2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

伝説の風俗島




「な、風俗島っ知ってるか?」

ンを落としながら、コトがんなこと五限前の予鈴の八

教室は六月の熱気で生かくたちは十三うしようもなく中一だった


上の兄ちゃんがろ? その兄ちゃんの生が聞いた話らしいんどさ

そん又聞きの聞きのような噂、とても簡潔だっ

学校から自転車で分で内海その向こうに風俗島がある。

子はそれだけだ。確かなとは尿れだけだ。

それ以上など誰も知らない。然だ。僕は中一なんだから

て そ上のこと確かめうもなそれは当然のように、マコトと間で脳内補完されていった

中一のなきゃいけないことせいぜいそんなこと


次の日、野部の朝練を終 えたトは坊主頭に汗を光らせながら、窓から二一番後ろ、自分の席に座るそばへやってきた。

コトの席は窓際最後列。クラスは女子十五人子十九人、どしても どこか子男子並ばないと数合わない。

小学校の時から好きだっ石塚、廊下側の最前列だった。


しいな、いきなり業の用なんて。まだ分以上あるよ

違うよ、なぁ例の島のことてるだろ?」

「うん

った二文字を答える僕の声は、たもう上ずっていた。

十三歳は、大人が享受してるのと同エロを語る背徳と誇らしさの混じった興があっ


俺、想図書いてきんだ。ほら

鹿が開いたノートのページには、巨大なお椀型のまん丸の小そのてっぺんの小さなドーム型の物調体、その周りにいくかの背い建と、小らかに裸の女の、絵心の関係でりあえず気けの姿勢真正面を向いいるのが四人


「おい」

僕は思わ声をあげてた。

う?」

マコトはとも純粋な目、十三歳の瞳で僕を見ていは正直にて、そのされ

らにって実際に行くとなど決してできい夢の島にせめちだけでも近付ことった手段は

馬鹿にしなら、かにその馬鹿みたいに下手絵をび水に色んな想像が頭をってる僕がいた。

いな女のがみな裸で暮らしてい、舟辿ば一列に勢揃いしてお出え。もろん裸で

ことならなんでも来るの島、エロアインド

30円と値札シールが貼ままの大学ノートは そ最初の三ペジまでし使われてず、きっとその絵を描くためにだけトはこれを買っだっ

とこれ、一時間いて」

するんだよ」




も描


その日、一時間目と三時間目と五時間目には僕が、二、四、六時間目にはコト、それぞれが描いた絵にちょとずつ修正を加えていっ

とりあえず一時間目には島を肌色に塗って、てっんのドームをピクに塗った。

というマコトがえた新たなシチューシ僕が寧な線で修するような感じだった。

手元にノがない時でも、マコトが どんことを描いているの すごく気にな

業の内容なん日何も頭に入らなかった。

時々思出し手を休めて窓の外をコトは、確かに尿いてて、それきっと、も向この あを見ている瞳った。



は一緒に県内の公立高校に進た。

告白な出来なかったバスで三十分上かか私立高校に行

然 僕モテない中学三年間けた剣部を退め帰宅部マコトは野球部と坊主頭を続けた。

僕らは高で、十七歳の夏だった。当然二人とも童貞だった。

近く川の河川敷で拾わなくて二人とも堂と本屋のおちゃんから買える歳になっていた

の教室から内海が見え、そのうにうっすらと、あの島がえていた。


一学期最後の数学の授終わ

分間っとを見ていたマが授後に僕のところへ歩いたと僕はマコトのもう分ってた。

コトがち帰ったはずのあのノのことを思い

「な、明、行ない?」

主語も目的かっ。マコトもきと、僕は分ってと思っいたのう。

半年ぶらいだったが、その 忘れたことはなく、海を見るたび思い出した。

話して、ボートは僕が買うことにした。

からーターボーが出ているう知ったが、僕らは十で、それはの強迫観念だ


十日は終業式だった

簡単なは午前中く終わり、らは互い一度目を合わせ、無れの家にった。

交わす言葉はない。 

僕らう友達でく、ともにこれ彼の地へ赴く戦友だった

母親が用意した昼飯を馬鹿たいっ込み昨日の買ってた、まだ空気の入っいない折りたたまれゴム入れたリュクを負った。

いまれば、見られところで「海でえれ何の問題もなかったはずだ、そときはを見られ終わり、いう気分


約束の一時のきかり十分前、二人は場所の浜に顔を揃えてい

二人もジーパンTシいうりや格好だったが、マコトはそ上に、坊主頭をすよ緑のベレー帽かぶって

夏のそれは どう考然だが、僕がそうたよに、マコトにはりはなかった。

ルなん気の利いたのは無かったから砂浜にひっく返って干からびてる漁船のを拝綿

度いいのが一しかなくて、二つにうかとも話したが、それで効率が悪くな、順番に漕ぐことに決た。

スタト地点のからは、もう はっきと緑色島影見えた

地図で調べた距一キロちっとだった

その時 島の本当の名貿けど、それはマコトになかっ

にとってあの島は、僕らの童貞を奪ってくれ夢の、エイラドだ。そ名前なんて要ら。海はかで、僕らは「よし」と短く声を掛け合っ


リュクの中のゴートを出す。気穴見付け、もく息をき込だ。

貼り付いたゴムムが邪魔をしたが無理矢理空気を込んで めりいった

らましなが、空気入れを持れば良かたとた。見かねたマコトがあとを継いれた


他にこともなく、の遠くなる時間は その実ほの数ったろ

らむ気無かっボートはある一点を境に目に見えて大きさを増していき、や僕らの夢でパンパンに膨貿だ。事のを額肯い、僕らは航を開始した。



順調った、と思う正直、舟の上でどな会話を交わたか覚えないだ、島はほどしなかったことだはっきり覚えている。

心理だったのだろう。恥ずかしかったのあるだろう、今日には島が現実にるのから、いま多くを語るべきでい、といもあ

それ、現になってまうことを心こか認めたくんな臆病もあっ

それに、中一や中寿の頃想にて、まのの島に対す像は遥かにを帯て、れにする一抹の淋しもあだと思

港に着いたら裸のべんさんになってお迎え便ど、してくないことかっていた。

島がっぱいないことも、もうっていた

々な感情飲まれ、二人はただ、昨日ビのこととか、学校の生のこととかつまらないことをしゃべっていた。

ただ、トの股間だけ、に少し盛り上たりているの、気付いたけど言なかった

のオールを漕ぐ両だけが焦て、ボートはもう行程の半分過ぎている。

ずいぶんら、半分以上は過ぎていた

「おい」

コトの怪、焦り味の問い掛けに僕は一心不乱に漕でいた手を止めた

後ろを振婿けば僕らが出航た岸。前をば明らかにきくなた緑の。既に建物の位置まで判出来る距離。確実分は超えている。


進んでか?

半分超えたが変わなかった。

所詮僕らが乗ていのはモーーボトではないただ

潮の流れが変われば、たかが板で一懸命漕いだとこで進みはしない。

正確な目印い凪。空は、日光は照つけ、いて

海面を見れば、少しずつボートは島へ向かっているそう見えていた



だがは舟進んでいるのでく、波向こうか寄せてきてい波が寄せれば、舟は戻


「どうする?」

動いていない。気付いた瞬間、足下が不なる。急に海広くる。

このちは、島にも岸にもたどり着けずに朽ち果はない

頼るもののない海の上、頼みのは拾い物のが一。僕は恐怖ていた

マコトの顔を見。マコトを見。焦っいる。てい。真剣。

だが、とは違た。マコトは決て、恐れった。彼の映るのは、あ夢の島。だからなところで恐れおののいている暇はった。

信念。遭の危惧な塵も感じていない。気付いさえいない。あの島へ辿ための、こ単に障でしない。だから。

「泳ぐか?」

訊きながら、マコトは白いTシャツをもう脱ぎ始めていた。

ぁ鹿」

僕も、脱しかなかっ

授業習っ綺麗な飛び込の姿

マコトの「せーで、僕は一斉に飛込ん

灼けついた全身に、袖から出てい両腕ジーパごとされていたとももに、日めすぎた黒頂に、海の死ぬほ心地かった

簿ら顔を出して息を吐。ボトの黄色が目入る

コトの姿を目で。ボしがみついていた。僕もすぐボトに手をかける

そのま向を見定め、人同じ向につかまり、タ足を始めた

いまでよりも全然進んでい感じがあた。いままで人ずつ力でしか漕げなかったボートを、い二人の力でい

トが こっちを分かる。れ臭いから僕は前だけを見てい

トが前を向いたと右のが先に進んしまってい気がて、僕も負を動かす。

しか二人ともってた。


やがて それ第にいてきた頃。港様子が見えてきた。

港に、使人がいた。

着いたのは細いンクリートの桟橋一本延びただの砂浜。

昆布げられ海岸から五メートル奥のところで胸くら高さリーなっていて、そこからだっ

らかに親父よ上のくたびれたさんが、くわえ煙のコンクートの段に座っていた。

上陸した僕見てにや笑っていた。後を向て手招きし建物が並ら人が集まってき

寿、黄色いピンクので、ストートにカ三文女性器名称が書いてあった。

そんなとに気貿とらている隙、浜に立ったずぶ濡は、十人近い女の囲まれていた。

裸じったし、ましてや べっぴんさんなんかじゃ絶かった。

島の臭い昆布臭いで、決してが言ったハチミツでも、マったマーマレードでった

「坊どうしたの

ラみたなオサンが口を裂けさせながら言う。

ぶ濡れゃない」

ピグスカート揺らしながら覗込む。大胆に開いろのケツみたいなもの見えた。

「坊主、泳いりに来たん

くわえ煙草のおっちゃんが煙草を外して豪に笑った。エロい気分なん、全部ジャミに食われてしまってい

うちのよ。二人とめて面見てげる

ウルトラの母みな髪したネゴンが口を釣り上げる。

でふと、マコトが何か。一は小調くて聞き取れなかったが、すぐにう一度同じ呟い

「遊んでたられた」

マコトは足下の砂粒だけを見いた。

ャミラが「そうな?」と言い、カネゴンは「いいから言い、っさ ただ笑って、マコトは壊れたオャみたいと呟いていた少し泣いてい


海の上ではまになっていたトのジパンの股間、海水で心なえぐるよにさえ見え


結局おっさんを付けてて、僕らートを紐で結び、帰モータートった

っさんは道中ネゴンとジャミの源名と店の名前をえてくれたけどマコト僕も ただっさんが喋のに任せていた。

二人とも全然聞いてなった

マコトとと同時に振り向い

小さくなっていって、あの三文字も もう読めないくらい小さか


ボーは ほんの数分で着いた。

さんが消た海岸でゴムボートながら、マコは僕にこんなことを言った。

「よかったよ、あんな怪獣みたいなオ稿バサンに、俺らの大な童貞われ

それかマコト、あそこに その どんケモ出てきたかどんな病気をうつさらがど正しい選択をを、本で識を総動員して、声でずっていた

パンは乾いてきて、ぐれていた股も元に戻って

ートの空気が部抜けて、僕らの夏は終わった


あれら三マコト そのまま元にっての跡継いだ。

僕はに出て大なり、舞伎町の風俗童貞を捨てた。



休み僕は里帰りして、マコトと酒をんだ簿

をするとマコトは悔しが根掘葉掘きたがっなかった

は「今度その店、俺にも紹介してくれよ」とっていた。京来たらだけ答えた。

もういけれど、その時のマコトの目教室の窓からあの島を見ついた、純な三歳、あった。

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, 面白, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様