2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

張り付けの刑




丁度、昨年の夏にあ出来事をす。

初めてなので、さんお柔らかに。


僕と子(当時の)BあとはC・・Eの男3人、計6んでいました。

以前に二度程、こうした飲み貿会はあったの、誰も気兼ねなるこく普通に乾西杯で始まりました


とCD・Eの4人はからの友人で、彼とB美は二の同した。

めて会ったときから、僕は(他の友もき)A子に入りました

っとC男もA子を狙いたにセッィンたのだと思います


子は顔がとても小さく、眼がぱっかわいといた感じです

貴(字合っか不安)似だとも、言でないと思っています。

胸がい上、身体全体の肉きがよく(っても決して太っない)服上からでも身は実に色っぽかったです。

同僚のB美はA子は後輩でしたが年は2つ上黒のスといった感じす。

は二目の飲み会で、アドレスを 翌日二人だけで食事に行きまた。

こでA気持き、迷うことなく即答し こ合うことになりました。



ちに回の飲会とりました。

子は同B美さえ、き合ていを話してはい

僕もC男を始めとする友らにはまだ話(間もなったんなに飲み会が始まお互い目配せで合図非常に心地よかったので そのままにしておました

僕はおが強いわけでも好きなわけでもなく、いつき合い程でい

二時間程経ち、皆ホロ酔い加減で居酒出また(は既に泥しており僕とC男とで肩を支えてや稿と歩状態た)

どうする?と言う事になりまたが、A子は僕の見る「ま丈夫だよね?」ってしまいました。

A子「うと頷てくれ、B美A子がいるといた感じで も行くとになり

りあえずE男そうたのすが、泥酔のE男はき入ません。

しかしのままE男店にく気には誰もらず

男が仕方無コンビニや食糧大量に買い込んで、皆でラブホ飲みするか〜」

と提案しました。彼女子にも、ラブホと言う響抵抗はあったよの状え皆いる仲間のような雰囲気綿になっていた、変にる様子もなく決定しまた。

僕もこの時は抵抗だけの人数で一部屋に入かな?などと暢気なことを考ていした


0分くらいのラホに到着ました

入っ端、独特の雰囲気まれ、皆無言となりました。

無事二つの部屋をと眠くったら男と女に分かれようと言になりました。

って歩いたせいかクタクタにな初めか分かまおと男女分かれました。




男四人で入ったその部屋はなんSM部

生まれてめてM部屋に入り(そうだったとう)ただ周りを眺めるばかりでした。


するとC男がB美に「おいこっ凄いぞSM〜面白いものが一るぞどと電話しした

B美もが湧いたらしく婿見たい!と言いだし「そならこっちに・。

C男が部屋A子B美二ともこのSM部に招きれてしいました。

即効でフロン電話がC男し追加料金を払うことめました。

部屋は、お酒どころではなく大しくもその屋を各自探索しまくっていまし

C男B美に「ほらここにを置いてごん。どんなるんろう

ンガ調の壁にあ木の板に枷を見つけいました

は、でもニールもないモノをベルトで止めタイプした。


「ほらほら」とC男がながら言い、B美は「えぇ〜」言い合うを一同爆湿て見ていまし

あっとB美は両手に械をはめられ万歳姿の格好なりした

白いブウスにジーといった、一見とは無縁のような格好ですが両手に手械があり身動れない・・・といった姿は、ない興奮した。

する、C男は「俺、知〜ら僕らドに来、一緒に飲む仕草をしました

B美は「嫌だ〜外してよ〜」と笑ってい、A子も笑ていました


C男「そうだなぁ〜言う事外してるよ〜

そうだ!酒気飲み!!」

と自分用に買ったワカップの蓋をした。

美の「じあ少しだけで弁し

湿う言葉受けはB美の口にワンカ口付けま

手の由を奪われごくっと飲むB美の喉越も色っぽくじられました

れでもC男はめず、どんワンカの角度をげてゆきます。調

ぼれ出、C男さすがに止ました。れで半分らいは飲だでしょ残り男が一気にました。

B美が手械をされ、着を本酒尿濡らしている様子に、D男はかなり興奮したうです


「お〜簿言い、飲んでたチュウハイ缶を持ち手械されていB美に近づきました。

が沸点にまで到していましたが、A子の手、苦笑いしけるで誤魔化一杯でした。

美は顎の辺りから、タと日本酒垂らしながら「っき飲んゃ〜ん 外よ〜」手前まで来たD言いましD男は もう耳を持ていないうで湿と言たが早か、チュイの口をB美の口に付け流し込み始めまし

美はジュースと勘違いしたかのように、上にこぼしらゴゴクとみ続けま

お陰でカーペッ論、B美の服はジンの辺りまでれてしまっています

上着のブラウは所々透け、濃いルーのブラジーがくっりとがりま

B美咽たようで、たので、D男は少の間手をめて

「また、は〜いまだっぱいあ〜」

とチュウをBの口づけるとなんと分から飲まされ易いよに、口D男は容赦な、し こぼさなよう丁寧にB美の口にチーハ西を注いでいます。

クゴクとB美が両手万歳の格好でき飲み続けます。

顎かインが実艶な活動をし

チューイも飲み終わりD男が戻てくると、既にB美はぶら〜んと、械だっていした。を開け向けていまし


当た前で美は かなり酔ったうです。

子は少し呆としていましたが、その時B美トイェ〜」と言いました。

すかさどうしようかでもここでされても困るしなぁ〜」とニタニています

他の皆も子以きっとニタニったでしょう

C男「よし!じゃあB美が行って、A子が代わりり付け刑だ!!

「A子が嫌だとった

瞬えっ?と思いたが、酒を飲ない僕はり飲んだ為に、このまま横に綿

う身体が訴えておりーッとして何かフワな状態でした


B美は「A子願い〜ゃうホントにホントいだよ〜

えぇ〜!?でお酒は飲。た少しっていれば良いだけだよ!?」

表情でC男言いまた。

男は丈夫、が戻ったら直ぐに開するかさ」に聞こえいよう囁きました


A子B美の元に近づまし

C男はこの時、の片方の械を外すと、A子の片に手械をするというようしていました。

やがてAが独り、万歳の格好にりました。

B美は慢でい様でトレへ駆ました

るとC男はA子の足にも、足枷稿ました


A子は「えっ何!?」とましは「だって身りだん、手両足」と子のに足はめてしまました。

A子はB美は違い、ムのミニスカートなでC男が屈め直ぐに下は丸

A子は、全にXの木板に身動が取れなようなってしした

「ホントに直ぐしてね」と願しています。

この状況とかしなけれと思ますが、身が思うように動きまん。

でも意助けなかったのでは、後でA子にす顔もありませ

もうヤで寝たふりを決込む寿にしまし



その初につけた目隠しをA子付けました。

「暗い〜怖いって。ねぇ外してよ

とB美がトイレか出てき、C男に「もうホトに漏れるところだっんだか〜」

するとA子の様子に気づきA子いい格好じゃない

「ふぅー」などと叫びがらA子を鷲掴まし

は「ょっ止めてよ〜B美もう酔っ払い過ぎ束だから

するとBは「ダメ、い・い・

男は唖然としていると

B美はてA子、私が困っている時かっじゃな〜」

「私、すんまされたんだから〜は「代わあげたじない」

い返します「ダメ〜」と笑い始めした

B美完全に態です。


瞬間、子の水色のニットを捲くりあ

A子はが大きいとはてい想以に大白のラジャーが眩しくりまた。

美はれでは飽いのかその白いブラジャーを下そうと、B美の手がA子の白いブラジャーを下さにそ瞬間、A「あっ」と吐息のような声をらし瞬間ました。


薄ピンク色のになり、初めて見るA子乳首に、寸前興奮していまし

子は下を向いたままで、両万歳足もいる状ットがに捲れ、ラジャーは下され乳首も露になってます

ニットとブラジャ挟まれ余計にはち切ればかになっ見えます。


その状況C男男E男は堪りません。

E男は必死に僕を起こそうとしてましたが、僕は寝たふり徹しました

D男E男に「寝ていツは寝てお」とを制止しました。

三人のはもう、酒どではありません。ギギラとした目つA子のった上半身を眺います

ホント謝るからB美ちん、めて。Cくこれ外してよ

目隠しをさるせいかあち顔を向けます

ほらほらA子って胸、おっよね〜

の人ってっぱ胸が大きい子が好き?

、B美は手の、A子の乳首をころころと転がし始めまし

B美はAを見けたく、浮かべ得意げに手らで首を転がしてます。

子は俯いたした使が、やがて「と小さく声が漏れ出しました

B美の手のひらにようで

美はさらに調子に乗り、さっきよも激しくかしていす。

それまで俯いていたA頭がやがて小さく揺れ始、頭が上がった瞬、額にほんのり汗を浮かべ、していA子の頬にベタついた髪の隙間ら確認でました

「あれっ子感じているじ ゃん」とD男が囁くと、C男とE男スクた。

の小さな笑いが聞こ瞬間A子は全身をビクさせ、さに声が大きくり「あっあぁぁ」今全身が揺れていました。

は「もうゃないの〜と今度はムのスカートを捲めました

かしデニム生地は上手いよ稿B美はなんとA子の西手を回スカートのックを、チャッを下な仕草を


次の瞬間、バサッとA子のデニスカートは滑落ち、A子白い下着が露りました。

も足枷にいて、不状態西脱げそれいっそ卑猥に見ました。

A子は「はぁ」と息使いが荒ってます。

、我慢しくなたD男が「ど〜う、濡れているの認しみようかE男は、もはやてはいません


B美「もう絶対濡れいる決まっるよ〜。きっと凄いことになっている

ねっA子」そ問い掛けると A子は また「はぁぁぁ」と一段と大き声を発しました。

B美は何か段々面白くなってきちゃった」と本気で楽しんでいる様子です

気が子の周りにはB美とC男DE男の四人が囲んでます。

すると、男が急にしゃみだし、何ゴソゴソめまし


E男は足枷を外いたでし

両方の足枷を外、A子の足を揃えるA子の穿ていたデのスカートがに滑り落た。

度はYの字になっているA子に男はつい下着の上からコをタッチしました。

瞬間ビクンとA子の全身が強烈に波打っ見えました

は「しちゃえ下ゃえ」とら急しています


男は「この木綿のパンツが良いんだよな〜言いめました。

つの間にかDは、A子乳首をくようめていました

「もう乳首コリコリに立っているじゃん」の言で、子はビクンとしまし

男はのアソコを下の上、ちゅうちと音を立てて吸い付います


ぶっ」と子の声が聞こえたとら、C男が子にしていまし退た。

C男が口を離しまた口付けようとすると、A子は待っているかのように大き舌をし濃厚なィープキスをしました。

B美は「んなのもあるよーらノを取上げました。


〜お、こものをけたね男がローターらきモ源を入れま調

〜ンンと機械的な音が聞こえ始め、がてC男はれをA子の耳元にもてゆきまし

B美は「Aかる」と聞きますが、答えす。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 異常シチュ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様