2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

犬を恋人にしてしまった妻




犬姦と一言で言ってまえば、想しただけで その様な光景が頭に浮かび、興を持たれ方も多い思いす。

して, プライベートもしくは秘グルーで、実際行ってる方も多ではないかとっています。

私どもの場合の世話、そしてその安全性をえた場合 犬姦をする為で々と細かい部分で大変なっぱいました

話が、それを行出来るいうは、興味あったによ限られてしまう思います。

いといいのかどうかかりませんが私はその的な光景を前で見る事が、妻はその興を肢体で味いました。

犬の種類、女性違い等によって細かい所で違いはると思いますが、たれる方々合は殿際「可能」であり、これが何かの参考になばと筆を取あり



今から8年前に家を新た時子供達意向もあて犬を飼おうといになってしい、私うせ大きな秋田犬かどっとし可愛いブルテリアのどちらかを飼いていました。

秋田の方がコ良いと写真を見ます。

もしブルテリ飼うんだっなたで面倒見てね」、自信のなは秋を飼う事に決、雑誌の繁殖している方広告頼って家族で埼玉の方へ譲ってもらいきまし

写真と実物とでは違い余りの大きさに子供はビックリして近けまん。

気の良さそう御主人が「の中で気にったを」と、金網の小屋か生まヶ月あ使仔犬を数匹しました

「ワァワイイ」とぬいの様な犬に供達び、「こまだといいんだけ」と妻は成大きさに困惑している様子でした。

色々と説を聞き来は繁殖るという約束でいただいた血統書付きの犬ったので日本的な本名をていですが、その名は秘密にしておき


称は「ロッした。

しいロッキーを子供達は「可愛とよく遊び、りわけがりよは大なもので、
にベドで寝てしまったて「表で飼いう私の意見かず しばらくいにた程です。

すっかり懐いたロッキーいう間婿きくなり、半年後には30ロを、朝が3km、夜は私がm近く散歩させる様になり、食欲でサイエンドッフードだけでなカルシウ給に製の末も混ぜ、牛乳も水代わりといた感いました。


1年近くすると重が50キロ近くなってしまい、ガレーっていたので、車車場りてそこ置いてました

所の人がうにくさ来る様になって、犬に詳しい人は「これ大変な犬すよ」と心していまた。

こで、こな大きな犬を町中で飼うなら後々だし安全だということで、妻の半年以も離るのいや綿」とい見を振り切り、訓練所へお姿いしした。

練所まで妻にて家族で会した。

とにかく もともと動物は大好きでし



年後ッキーは精悍な姿になって帰てきま

肉がッとのオオか彫刻の様で

その日のは、どうしても家ので一たいというのではロッ一緒にお風入り家の中にいさせた。

ッキーは家の中だと一大きく見え、子供そっちのけで はしゃぎまわる妻より大き見えした。

再び、と私の散はじまりました。

繁殖の御主人が1度てくれた時、コテストに出してもいいと言っいまた。


を飼い出してからの妻は、そ忙しやった洗剤なを売る仕事、水泳教室めてしま位ですのでキーに対する情と話の具合いてもえると




させると いになるというとでが妻は そういう事が目的く、だ可がりたかったようでし

病気配だ, ローも2歳近くなり、子供達も小学に通う様になった,ジャレるロッキーは前さえつけるうにして腰をクイクイと動かす事がくなってきした

犬だったにもやってしたがもう格的という感じがします。

ッキ駄目よ?たどうするこの子こんな事かりして・・・」

ロッキーの一物はコーの瓶ほど大きくはありませんが、同じをしたペ○スを出しの衣服を汚してす。

皮膚突き破る様にピンポン玉を2付けた様なコブ(球茎というです)を側に飛び出させてしっているのです。

なのかしら・・だいじょうかしら・・・」という妻ですが視は離さなようです。

ロッキーも自分でペロペなめるものの、液が床を汚人間物より水っじました



夜、妻とXしる最中に「ッキ○ポ、ココに入れてやるか?言う

「駄目よっんな事、出来る訳

と興奮した様子でいま

終わっ、私は本当に妻と交わらせる事を考えてみました。

したなので歩の時も変なモノめたりする事なく、飼ってるガレージも潔にしましので、まずだいょうぶという信はありました

味があったにせよ、こらとでは とてもやらせる気にはなりま


妻に、犬SE違いお尻とお尻がくっついた形になってばらくれなくなってしまえる、そは知って様子でた。

そして「ど宿抜けななってしうの・・・」と不思議そうた。

私は「お前の入り込んだらコブが中で膨入り口が開くよ大き抜けなんだ。そして精子出し終わるで小さくないらしということた。

入り口がけないかるけ姿ど、そんな大なコ入って中は平気なの?」妻はに聞きます。


どうやら興味はあるようなのです

私が聞きかた知識を一通り話して聞かせるとしらく素直に聞いていが、やがて「随いのね・・どうしてそんな事って言っきました。

まるで私が、以から妻を犬わら研究でもしてきような口ぶりです。


そし, 戸沿う私には、し本当に心配がないのなら、ロッキーとの行為に身を委ねてもいいと言い出し

うなったら0分か1時間わかいと思迄、つんままジッにいいと駄だぞなんだな」とくと, ロッキーのた私、何でもしてあげたい」と言い


は、は抵抗力が間にい病気 そんな事は全く気にないらしく、腰を振るロッキーに
「フェラオをして何とかてあげよ・・・」
と思った時すらある告白さ私の方が驚かされてしまいま


ともはジャてい時に自分を吸そのまスしりしいる位ですの、そ心配など無くて当り前なのでしょう。

逆にロキー押さえ込で腰を振るのも厳し躾てしまば それでいい事なのです


「あなた、どうしよう・・・」と言くる、はめか「ソ」が可能なら気持ちがあったのだと思います

私にも一度いいからがロッキーと交尻結合していみたいという好奇心と興奮をえていた事は確かなのです。

ロッキのって・いだったわよ簿」と妻は自の手首に指をす。

少々大き目の私の一物といしわりなく、その辺は気の様ですが、どうもあのブがまだ気になない様です。

あなた、私ロッキーてもホンにいいの?大きなコブまで入るのよ?」と巨大なペ○スの黒人とでも浮気するな事を言って

しかし、もう決はついてでした。



やっみるか。何際やっいとは分かないど」うと

「なか考える奮しちうわ・・っ」

初め配は何処へ行っか、気はもうロッと交わるでいっぱなってる様した



お手本を見

日、歩から帰ワソがらーを妻がってきまし

片方のカーテンを閉めて、隣の家ら見えない様にします。

裸になてしうと, 前抱え込まれた時、ウエストが痛いとけなら, 下半身貿いで四ついになる話していしたので、妻だけ裸になってロッキーとジレ始めした


いつも、前脚で込む様してを動で、四ってお尻を突きさせます。

能がそうせるの上に乗り、前脚でエスト少し様にして、身を様にしながらピストンをしまが、とでもな所を突いてみたり、オ○○コの穴の所を突いても入り込む全く無く、の隅で真横から込み、ソーッとみてこちらが「どうと思ってしまいま


そのうち, 諦めた様に妻ら離てしまい、横になってペロペロとなめていす。

「何よ、ロッキー人の牝犬なったつもりでいたのに・・・」

も興なっていましたで、がっかてい


お前、ちゃんと濡れてんだな」と妻の所行きお尻の方から割目に触る、しっかりヌルヌルと濡れいます


どうしてなかったんだろう。

思いながら私がお手見せてやろ思い、ズボぎ、ンビンになってチ○ポを入れていきました。

妻が「気持ちいいー」と出したのも

ロッキー、ラここをよく見なさロッキ

っちへる様に呼ぶと、き上がり近づい来たでピスト便き抜き、部を見ないとかりにき寄せ寿

グチョグチョってる所へ顔を近付けさとクンクンといを嗅いでいると思、クシクシュンといやでも嗅でしまった様に頭を振ます

牝犬は違うのが本分かるの”何かちょっとおかんだよなぁ”と感じている様子よく


さめやらずモンンとしている妻に、そのまま後ろから激しく突いてやる妬き焼いいる,ロッキー私にいたま軽くんだり (とっても痛かたです)

”オ、オイ”といに前で引っ掻くしてみた、鼻を動かし合部をクンクン嗅いしていました



見せつける様に引きずにいるペロッチ○をなめと快が走ります

これが本気襲いかかってきら大になっていう。


対服従という訓練のはこんな所表れていた様で

ツンツン突いてるんだから、後はれちゃえばいいのに・・・

妻は言ってまし


○スに手添えて入り込まそうとえまたがく自然な形合さていくのを見たかったしつこ気でもさすといけないと思い止めました

訓練と思望みをに託したのです。


んなこと、6回も続い宿い、下からばして穴の所に当てがううに話ました。

場合は、はてでも もとスムーズに事は運ぶのでし、ななか思ようにいきませんでた。

ロッキーの本的なして真剣な表情を見ていると何か子に1度込んえば, しめたなのだがという待は日に大きくなって


翌日も大きなを2枚敷いた上に、四つになった妻の背にのしかか、とりつ簿かれたようーは速いピストンをしま

む様にして手を延ばし、前後にしく動くペ○に手を添えて何とか自分中へれさせよするうタイミングが良かったのか、うな「あてきた!」と言いした。


同時ッとみ”オこれこれの感触”といった感じで瞬、納した深くれて止まる直ぐに もう慣れている様にオ○○コの中へ宿しいピスンを繰り返し出しました。


あ〜ん、あなた、入ったわる?気持ちいい気持ちっあ」とストンリズムに合わせる様声を出す。


既に根元ブがれている見えるので尻は至らいだ ろうと思っていまし長い間ピストンを続け、中で1度外れてしま妻は当気持ち良らし喘ぎ声し続ていました。


れた後は、ロッが出たと思われる液で○○コはチョビタオには液が垂れ, それはジュタンまで点々と飛びまし

少し疲れ稿てしまっている妻にどん感じだたとら「凄く気持かった・・と言うので、どんな風だと「違う感じ・・」といました


スが入っ興奮してしる様に見えます。

しかしなら、入り込むまでに時間がかかり過しま様でブが飛び出してしていて結合は至りせんした

ロッーも分かったろから、今度尻とおくっつくうになと思う」

「ええ、わかたわ・・」と妻は何の恐さ無く様でた。



っ張られる

4日、をあャレンジすることにた。

その間と同じに散歩させ、別にった様子もあませんで

相変わらず服の上からククイやていま

前回それこそンワンスタイルでンしてる光景をはしもの尻結合寿があったのでまだこれという気ちでした。

スムースに入いくので いか思っていた期り、妻上に押しかかりでしりロックするようにピストンしてと、
を添えた途端、うするは入りでいききりにピストします

づつくりと確かめるようにピしてった、ピッうにイと動き, 妻声は「あっ」から

「あ〜っ何か凄いただいじょうぶよね、〜っ

と言ていた脚をの上から左降ろすと同時に、右後脚でお尻を跨ぎ「引っ張られ前脚を移動させ、一言でいえば回転するよう尻結合へっていきま


待していた光景が目のに飛び便んで、興ととも、感調覚えていした

く見ると、爪先を軸に少し浮かせってい

ッキーの後脚は幅程度に自然、妻の膝の直ぐ側にその脚がりま


そこでの敷いていた座布団をソーッとけ、二折りにしての膝下に敷いてやりす。

いでに下か結合部うと思いましたが、へんとをしロッキーが慌てるとけないと思分からないけどジとしているんだよ」と妻の近くで小さな声で話しーッと戻りまし

「あ使なた持ち。何か出してあ〜いい〜、ロッキー、いい...ロッキー」

ロッキーの名を呼び始め、まで犬と女性し合っているよ


そのだ若々タイを保ってた白い皮のお尻を突き出妻と、黒色と茶色が虎の毛のようになっていた抜型を誇るッキーが, 一種異り出しいます。


は泣くよ

〜イいい〜、いい、ロッ...」

と声を出続けます


もうとっに「イク〜ッまってもおかしくなすが、その一手前の気持良さ延々と続いていだと思れます

舌を出し「ハァハをしながら満足そうにっととしているようなローと喘ぎ声出し続ける象的です。

ロッーの毛が多部は判いもの、全体な光景は、興奮と刺激を与えれるにはです。

は少し離れたらずと見ていました。

正確わかりませんでしたが30前後ついてと思わ


もうろそけてくれなは困だがと思いめてた頃でた。

妻が前に倒れ伏してまう然のように○スは抜け出してコブい、いくらか短くなったペ○ス、ブラーンと前向き、もっ短くなっました

その状態でウロウロたロッキーは寝そべるとペ○スの所をなめはじめました。


妻はゴロンと上向きになってボーッた感休んます

そして「あなた、たわね・・・」と一話すと、また何も言わずッとしてた。

はじめ尻結合長い緊張があったのだと思います。要以に疲れてしまったので

の所、「オイッ、大丈夫か。少休め」と一って股を見てみました

液が下垂れてタに落ちていきま

初めに伏た股間の辺も液がいまし



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様