2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

接待で慰みものにされ続けていた妻




サークルで妻と知り合った。

妻は凄い美人訳で簿無く、に目立つ存在ではかったが、笑顔が可愛清潔あり、

も皆も一歩下がって微んでいる様な大しい性格惹かて交を申し込んだ


既に29歳だった、いざ付き合ってみると半経ってもキら許ず、どこ題があさえ思ったもあ

問題去に酷い性的虐待を受けたか、付きた男暴力的なセックを強いられて、神的に付けない様にれば上手くって信など無かったが、妻に惚れてしまてい私は更に年付き合ってから結婚した。


ると意外にもでは事無くスズにわり妻が処った事にもして今んでいた理由を聞くと、

じられない事に「結婚して、子欲しらとがあれ良いけれうでなく、ただ曝け出だけの行為はくて調出来なかった」


その後姿も私が誘ば拒否すく、子供もすぐに出来たのだが年経っても妻は あくまで身で何もせい被さる体外は嫌がて受けない。

そのような妻は人からもセックスとは無に見えるらしく、家で友んだ「子供一人いるという事は優子さんも、最でもはセックスしたになるよな」とれたほどだ


確か妻は、拒みないが好き方では無かったと思う。

そら自分を全て曝事がかしくて、楽しころでは無かったのろう

--------------------

んな妻が変わたの35歳を過ぎた頃だ。

その頃娘が分の部屋で眠るようになっも大きかった様だが、徐々に感じ方が激しくなり、言葉には出さいも色気のある下着を着けて、回しあるが妻からも誘来るになる

おまけにどな体なり、私もその様な妻の変化が嬉しく、妻の全て応えいたが、

年もして娘が小学校に上がった頃、生理の時以外毎晩のようれるなり、5歳上の私にはに毎晩は応えられ


あのー・使・・・・・言難いのだれど・・

「夫婦じゃでも言ってみろよ」

アダルトを・・

「A?」

「他のお母さん・・最近のは宿話しいて・・・・・最近のも何も、私はも見た事が無ら・・・・


早速りてきて見せると、最は恥ずしそ横目で見ていたも、に私の存在など目なくなり、画貿面に釘けにってしないで見入いた

妻が、Vを見呼吸をしているのを見て興奮、次第にダビングされたビは増いく。

の後いつ頃からか、妻はビデオを真似するうになり、今迄なら私も腰を使わなと物足りなかったフェ、少し油断すと出されてしまいそうになるほど巧になった。


上に迄なら恥ずかそうにじっとしているだだったので私が下から突上げていたが、姿

ビデ見るようにからら積極的に動くなり、簿にはスクワットをているかのよに、く股を開下に激し動くもある。


そのな妻に足していたが、妻の欲求はれだけ止まらない

あんなのでれて、本気持ちいいのか?あんなのを使れたら、どのな感じなのだろ?」




ビデオをながらそう言

イブってやろか?」と言うと、流石に

「怖いかには無理」と言

「じターって簿ろうか?」と言う掛けは、恥ずかしそうに俯ら「はい」答えた。


道具1つ加わった事でセの巾が広がり、妻は以前にもして快感を貪る様ったが、妻の激な変化に驚いてばかりいた私昼は淑女で夜は娼な妻を

--------------------

そんな妻にまた変化がれたの娘が2生になっ頃だ

今度セッには私っても「なさいお仕事でれてして」言って拒否するになる。

仕事というが小学生になったのを機に、年前らパートとして勤めた縫場。


拒む妻に浮気を疑ってたがには大胆になれて、未だに海水浴場も水着にれない妻が、私以に裸を晒えられず、妻に限それは無い消す。


逆に私は妻の心配、一度医に看てもう様に勧めるが、妻は ただの疲れだとて行こうしな

「私ミシを担ているから、こ宿の様な事もあるらしの。

初のは張り切っていし、慣れい仕張しているからないらけれど

かな仕事だら一年くらい経っ頃に、根をめてが一に出る事がしく

丈夫だから心ないで。ありがとう


しかし そも拒されけ、セック状態まう。


「夫婦生活来なほど疲れるのなら、そんなは辞めしまえ」


「ごさい。ようや慣れてきた仕だかたいの。今日大丈夫から

々妻、いざ始調うと以前く乱れ、久し振りのセクスで興奮無いほ続けると、我を忘れた妻はに私奈落の底に突き落とすような言葉を叫てた

メコ・イク

セックス的になっていた時でもがその様なを口にした事は一度もく、仮にたビデオが浮かんで真似をしたしても、持ているオにて来のはオマンコ呼び方確かに妻はオメた。


私はでいぱいなっが、妻はその様な言口に事すら覚えてない。

い事に、妻が浮気しているか知れいと思っただけで、私は吐きそうるほど動揺し、真実を知るのが怖分の中で必死に打ち消、妻の行動を調べる事せずに逃げていたが、私の気持ちなどる由も無に止めを刺され


「お母さん。今日どこに行の?長のおじちゃんと一緒に、黒くて大きな車乗っていたね」

以前をした時に、一度職場に連れて行ってもらった事があり、その時社お菓子らったので顔を覚えていて、理に行った時、その社長が運る車の助手席にが乗ていたのを見たう。


つ前なら、気にもしいでき流してたかも知れないが、綿を読む振りをしな妻との会話に聞き入っいた。

「え・・・え・・・・・おじちゃんと・・職さんの所お仕きに行ったの

シンを担ているのにどうして社と内職さ所へ行かならないのか。

何よりは明らに焦っていて、言葉に詰ていた事が気にな

んは、見たのな洋服を着てよね?」

「何を言っている。もうそから、早く食てしい」

の事は娘の間違いかも知れないと思ったが、内職回りをするのに、高級車いた事も気になる


「い職回りするのか?大だな」

は新聞見ながら、あえて妻がなぜ一緒に乗いたのかは聞かに尋た。


っ?・・・ええ・・・あなたも知ていうに、会社と言っな会だから、りの人んだ時は・・・・・・・・・」

は2関係に疑問もっが、他の従業員の目もあり、昼間から社長と不倫いる考え辛い。

事中に妻と社長が何時間かくな当然になり前では大声すら出い、他人の目を人一倍気にする妻耐えられなろう


妻が長と不倫していると仮定して考

二人間かテルに行っる事はられず、そうかは帰って来てる事は娘の話からも間違いいの、仕が終ってから会っている事も考えない。

仕事が忙なっまれ言っヶ月ら土曜も仕く様になった休みなのでつもよも早い4時には仕事を切り上げさせてもら4時3迄には必って来る。

みの日は物に行っまれに娘の同級生お母さん達と食事に行く事もあるが、ほとんど私いるが多、特別怪しい行動も無い

う考貿と社長と浮気すころか、他の男と妻が出来るような時い。


それからは少気にはなたも妻とはく離れている社長に嫉妬し、疑っている自分情けえた。

かし そうはてもはり心のどかでていたのかない

故なら、以も妻の行動を注意深く見るようになってたから

そして気が付は、必ず夜の9時トイレに入る事だ

それは何かの途中でトイレに5分前に入っかりでもわらない

私はイレに近付いて、と思ながらも聞き調をたてた。

・・・・・はい・・・・とは・・・」

妻は誰話していたが、声くて聞き

翌日はもいた、やはるようで話してたのは全て敬語で話しているぐで、内容までは分からなかっ


不信感が増した私は、思い切て妻の職場に行ってみよう決心し、次土曜日、娘を所の同級生の家にけて妻の勤めに向いた事に静まり返っていて誰もいない。

が呆然としち尽していと、縫製社名が入ったラトバンが止ま降りてきた配の男に声掛けられた。

何かい?

「今日は休みか?」

「今日はか、寿前かはずっと休みだ」

っと最近忙しなっても仕事か」



「いや。どんどん仕事は減ってい。一時は男社員が4人いて、パートさ0人以上、今は中国製の安いに押され、男俺だけート んも7人しかいない

内職な80軒 えていが、では10件だけだ」


これが、社と浮気する時間が出来てしまった。

たと言うよりも、朝のら午後4時までもある。

の後も男は、暇になって土曜が休みになった由を一生懸命せてくれたには尿でも良い話た。


「みみなのに職回りですか。大変で

話が終わって欲して、嫌な気分にしない様な言葉で話に割り込んだが、今はそについ話し

年も過ぎていから、このいの事はしないとクビになる。だからこ2は俺だけ土曜出て来ているし、一日も休んだ事がい」

「土意外も事は無いですか

「だら、ここ2年は一度も休んだ無い」

また一つ妻の嘘が明らかにってた。

ところでんたはの用で?

事は言い難く、咄業者だと吐いた。

「仕貿無く頂け無いかと思って

「社長は自が、無湿と思ううちも仕事が減って困っているだか

駄目元行ってみると言って、社長の自宅を聞き出して向かったが、近くにて心臓の鼓動が早まる。


社長の自宅は古大きな一軒家で、の付いた古い門柱にチャイムのボタンが埋め込まれていた押しが、壊れているのか返事が無い

く勝手に門を入ると、黒車の横に妻の軽四が止めてあった。


関のを押しが、やはり返ので口に回ると洗濯物が乾して、その中の赤なパティーとブ目を惹く。

「はどなた

の時 表のからのある声がしたの玄関と、そこにはた事も無いミワンピ着た妻がたが、私の顔るな絶句した。


妻のが少乱れてのに気付いた時絶望感から何も言えずに その場立ちったが、どを通ってまで辿着いたのかさ覚えていい。


1時経って、ようやく帰って来たが、何ずに流しながら正座する。

「泣ていては婿い。しく

得意先の一社が倒産し、たでさえ仕事は激減し一番新入りの妻は人員整理の対象になったが、その時 社長か事を頼まれ

「どうして隠してい!」

「隠すつもりは無かったです・・・だ・な仕事は駄目とうで・・・・かは話すつもりでした」

「俺言えないよとは、どの様をしてい

工場にはいかいけれどい商品の生地や材料を選んでめたり・・・

他所の商品を見行ったり雑誌を参りして、デインをめた・・・・

他に家事一切・・・・・・・


長の奥さんは


「半年前に離婚されて、出行かれたので・・・・・・

妻は離婚しさん代わりをしていうだには性欲処理も含まれていたのではないまう。

「社長子供は?

せん」

妻の稿だと社長一人暮らしが、それで濯物のにあ真っ赤なパンティーとブラャーのつかない。

長は女物の下着を穿く?」



真っ赤なパンーがして ぞ」

「そは・・・・・・・・私には尿ませ

私は脱衣籠中の物を洗っているだけだから・・

帰ってからな・・・

たい気持ちは大きいが、余りにも審なが多すぎ


「あの湿何だい時でも穿かなかったな短いスカートを穿い

「お客様も多いので・・・

私の装は趣味が悪からと・・・・・・

服のようのだ言われて・・・・・・・


とにかく、嘘を吐かなければならないような仕は今日ろ。たな!」


はい・・・・・・ごめんなさい


急なセスレス。嘘を吐い事にく。

イレに隠れて携話。ミニカート。

乾してあった真っ赤な下着。

より私の質問に答ている時の おどしたなど審な点が多ぎて信用出来いが、私は実をり、それは娘のためでもあると言聞かせて、このまままそうとしていた


しかし昼間は どうにか持ちられても夜になると考えてう。

っ赤なパンティーを穿かさて、ミニワンピースを着て掃

れを離婚した、求不満な五十男が笑みを浮べて見て見ていけでむのだろうか。

、済むが無い。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, ハメ撮り, 浮気・不倫, SM_調教, 性癖・プレイ, メンタル, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様