2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

犬と秘密の交尾をした体験談




大学わり、後はを待つばかりで家でゴロしる毎った

両親は共きだから、いま家にいるの

いやトのベスがい

スは2歳になる雄の雑、だたい80cmくらい犬、性優しく、誰にでついてまう。温和な性格だからで飼


は鈍っ体をかそうと、ベ散歩に連れてい姿こうと考た。

トレーとレアスカートに着替えて、ベスの階下て行った

私を見て、ベス尻尾を振て喜び擦寄って来るスは嬉私の顔をペロペロと舐

ら、ベス。おくしなさい…」

するが、スはことなんて聞かない。頭のいい犬だから、こちが本気怒っていことがわかっている。

「やめて…たい…」

しゃみ込スの顔を押さえる。

スはをクンッとさせて匂いをかうに私体に触れてき

すると膝を立てて座る、私のスカートの中に、頭をっ込でき

私は いきなり股を、舐められた

「や…こらぁ…。尿トコ舐めたらダメよォ…」

私の股間の惹かれか…しかしに股間の割れ目と、の周辺をを下着の上から舐めて。下着がベスのと、私の愛液でべとべとになってきた。

ぎゅと唇を噛んで声が漏れないうに我慢

「うん…ふぅぁ…ん

(ああ…気持ちいい…直接められい)

私は、危な い誘惑にかられ、ついに下着を脱いで

スが髪入接股間を舐上げてく

「あぁんっ、はあっ…

外側で、いなり舌がってき

い快抜けて、ゾククとす

がんでいた、興奮していた為、私の割れ目は開いていたのだた。

ああっ…うぁ、ん…

私はお尻まで、身てしまう。

「はあっ…あぁ …んんっ

ペロロ舐られて気持良くなり便顔が上ていく。

愛液とベス涎で、割れ周り毛、おべとされてしまってる。

(凄い、簿なにいいな…)

…あっ…んんっ

ペチペチャ

の長い舌に舐めまわされてる…




スの舌はとても、ざらし間の男違いぎる

は彼氏はいなけど、私処女じゃな

気がくなりそうなは悶た。

「ああッ!っあっ…ぁっ!」

私は声を出さない噛みしめてい限界がいた

いっ… っああああぁ!」

堰をったように声を上沿間…

は飽きてしまっのか舐めるのをや簿めてしまった。

……ベやめない

スは私ののべとべとの股間顔を話すと、私の回ってき

スは私の背後ると、背後らスカを入れきた

フレアースートが捲れお尻が露わにる。

はそのまま後ろかめてれるのかと期を膨た…

なの突然ベしかかってきた。

のしかてきたベスは腰をガンガンと激しく押しつけてくる。

返った私の目に、信じれない光景写っ

ベスの股間から、赤黒いペニスが飛出していた

分は少し尖ていて雁首が無い

さも人間のノよ細く、短く使感じられ

ただのペニス皮に包また感じなのペは表皮をされた臓むき出しのように見え

表面が赤黒く、血管ていた。

それが、股の毛からニョキと飛びしているの

ベスの愛らしさとは、ミスマッチだ。

私は、ベスが何求めているのか一瞬で理解した

(私胎内たい、交尾したいのだ

「ダメ、ダメよ!ベス…や調!」

ベスは私より小さいくせに、力が強い

私は、スにされ四つん這いになってしまっ

ベスがその上覆い被さっる。

私は恥部を舐れた感と沿、ベス犯されよとして怖に身がすくんでしまう。

のしかったベスは激しく凶悪なペニスをけてくる

何度も何度も、割れ目にベスのニスが押けら

ベスは苦茶にを動かているので、入るはずい。

「いやめて…ベス、さい…」

は好きだけど犬と尾すのはない)

一瞬、ベスが膣

スの腰が激さをす。

万一偶然に入れられ奥まで届いてうかもしれ

ようと腰振った…

しかれがいけなかった。

リュリュュ…と、ベのペが私の胎内入ってきた。

あああああぁん

を捩た角、偶てしまったようだ

しているのにまでスムーズに入ってき。ベ舌で舐濡れいたからだう。

は一 度侵入したペニス度と外さないように、いっそう激しく腰を打ちけてる。

「はあああっ、あっ、あぁん

まで経験しともないすご速い動きだ

「ベスやいて…いやっ

私の気持ちではまだ逃げ出したいのペニスが膣壁を擦度に感が増しいくより、快楽勝ってまう…ても正気では尿い。

あぁっ…あぁっ…

私ので、ベスのペニスが膨らんでいく感じする。

き見たとは、人間の男より細ったずな、今は間膨らんでそ越えいる。

あああっ…すごいっすごっくイイのぉ…あああああああっ

四つ這いの体勢を支えるれなくってきた。

私は上体をげ出し、お尻が高く突きげる状態なっていた

私…私、犬SEXして…)

「いいっ、ベ…ももっとぉぉぉ…

スのペニスがの胎内子宮を突いているのがわかる

今まで子宮にペニスが当たるなど経験したこが無い。

今まで感じたことが無い快感私の胎内からこみ上げてく

「あんっ!…あっ!…あっ!あぁっ!ぁん…んん???

ベスの動きが だんん小さくきて、ゆっくりしつけてくる。

何かモノ口をし広て入てこようとしてる…

ん…うぅっ…んんっ!ぅ…ああ

大き無理やり胎内に侵きた。

口が裂けそうなくら貿げられ

「痛い!ベス、いっ!めてっ!!

私は悲鳴てい

しかし、葉の通じスに解さる訳がない



ベス気にその大きな塊を、私の内に押し込んでた。

「ひ!ひあっ!!」

収まってしますご楽になった。

急速に失われるのと同時に度は激し快感が伝わってきた。

胎内にめられた塊が膣口内部で内部壁をグリリッと擦ってくる。

「うあぁ…あぁ…ベス…」

ベスがわずけで感が走

…あっ…

私は大きな塊寿正体をい出した。

犬のペニス根元にあ瘤、陰球だ。

犬は、交尾のときけ落ちうにするめに、根元の瘤み栓のように

によって途中で抜けたり、精が流れ落ちないうにだった。

(…いうことはうしばらくいってこ??…

の動きが慢になった。

ク……ピクピク…攣のようきになった

ベスクピクする度に、を上げる。

「あぁっ!…あっ!…あぁぁぁぁっ!…あぁぁっ!!

然ベスがニスを私の中埋め込んだまま、くるっと向きをかえた。

私の尻と、ベスのお尻がき合った状態になると、ベスのペニスがまた膨らんだ。私の中限界にまで広げいた膣がさ広げれる。

「…のオン○大きくなってるぅぅぅ…」

にまベスのペニスの瘤が、Gスポットを刺激し続けて

(ああっ…こんなの初め犬のン○て…すぎる…)

私はスとつながったま、身動きでくなった。

(ああ…誰てきたらう…も気持ちよすぎる…ああ、どうすれいのぉ)


いに、スは体を大きく震、ビュビ…ビュ…と熱い液体私の胎内に吐出してしま

(あっ…スにに射精されてるぅぅ…ああああっ!)

液は おしっこのように勢よく、何度度も私あた

「うあッ…すごいっぱいくる…ああああ!!

スのニスか精子放たれる度に、私は喘ぎ声をしてう。

続けまに犬の精放たれ、私は涎を垂れ流し、歓喜にえていた。

ベスは私の胎射精してが、全く小くなる様

私の頭の中は真っ白になり、う何も考えられくなった。

内に残る犬スに度、 ピクピク動くペ、何度も何度もカされてしまっていた。

私は永遠に続く快感に気いそうにないた。

…ベスはつながったままき出た。

ああ、ダメ、引っ張で…ベス、やっ!

私の膣内でスのニスがんだ、勢いをいなため瘤がになって抜けない

ベスに逆ら宿膣口裂けてしまいそうにで、私はベスついて動くかなった。

私はスにうしかない、この状態では主従が逆転貿してしまってい

かし、私は屈辱感じことら無くら、何もれなでいた

ベスがピクピクと震え、の射精が始まった。

「ああ……もう腹が持たないぁ…

犬の精子人間の体より高い為、すごく熱く感じられ

私の膣内は、ベニスで拡張され、さに逃無い大量精液で広げられていた。

陰茎球で栓をさ子宮の隅々まで犬の精子はどんどんの胎内に蓄れていく。

4回目の射精。今まで感じたことがない快感が続

安を感じてい

人間の男SEXで満足できのだの快を求めて、ベスから離れらるのではないだろう…と。


涙と涎と、鼻い顔

「あはぁ、ああ…すごい…ベスのオチン○ンで…いっぱい…

全身は痙攣して震てい

「いぱいぱい…熱いのがいっぱいなのぉぉぉ…


初に入さて一時間ほ経過した頃、やっとベスのニスはをはじめ

小さくら、犬液がチョロチョロと流れ出しめる。

ズルズルッ…   

スのペニス私の膣から抜

ブシ────ッ

内からベの透明な精液一気に吐き出され、床に垂れ落た。

それをながら、私の意識は遠のいっ


宿、ベスの全身を舐た。

私はの小さくなったが、まだ突起しているの見つけ

れが稿なに私持ちよくしくれのね…)

私は、グロテスクな形容のベのペニスが愛おしくた…

疲れ果てたを起こすと、ベスのペニスに口を付ける。

して舐め、口に頬張を舐め取る。

分の液…は美しそうに全てを舐取っていった。

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様