2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

ささやかなこの人生




やはりクラに一人か二人はいますね、貧乏なの子。


6の時、H子ちゃんソレでした。

さな工場を潰夜逃げしたり、おばあちゃんと弟と暮らしてました。

使れなくなったバラクのよう治会館から通学しました


無口で成績も悪く、友達もないようでしたが平和ななの ひどいイジメ’とはなった

H子は古ぼたピンクのジャンパー小豆色のート、左右の長さが違下、いつもこ格好でした

まに一日中、体操服とブー(冬で日があり、その洗濯の日だたのでしょうね

休み時間はいつも一人で壁もたれてしゃみ込んでました

僕はカートの中の紺か赤(この2種のみ)の毛糸のパンツを盗み見るのがかな楽しみでし。(ブルの日残念)

たまに毛ツからいる白いい出しなら家で覚えたてオナニーふけた。

エロ本をオカズにするよりH子ちんを想像してする方が激しく射るよう気がして。

彼女の貧乏臭いトをめくったり、毛パンツに手を入れ、そんな事を考えるようになりまし



の席変えでH子の隣りになりまし

近くで見と彼女の服想像上にボした

が話し掛ける達のいないH子は最初は少し驚いた様でした

しそうにしゃべしまし

小さい声でしたが意とテンポよくす表婿だけどうなしていました。

小豆色のボロスートから見える太ももても白くかそうに見えまし


っかり仲良くなた僕らは休み時中、ずっとおしゃをする様になったのです

H子は僕のを足開い稿ま向き中でおべりをしてます。

糸のパンも毛玉だらけのロっい物でしたが、僕はH子に気付無いよみ見るのがとても楽しみになったので


る日の休み時間、いつもに小豆色のスカート見すンク色毛糸パン見えました。

紺色と赤てないと思ていたのでち驚きした。

でもとても新品には見えず、しか大きめなじがしまし


がにH子の視線に気づき「えっと足閉じま

顔をらめ「見てもしょないょ?」とかり恥ずかそうい、うつきま

僕「いや、カワイね、ク。ませて

子「・・か」 

僕「でも少しきい




子「・・うん。」「・・お姉ちゃんの、おさがり・・貧乏ら・ね」

女におさんがいるを初て知りました。両で暮らしているそうで


ったので 小学生が二人りで下校貿するなど恥ずかしくて来ませんしたが、帰り道が途中まで同じだっので あるさな神社で待ち合わせをするようになったのです


缶ジュースを一お菓少し持ち、?に座りくなるまでおしゃべりをして過ごしまた。

本当本買う程のお金ありましたが、H子と間ス’をくてわと一だけ持っていったのです

嫌がるかな、思いましたH子は美味しね」と嬉しそうに飲みまし

一本のジュー二人飲む’行為がんか大人のカップルのでドキしした。

僕はH子しい妄くよういたす。


僕は手術のがあるの便ですがある日H子「痛くないの?、触っても平?」と聞いてきま

が「、平だよ」と言と彼女そっと触ってきました。

H子とてたく感した


もねかに縫い傷あるの全然えないんだ」と言い、僕の左手の傷すったり、撫でたりした

はドキドキしら「なかに?見てもいい聞くとH子は顔をらめ「えッ今こ?・・」と無言なりした

「寒いね」と言いながH子の身体に寄り添うと、彼はとても恥ずかしそうに「うん君なら・・見せてもいいよ」恥ずかいかに秘密だよ汚れた小豆スカートを自分で捲上げたのです。

姉さんのお毛糸のパツが僕の目に、至近距で現れた瞬間、ビリビリと衝撃りました


H子はピンクの毛糸パンを太もも下げました

も白だと思っていたH子のパンティ玉模様でし

度も洗濯したらく模様は色あせあそこの部分は少し黄ばんまし

パンティのばみに付かなフリをしよと決めました

しかももで下げた毛糸のパやはロっちいパンティ、H白い足とおなか’に僕大変興奮してまいズではチンコがカチンx固くなっておりました

「恥ずかしいな」と言いながらはパティも少

病気なのか我なの簿かわかりませんH子のおへその少し下に10センチ位の縫がありまし

白いなかにピンク色の傷がとても目ってました

「触ってもいい」H子はコクンとうなずきから目をそらしまし

傷口ドキしながらなぞりした


「今でもね、寒なると少し痛いのよ」と子が言は手のひらで傷の部分をこうするかいだろ?と言いながら指パンティの中に入れ

・・たかい・・」

H子僕の左手の傷をさすり、僕はH子なか傷に手をて(はしかりパンティに入れ)しばらくいました


僕が指をパンティの奥へし入れるとH子は太をキと締身体を固くしした。

「そ帰ろうよ」

ずくH子

は彼女の糸のを上げてやりまし

W君、やさしいん

暗い社の石繋ぎながら降り


家に帰るとH子湿のボや、柔らかいかの感触い出しながら激しくオナをしした。

地味で貧乏いH子の玉だけの毛パンして洗すぎあせ あそこのだパンティに異味を始めていました。

それから神社のデートではH子が僕の腕のなぞり、僕がのおなかを触り(パンツに手)おをする楽しになりました。


金取りに追われ家族がラバった、お姉さん高2で中退し靴の場でなった事、洋服もちろん、パンティやスリッ お姉さんのおさが’で何年も新ってって事などH子なんしてくれました。


はウチ、誰もいん」H子言っきました。

両親の所おばあちゃんが泊りに行くみたな内容でし、僕にはウチにこ?’言っいる様も聞こえました。

どく興奮しH子の下着類をたり、もっとエッ事がるかも?・・妄貿

へえ、じゃありに寄ってい?社は寒いし」平然を装い臓は激しってまし

てきて。」と顔を赤らめ嬉しそうに言いまた。

僕はH子を好きていしたが、それ以上に彼女の貧しさ’下着の薄汚さに執着してのです。

りクんなに知られたくないので、H子が先に帰り、僕後か行く事にした

使自治会館は古画に出てくる病院の様です

なぜかH子はから出てきて僕を家き入れました

借金取りた時、玄関をギ止めそうです。


H子00学園女子ル部’と刺繍してあるちいジで「これもね、おさがりんだ」といながらンスら小を集てました。

ジュースを買っくる’ャリンコでH子が出かけました

古くてオボロ屋でしチンと片付いてりスッしていした。

は先のタンスの方気になっていたのです

「あの中に・・H子の下着が・・」妄想超です

は家に誰もいなもう一度確認するとタン引出しに手かけま

はやちィ、どでした

下か二段目を引くとH子の下着類が現れ僕の高鳴りました

体操服とブルマ、毛糸のパツ、ップパンティが4枚。

ぜか黒いタイツありした



ティれもき古しもの、白地味リントがあり花柄水玉模様は色あせてまた。

「いない事をしる。僕は変態だ思いながらもスップやブルマも取り、感触楽しみました

わよくばもうとも思ましたが、あまりにも数が少ないやめまた。

ーラとお菓子を持ってH子が帰ってきました。

何事もなかった様に僕が「おかえり、寒ろ?と言うとH子横にピタっと座り寄り添っ来ました。

抱き合って不馴なキスをしました

すぐ唇をすとH子のクチヨダレし垂れてした

またぐキスをして、僕はH子のヨダレをいまし

H子嬉しうな、泣きそうな、何ともいえない表「W君、ヨダレ・舐め西たらいよ

僕「Hちゃんのなら平気」

・・ばか・・好き

学生のぎこいキした。


下腹は、痛くなるくらい勃起しいました。

ジャージ脱がそうとすると、H子は何も抵ませでした

スリと毛糸のパンツ姿の彼女に激しく興奮抱きついて何度キスをしまた。

ブラをす程でりませんがH子の少し膨らんだ胸、自分に柔らく感じとれました。

僕は射精してしままし

ズボンの前抑えうう

とうずくまると「どうしたの?なか痛い?平

僕「・・ちょっとね。何ともな

H子「・出ちの?

っ?」

はH子が射精知ってい事に驚いたのです

えてみれば校生のおさんがいるのです。

の手の本など家にたくさて、H子も盗み見いたそうです。

H子かしあた使しも、エッチな事考るとパ濡れよ」

「うん・うら女の子

僕は射精事がずかしくてH子の顔が見れませんした

たりでテレ笑いをしなら、た抱き合ってキスをしまし


っても仲良・・

「うん・・



り際、ス姿まま口でキスをしてくました

「中学いたら毎日チュウして」オンロの家の出口汚い下着姿でニコニコしてるH子が、愛せんした婿

僕はク宿ラスメートにH子との係がバレけれいいな’思ました

の乱れたコケシのうな味な顔薄汚服、ビリに績、何一つパない彼女と仲良くしている事をられたくありま調んで

のに僕、無い事に、H子にヤラシイ行為を続ける自分がたまなく嫌でした。

しかし二人きり おしをしたりると必ずと言っていいほどキスをし糸のパンツに手を入ていました。

H子もそれをまっているかの様でした

を捲れてもせず赤な顔でされるがままでした



卒業式の日、でH子をみつけ驚きました。

女は新品セーラー服

品でいタイツを履いてました

ちょっぴ大人ぽくるH子に僕何とも言ない淋しさを感じたのです。

で分ですが生活護で制服や房具など、市から支給されたそです

品のセーラー服で小奇 える子にの淋しさぼえましたがいタイツ’とゆう新たなアに僕の妄想急行は全速力でした


つな卒業式を終えると、校庭の外トイレ前でH子話しました

春休みにどこかへ行’・・・

田舎無人駅のームに少し遅れて子がきました。

黒タイ尿と新靴(クー。ってす?外はイモジパー色のスカートと、いつもスタぜかホッとしです。

タイツの下は

ィーゼル列の車内でそんな事ばかりまし


無料でるの営の園に行きました。

まあ園に動物がいるだけ’って感のショボイ所ですが。

生はもちろん、中学生と思わプルも数組、僕はとなになりました

子との関係が、不に思えていたからです。


デートその中学生く、手をないでクマライオを見低い観車にったり、ヤキソを食べた平凡ですが楽く過ごH子も満足そうでし

しかし視線黒タツに集し頭の中ロス’でいっぱいでした


イツったそうだね

H子「うん、お姉ちゃんのパクッてきたw」「あたし中学になりたか。制あれば・・服を気にしなくていいし・・」 




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, ちょっといい話, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様