2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

露天風呂で会ったカップルとのスワップ




月ほど前、退県のとある貿湿風呂のあ温泉旅にいった。

貸切もあっのだがっかくな話にり、夜遅くのを待って彼女と入る事にした。

行ってどうやらップルがいるしく、中から男が聞てきた

戸惑ったのだ、ここまでらと思い切っ入ることにした。


脱衣所が別々だったったん分かれて俺は服を脱ぎだしたのだ、温泉内から脱衣所が丸えなに気づた。

しかし、俺の所は先にいるカップルは見えない

というとは俺の彼女そのプルの前で服を脱いでいか?

そう思っだけしてしまった俺がい


事を考えていると、タオルを彼女温泉を通ってこ来た。

向こうに人た?
くとは、

「うん、カップが一。」
かしそうに答えた。


替えられたんゃない?」
少しいらしく聞いみる彼女は顔赤らめら、

「だって…しょうがないん。
とついた

それが この夜まりだった


はいってみ先にいたカルと目があった

こんばんは
が気さくに声を掛けてれ、一緒に飲み
男の方がビールをくれ

いい人うでよかたと思い、俺達せてもらう事にした


をしてみると、士の(男S(女)という名前だうで向こうも混浴は初めてとことだった。

も近く、酒のまわりもはやった為、はすぐに打ち解けていた。

ると突Kが「そんなことよりS、でタオルんじ?」


して俺に同意を尿めるうに「そうですよねぇ?話を振ってきた。


「無理だよぉ」と恥ずかそうるS見ての何かがはじけ

「そうだよ、もタは取れ。」


そう彼にいうと彼女は意外にも、

「温泉だいい




とまんざら綿でもない様子った。


俺とKは一瞬で心が通じ合、「ゃあ、せえので取ろう。」と彼立たた。

今思えば、別に立ち上が必要はなかったのが、とKはお互いの彼女を立た同時に声を上げた。

「せえのっ!


の瞬はタルを剥ぎ取られ生まれたの姿で俺のていた

そして、同時に俺の彼女もKの前で同じ姿を見せていた

あー,恥ずかしいよぅ…。


を真っ赤にして立ちすくんでた。

手でせばいいを、ずかしさで わわからなくなっているよで、隠すこともなく俺の前できれな裸体をさらしている。

「彼女、きれいね。」


そういうKの声で我に返ると、俺の彼女も顔を真赤にしらせいる

「もう?もう?」と恥ずかしそうにしてる彼を見て、俺のさらにヒートアップしていた

「だーめ、んだってだか

ると口を開いた。

「あたも恥ずかしいですよぉ。あんまり見ないでいね。

その敬調に、俺はどこか壊れそうだった

「Sちゃん何カッ?」

突然湿ことを聞いていた

かしそれに対てS…です。」と恥ずかしそけれど真に答えて

「ここが敏感なんだもんね。」

Kは そういうと おもむろにの乳首み出した。

「ちっ、あっ。」

Sの声がれた。

ナイスだ、!俺はそ答えるよう彼女の乳首をだ。

「やっ、あん。

ように俺の彼女も声をあ宿

もう、っかりずるぃ。

はそういうと、腰にまいオル上から使、Kあそこを触

「自てタオルしてるじゃん。」

そんるように俺の彼女も「そう
様でしょ。といい俺のあそこに手を伸ばし

ーん。」

Sはそうながらタオルをはずした。

してほぼ同時に彼女が俺のタルを

Kもも、に はちきれんばかりった。沿

「ちょー、なんでこなっるのぉ姿?」

は笑ながらKのそをつかん

彼女も「もー。」といいのをつかんいた

。」

Sが嬉しそうに言た。

Sは黒のロングヘアーをお団子頭にした、かなりかわいい子だった。

通にOLてそうな感じったが、そんなSの言動に俺のあこもうになってしいそだった

「どちが硬いてみなよ

いうと、Sの右手を持ち、俺のあ近づけてきた。

いいか?K。そう思った間、の手俺のそこを握り締



は変な声を出してしまった。

う?

Kがくと小声…同じくらい。」つぶやいた。

「もう、恥かしいぉ。ごんな。」

は俺にあまっていた

「お前も触ってみる?

くと、女は「ん」ととぼけた返事をした。

の手をとり、Kのあこに持っいっ

「か

彼女が無邪気に答えた。

ついでにKのたまで触っている。

「気持ちいんょ?

Sは焼き味に、自あそこを触

「気持いですか?

彼女がのあそこをいじりなが稿言った

「うん。」

あまりの幸せに酔いしれいた。



「おっぱい触っていい?」

が俺女に聞いた。彼女は一瞬を気にしなら、小なずいいた

俺はKの手が彼女胸に伸びるのを見て



で声えているのがわかっ


して、俺もSの胸に手をかけた

っ。」

Sはを上た。

貿何感じて。」

ながら言った。

れいな乳首が立っていくわかった

だってぇ。

俺は夢中でSのおっいを

横をと、彼女も胸をわしづかみにさ目を閉、呼吸をた。

しばくして、ったん彼達をもとの位置戻し

気持よかった。」とと、彼女はにうな

「彼のおっぱかいですねぇ。」

Kにそ、彼すま赤くなっていた。

ょっとトイレ。」

ールのせいか、無性に尿意催しことにした

ょっと待って。」

彼女を残し、俺った呂をた。

イレから戻る途中、Kは、ハーレだな、となこ考えいた


再び泉に入ろうしたところ、声漏れてきた。

「あっ、あっ、あん。」

瞬時彼女のだといた、女脱衣所ゾーン衣所ーンの垣のいだか女たちの方をのぞいた。

「はぁ、はぁ…んっ。

そこには、彼女をひざせ、彼女のおっぱいをなめているK

「あっ、あっ。声出ち

だーめ静かにね。

「うん。」

彼女を震せ、Kの首に抱ていた

はその下、Kのものをしゃ


どだ?俺はその光景を

そらく一番興奮を味わ西っていたもしい。

り遅くも怪しまれると思い湿戻ることにし

と音立てな沿戻ったためか、彼女はすでにKの膝は下り沿ていた。

しかし、Kの手は女の乳首をつまんでた。

「お帰り、あん

女もうわけがからなくっているようで、思いっきりじながった。

「Sちゃんもこ

う言うはうつむきながら俺のとなりに

おっぱ

ういうと同時に、俺吸い付いた。かたくった乳首が口の中でころがる。

「あっ、っ、。あっ」

は俺にしつき胸を押し付ける。

あ、いやーあっ、あっ、あっ。」

となりKに乳首を吸われ、声ならない声を上げがら、左手でKものを握る彼がい


俺は、Sに吸い付いたまのおしりからあそこに手を伸ば

…あっ

彼女のあ今までの瞬間よりも濡れてい

熱いくらいに火照ったこを少しさったけで女は大きくらせた。


俺はのあそ移し

っ。」

のけぞ快感に酔いしれるS。

触っい?」

触ってるぅ…。

も放心状態だ


がっ

して、うに彼女がKのこにむかった

の瞬はまるで、スローモーションのようだっ



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 野外・露出,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様