2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

死の淵から




ふと外をと元気のい子供と椅子のおばあちゃん良く遊んでいます

室のベッドは、妻働いているーパーが、調子の良いとき外を見るのが私の日課にてい



体が弱く心臓に持持ってたことから、病のベッドでことに慣れているとはいえ、元気に働く妻を抱くことも日々悶々窓の外を毎日さを感じていまし

妻と離婚すれいを感じことも無く一人で死るのだろうか綿?とえてるのですが西眠りくたびに妻とのことが思いやはり妻を愛していることを再度るのでした。


えてみると妻婚してか私は今ま無く元気妻や子供のびに『まだ死ぬことは出い』とのいで頑これた分自身そうじていました

--------------------

子としたのは26歳時 もう18年前のことになります

時、は心臓の持病に悩まされな技術系の仕事に就き、何とか日暮らしてような状況でし

れなり性とき合いもあが、持があることに負い目じ、

時死ぬか分からないような自分と結婚して不にさるわいかないとの思いら、

深い合いになるく、このまちていくのか、絶望に似た感情を持事に中途持ちで望んでたもと思います



私が入社して1年社してきした。

活発で気持ちのいい 私には持得ない生力のようなもを持っました

そんな女に惹題でした、しかし私には ど尿今一歩勇気ありません

恋人とも友達ともつないな状態でが、日子に対する思いが深くること分自身戸惑いを

た諒子の気持ちも私向いてい確信が強るにつ、自分の事を告げる気がてず私のほうから少ずつを離にしたのです



私の病生活障はりません、激い運を続けなければ、即に至る心配もありません。

しかし、幼少の頃か死の淵を垣間見るにつれ、時死かしくな分で思い込んでいのかもしれません。



と出会い1年経ち、煮らない私の態度に愛想を尽かしたか、諒子方から接触してくる会が少なくなってきました。

は心の中でっとる気持ちと、どもない寂寥感をもてあいと無理に分にい聞せる日でした。


田中が私「お前諒ちゃんと?」と聞いてました。

私が「そもそも付ないと、

「へ当に?でも諒前の好きだと思ぜ、がそういうなら、俺諒子ゃんに尿ローしようかな〜」

前ならないかな」と言しまった後、は胸が締め付けられるような思いを

何度こんな思を繰り返さなければな?人きになるのを止れれば、苦しら解されるにと絶望感ともつかない情に配されていました


諒子き合っと言われていると聞いたの、そ数日経ったた。

諒子が何故にそのこ言っきたのか、私には分って




かし当時のにはそれめる権利も無いじていした、田中と結婚したほ幸せなのはなか?のも事実でし

それから中は私に見せ付けアプローチをかけていました。

の無い私は、そ正視とも出来ず そそくさとそち去るの



れかららくして職場の親会の時の話です

わらず田中は諒子にアプローチをかけていまし

も まんざらではないようで2人しく話してのをいたま気持ちでていました。

のこともありお酒は極力飲まうにしていたすが、このとばかりもお酒の力借りなければ過ごすことが出来ず、明ら許容囲を稿酒にうとう体が耐え切れなくなってきた。


トイレに行こと立ち上がるとふらふらと胸が苦くなてきまた、

作であことは自ってしたが、の時の恐怖 このまま消えてなくなりたいとの思いが強く、

諦めた感覚、遠くなる意識の中で諒子にめてている事実だけも伝えておけばよかっ思っことはえてます



覚める諒子いていました

そのが見かったと

私は諒っとめてた。目かが出ます


こと気が付いのか田中両親を呼ん貿声が聞こえま

目に涙を浮かべて私の肩を枕に顔をうずめ、涙を流消え入りそうな声で

「私なたのことが好、だか死んじ駄目。私が貴方死なせない絶対死なないら」

と泣き出してまし



私はその時、嬉しく思わず子の首に腕をまわして「俺もだ」と言た。

くと酒場で倒れたとき薄れる識の中に「していると」白したらしく、その後 田中やかされるってました


田中のことを配し奮起を促すために諒子迫ってたよう、それはも分かっていたよした。

まんまと田中にられた形でしたが、田中も「これでお前ん切りつかなかったら俺諒子もらってたぞ。惜しいた」たちの行く末を祝福し尿は田に感謝して切れ思いを抱いていました。



かげで、とん子にが進み、諒子

も含めて方、でも私結婚すれば、毎日抜けなくてきっとぬことだって忘れ。だ向いて生きていこう」

と私はこどんことがあっても子だは幸せする誓ったので



何も疑う寿ともく人生で幸せなと

一男女をも西供達がり、長男が小学4年生長女が1年生になっ、手れ始たとき妻が「私も外へ働きに行きたいってのスーパーにきにるこたの


妻が働きに出ることに私は成でした。

動的魅力の妻です。

ても費もかかことすし理の無い範囲れば、妻のためにも仕事をすることはことじていました

あくですし、仕事も子供が帰ってる頃にはあがり曜日は朝から夕方でというシフトですので文句はありでした。

--------------------

妻がてから年ほどして妻

日曜フトと月曜シフト変わって欲言わ・・・変わっても良いかしら?」と綿

お前いならいいけ日曜は何時?」

「一応昼2時ごろでなだけど・・・・駄?」

あまり無理すなよ」

ら大

「ならな、俺も日曜に家事もすよ」

貴方にそさせれないわでもありが

といで妻は日もました。



この頃、妻も私も30代後半とう年でした。

妻は いまだにとっては、番魅力的でし沿た。

しかし、年のせいもでしょうが妻が私の体を気婦生活のほうは かなり少なくなり月2回ればいいほうでし

私とては、もっと妻を愛たいのすが、妻か

分愛さす、私貴方なくなるうがい だらもっ自分の体を大切にして」

いわれてないでした


西れだ婿に私調のいい日には妻も応じてくれ 私の物をやす。

私は決して小さい方ではいのですが、こともあり何回出来ないので、必ず妻がよくなように戯をたっとし満足できるよちゃな駆使して妻に奉仕していた。



妻はの気ちを分かってれ夫婦生活は必ず私に体をゆだ心から感じてで何絶頂を迎えるのす。

入後物で十分でつくこが出来、失神するかごとく激しく感じ

私の体のこともあって騎上位が多かったのですしく前後に腰をラインドさせ、「だめ〜もうだめ〜」とを大きく反らせ、 私のものを絞り上げるのでした

妻は行為で初女の喜びを味わに言います。



去一度だけく様

「一晩、 貴方で貿されてたいけどがいなくぐらいなら我慢できと言



そういう妻がいおしく、もっしたいのですが、妻が一回たとえ妻 もっしたと思ても「今日はお終い」とって2回目宿じてくれないので

それも、の愛情かこと、今であっ妻の愛情を疑っことはありません。

しか々夜に一人で慰めてる姿を見た自分の体のこ情けなくじました

--------------------

シフ入れるよっても妻にいところは一切ありませした。

しかし、日の働く時間が更に増退 5時までにな

の日も妻の働きが認められリーダ退ーとなたことで就時間

妻も疲れているのか月1回った夫婦生も段々減り

妻が出して2年経ったこは3ヶ月もレになってお



に気遣い私とックスがきだった妻をちゃんと満足させられてなと感じていた私には

妻を綿 とがめるこず、また40にもなれば少宿なくなて当たり前という友人達の話もあいまって しぶあります、納得せざるを得ないと思っました。

--------------------

ある日曜のす。

昼もぎ遅くな が、台所子供飯を作うと簿き食材が足りないとに気が付きました。

子供達に「昼ごはんを食べくついでにママの働いているところ見にこう」とに久し振りにの職場に買い物にいくこしました

妻には恥ずかしいからないいわれて主に食品殿しかってなーパー行く機会もなった働き出した直後は何回か行ましたが、妻日曜に働きにで始めからは一回ことはありませんでした。


お店に着くと子供達はしは、しゃぎぎみスーパーに駆け足で行きした

だ母親が恋しい年です、また出かけて妻に会というの何か鮮な気がて私もしどきしてた。

女が母親してい間、私は必要なものを籠にいれ、計をる前子供探しました。

しばらくして長女店員さんと話るのをて私も近くにり、

妻がお世話になってりま仕事魔をして訳ございせんでし

いえ〜リーダーには私もお世なってすから」

のよさそう年配の奥様した。

しかし、その後の言葉には息を飲のです

「でいつ1時がっちゃ今日はりにってると思ますよ」

え、1時上がりですか?

え・・・あ、多分ひしたら貿かもしれない・・

店長は今どちら

ど、こでしょうね。は見て無から・・・」

そうすか・・・私の勘違いでした、すいん。では今は これでわせて申しません」

「い、ちらことそそくと立ち去ました。

私は今日はマったのかな?」と言わ使まで呆と立尽くていまし



を掛けられ我に返 会計せる

ほどトさんの言葉がを巡ります。

日曜の出勤がと言うのは妻の嘘なのでしょうか

トさんにあのうな嘘る理由が見当たり、実際 妻はここにはん。

計をせたもそに車に乗り込た。

と駐車場を見回の車探しました。

大きな駐車場ではありま

ぐると回って駐車場内渡しても妻のした。

ルを握りがら何故 妻こんな嘘を言ればならなか?といで頭がいっぱいになり、駐流れを見なら悪い想像かりしてしまうのす。


達に「パパどうたの」と言われ、なんとか気を取て車させるのですが、やはり何故妻がこのようをつ必要ないでいまし

--------------------

家に帰ってもやはありせん。

に入り子供達の「お腹がすう言聞くまで、またも考まっていした

の為にごを作りなが、妻の帰りを今か今かと待ている私がいす。

「ご馳走」とう子供達の無笑顔にし救れながらも、今子供達と遊ぶ気にもなず、自室で仕事するから2人で遊ように言って、早々と自室へ引もり、ベ転びなが考えてたのでうか。

妻の車が場へ入ってくが聞こえてまし


玄関開け中へ入ってくる子供「おりないう元気声が聞こえてきまた。

屋からでて、2階から玄関を見ると いつものよう妻にえる子達の姿が見えます

を見パーんの一で動揺するを信用しないようえ、ちゃ妻に聞いてみようとも思うのですが妻を疑ったということをられたくないと言う思いもあり、なかながつかないでいました


私がくり2階から降りてい途中で娘が

ママ日はママのお店にたんよ。いなかったけ、パパも残念そうだった

無邪気に報告ていが聞こえま

自身ただすかうか気持ちも定まらな娘がしまっとで私はなか動揺しました

?今日たのっか・・・・んねマ店舗集まりで午後から部のほってたから、ママいたかっよ〜

のをほっました。

ートさんが言ったいつも1時上がりだと葉に引っかかりつつも、動する様子も無く子供に説明する妻を見ると疑いをった私が早計だかとも思えてきまた。

妻はの顔見ると

どうした?少し疲れてうだけど・・・大丈夫?休んでいたほうがいいのじゃない?」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様