2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

それなんてエロゲ?





377 名前:課長…。lWwXhOX8D6 投稿日:2007/01/23(火) 00:10:00 ID:NgtoOlDV0
タクーの忘年会の帰途についてた。

時間は夜10時、普段はタクシーなど使 電車る時間だ。

会とはい、歩けないほだ訳では


めない ほぼしらふだ

自分の側を見ると、女性が寄りかかっぐったりとしている

30の事…

長!舞ちゃんがちょっと…同じ方すよね?

舞ちは先月か同じ課で働いて19女の子だ

みすぎたのかフラフ


話し掛け同僚の 高橋 は酔っ湿し付て自は二次会ラオに行そうった

〜わったかった。ちゃんと送よ」

「課長!変しちゃメですよ〜」

しねー!」(ったらお前が送れつーの)

しかしその子に寄りかかられて帰るのない

自分は29歳。最年少で課長になっまっめ、やっかみたいだがそ分, 部は人があみたいだ。囲気でそう感るだが。

より彼女は寄りかかるけでは、右を俺の太ももの上いている。そ置が微妙なのだ

小指と薬指がコートの上からでが ちょっってる。股に。

かし、まもなく到着しそだったので彼女を揺りした

舞ちゃ舞ちゃん、そろそろじゃない

「……ん…」

を上たが ぼけーっとして。こがどこだかわからないよ

っ…あこのコンの前…」

「運手さいません。あそこのコ前で」(おいおい。めちゃくちゃ沿所じゃねーか)

を降りると彼女はフラ沿フラしなが歩き出た。

なんー)

危なっかいのでの腰に手を回して支えた。

端からみたら恋のだか。

そんな事をら彼女が体を寄せてき貿て民の壁けられ

おいおい、大か?

んー…丈夫ですよ全然〜」

う見婿も大夫じゃないだろう」

「課長は〜そうやってみんに優しすよねぇ〜

の子何が言いた?どうも酔っ払いの相手はだ。

かも〜なんールですよねぇ〜」

「そうその話は今度ゆくり聞く貿ず家帰ろう」

はーい

彼女の誘導で家に行の家位でうな距だった。驚いたな……

アパートの1に彼部屋はありラしながらなんとかたり着便

何とか鍵を開け、一人暮らの彼女の屋の関に入った。

「じあ俺はここで」

帰ろ湿うとが、そのまま部屋にかって彼とした

慌てて彼腰に手を回して支えとしたがまま2人で倒れてしまった。

その際に床に頭軽く打ってしまった。(あたた…)

気を失ほどではないが少しぼーっとしてしまった。

「課長大丈夫ですか〜」

少し間の抜けた声湿が訊てく

ん〜

が左の頬に手を添た。

ほんのり暖かくて気持ちが良い。

驚いたこに彼がそまま唇を重ねてきた

(……

を割って舌が入って。応ように舌を差し出すと拗にてくる。

女の指先が耳

「うぅ……」

たまらず息を漏ら、彼女湿ま跨ぐよう形で乗っかってきた

に這わしてくる

綿……

長って感じすいすね〜フフ」

、かってか〜?

かしさと動揺から気が動婿してまった。

「だ調は もうこんなにです〜」

彼女がたまま軽く腰を前後に振った。

跨っている為カーり上がっているストッキングに包まれた下着も露わになっている

社で彼女らは到底想像できない光景だった。


露わになってる彼女下着の部は固くなった分身ったりとそのは太もの部分とはう熱

彼女が乗っったま顔の両脇に手ついてじって見る。酔っているのか欲情しているのかわからないが目つき変だ。

少しーブがかっ当たて少ったし 何良いおい

「困ってる課かわい〜」

う〜る…。あまり会社内部のとは尿よう便避けたい。

「少し飲みすんじないか…?

障りのを言ってる。

「酔ない

(いやっ酔っ

「課長意悪だからもっと困らせちゃおうか

そういっは固くな股間にばしてきたを確かめうに握った、裏筋の部を指で引っ掻くように刺激をてきた

「おわっ…

気持ちいい

「きっ…持ち…

彼女ずらして股形になった。

そした両手を使って包むうに撫る。

そして指ついにクにびてきた。

「ちょ…おま……」

制止うとしたが、構わ下げられた

のまま指が入ってきてペニスが張り出れてしまった。

すご〜

そそりったペニスを間で見つめてい。吐息がかか、熱く感じ。(どうにでなれ…)

彼女チラリとちらを見あと、パクリとくわ簿てしまった

「んぅ……」

快感る。口の中に含みながらも舌を巧みに絡めてくる。そて深いストロークで奥までくわえ尿む。

「課長のいひ〜」

口に含みながらしゃている。振いい

しばらしゃ口をして太ものあたりに頭を に乗せてした。

て静かな寝息が聞こえる

(はぁ…?ね寝たのか…?)

相変わらず静かなが聞こえる

まじかよいお湿い…まっいっ…)

かし このの体制では彼女が目覚めたときに変扱いされうだろう

ろうし



りあえペニスをしまった。

さてどうするかな…)

体をずらし、立ち

靴を脱いで部屋に入り、辺りを見回

ベッドけたが、運ぶのは変そうだ

頑張ってるか…

の靴を脱がしートに手をた。

ートのには黒色のミイトカートと白色の毛ーターをいた

胸の膨らみが気になる。

構でかいんだなぁ…

セーを着ているせいか胸の曲線が眩し

そのままコートをがして寿いうお姫様っこた。

「ん……っ……」

体を大く動かし起きかと思ったがのま

体がらんとしいるので意外にる。

なんッドまで運に毛掛けた

(今日はのまま帰ろう

なところ紳士ぶってしまが俺クセだ。

でも寝てる女う気になれない



鍵を見つけてそーっと外にる。

鍵を掛てポストを入た。

姿ょっと勿体ったかな

んな事を考えなら帰途についた。

いっても家についてしが…



いて屋に入った。

引っ越しの片付わっていなため、ボールが幾つか未開封のままいてある

ちょっと頑張ってたマションだったが、同予定の女性とはマンションが出来上がる前にてした。

事が忙すぎがほとんどなかったのが主な原因

そのがあって以、仕事く部下に振るよにしている。もう遅いのだが


ーツ脱いでャワーを浴うとしら携帯の信音がなった。

起きか?早いな…)

携帯見る便ではく、同課の奈美だった

「はいもしもし…」

「課長遅くにすいません。舞ちゃん大丈夫すか〜?

分な。心配ないいじゃな

なくて課心配で…」

は…?」

「舞、課長の事結構好きみたったから…

「責任もってちゃと家で送りました。寝ちゃったからッド運ん布も掛けときまし。これでいい?」

長襲っちゃったりしなかったんですか〜」

側から笑いが聞


うかよ!それよいるのか?

カラケつまらなったから里美と抜け出して来ちゃたんです何処です?」

家だけど

え〜ゃあこれら里美二人で飲み直しに課の家行っていいですか



「はぁ…?別に構わないけどまっ越し片付終わっ

「大丈夫ですよ〜何だっ手伝いましょうか〜?」

「断る…

「きゃはは〜じゃあ後ほ…」


単に場所を説明し電話を切っ

さて…どうしたものか更片付る気になれいし…とりあえシャびるか…)

てタで体を拭

が来るでパマというわけにはいかないので長のシャツーンズをた。


るとインター鳴った。

オートロックのエントラスを錠し、二人をれた。

くすンターホンアを開け奈美と里美が入ってき

んは〜おじゃましま〜尿

「結構素敵マンショですね〜

がとう」

「課長の服初めて見結構若いじゃないですか」

「失礼な。これでもギリ20代だぞ

ですよね〜でもんかリしてる」

待ってる間にー浴びちゃったんだよ」

「私も風呂入りた〜。里美は?」

いね〜


奈美里美は共に25歳で、同期ということもあ仲が尿良い。

「まじで…あお湯をためるかと待って」

しばらのなしているとお湯たまった。

「里美〜お風呂広いよ〜に入る〜?

〜入ろ入ろ!」

の家るな風呂かよ…」

長何がしたー?

「いやー何でもな。どうごゆっくオルはその辺のを手に使て」

絶対いまこえてた…)

「は〜い!

かし女の子が二人もいると家華やかだなぁ二人だら警戒もしないで呂なんか入便ろうけ…まぁ寿っか)

ソファーに横にて そ事を考えている、つウトとしてまった。

「課長〜!」

頬に冷れて、びくっとし。バスルをいた里美が缶ビー持っていた

カゼひきすよー」

お前なつう格…」

良くると奈も同じ格好をしてい

「だって一度脱だのるの気持ち悪いゃな〜」

「確寿に…そう使

か着る服ないです

「女のはな〜」

ゃあ課長のシャツ貸してさいよ〜男の人ってそう貿うの好きよね」

まぁ…そりゃぁ……でもなずいだろ…」

い!

意見に里美も同した

ここに掛ってを御自由にどうぞ

「パンツどうしよう…

里美がっとしたよに言た。

「さで買っれば良かぇ〜

すると二人こっちを見ている…

「えっ…?」

「すいませ〜ん

かハモってる。

じ……?勘弁しよ…

「………」

「わよ…

むをず買いに行くした。

「他にものい?

「さっ全部っちゃったんで〜

「でよね……れでとなしく行ってきます

ピンクがいい

奈美を上る。

「殺すゾ」

「きゃー怖ーい。課長張れ〜」

マンを出てトボトと歩出しニに確かにパンツがっていた。

とピンクがあった。ふーか夜中に女性ツを事になろうとは…

ピンクのパンツを一つずつ手に取り、カゴに入れた。

ペッボトルのジュとお茶を何本かカゴ入れ

だか初めてレタルオ店でAVを借りたような懐い気分にな…。

レジ行くと店員は性だ。(まじよ…

ジの女性は事務的に処理してくたが、パンツ2枚をわざわざ別に紙袋に入れれたには

が利いてるんだか利いていないんだか



なんとか難題をク、マンシンにった。

ていたが一応インターホンを押してドアをあ


「お帰りさいませ御主人さま〜」

二人が出迎えてくれた。

「ただいま。そんなのどこで覚えた…湿ホントにえらどうもりだ?

今テビでやってまし〜ほ

に答えなさ!またく…

確かくとそんな特集やってる。

Yシツを着た。ょって意外愛い。

ツの下のナマ妙にっくキドキしてし

うか今は二人はノーンか


ほらっってき

ありうござい

あっピンクるーっ。課長らグッジョブ!」

はぁ…

でも課長がパンてる見たかったなぁ〜

奈美がニヤニしてこっちを見てる

二度買わねぇよ…それより落ち着かないかく履いてなっ

「は〜い」

二人て奥ったのでしばらく待った。

(しかし今日は何なんだ?一体どうしろって言う…意味わん…)

「履たかー

〜い」

屋に入るとテーブに缶ビール飲んでいようだった

「すいま。ちょっ寒かっんで暖れちゃいました」

たニヤニヤてい

かったれば?

わーいじわ〜この格好嫌いですか〜

嫌いない…」

「素しょうよ!

美にンと肩を叩かれた

「さっ課長も座って座て。はトコトン飲みしょ



三人でテーつい飲みしたに里美、に奈美が座った。

二人と元が結構開いている。

のさっ。少しボタい?が良ぎてさ」

二人笑い出した。

横の奈をのばして太ももを軽く叩

すよ〜誰もないし



「大丈夫、大丈夫」

大丈夫んだよ…全くそういうおな…

えっ…そういうお店行くんです…?」

かね

そう言いながも里美がビールすめてる。

ールはあまり好きでは飲まにはいらョンだ

ると美が太ももをンズの上から撫でてきた。

それよりなんーンズか履いてんですか〜毎晩ーンズで寝てるんで殿すか〜?」

いやんなわけないだ客さん来るからだよ」婿

「え…お客さんって私たち?なんか かたっくるしいから着替えて下よ〜」

着替るってってもぁ…じでいいか?

「パャマいいー

され、隣のでパジャに着替えた。

「いいね〜

またニヤニヤしてる。

何がんだよ

ると里に舞ゃんのこ聞いきた。

「ホントに何なかんですか。ベッドに運ときちっと触っちゃったりとか…ホントたんじゃないんですか?んな事とか…こ事とか…フフフ

触んいよ…

そういう二人がニヤニヤしながらいの眼差しで見ている。

「わかったホントの事言よ…悪いんじ調から

そういうとさきの事の一を話

えーっ…

二人とも一瞬句した すぐに聞いきた

「課そこまでされて何もしなかったんですか?

ん…

我慢しましたねぇ

「男人ってそいう時 我慢できなじゃいんですか〜?

からあんまり刺激を与えないれよ

そういって奈をチラッと見ると、大きくあい元かかな膨らがのぞいた。

気のいか膨らみの先端の少し色が変わったところまで見えうな沿気がした

てて目を逸らし方にっている里美を見るとYシツの前の部分が透ている。(もうがクラクラする…)

の回想と今のシチュエーンでニスになぎってくるのがわか

「もうになっちゃったよ」

一同大った

しかしおまえら なんつー格好してよ。たく人がおとなてるからて」

はい騒がい〜ンギンなったのは、舞ちゃ事を思たからですかれとも今目の前にい二人素敵らですか

もちの前にいっしる二が素敵だからでございま

しい!

ういう奈美が俺のをむぎゅ

おわっ…

そしャマとパツの隙間からペニスを出し、亀頭を手のひらで包んでしまった。

「おぉ

思わを委ねてしまっ、ふった。

おまえ、それはまずい…」

大丈ですよ〜美、課長のスゴいよ。フフフ」

手招ている。する里美ーブ下をのぞき込んだ

殿すごい光景。なんエロい…」


はパマのンとパンツをずらしてしまい、下半身を露出状態だ

亀頭を包んでらは陰茎添えれ、っくりと上り返している。

貿て時折 玉袋を優しく揉みだく。

の光景を里美が下ている。

ただけでも興奮してくる。


奮してきたのか、そのままーブルの下に潜り込み、かな離で観察しているようだ

による刺激他に熱息がるように感じた。



しばらくすると奈美がこちら側に体を預けてき

手をて抱き寄せ、を重ねた。

美も俺の背中に手を回しきた。

のままおいの唇をりあっと、美のペニスにのてきた

一瞬びっとした抱き合ってい西た。

稿が今度はペニスを這わせてた。

しばらく舌先チロチロと玉袋後、一頭を唇で包み込んだ

「んんっ……」

思わずしてしまたた、奈美が唇を離して下部に目をや

湿瞬口元にみをかべ、俺の手を取り自分の乳


のでかい感触がモロに伝ってくる。先の固く尖った分も手らの中に感じる事ができ

右の乳房を堪能なが胸のを外して生乳を露出させた。


Cカップカップはあそうな乳房を下かち上げるようにしな指で乳首を激するって悶えた

が喘ぎ声をと、里美のペの刺激が強くる。抗意識でもあるだろ

さっ おあだったから、も精感み上。(や……やばい……

「ベッドにいこうか…」

り直度いい

のままではったいないなってしまう。と里美はゆくりと立ち上がた。

く間、二人両側からったりと体を寄せてき

ベッドルームに着くと二人共Yャツを脱いッドに潜り込


俺も裸にり二人の間滑り込ませた。

ルベッドので狭くはあ苦しくはなかった。

むしろ密着感て、心地よかった

に腕をし肩のあたに二頭を感じた。

なんかすごく幸せな気なんど…それに温かいし…」

本気でう思そら人生で一度あるかないの事ろう。

「もっと幸せにましょう……」

にいた里美が首舌をてきた。

その西両頬を両のひらでんだあと、唇てきたて舌が挿入してきた。

奈美はという左の舌をに優く、時に舌全体を使っ愛撫してくる。。こんな事ってあるのか…)

奈美手がペニスれた。そしと優しく撫でる。完全に起し確認ると ゆっと扱き

その間もめ続ているま下降りき、ペニスを口に含んだ。

「おぉぉぉ……

唇を締めけてくる。

そして唾液を尿んだんにまぶし、快感を与えてる。

美が我慢出くなっ、自分の乳房を手で掴んで俺の口元へ持ってきた。それをに含んでやる息のような声漏れた。

手が里美尿下着に触れたの股の部分を触っ湿てみた驚いたことにさっき履いの下着がビショビショなった。

(濡れやすいのか…れともンビニ下着は薄いか…?)

を下の中に入に陰に触れた。答えは両方だった。


着は確かいが、濡れ方ここまで濡れてくとうれしいだ。リトリスに触れた。

「あっ………」

軽く仰け反あと頭を強くしめら

クリトリスへの刺激を続けると、その下のからの液体こんこ出て

その泉中心中指を持っていきっくりと挿入した。

「あぁ…っ

の頭をきしめに力が入。胸膨らみ埋もれ窒息そうだ。まぁそれも悪くない。

のまま指を出し入していると、どかしのか下着を自いでしまった。


指をれすびに柔らかならが指に絡みた。

あ〜ん……課長の…指…気持ちいい…

漏らす。

「あ〜ん…里ずるい」

奈美がペニスから口を離し、着を脱い俺のった。

らの熱い場所へ導い

奈美のそこも かなり濡れており、ヌルヌルにてい

もすごな…)

クリリスが ぷとやめだが、ビラはそれ宿大きくなか

(女もいろいろんだな…

ヌルた粘液掬い上げ奈美のそのぷりったクスに塗りつけた

「ふぁぁん…

声だ

かし両側から声が聞えるというのにたらな…。こればっかりは経験てみいとわからないう。

クリトリスを触っ指をさらに奥に忍せ、溢れる泉へ挿入した

「は……気持ち…い…

二人抱きかれな使し、愛撫に頭した。



たまらくなってきか上にずり上がってきた。ちょうど こちら変な制で指先を動かしていた指がつりった。

元まってきて膝をついた。丸見えである。

美の陰毛は割れ目にそ外に向かっえており、あまり濃くはなかった。

「私のも舐…」

が顔跨ごうとしので、里は体をずらに移動

して軽くし

「わぁ…おつゆがいぱい

そういう美はペニス口に含ん

ぅ……」

思わず声が出る。


と奈が顔跨いでの顔れた部を押し付けてきた。

を大く使って陰部全ひとめした。

っ…ぁぁん」

美が腰をくねらしたので、ヒップを両押さえリトリ大き舐めた。

に舌で小刻みに刺激する。

「なっ…あっ……だめ〜…ぁぁ…

美はり気持良さそう


すると今美が下半身に跨きた

ペニスは上を向いるというか自分のきそうなほどに反り

こに里美が陰すりつけてきた。熱く濡れた筋を往復する

ーっ…気持ちい

敏感な所への刺激に興奮か高まってきた。しかし目前には奈美の陰部

感を紛らすためにもでむゃぶりついた奈美も声をげる


すると貿ペニスに添えてゆっ腰を沈めて

ニスの先膣口に触、そのままずと奥まで挿入された。

里美2、3を上, 抜便たびに亀頭のリが捲げられるうな快感にそわれ

こ…これは気持ちいい……

「あーっ…ちいい…」里美が声を上げる。

〜里る〜…」ながら言った

を損ねると面倒なので里美調の奉に力 を入れる。

でヒッしりと押さ手でクリスの上の皮を持ち簿上げた

して舌先を小刻みにしく動かした。

いやぁん…ん…はぁ……あぁ…」

美が悶だした。

は腰のきを上下から前後に変え、擦りけるよう動かしている。

かなりだが、奈美への愛撫に集してべくした。

断すと簡退にイされてしそうだ

あん…あん…はぁ…はぁん…

「あぁん…はぁ…あぁぁ…」

二人の喘声がこだまする。

奈美の陰ヌルヌルしたどんどん溢れてきた。

プを押さえていた右手を離し、ヌルヌルした膣口へ近づけた。

そして中指をりと挿入す

「はぁぁぁ……ん…

なりれているのこちらも狭く、入れ抵抗がある。しかし多量の姿液のおかげで滑りは良い。

か出し入れすると自分の下身の状態とリンクし奮が高った。

(まずい…)

不覚イキそうになた。するとタイミング良くが腰げた

「私も欲し便

腰をグインド動き止め、ゆを上げ、ペニスを引きいた。(…危った…)


しかし、すぐ奈美が後ろペニス膣口にあてが

そし里美と同じようにくりと腰をめてきた。

中馴染ませため多上下した頭に激が集中してそれ気持ち良いそのいく…。

「ああぁ…奥まで…くるぁぁぁん……

美がのけるようにして擦りつけ。(…こちらもまた……

すると里美が俺の頭を両腕包むよう抱きしてきた

そしを重ねてくる。遠慮なくが侵入液を送りんでくる

その唾液て受止めみ干した。



何がなんだかわからなってきた。

抱き締めいつも濃厚口づされ、下身はまもなく至福のを迎えよとし

気が遠くなって考回路が働かななってきた。(もう騙ていようめられてうがいや

だもってこの状が理解できないが、考えるのをやめ


奈美の声余裕なってきた

絶頂がいのだろう、腰の動きがはくなってた。

「ん…んぁ…んんんん…は…は…ぁぁぁ綿……

が先に果てよう。俺

「うぅ

それを美が悟っのか奈美が崩れけたすぐった

舌全体を使く扱てる。

「うぉぉっ……

まま里の口内にあったけの憤りをまけ

これほどの快感は久し無い。い初めてかもいと思った。

里美はしばらく搾り取ようにペニスを続けた。


ばらく横たわっていた、疲果てて重い…。里ィッシュを使拭いてようだが、体が言ことをき

心地倦怠感の中、そのま三添うよてし



朝、目をますとの女性が両ドに眠てい。その状態を認識するのに少しがかかまった

て昨夜の事を思出すすぐてしまった。

(若いな…俺…)

立ちもあるが…

二人まだ眠っているが目覚めたは どいう反をするのう。

酔っ何も覚えてないなんてわれたら最悪だ

この状態も悪くなえずきることにした。ベッドを降りる時に美にぶつてしまっ

退………」

が寝ぼけながらも目を覚してしまった。

「おはよう…」

疑の顔声をかけてみ

奈美し辺りを見回してらにこり笑った。

おはようございます。そうだゃったんですよね〜

奈美の反応に ほっとし

何にも覚てな言われたら困ってしまう

「シワー浴びる?」

「あっ、はい

で裸ままバスルームに向かった。

から元気でね。フフフ」

そういえば勃起したままった

のことったのに気にはしかっが少し恥ずかあった

か、朝立ちだよ。ってだろ?」

「奈美ウブだからわかんな〜い」

コロス」

きゃはは」

途中レにったので少しはった

二人でシーを浴びながら簡単にボディーソープ付けて洗いあっ

奈美がみれの両手で玉洗いがらペを擦ってきたので, 気持ちくなた。

まらてきので、両手でを泡だけにして触まくった

ばいよ…気持ち良くなてきよ…」

「フフ…く固いです稿よ…

「も〜、お前擦りすぎだよ

シャワ互いの体を流沿奈美の腰を掴んで後きにさ

, 腰を少、勃起したペにあてがった

え…

美は少し驚いたよ草をしたが、ーズかもしい。

ヒップを突き出てく

そして そのまからペニスを突き刺した。

れていようで すんなり入った

「あぐっぅ……」

奈美が少し仰け反っ々しあげる。

構わを振り続け、何度も打つけた。

あぁ……ぁぁん…はぁぁ…

の胸手をのばすと一段と声が大きくなり、俺のに手をえてる。

しばらくいるとイキそうにってきたのでさらにはやく腰を打けた

そしてニス気に引き抜き、奈美ップにをぶまけた。

「ふぅ…

「課長も積極的になってきましたね。綿フフ…でも気った…」

「ま

これかうなるか心配ではあるが今のところ欲望が勝てしまっいる

1回も2回もやてしまったら同じだ…

付きう事としてもそはそわない思った。

しどだ…?ぁななるだろ)



「課朝ごします

う〜ん。悪何もなコンビにで買いにってくる

「そも一行きますよ

「おぉ、ありがとう。里美はどする?

「まだ寝てるだろうかきまし

「ま起こすのも悪いし。ははは」

話をしてバスタルで体を拭


「下する便

「はっ…!ど

「やっぱり一人で行くるよ」

「うん…寒いけど大丈夫です

「大って…えっ

「大丈夫です!」

ノーパン?まじっ?カゼひく

「大丈夫です。ちょっらい」

「俺トランクはくか?ははっ

はははっ…面白そど今は遠慮きます

ホンに大丈夫?」

「は

。わったよあ洗濯していく

「そうですね



まず彼の下着を洗濯に入た。

ベッドルームに行くと里美睡中だっ

に自分の分を入した

「俺の宿も一緒に洗っていい?」

夫ですよ〜なんでそ事聞くんすか〜?」

「いや気にる人まにはいるみから

「大丈夫ですよ〜」

彼女は昨日着いたを着て。化をしていないので若干違和あった。



美と二人で家を出てコンビニへ向かう。

「奈美ちゃんさ〜 すっぴんでも かわいいね」

えっ…どんですか、り…」

化粧してるときは きれいんだかわい系ってじだね」

も〜てても何もでませんよ〜」

「いや〜たくさんたんで

「きはは確かにそ

う言いなが頬に軽くキスをしてきた


綿お〜…なんこういうのいいね」

なんだら会社てあしょうか?」

、忙くて頭がクしそうな時といね…なんリセットされそうで」

「そんなとホしちゃ!」

「は調っ…まりが引ちゃうきっと」


で笑歩いつのにか手を繋いでいた

なんかこういうのいいな…久しく感じてないなな空気…)

そうしてコンビニに簡単ドイチやサラダをった。

コンビニ店員昨日の人ではなかったもっ居たとしとも, むは覚えていないだろう…。


帰り道も繋いで帰った。

「寒くい?身…

きゃ大丈夫です。でょっといかな。めてもらおうぁ〜」

?どんな風に?

冗談すよ〜でもいいかも。そうね〜やっり摩擦熱一番ですよね

言ってんだ〜。まったく。でもノーパなんだよな想像するとするかも

「わ〜課エロい〜」

「お前か振ってきたんだろうに

ゃはははは」



そん話をしていたらマンションにいた。

レベーターに乗って最上した

えっの家って…」

美が戸惑ったうなをし

俺が振ニヤっとするし口が緩だ。



階につて階段室へ

こから屋へ向かう階段がある。普段はだれも来ない

しての朝だ。人が来る可は極めて低

コンビニを置いて抱きしめて唇を重ねた。

奈美も すぐに舌絡めた。

そのままコの下のスカーの中手を入れるすぐに陰部れた。

指をそのま進めると、そこ帯びおり滑らかな液れていた。

あれ…?」

あんな話するからですよ…」

「これじゃぁ暖める必要ないじゃん。むし俺の指が暖いよ

「もぅ〜課長〜」

ましゃがんスカート捲ったいきなり目に飛び込んで来た。れはこれで興奮ものだ。

そのまま顔を近づ濡れ大陰唇をひ舐めした

「きゃぁ

に両手の指を使クリスを露せ、舌先何度か復させ

奈美の腰下がってくる

「あぁぁ…ぁ

を我慢しているようだ少しれてしまってい


しば舐めていると奈美が俺の頭を両手軽く押さえてきた。

そのままして4〜5分くらい舐め続けだろうか。頭

もう寒く すか…?さん…フ

いながら立ちった。

奈美の目はり、えるのに時った

しばらいて離れなかった。

「は…。課舌っ…いすね…」

「あがとさぁ帰ろうか」

は…い」


奈美きが鈍くなっていた。

エレベーーに乗って自階に降り屋に向った。

アをそーっけた

リビングにコンビニの荷物を置いてベッルーム入っていた。

里美はまだ寝てい姿干乱れてい乳房が片方出している

(おぉ…)

興奮見てると、奈が股間を ぎゅっと握ってきた。見るとている

まぁ寝込みう趣味は無ので そっとしておた。

リビグに戻って買ってきたを簡単に皿に移し、お湯をかしてコーヒーを入れ

どうようか…寝てるね

〜…私起こしてきま婿

なやんでいたが寝室便へ向かった。



しばると、里は昨日の夜着てたャツだけを着現れた。

「おふぅぁようごじゃます…」

だ脳みその半くらは眠ているよう感じ

すいません…私寝起き悪いん…」

「それだったらシャー浴びてきたら?ッパリす

「そうしす…」

うやら俺のにいう違和ないよう

里美がシャワーを、しばらく奈美とテレビをいた。

「課長、今日どうします?」

「俺予定ないけど」

「私もないんですよね〜どっか行

「そうだせゴロゴロするくらいしかやることないし」

「それは寂しいですよ〜」

「そんな事いわれてなぁ…

ブで行き!」

「いいね〜



私、里聞いてき

「よろ

美はルー駈けていき、ぐにてきた。

里美もOKです。私、意だから運転しますよ〜」

「それは助かよ」

くすると里美がバスームから出てきた

こ行きまどこ行きます?

「なんかさっき全然ンショうな

陰様でサッパリ頂きまし沿

そううと里美はぺこりと頭をげた


「でもどか…」

「私、横浜たい。中華街で美味し〜ベイブリッジて〜そら〜

湿なんだか楽しそうだ。

それいい!」


里美も気に入ったようだ

「おまえら これから朝ごんな もう昼ごはんかよ〜」

ははっ」

食を食べた後、着替えと化粧がすんだよのでを出て駐車場向か

奈美渡して運転をお願いし。奈美転席、里美が席、後に自分が座った。

の疲と朝もてしまったで、車に乗に睡魔に襲れて眠ってしまっ

らい のだろう性の笑い声にました。奈美と里美笑いなら話している

声がもう一つある

(ん

隣にいる。よく見と、のある顔


長、すん。うるさかったでか?…あっ…おはようごます」

舞ちった

んで〜つのに?…っ…おはよう

里美が助手から こちらをいた

ちゃんに電話しら、暇だし課長に昨日の続き…じてお詫びがしたいそで」

お詫びとかはいいよ…

じゃ使きですか〜

里美がニヤニる。

「そうじゃなくて

舞ちゃ、気にしなくていいらね。本。お便さんたちに比べたら…」

奈美がミラー越しに話し掛る。

ですね

ちゃんはしているようだ。

「おまえっ話したのっ!

「もちろん昨夜のから何ま…フフ」

ういうと奈美がミラーにニヤっと

いおいっと思っが、朝の事は話していなでほっとし

それからね〜っ。長っら朝もねお風呂と外ねぇ〜」

おーーーーーーいっ!」

「えっ奈美!何それ!

里美に追求さ、奈美は全てを話した。

わー。課長エローい」

「いやいやいや…」

まりにもバツが悪すぎるにかなりかしい。

穴があったら入れじゃて入りたい気


ゃんまでニヤしてこっちる。

舞ちんはミニのフアスカいており、ストッング上までのも

はどちらもおな

はこ服装がまらなく好た。

今日のゃんの格好愛いよね〜


が見透かたようにてきた

課長はですか〜舞ちゃんの今日の服

結構うかたまんない」

「本当ですか〜嬉しいす」

舞ちんもニコている

にこの辺が可愛いね〜」

そう言いがら里美が助手席から手をのばしてスカートをペラッと捲

ゃっ…」

っ…

着までは見なかったももり見えた

「ちょまじでやめれ。んねぇ」

出し綿りだというのに股間が固くなっていくのがわ

なんか楽しそう…」

ベルトを外して後部座席に来た。

割と大きめのワンボックスカーなので自由に行き来できる

里美窓際に、舞ちゃんをこちらに押た。


再度舞ちんのスカーの裾を持て上捲り上げる

「ち…ちょっと…美さん…」

舞ちゃんは一抵抗をしている目使いでらをチラチラと見

その目なんともい。すると里美舞ちの胸みだした。

舞ちゃんのおっばい弾力がすご〜い」

きゃ宿っ」

驚いちゃんあがった。

その隙に里が舞ちゃんの靴を脱がしてしまった。

は股を体育座うな状態で横にこらを

そして胸は後ろら里美に抱きかかえられるよに揉まれいる

「ちょっ…里美さ…」

ちゃは少抗していたが、ろから里っしりとられていために身動とれない。


んな事より体を開いているため、白の下が丸えだっ

膝上の黒のストッングとのフスカトの間に見える太貿と白い下着は限りく眩、た

「ちょっと見てのたまんだけ

「あ課長興奮しちゃいました〜?

里美がニ寿ヤしている。

誰だてこなの間近で見興奮しちゃう〜」

「じあ課長は見ててくださいなんだら自分でしててもいいで

おいっ!」

いうと里美舞ちゃんのカトソの中手を入れ、着のら胸を揉みだした。

「んん……

舞ちゃう抵抗する事を止めいた

そのままブラジャーのホックを外し生乳を揉み始め

「はぁぅ……

ちゃんはけ反って体を完全に里美に預けてい

がカットソーを捲ったラジャーのから首が見えた。

美の細い指を摘んで

そこを凝、ふと美と目合った

ギラていて欲情だっ


舞ちゃんの胸もが、股間の白いぷっくりした部になった。

良い肉付が興奮を誘う。つ触ってみたた。

ちゃん、気持い?」

美はまだ胸揉み続けている。

は……い……

長にも触って欲しい

う言わと舞はトロンとしたでこちをチッと見湿

「は……い…

もう股間は はちきそう。履いてきたジーンズが完全にモッコしてしる。

「じゃあ私は上お願しますね…フフフ」

う我慢出来なくって体を近付と、舞ちゃり俺首にし唇

「おぉー

里美が驚嘆の声上げる。

奈美も気になるミラチラッとちらをた。


のまま遠慮な舌が入され激絡んできた。唾液姿と送り込まれ、舌先歯茎の裏を舐め

とて簿19のキは思え厚なわいだった



然、股間に快走った。

沿ーンち切んばかり膨らましていたペニスは存在を示するばかり染み出してきた体によって下着をし濡らしていた。

に舞ちゃの細い指がのびたのだ。

ーンズの厚い生しのもどかしさはったよい感だっ


しばジーの上をでてい貿腰のンを外しファスナーを下げた

そしてトンスの侵入してる。少しヒンヤリとした指ニスをにとらえる。

「うぅ……」

思わぬ快感を硬直させてしまった。

ちゃ退んの指は亀頭の先端ルを弄んでい

しかし, やばかではまずい。

ゃんの ぷっくりとした下着の膨らみが触たくしょがないのだ。使

耐えなが先を舞ゃんレースの下着の膨ら先をすすめた。

あぁぁ……ん」

ちゃんッとした。

んわらかく、捉えた中心のくぼみらは下着を湿らる体液が滲いた

を上下動かしてそのくみと下着を馴染ませる。なんともらしい。

そのままくぼから上に滑らせていくと、舞んのピクとした

どうやらクリトリスに当たったうだ。

「ひゃぁぁ……」

さら引っかうに何激を

「そこは……ダメ……です…あぁぁ…

を閉じとするがシート上に上てるのであまり意味がない

い太も黒いストッキンの対比でかなエロチッに感じる。

ぁ…あぁ……んんっ

ぎ声なる。

快感に没頭してペスかを離してしまった。

ちょっとあんた達ずるじゃない!

奈美が信号でまっイミングで後ろをいて話し掛けてきた。

しょうもなあえず奈美の方を見てニヤしてみた。

は頬を膨らましていた、信が変わてしまい発進するしかた。



水を差されしまったが取り直して舞ゃんに手を掛けた。

そのルッと脱がしてった

テカ陰部が露わになる。たまら…。大陰唇までれてテカテカにた。

たまらなくなって俺は思わずこにゃぶりついた

あぁぁっ…んぁぁ……はぁん

テカに光るだけこは ぐちょぐちっており、その露を音を立てズルズルと吸いたてた。

音を立てるたびにビラビラが振動で揺れている。なんと卑猥だ。

を固くてを膣口に差し込み、掻ように舌を出し入した

……ん。い……


里美変わらずちゃんの胸を揉でいる。

んは時折体をピクピクているが、ぐて里に体を預けてい

舌先を上に移動し、クリトリた。

「あっ…んん……いやぁぁぁ……」

舌先を痙攣せるようかくしクリトリスを愛撫る。

たまに舌全体でゆっくりめたまたかく動かす。

舞ちゃんは太ももに力をれて快耐えて

顔が挟まれて苦し、太もものがなんとも気持ちがいい。ちなみ俺はMはないが…。


スを舌で愛綿撫しがら、中指そーっと膣口にっくりした

「んぁぁっ…はぁっ…ぁ………

ちゃんの喘ぎがなり口をパクパクさ体が少し攣した。

ら もうイッてしった

「舞ゃ〜。おい。かしてイッちった?」

里美が後ろからやんわりとがらを掛ける

ちゃは無言でリと頷た。だりとし目を閉じている

ゃあ次は課長持ちよくなきゃ」

里美う言う、舞ちはまたコクリと頷からニスを近


に唇を付けれて舌で掬った。

して亀頭ロとた後、一気に奥含ん

うぉぉ…」

快感してった

「課長可い顔してる〜気〜?

そういうと里美が顔て唇を重ねきた

くりねっとりと舌動かしくる。ペニス唇へ激に、体 の力が抜けいく


ぼーとしると所へっていったやら下駐稿だ。

奥のの薄い場に車は止ま

ょっと〜ひいよ〜」

満げに後部来た。

も仲間に入れてよ〜」殿

車の中、さすに4人は無理があるート下げて、スース確保した。

夢のうなある。社の女の子が3今ここにい

(会の人間にばれたらだな。こりゃ)

そう思うと逆に興奮きた

ゃん動して跪くような形スを舐めている。


左に里美、右には奈美だ

美は隣りに俺の手を取スカー中へ導いた。

下着はすで湿っていてむわっとしたに満ちていた。

無いだろう。だけ運転して後部座席はこんな事にいたのら。

奈美は触りやいように座りながら腰をに出し

のお陰で着をらして直部に触れる事ができた

もう分に濡れており、すっと膣り込

ぁぁぁん…………

まで我慢してい感も大きいようだ

里美というと俺のシャツのボ退ンを外して乳首を弄ってた。沿そして顔を付けて舌を這わきた。

(これはやばな…ちっと気ち良る…

舞ちゃんのェラチオが入快感が高まってくる

する舞ちんがってる俺向かい合で跨てきた。

してゆりと沈め。ペニスが幸せな温もりに包まれていく

(おぉぉぉ……

「んんっ…あはっ…あぁぁん……

や〜ん。舞ちゃん積極的〜」

里美がニヤニヤして冷かしてく


んは腰前後に振り続けてい殿る。

ートにて結部を認する事はない、ねっとペニく感触はてくる。

腰にスカート生地心地良い

なにより俺の肩に手をいて、一乱に腰を振り続ける舞ちゃん喘ぎ声と顔がいい

しばらくると動かすスピードがちてきた。さすが

結構長い時間っていたようにう。感もだろうで息を

「代わろう

「あっ…はい

舞ちゃんが腰を浮かせてニスを抜いた。

天井に気を付けなら立がっところで、腰を掴んでクルッと1度回転さ

て俺も腰をげて後ろから一気にブスリと挿入した。

うぐぅ…ぁぁ…」

天井に気付けながら体をにして腰を振り始めた

スのし入れを繰り返しな胸に手を回し

舞ちんは席と助手の肩の部分を それぞ掴んるので、脇があいる。

そのめ容房を揉むことが

美に弄ばれたので房は敏感になっいた

に指触れると泣くような喘ぎ声を上げさらに膣でペニスを締め付けてきた。

おぉ持ち良な…これはちょっとやばい…)

中をバックかお尻を叩くパンパという音と、結合ら聞えるチャヌチャという音が響いていた。

(そろそイキそう…)

ぉっ……

んな事を考えていた不意を突後ろから手がのて玉を掴またのだ。一きが止ま てしまう。

とさらに手がて、先がニスの根元を刺激してくる。

「おぉぉぉ……」

けな声が出が、たまらない

まりの気持ち良さ舞ちんに覆い被ったままけなくてしった

膝にが入くなてくる。


「課いですか〜?」

里美が調きた。どやら美の業だったうだこの撃はやばい。

おまっちょっと…

指先を動かし、激を与えくる。ペニスの根元辺りを指先でぐりぐりと押てく

「おいっめろって……うぅ……」

い。ちょぐってる長のも凄く固〜

激に応るよに亀頭に力が入る

っ…っ…

ちゃんも喘ぎす。同リトスも弄んいるようだ

「ふ退ぁぁぁ……ん…ぁぁっ……

ちゃんは俺の手力強握り締めてきた。同時に膣もきゅーっとてき(やばい……)

動かすと果てしまいそうだったので奥ま突き刺しまま、ばらくそのままで耐え

達しまったよで、の力稿のがわかる

丁寧ペニスを抜くと、舞ちゃがかばんからティッュを出をついて軽く拭いてくれた。

そのも気けないと果ててしまいそうった。

里美〜邪魔しちゃだめだよがタイミンしちてギンギンなじゃん〜」

ペニスはそり立てはいるが、ちした刺激で爆発った。

奈美と里美線がペニスのになっ亀頭集中す

「すご〜い。なんかエロ〜

奈美が手のばしてくる。

ちょっと待って。キそ

「え〜ちょっ残念

う言いがら奈太もも撫でてくる

「じゃあ勿体いからときましょうか

「え…で…

「まじで……

………」

冗談でよ〜」

そうペニスを口にだ。3度上下させる。

奈美…まじでっ………」

そううと美は亀頭をに含んだまくしごい

うぅっ…

我慢た分、強い快感押し寄せきた

イク瞬間、里美が首に回して顔近付てきた。

課長イク顔わいい〜

ニスのが始り、奈の口へ精が放出さ

その間が至で見つめてる。

表情がた色っぽい識してそういう顔をるようだ


ペニ痙攣がおさり長く感じた精液の放を終えた

している唇を重ねてきた。ゆっりと絡め吸いげる

口を離すと、供をす母のように俺の頭をのところ優しく抱き締めた。

るい感じと優しい温もり、一瞬だけ眠っったようだ


ふと目を覚まと女性の皆さんは身なりもきれいになっており、化粧もバッチリてあた。

間に10も経っていなだっ自分尿半身を見ると申 度にパンツだは履いてあった。

慌ててズボンを履

課長顔かわいかですよ!

ちゃやかさ。みんなてる。

「課長〜お腹すいた〜」

「あぁ…よし行こっていう処だよ?」

華街そばですよ!く行きまし

奈美が手寿を引っ張る

「はいい…」

殿人で車を出て中華街へ向て歩。冬なのに太陽がやと眩しく感じ

んか陽がしいど…」

んか持ちる。

「課長〜不ですね〜」

美がャンプして背中にっかってくる。

「まじ弁…死ぬって…


な感じで楽しく4人で中華街へかった。

のおきれ〜い」

街に入て少歩いた右側れいお店あった。美が気に入ったようなのでそのお店に入る事にした。

卓の個入り、一番奥

何食べる〜

わ〜これ〜」

みんなメニューを見ながら楽しそうにいでいる。

「課長は何精がくものを食てもらいとね

奈美がまたニっちを見ている。

…?」

またいがた。

「じゃあ〜こは俺が おごきな物たのでいいぞ

「ホントですか〜


「じゃありあずビル!

ちゃんが叫ん

婿うだろ寿ら紹酒だろ

笑いがきた。

長!いまよ!ここは、おいお前未年だろ!ですよ

里美がいながら突っ込みの見本を見てくれた

「いやいや、間からビールかよ!ですよ」

奈美が突っ込む。正どうもいいような気もするが…。


課長!突っ込マイすよ〜あっちの込みは上なのに…ねぇ奈美?いや舞に聞うがいいカホカだし

「やだ〜里美ん〜…」

ちゃんは真なって照てる。俺も恥かしいがちょっとオヤジグが…。


結局のでなウロン茶を飲む事に婿

次から次に料理ばれてくる西量だ。

卓をクルクル、各自かりのを食べた。

が気を使るの、小皿にてほとんどの料理はなに配ってくれた

そういう所は気が利いて良いと思った。

結構食ましたね〜デザートに仁豆腐たべましょ

奈美が案した。店員さんを呼で奈美が そのまま注文し

いませ〜ん。杏仁つ」

はい。かしこまりました

そう言うと店から出ていった

俺も食べたかっど…

そういうと奈美がリとた。

「あ〜奈美。なんか企んでしょ〜







>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様