2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

伝説の風俗島




「なぁ、風俗島って知ってるか?」

声のトーンを落としながら、マコトが そんなことを口走った五限の前の予鈴の八秒後。

教室は六月の熱気で生暖かく、僕たちは十三歳で、どうしようもなく中一だった。


「橋本の上の兄ちゃんが高三だろ? その兄ちゃんの同級生が聞いた話らしいんだけどさ」

そんな又聞きの又聞きのような噂話は、とても簡潔だった。

学校から自転車で五分で行ける瀬戸内海、その向こうに風俗島がある。

骨子はそれだけだ。確かなことはそれだけだ。

それ以上のことなど誰も知らない。当然だ。僕らは中一なんだから。

そして それ以上のことなど確かめようもなく、それは当然のように、マコトと僕の間で脳内補完されていった。

中一のうちにしなきゃいけないことなんて、せいぜいそんなことだけだ。


次の日、野球部の朝練を終えたマコトは坊主頭に汗を光らせながら、窓から二列目の一番後ろ、自分の席に座る僕のそばへやってきた。

マコトの席は窓際最後列。クラスは女子十五人、男子十九人で、どうしても どこかは男子男子で並ばないと数が合わない。

小学校の時から好きだった石塚さんは、廊下側の最前列だった。


「珍しいな、いきなり授業の用意なんか始めて。まだ十分以上あるよ」

「違うよ、なぁ、例の島のこと、覚えてるだろ?」

「うん」

たった二文字を答える僕の声は、たぶんもう上ずっていた。

十三歳の僕らには、大人が享受してるのと同じエロを語るだけで、背徳と誇らしさの混じった興奮があった。


「俺、想像図書いてきたんだ。ほら」

馬鹿が開いたノートのページには、巨大なお椀型のまん丸の小山と、そのてっぺんの小さなドーム型の物体、その周りにいくつかの背の低い建物と、小さいが明らかに裸の女の、絵心の関係でとりあえず気を付けの姿勢で真正面を向いているのが四人。


「おい」

僕は思わず声をあげていた。

「どう?」

マコトはとても純粋な目で、十三歳の瞳で僕を見ていた。僕は正直に言って、その瞳にKOされた。

僕らにとって実際に行くことなど決してできない夢の島にせめて気持ちだけでも近付こうと彼がとった手段は、絵。

馬鹿にしながら、確かにその一枚の馬鹿みたいに下手クソな絵を呼び水に、色んな想像が頭を巡っている僕がいた。

きれいな女の人がみんな裸で暮らしていて、舟で辿り着けば一列に勢揃いしてお出迎え。もちろん裸で。

エロいことならなんでも出来る夢の島、エロアイランド。

130円、と値札シールが貼ったままの大学ノートは その最初の三ページまでしか使われておらず、きっとその島の絵を描くためにだけ、マコトはこれを買ったのだった。

「ちょっとこれ、一時間目貸しといて」

「何するんだよ」




「俺も描く」


その日、一時間目と三時間目と五時間目には僕が、二、四、六時間目にはマコトが、それぞれが描いた絵にちょっとずつ修正を加えていった。

とりあえず一時間目には、島を肌色に塗って、てっぺんのドームをピンクに塗った。

どちらかというと、マコトが描き加えた新たなシチュエーションを、僕が丁寧な線で修正するような感じだった。

手元にノートがない時でも、マコトが どんなことを描いているのか すごく気になった。

授業の内容なんて丸一日何も頭に入らなかった。

時々思い出したように手を休めては窓の外を見るマコトの目は、確かに輝いていて、それはきっと、もやの向こうの あの島を見ている瞳だった。



僕らは一緒に県内の公立高校に進学した。

当然告白なんて出来なかった石塚さんは、バスで三十分以上かかる私立高校に行った。

当然 僕らはモテないまま、僕は中学三年間続けた剣道部を辞め帰宅部、マコトは野球部と坊主頭を続けていた。

僕らは高二で、十七歳の夏だった。当然二人とも童貞だった。

近くの川の河川敷で拾わなくても、二人とも堂々と本屋のおばちゃんからエロ本を買えるような歳になっていた。

七月の教室からは瀬戸内海が見え、その向こうにはうっすらと、あの島が見えていた。


一学期最後の数学の授業が終わった。

五十分間ずっと窓の外を見ていたマコトが授業後に僕のところへ歩いてきたとき、僕はマコトの台詞がもう分かっていた。

マコトが持ち帰ったはずのあのノートのことを思い出した。

「なぁ、明日、行かないか?」

主語も目的語もなかった。マコトもきっと、僕は分かってると思っていたのだろう。

話題に出るのは半年ぶりくらいだったが、その間 忘れたことはなく、海を見るたび思い出していた。

話し合って、ゴムボートは僕が買うことにした。

港からモーターボートが出ていることも もう知っていたが、僕らは十七歳で、それは一種の強迫観念だった。


七月二十日は終業式だった。

簡単な式は午前中に滞りなく終わり、僕らは互いに一度目を合わせ、無言で それぞれの家に帰った。

交わすべき言葉はない。 

僕らは もう友達ではなく、ともにこれから彼の地へ赴く戦友だった。

母親が用意した昼飯の冷や麦を馬鹿みたいにかっ込み、昨日の放課後買っておいた、まだ空気の入っていない折りたたまれたゴムボートを入れたリュックを背負った。

いま考えれば、見られたところで「海で遊ぶ」と答えれば何の問題もなかったはずだが、そのときは それを見られたら一巻の終わり、という気分だった。


約束の一時のきっかり十分前、二人は もう集合場所の砂浜に顔を揃えていた。

二人ともジーパンにTシャツという分かりやすい格好だったが、マコトはその上に、坊主頭を隠すように緑のベレー帽をかぶっていた。

真夏のそれは どう考えても不自然だったが、僕がそうであったように、マコトにも やはり余裕はなかった。

オールなんて気の利いたものは無かったから、砂浜にひっくり返って干からびている漁船の板を拝借した。

丁度いいのが一枚しかなくて、二つに割ろうかとも話したが、それでは効率が悪くなると、順番に漕ぐことに決めた。

スタート地点の砂浜からは、もう はっきりと緑色の島影が見えた。

地図で調べた距離は一キロちょっとだった。

その時 島の本当の名前も知ったけど、それはマコトには言わなかった。

僕らにとってあの島は、僕らの童貞を奪ってくれる夢の島、エロアイランドだ。それに名前なんて要らない。海は静かで、僕らは「よし」と短く声を掛け合った。


僕はリュックの中のゴムボートを取り出す。空気穴を見付け、もどかしく息を吹き込んだ。

貼り付いたゴムとゴムが邪魔をしたが、無理矢理空気を吹き込んで めりめりと剥がしていった。

膨らましながら、空気入れを持ってくれば良かったと後悔がよぎった。見かねたマコトがあとを継いでくれた。


他にすることもなく、気の遠くなる時間は その実ほんの数分だったろう。

膨らむ気配すら無かったボートはある一点を境に目に見えて大きさを増していき、やがて僕らの夢でパンパンに膨らんだ。一仕事の汗を額に浮かべ肯いて、僕らは航海を開始した。



順調だった、と思う。正直、舟の上でどんな会話を交わしたか覚えていない。ただ、島の話はほとんどしなかったことだけ、はっきり覚えている。

どんな心理だったのだろう。恥ずかしかったのもあるだろうし、今日中には あの島が現実になるのだから、いまは多くを語るべきではない、という判断もあった。

それに、現実になってしまうことを心のどこかで認めたくない、そんな臆病さもあった。

それに、中一や中二のあの頃の妄想に比べて、いまの あの島に対する想像は遥かに現実味を帯びて、それに対する一抹の淋しさもあったんだと思う。

港に着いたら裸のべっぴんさんが列になってお出迎えなど、してくれないことは分かっていた。

島がおっぱいの形をしていないことも、もう知っていた。

色々な感情に飲まれ、二人はただ、昨日のテレビのこととか、学校の先生のこととか、つまらないことをしゃべっていた。

ただ、マコトの股間だけ、たまに少し盛り上がったりしているのは、気付いたけど言わなかった。

板のオールを漕ぐ両腕だけが焦って、ボートはもう全行程の半分を過ぎている。

ずいぶん前から、半分以上は過ぎていた。

「おい」

マコトの怪訝な、焦り気味の問い掛けに、僕は一心不乱に漕いでいた手を止めた。

後ろを振り向けば僕らが出航した岸。前を見れば明らかに大きくなった緑の島。既に建物の位置まで判別出来る距離。確実に、半分は超えている。


「舟、進んでるか?」

半分を超えたまま、景色が変わっていなかった。

所詮僕らが乗っているのはモーターボートではないただのゴムボート。

潮の流れが一度変われば、たかが板切れで一生懸命漕いだところで進みはしない。

正確な目印のない凪の海。空は晴れ、日光は照りつけ、喉は渇いていく。

海面を見れば、少しずつボートは島へ向かっている。そう見えていた。



だがそれは舟が進んでいるのではなく、波が向こうから寄せてきているだけ。波が寄せれば、舟は戻る。


「どうする?」

動いていない。気付いた瞬間、足下が不確かになる。急に海が広く感じる。

このまま僕たちは、島にも岸にもたどり着けずに朽ち果てるのではないか。

何も頼るもののない海の上、頼みの綱は拾い物の木切れが一枚。僕は恐怖していた。

マコトの顔を見る。マコトの表情を見る。焦っている。考えている。真剣。

だが、僕とは違った。マコトは決して、恐れてはいなかった。彼の目に映るのは、あの夢の島。だからこんなところで恐れおののいている暇は無かった。

信念。遭難の危惧なんて微塵も感じていない。気付いてさえいない。ただ、あの島へ辿り着くための、これは単に障害でしかない。だから。

「泳ぐか?」

訊きながら、マコトは白いTシャツをもう脱ぎ始めていた。

「馬ぁ鹿」

だから僕も、脱ぐしかなかった。

授業で習った綺麗な飛び込みの姿勢。

マコトの「せーの」で、僕らは一斉に飛び込んだ。

灼けついた全身に、袖から出ていた両腕に、ジーパンごと熱されていたふとももに、日差しを集めすぎた黒い頭頂に、海の水は死ぬほど染みて心地好かった。

海面から顔を出して息を吐く。ボートの黄色が目に入る。

すぐにマコトの姿を目で追った。ボートにしがみついていた。僕もすぐボートに手をかける。

そのまま島の方向を見定め、二人同じ方向につかまり、バタ足を始めた。

いままでよりも全然、進んでいる感じがあった。いままで一人ずつの力でしか漕げなかったボートを、いまは二人の力で漕いでいる。

隣でマコトが こっちを見るのが分かる。照れ臭いから僕は前だけを見ている。

マコトがまた前を向いた。ちょっと右の方が先に進んでしまっている気がして、僕も負けずに足を動かす。

楽しかった。二人とも笑っていた。


やがて それも疲れで次第に落ち着いてきた頃。港の様子が見えてきた。

港に、人がいた。

僕らが着いたのは細いコンクリートの桟橋が一本延びただけの砂浜。

昆布の打ち上げられた海岸から五メートル程奥のところで胸くらいの高さのコンクリートになっていて、そこから奥が島だった。

明らかに僕の親父より年上のくたびれたおっさんが、くわえ煙草で そのコンクリートの段に座っていた。

上陸した僕らを見てにやにや笑っていた。後ろを向いて手招きしたので、建物が並ぶ方から人が集まってきた。

建物の一つには、黄色い看板にピンクのネオンで、ストレートにカタカナ三文字の女性器名称が書いてあった。

そんなことに気をとられている隙に、浜に立ったずぶ濡れの僕らは、十人近い女の人に囲まれていた。

もちろん裸じゃなかったし、ましてや べっぴんさんなんかじゃ絶対なかった。

島の臭いは昆布の臭いで、決して僕が言ったハチミツでも、マコトが言ったマーマレードでもなかった。

「坊やどうしたの」

ジャミラみたいなオバサンが口を裂けさせながら言う。

「ずぶ濡れじゃない」

ピグモンがスカートを揺らしながら覗き込む。大胆に開いた胸元からおふくろのケツみたいなものが見えた。

「坊主、泳いでヤりに来たんか」

くわえ煙草のおっちゃんが煙草を外して豪快に笑った。エロい気分なんて、全部ジャミラに食われてしまっていた。

「うちの店来なよ。二人まとめて面倒見てあげる」

ウルトラの母みたいな髪型をしたカネゴンが口を釣り上げる。

隣でふと、マコトが何か呟いた。一度目は小さくて聞き取れなかったが、すぐにもう一度同じ言葉を呟いた。

「遊んでたら流された」

マコトは足下の砂粒だけを見ていた。

ジャミラが「そうなの?」と言い、カネゴンは「いいからさ」と言い、おっさんは ただ笑って、マコトは壊れたオモチャみたいに「流された」と呟いていた。少し泣いていた。


海の上では たまに大きくなっていたマコトのジーパンの股間は、海水で貼り付いて心なしかえぐれているようにさえ見えた。


結局おっさんが話を付けてくれて、僕らはゴムボートを紐で結び、帰りはモーターボートで帰った。

おっさんは道中、カネゴンとジャミラの源氏名と店の名前を教えてくれたけど、マコトも僕も ただおっさんが喋るのに任せていた。

二人とも全然聞いてなかった。

マコトと僕はふと同時に振り向いた。

島は小さくなっていって、あの三文字も もう読めないくらい小さかった。


ボートは ほんの数分で着いた。

おっさんが消えた海岸でゴムボートの空気を抜きながら、マコトは僕にこんなことを言った。

「よかったよ、あんな怪獣みたいなオバサンに、俺らの大切な童貞を奪われなくて」

それからマコトは、あそこに そのままいたら どんなバケモノが出てきたか、どんな病気をうつされていたか、僕らがどれだけ正しい選択をしたかを、エロ本で得た知識を総動員して、明るい声でずっと話してくれていた。

ジーパンは乾いてきて、えぐれていた股間も元に戻っていた。

ボートの空気が全部抜けて、僕らの夏は終わった。


あれから三年。マコトは そのまま地元に残って親の跡を継いだ。

僕は東京に出て大学生になり、歌舞伎町の風俗で童貞を捨てた。



夏休み、僕は里帰りして、マコトと酒を飲んだ。

その話をするとマコトは心底悔しがった。根掘り葉掘り聞きたがったが、全部は言わなかった。

マコトは「今度その店、俺にも紹介してくれよ」と本気で言っていた。「東京来たらな」とだけ答えた。

頭は もう坊主じゃないけれど、その時のマコトの目は、教室の窓からあの島を見つめていた、純な十三歳の、あの時の瞳だった。

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, 面白, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様