2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

彼女の本性暴き屋




年前インターネットであるサイ見つけた。

あな女の本性きます』

何だろしてくと、自分の彼が浮気しか試しませんかというよ内容った

分として すごく気に自分は緊張しながら掲載されメーアドレスにメールた。

数時間後 返信。

「お問い合せあうございます。こちた様彼女、大な方あなへの裏り行為をしないか調査すサイトで(中省略)以下の内容にご同意して頂けのみ応募下さいすようお願致します


1.彼女様の情を虚偽なく提供して頂す。

彼氏様の力(一いします西

3.彼女様とのやりと全て報告させて頂き

4.この調査に綿ってお二の関係など、何が起きても責任はん。

5.の同あった場合のみ、性行為を行可能性があります

.途計画中止、はお受けしません。

だっ


罪悪感を覚えも応募メルを送っ

なた様 佐藤寛人 

年齢 26歳 

職業 会社

絡先 00−××××−××××



調る彼女 田中亜紀 

齢2 

職業 美容師 

血液型O型

長158cm 

重4 

ーサイズ85−59−84 ップ


スリーサ聞いたことがなく、後ろめい気持ちがあがらも亜紀に聞て僕は応募し

亜紀は「何でそなこと知りたがるのー?いながも笑顔で答えてくれ

だけで、亜紀に限って浮気など絶にな思えた。



次のトか話があった。




しそうな声30代くらいくつか質され宿

「お二人はき合いされくらいです

年です

気、くは怪しいと行動をとたことはあります?」

ありません」

質問と、彼女の性格などを答えた。


して数日後・・・サイトの男約束をし調査計画というか彼女を誘惑する計画れた。

、伊藤健二と名乗り身5cmくらいがっちりタイプの優しな顔立ちの男だ


と男を知り合いという事にして、彼女3人で呑む機会をることして僕が用事が出来たことにて退貿席するというだっ


の日うちにのは たぶん理ということで、そ二人きりにったで様子を見て次計画進めるといだった。


身分証な調らい、計を実行した。

亜紀を誘うと嬉しそうに「いいよー答えてくれた。

紀ははあまり強いではないけど、僕り合いに紹介したと言うとんでれた。また心痛んだ・


そして

夜20時、待ち合せの店に亜れて行顔で迎えていた。

いを介し

「紹介すね、こちれの仕事先の知り合いの伊藤健二さん」

「こおれ女で田中亜紀っていい


互い笑顔で挨拶を交した

女のるい性格もあって和やかな雰囲気だった

人でおを呑み、男上手な会話で亜なり楽しそうだった


2時くらい経ったころだろ、男からいつの間に作っかメー届いた。

「そろそろおいします」

僕はトイレに行くと席を立ち、戻った際急用が入ったと亜紀に

急な仕事が入ったんだ、悪だけど伊藤さん出張でこっちに来てるだけだから もう緒に呑んでてあげくれる?

紀は少し心細情で分かっ。終わったらすぐ連絡してね」と殿った。


分は罪感に押つぶされそうにりながらも、店をあにして呑んでいたの出入り口が見る場所に移動した。


30分後、男からメール「女さんい。無かもしれませんが、今日は連を目にしま

臓がドキドキしていた・・・亜が今日あたばかりの男に携教えてまう使のだうか?

も普段の亜紀を見限りそんなこはすわけがないと信じてた。



れから1時間何も

どんしていだろう・・亜紀はあ西うな笑顔をあの見せている・・・いなことをいた。


少し二人が店出てき。笑ら楽そうな雰囲気だった。

前で話し女が話をけて

「もし寛人、まだ終西い?」

うん、もう少し掛かなー」

「そっかんが もう殿1軒ってって言うんだけど、どたらい?」

「あ、じゃあ行ってあげたも浮しないでよー?

「あは^^当たりでしょ。分かった、じあ行くるー」


楽しそな声で亜は話ていた

切る退、男からール

「雰囲気良かっで誘ゃいました。みにメルアドレストです」

正直ショックを受けた。初め退みた彼女の姿のよう気がた。


軒目店に入ってから間後、 そろそろ日は帰りますと連絡あった

は亜紀に電話をし、迎えった。

から明日詳細ご絡しとメールが届いていた


日はごめんね、手してくれてありがとね」

「ううん、いいよ、仕事大丈た?」

「う、。それり伊藤さんとメアドとか聞かんじゃないのー?」

ないー^^すいいだったよ」


嘘をれたことにまたショックを受けた。ますます本性を知りたいと思った。


次の男からメールいた。

「昨日はありがとうござした

率直申しすと、寛人んがっしゃる時はないコだろうなとい象を持っておりましたが二人きりになっらはかすると・・という思いが芽生ました。

今後メールを使ってアプローチを掛けていきいます

いこんな内容だった。




亜紀にメールした。

「昨日は あがとうございま。す楽しかったです宿またお二人にお会いした


「こちらそ すく楽しかです^^寛人がい残念でしたねた楽しみにてい


送メーを受け取りがら心臓がバククしていた・・・


らは寛人ん居なくても楽したです亜紀ちんす可愛いですし^^何て ってたら寛人くんに怒らちゃいますね(


ー、かいでさいよー。も楽しいって思っくれて嬉いです」


「からかってなん婿ですよ。本に楽しかったです。いうと二人でまた会ですよ」


ありがとうごいます思ってて嬉しいです


亜紀はんな思この男とメールしのだろうか。



こんなじのやりとりをして、僕にとって運命の日が訪れた 

 という誘紀はのなかったので、まで会うことにして少々強引かと思ったが、僕がドンをるこにし計画を行した。

紀は また不うなったけどKしれた

この時 亜紀どん気持ちだったろうが行なく思っていたのだろうか。


男は紀と1軒飲んだ後、宿泊しいるホテルに誘ういう計画を立てていということだた。

テルに乗り込まれるのはルール違いということでルの場所は教えられなかった。


た夜0時合わ人はに行

自分は近くの駐に車を止連絡た。


間後、男から連あった。

彼女さん本すね。今のところ5といところでしょ

大丈夫大丈言い聞かいた


に1時間後、男から連があっ

「そろそろテルに誘いますので、今日は完に来れないことを彼女さ伝えて頂けすか?」


は変な汗をかきら亜紀にルした。

「ごめん簿、今日はもう行けそうにないや伊藤さのこ と任せごめんね。そろそ帰るとかな?」


後返信がき

「うん、分かった。そろそろ帰るよー、じまた明日連るね」


とした。テルへのは断たんだと思を撫で下ろ

かしの直後、男かール愕然とした。


「彼女さがホテいをOました。

のお約束、この先拒まなは最後まさせて頂きま

部屋入ってからは出しまが、時が空場合あり ご容い」


っ白になり験したこと無いくらい心がバクバクしていた。

し微かな希望をててはいなかった。

亜紀がそんなこるはずがい、自分を裏切るはがな。亜は ただに行けなんだ


、いたってもいらず亜に電を掛けた。

しばらく呼び出し音がったあよう紀が電話

「もしもし、どうしのー?」

いつもの優しい亜紀た。

「いや、もう帰ってるとこ?電車間合った?」

「うん夫。もう近くだよー。うしてー?

「無事帰れたかなって心配

大丈夫よ、ありがと。もうからいで^」

「そっか、分。じやすみ」

はいおやみなさい」


テルへ男と向ていなんてじられない亜の声だった。いつ何にも優しい大好きな亜紀だった。


真っ暗な車の中でどれくらい待っ・・

紀に電話を掛けも呼西び出し音が鳴るだけで出るは無かた。

ルをても信は無かた。


直後に男らメール受信。

「今から部屋入りす。悟しておいて下さセッ合は少間空きので待っていてさいね」

心臓飛び出うだっ


ルから約50分、先ほまでの態度とは少し違電話掛けてきた。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 異常シチュ, 浮気・不倫, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様