがある。

誰がどういうきっかけで始めたのかもよく覚えていないが、社宅の建物の裏とかで皆であつまって、それぞれ、ズボンやらパンツやら下ろして見せた。

俺は小さい弟が一人いただけなので、女の子のあそこの形が興味深かった。

男の子にはついてるべきものが無くて、そこにはただ縦の筋が一本あるだけだった。

べつにそれを見てどうということは無かったのだけど、いつもドキドキしていたことだけは確かだ。

その頃の仲間に浅利ちゃんといういい子ぶってる子が一人いて(当然、彼女はそういうことには加わらなかった)その子の告げ口で(多分)彼女の母親にこっぴどく叱られ、その楽しみは終わってしまったのだ。



316 えっちな21禁さん 04/07/30 16:21 ID:w3yZd7Jb
でも、完全に終わったわけではなかった。

俺と愛美ちゃんは空き家で遊んでいるときに、二人だけで、下半身の見せっこをした。

愛美ちゃんが言い出したとおもう。

愛美ちゃんは妹しかいなかったから、オチンチンが珍しかったのだろう。

興味津々で、俺の前にしゃがんで、ものめずらしそうに観察した。

彼女は嬉しそうにつついたり引っ張ったりしていたが、そのうち、両手の親指と人差し指でオチンチンの皮を、根元に向けてギュウっと引っ張って、亀頭を完全に剥き出しにしてしまった。

それまで、風呂上りに、皮をちょっとだけむいて遊んだことはあったが、なんとなく怖くて、完全に剥いたことは無かったので、ちょっとびっくりした。

でも同時になんとなく気持ちよかった。

人にオチンチンを触られることの気持ちよさを始めて知ったのもこのときだろう。



317 えっちな21禁さん 04/07/30 16:22 ID:w3yZd7Jb
俺も、相変わらず興味津々で、そのときは愛美ちゃんの割れ目を もっとじっくりと見せてもらった。

オシッコは どこから出るのかという俺の質問に、愛美ちゃんは段ボール箱に半うずもれたソファの端に腰掛けて足を開くと、ツルツルのあそこを両手で引っ張って、割れ目を開いて見せてくれた。

初めて見る女の子のそこは不思議だった。

たて筋だと思った場所は意外に複雑で、赤紫色のアサリ貝のようなものがついていてその真ん中はピンク色のくちゅくちゅとなって柔らかそうだった。

彼女は、「ほら、私のオチンチンは、ここに穴があるでしょ?ここから出てくるの」といってピンク色の部分に指を入れて見せた。

彼女は自分の性器のことをオチンチンと呼んだ。

俺は、彼女が両手で広げたオマンコの入り口に顔を近づけてじっくり観察して、それから恐る恐るピンク色の部分をつついてみたが、指を入れる勇気はなかった。



319 えっちな21禁さん 04/07/30 16:29 ID:w3yZd7Jb
自分にとって非常に衝撃的なことが起こったのは、そんなある日のことだった。

このときのことは、今でも昨日のことのように はっきりと覚えている。

例によって、空き家で遊んでいたときのことだ。

愛美ちゃんは いきなり「ねえ、変な事してみたい?」と聞いてきた。

俺には いったい何のことを言っているのか その時には見当もつかなかった。

俺が、聞き返すと、「すごい変だけど、面白いかも」と、もったいぶって、教えてくれない。

俺が それじゃわからないといって、何回も問いただすと、じゃあ「やるっていったら教えてあげる」という。

好奇心に引かれて「うん、じゃあやる」というと、「絶対だよ、すっごいへんな事だけど、本当にいい?」と念を押す。

俺は なんか心配になって、「えー?愛美ちゃんもやるの?」というと、彼女は「うん」というので、俺は「じゃあいいよ」といった。

でも彼女は、「えーとねー」「えーとねー」ともじもじしている。

いつも、しゃきしゃきしている彼女にしては珍しい。



320 えっちな21禁さん 04/07/30 16:31 ID:w3yZd7Jb
さんざん躊躇した挙句の果て、俺に何度もせかされて、彼女は

「私のオチンチンの中にリョウ君のをいれるの」

と、恥ずかしそうにいうと、笑みをうかべながらおれの顔をうかがった。

俺には彼女の言ったことが一瞬よくわからなかった。

想像できないぐらいエッチなことだった。

おれは考えただけで、興奮して心臓が張り裂けそうだった。

その頃は性の知識はゼロで、オチンチンを女の子の穴の中に入れるなんて事は、当然一度も考えたこともなかったし思いつきもしなかった。

当然、そんなエッチなそんな行為が、この世の中では許されるはずが無いと思った。

でも、やってはいけない事だと思うと ますますやってみたくなった。

なんか愛美ちゃんと二人で、秘密で悪いことをするということ自体、十分な興奮材料だった。


321 えっちな21禁さん 04/07/30 16:32 ID:w3yZd7Jb
こういった思いが頭の中をぐるぐると巡っていた。

もうそれだけで股間が張り裂けそうなくらいパンパンに張っていて ずきずきと痛む程だった。

彼女がどうやって そんなことを思いついたのかは、今でもわからない。

自分でやってみたいと思ったのか、あるいはどっかで、エロ本の類を見たのだろうか。

いずれにしても一番わからないのは、その次に起こったことだった。

そのとき俺が どんな表情をしていたのか想像するよりないのだが、よっぽど恐い顔をしていたのだろうか。

あるいは今は忘れてしまっただけで、俺が何かひどいことを言ったのだろうか。

とにかく、その直後に彼女はわっと泣き出したのだ。

そして彼女は家に帰ってしまった。

俺は狐につままれたようなその気分だった。

それが、俺の乙女心のミステリーに遭遇した初めての経験だった。



322 えっちな21禁さん 04/07/30 16:34 ID:w3yZd7Jb
それから、暫く俺達はお互いを避けていた。

別に子供の頃よくやった「絶交」とかいうのではなく、なんとなく気まずくてお互いに誘いに行かなかったというべきだろうか。

それに、どういうわけか みんな缶蹴りもしなくなった。

両親もあんなに毎日べったりくっついて遊んでいた愛美ちゃんとさっぱり遊ばなくなったので、心配して何かあったのかと聞いてきたが、俺は何も言わなかった。

というよりも、とてもじゃないけどいえなかった。


夏休みになって、俺は、親戚の家に2、3週間くらい遊びに行った。

毎年恒例の事でちょうど同い年と二つ上の従兄弟がいて、学校の友達よりも好きだったので いつも楽しかった。

でも その年は、愛美ちゃんの事が気になって仕方なかった。

早く家に帰りたいと思った。

彼女が言った「すごく変なこと」に思いが及ぶと、股間がムズムズした。



327 えっちな21禁さん 04/07/30 17:39 ID:w3yZd7Jb
家に帰ると、さっそく愛美ちゃんの家に行ったが、彼女の家は留守だった。


そのあと、数日さらに悶々とする日々が続いた。

夏休みも終わりに近づき、宿題の黒雲が目の前に立ち込めていた頃だと思うが、愛美ちゃん一家が戻ってきた。

俺が悩むまでもなく、彼女の方から誘いに来た。

彼女は もう恐い顔はしていなかった。

久しぶりに二人で隠れ家の空き家に行った。

俺は、夏の間じゅう何回も考えていた「変なこと」について言い出す勇気が無かった。

愛美ちゃんも わざとその話題を避けているようだった。

俺達は、何も無かったように、例によって服を替えたりして遊んだ。

股間を見せ合あってからも、お互いの前で裸になるのは なんとなく恥ずかしく、ダンボールの向こうとこっち というように隠れて服を脱いでいた。

俺は、一人になってからも、「変なこと」のことを考えて悶々とした。

愛美ちゃんの「オチンチン」の穴に自分のオチンチンを入れる事を想像して一人でドキドキしていた。

そして今度会ったら絶対その話をしようと決心した。



328 えっちな21禁さん 04/07/30 17:40 ID:w3yZd7Jb
その次の日、愛美ちゃんにあうと、俺は勇気を振り絞っていった。

「あの、前言ってたさあ」。

でもそこまで言ってそこから先が出てこない。

愛美ちゃんも同じ事を考えていたに違いない。

彼女が助け船を出してくれた。

「あの変なこと?」

と彼女がいうと、俺は顔が真っ赤になった。

彼女は「もういいよ別に、気にしてないから」といった。

俺は きゅうに力が出てきて「そうじゃなくて、やるって約束したじゃん。だからやろう」といった。

彼女は信じられないようなかおをして、嬉しそうに「うん、やろう」といった。



356 えっちな21禁さん 04/07/31 18:01 ID:LsgDiPk5
おれは、この時のことを大人になった今でも鮮明に覚えている。

彼女はパンツを脱いでソファーに座って足を曲げて、股を広げて、両手で割れ目を広げた。

俺は、ドキドキしながらズボンとパンツを脱いで、彼女の前に立つと、カチカチになって水平に突き出したオチンチンを彼女の股間に持っていった。

待ちに待った、待望の瞬間だった。

夏の間何回も何回も頭に思い描いた瞬間だった。

俺は息遣いが荒くなった。

俺は、彼女のピンク色の入り口にオチンチンの先を当てて、押してみた。

一刻も早く中に入れたくて、あせって、ぎゅうぎゅう押してみたけど、なかなか入らなかった。

頭の中で何回もリハーサルをかさねた筈なのに、うまくいかない。

俺の心臓は、興奮のあまりはちきれそうで、バックン、バックンという鼓動が全身につたわるのがわかった。

愛美ちゃんも、緊張してるのか、「フゥーッ」と大きくため息をついた。

そして、以前やったように、両手の指先で俺のオチンチンの皮をぎゅうっと後ろに押して、亀頭を露出させてから、自分の入り口にあてがってくれた。



357 えっちな21禁さん 04/07/31 18:02 ID:LsgDiPk5
そこでもう一回ぎゅうっと押すと、今度は難なく中に入っていった。

堪らなくムズムズし、頭にカーッと血が上ってくらくらしそうだった。

全部中に納まって、俺達の股間はぴったりくっついた。

愛美ちゃんは僕の方をみて、嬉しそうにニッコリ笑った。

その瞬間、ムズムズ感が頂点に達し、俺の中で何かがはじけるような気がした。

俺は、オシッコか何かが漏れるんじゃないかと思ってあわててオチンチンを引き抜いた。

鋭い快感が股間からキューッと押し出され、それが背筋をや両足を伝わって全身にひろがった。

そして、お尻から股にかけての筋肉がギュッ、ギュッ、ギュッと痙攣し始め、そのたびに、なんともいえない快感が波のように広がった。

オチンチンもそれにあわせて、ぴくぴくと波打ったが、心配したようなものは何も出てこなかった。

これが俺の始めてのオーガズムだった。

なにが起こったのかわからない彼女は、心配そうに俺の顔を覗き込んで「どうしたの?」ときいた。

おれは、「わかんないけど、何か漏れるかと思った。」といって、ハアハアと肩で息をしながら快感の余韻にひたっていた。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 青春, 胸キュン, 泣ける話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様