2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

愛犬との2度の秘密の交尾




いつ主人を送り出したと、朝食の片付け終えてパソンの前に座りま

メールをチェックしたですが、今日も仕事の依頼は来ていません。

供がたの 事をと思、私はHP作成の下請たいことをしています。

が良った頃 それなりに忙しかったんすが、では月回仕事がまわってくかどうかう感じで


たなく私はつぶしにネットの巡を始まし

ターンはだいい決まっいて、求報や趣味のHPに行ったあと、最後はHな告掲示板にいくんです。

他人のセックス味があるていうりも、欲求不だったというのが正直なとです。


いうができからの夫は淡泊になってまい、そうえ忙しいとか ほとんどかまくれん。

私はまだ32歳で、じゃないんです、やっ寂しすぎます。

いって、浮気すほどの勇いので、HなHPをて気を紛わせていたんで



なある日、いつも行く簿示板で変わった書き込みました。

不倫していとい容なんですが、その人の相手は飼っている犬だとのです。

簡単に、私のよに暇をてあまていて、悪戯から犬とを持ってまったというした。

けに、とのセックスは想像以上の気ち良さで、喋らことないので最高相手だというのです。


投稿を読みえたあと、昔の事を思い出して顔が赤くりました。

という、自分が生だたとき、犬にアを舐させ事があったかです

の頃は興味だけは人一倍あって、セの時に男のてもうのを雑で読んなに持ちいい像を膨寿らませていました。

きませんか、その頃飼ってた犬にを舐めさせてみんで

家に誰もないたんです、すごくずかしかったと、気持ちよくて声を出してしまったことはえていました


洗濯を終食べあと、私はジョッを連れて歩に行きました。

リードを手にいつもの道を歩きながら、Pで読んだ体験談が頭の中をよす。

できるはずって思いがらも、何となく気にな視線がアソコ向いうんす。

意識しないように前を向い変な気分ま散めに切り上げ


・・・」

座っジョシュの脚をなが、股間あたをジッと観察みまし

、人間が見姿わけでもなタマタマがブラブラしていま殿す。

ほら・・・」

ょっとし心から、スカートを上げて足をげてみました。

人間相情すはずいとていたのちょと恥ずかしは思いながらも軽い悪戯て感じです。




たら、ジョッシュは間に鼻面を近づけて退、アソの匂クンクン嗅ぎ始めたんです。


ッと思て足を閉じようする間なく、まま進しきたジョッュにけになってした。

ジョッシいる どうすもで殿きず私はが動転してオロオるだけで

、うそっ身体押さえつるようにしながら、いき使りジョッュが腰始めまし

の間にかペニ大きくなっていて、ショー越しにアソに何度も当たってきま

だめぇっ!!!

思い切て大きなを上げると、ョッシュは驚いたような顔をして離寿きまし

私が急いで起きあがるジョッシュはスを突きだままこちらをと見ます。


「あ・」

めて見たョッ退シュのペニスに、目は釘付けになってしました

充血したよう真っ赤なで、亀頭の部無くて尖った棒たいな形です。

おま、夫ノよりも回りは、長も20センチくありそうです。


「ホントに・・、気持ちいいの

示板でんだ内容を思い出し、身体がカーッと熱くなって心一気しくなりました。

形が少っているといえ、あなに逞しスを見たは初めです。

犬とするなんてとも、頭の中がグルと回の前がボーッってます。

一度と思って私はョー捨て、再仰向けになって足を大きくげま調

っ、や〜・・」

ッシュはすぐにしかかっさっきと同じよに腰しく振っきました

ペニスが股間ちこちにかり、は興奮してどんどん高まっていきます。

犬だというとは分かっていても、こうなってしまめることができまん。

私は, たらなくなっョッシュのニスに手、濡った入り口に導いて綿しまいました。


「ああぁっっ!!!!!」

ジョッシュの太いペニスが膣口を押し、そのまま膣奥までに押入ってきました。

久しぶりの快感に私は我忘れ、犬だというのに愉悦が出ていま


「あふすごい・・」

ッシュは小刻みに腰を振り立、すご勢いペニスを出し入れしてきました

、私が初めての相というともあって、に抜んです。

西はそ度に分の膣内に導きけないよシュの体を引っいました。

ひあっ、っ・沿いいっ!

ジョは、とのセックスでは絶対に味わえない々しさで突いてきます。

結合からはグチュグュとイヤらしい音ま聞こ、何度も背筋電流が走り抜ていきま

私は感じすぎられもない上げ、腰を持稿ち上ョッ射していまし

くはっ・・、ぁ・・はぁ・

腰を持ち上げているのが辛くなって身体を落とすと、ジョのペ膣内からズルッと抜けていきした。

再び目にした浮き出てに太くなったように見えから水のような精液をピュッピュッと噴き出しています


は それを見て何とも言えックを、いり現引き戻されてしました

はいえ犬のニスを受入れその内に射精てしです。

ペニスけ入れれ精されは当の事すが、私は逞しいニスを挿れもらう考えていて、最後になる事はまっいな湿ったん




ててバスルームに飛び込みシャワーで何度もアソコを洗いま

まさ娠なんて思いも、確無くてい気にな

バスルームを私はのまま部屋に飛み、いでパソのスを入ットでを始めまた。

「あ、た・・・

あるトでしい解説見つけ、私は一字句間違えよう目を皿ようしてました

のサイトには沢山の愛好者の書き込み寿、セックスの方から注意点まが事細かに書かれています

「そだ・よかた・・・

妊娠の心配は稿たく稿い事が分り、私はホッ胸をなでしました。

それに、いろろなの書込み読んみると、犬セッスしている女性なりいるみです


私は置き去たジョッシュまない気がし、急い部屋から出てけ下り殿ていきした。

リビべっていたョッシュは足き、ムクと起て私の方に駆け寄ました。

はすでに小さくなっていて、綿先端が少見えるだけで

ッシに抱、体を撫でながらさっきの事りました。

ジョシュ、ようか・・」

ずかしかったんですが私はそう言ってバタオルをとりました

妊娠しないという安心感か、再身体が疼いて欲しくなっていたんです。

、もう一度あのしいペニが入ってくと思うと、それだアソ潤い増していきま


私は自でアソを弄って充に濡ら、用意できたところソファに浅くけました。

いいよ・・・



を見けるように足を思い切りげて、震える声でジョッシュ呼びました

自分からってると思うと、恥ずかして身体の震え止まりまん。

っ・・

っきと同じようにソコ匂いと、ョッシュが身の上に覆い被さてきました

目のュの顔が迫り、にはしいペニスがぶつかてきます。

「あふううぅーーっ!!!」

激しく揺ペニ入り口へと導く、すぐにジョシュノで膣内が満たれまし

ジョッシ すごい勢いで腰をり立て、私をガンとててき

「うっ・・、ごいいっ・・・

突きされるたびペニス先端に当り、太く逞しニスどんんと おかしくなっました。

アソようビショビショになり、ピストンに合わせるよに膣口が収縮り返します。

「あんっ!!

あまの激しにペニスが抜け出し、慌てて腰をジョッシュのモノを膣内に押し込みまた。

の時が永遠続けばいいと思ジョッュのペニはすごい快感を与え続けれます。

をくらせてジョッシュのペニスを貪りながら、犬としてい徳感さらに高まっていきました。

・・出てるぅ〜〜っ!!!」

奥に熱いりを感ると時に、自然に腰グッと持がり

れが女能なのか、精液いところで受け簿としてみたいです

ョッシュも いつのにかピストンめ、腰をイッつけながらドクドクと精液を吐き出します。

「はぅぅ・・、い・・!!

妊娠しない安心感からか、久しぶの中しに腰の震えが止まりません。

犬の精液は本当、それが膣内を満たしてのが分かるんで


ジョッシュ、ましてるの・・・

分くらい経うの、ジョッシュのニスは硬くて大きいままでした。

れに、相射精いてて、内で元気よくクッビクッて跳ねていす。

最初うちジョッシュに悪いと思ってジッとしてたんです犬と繋がっいる自分がだんだん浅ましくえてきて、私はメンって言いならペニス引き抜いてしまいました。

あ・・、すごい・・・」

を起したのと同時に、ジョッシュの液がドプッと流し

ていたよりも多量の精液がアソコから、床にビチャッと落ちて広がってきます。

「・・・

私に感じて こんな精してくれたんだといなら、垂落ちる精液見てしまうと やっり複雑な

が かまってれないとえ、性に負け犬とックしまっです。

、一目はイタズラしたと言いきますが、度目は自分からお願いしったん

しか気持よく便じてしまいましたが、終便あと少しになりました。



日を境にに対するジョッシュの態度変わってしました

妙になれしくなたというか、体をすり寄たり飛びかかるような仕草をするになったんです

私はすぐに、またを求めんだ分かりました。

でも、度してしまたとはいえそんなに簡単に割切るでき

ョッシュがそんな態度を取るたびに、私は当にあしら屋にげ込んでしまいました。


んなことが日くらい続あとペニスをくさせョッシュが私に飛てきま

詰まった様子で足を抱きかえるようにして、辛抱といううに腰を振っきます

さすがョッシュ可哀想になったのと、夫や子供の前でこれをされ思い、私は仕方な相手をしあげることにしたんです

ちょっと・。ジッシュ、待って使!」

服を途中のに、真っ赤なペニスをブらしてジッシュがびついてきまし

当に我慢ないという感、目つきまで変ってしまったように思えます

でも、濡ないのにあスをれられるはずがあ

私はどうしよう考えたあ示板にいてあたこ とを思いしてキッチっていきした

ッシュ、舐めて・・」

とって股間に塗り、便ァに向けなって足を開きました。

に書いてあっとおり、ジョッシュはアソをベロベロと舐め回しきます。

「あっ、あぁっ・・・

いヌルた舌でめら私はに感じて尿まいまし

繊細さはものの、熱な舌がダイナミックに動き回ってます。

んあっ、いっ、いっ!

ジョッシュが舐めるのを止めるたびに、私はすに牛乳を塗って度も舐めいました

アソコにビチッとあたり、秘唇を割って奥の方まで舐め上げてく宿

そんな事を繰り返しいるうちに、私はジッシュのペニスがしくてたまらなくっていま


「い、て・・」

持っ引き寄せる、飛びかかるようにし体の上に乗てきた。

激しを振り立て、きくなったペニ股間いほ尿ってきす。

「んうぅーーーーっ!!!

手を添えて逞しいペニスを入口へと導くと、一気に奥までズブッ入りました。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 女性視点, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様