2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

待っていてくれる紗代




高校の同級生で付き合って、歳で出来て、慌てて籍てから二年が過ぎ寿の事だった

ここまで二人で頑張のにてだと人生を怨


が会社のOLからた誕生日プゼンネク、初めてめて出ようた時て怒紗代

の娘には色々相談ってやり、お礼プレゼントのでた時なネクタイね」てく、本は彼女の乗っていると自体嫌だったのを我慢していたんだな。


のミ初めて俺が見に行った時の事を覚るか

俺が急に思い習を見に行くと、紗代は体育館でコーチと二人だけでげに話していたよな。

でも,俺が二も不機嫌でいたら、よう持ちに気付てきてごめんね」と謝ってくた。

気が発覚する半年前に桜子嫁にし、その夜,俺が酒を飲みな泣いると

これで、お父さんが私だけのもた」

優しく微笑んで頬にキ殿スをくれ


な紗代がの半年後には浮した

これ絶対に夢だ何度も何度も自分に言い聞かせた。

かし,泣いる紗代を見てると、事実だと認めざを得くなっしまう。

--------------------

れは代のを、何気く覗てしまった事か始まった。

そこに書かれていたメールの容は、今でもはっきと覚えている


を見ていと耐えられないの別れて


を言てい更別れるか婿と別れて俺のところにい”


稿主人をていす。いですか別れ


昨日もなに感じ尿くれたじゃないか。俺チンポをし付けなら、らしく腰まで動か尿していただろ”


れ以上殿主人を裏切るは嫌なの。仕事も辞ますから別れてい”


“俺られるも思ってのか?うしても言うら、紗代ンコと俺ポは、どれだけ相性が良いか旦那に話し行く紗代の身体がどれだけを求めたかをう俺の女と”


“そんな使話しに来ないで。主人だけは苦しめたくなの”


“旦那にれたくな沿調ば明日も来い。来な旦那に会いにく。明日て来たら稿にホテルに行二度と別れるなどと言えように、朝からたっぷり可愛がる。旦を愛しているなんてないよに、退社時間まで責責めて、責めぬいてやるから覚悟しおけ。どだ。像しただるだろ?”


頭に、すぐ紗代をい詰めたよな。

その時うし認めたん

れは架空の遊びと言て、して最後まし続けくれなかった





は今で、は,携帯何気なったと思い込んでたが、そうだっだろうか。

する半年前から、紗気付いする

そうだ。紗代てきた俺には分かっていたんだ。

紗代にて浮気するんて有り得いと自分言い聞せながらも、本仕方かっ

る勇が無かただで、も落ちて重までっていた。



紗代が社のと言時も、実は何か様子が変だと感ていた。

俺は、その事から目をけてまう。凄く怖くて、ずっと脅えていたような気がする。

感を抱い たはなの優しある夫を演じてしまい、笑で送り出てしまった俺

考える、やはり俺は故意に紗代の携を覗たん

えらなくな、紗代の携帯をけるャンスずっと伺っていたん


「このしてしまた私には、何などありません。全てあなたに従いま西


して素直なになった

どうして捨てないで縋りなかった。

いて騒いで狂ったふもしてくれなけれのプライド邪魔をして、すなどとは言えなくなじゃない


「私のよな女と緒にいて、あなたはせになれない。私な酷いと」


思えば、こ代の本心だったと分のだが、殿時の俺は悪い方に受け取ってった

紗代俺と別、半年前に房を亡した一緒なりたいのだと

奴と婚すれば、小さい会社ながら社長婦人。

俺といてお金時間にわれ生活などくてもお金もあれば間からに行けほど自由な時

奴とスは良かったか

二人を抜して、週にもホテルに行っていた紗代

理由は どうであれ奴を体内に受れていた、奴のセックスになっていたのは実だろ

当時は毎日していたセックスも、その頃には月に一度か二度まで宿減ってい

身体のがりよりも心の繋がりを重視して、セックて眠るよりも、手を繋いで眠るが安らげた

浮気の原因とは思いが、全く関係が無いとえない。


ら俺は発覚てからは紗代にしたが、罵る抱かなか

も,あれは抱かなかたのではなくて、抱きたくてけなった

奴のいをて、紗代のを俺の体内から出る物一杯にしたかったが、身体が言事をなかったんだ。


俺の自慢の紗代の大きな乳奴の上で波打つ光景が浮かんしまう

肉はついてしまった、まだまだれている腰が奴ので円を描く、怪しく動く子まくる。

し,俺達には歴史があるからセックス出来なく、いはまた元のに戻れると

セックスなど出来なくて長い年月で培使繋がりははいないとじていた



奴とは後一切連絡取らないと誓約書を交し、仕事も辞めて実質奴とは会えなくなった紗代を、一応こで取気にないた、あっりと慰謝料を払っ奴の反撃が始る。


奴に一応制裁を加えいたので、後紗代俺と題だけだと思っいたが、奴にとって百万そら一ヶ月の飲み代ぐらいにしかっていかっう。

ワンマン社長のには会的制裁も加えられず、お金などの制裁なっていなかった事を知る。

結局,何の痛みもは、俺が紗代を抱けなくなった事をるかのようにをあかのな反仕掛けてきた。

本当から、毎日のように手紙が届ていたん

俺宛、得装うよう架空で届いたから、紗代は気が付なかっただろ


奴はそこまで紗代に未練があったの

あれだけの財力れば、らもうすぐ還暦と言ってもっと若くて美人のけただろに。

代の事が、本に好きだったとでも言いたかのか。


が目的ではなく、クスは紗代を繋ぎ止めめの手段だっ言いたったのか。

れは俺と紗代との仲を引き裂く手紙だと分かっていて俺の知らない紗代知りたくて読ずにはいられった

れてた事は全てが真実では無いても、読めしさ息苦しくなってくる

だか封も開けず握り潰し、ミ箱捨てた事も何度ある

しかし結局はそれを拾って読んしまう。

そこには奴と紗代とのセックが、毎回赤裸々綴られ退から。


やはり書かれていた内容が全実だとはわなかったが、れを読むと紗代いまこえて来るような気た。

最初,関係を結ん日、紗代は休日に出勤をじられて誰もいないオフィーで後ろら抱きつかれ、首筋にキスされても全く抵抗かったと書てあった。

していた奴の豹変振りと恐怖に身くんって動けなのだとたかったが奴にれば代が抗しったのは、紗代も奴に抱かれる事をずと望んでいたからだそだ。

その後,来用の狭い応接て行かれ、ソファーにた奴の膝の上に乗せらて、首を後ろに捻い口わす

キスをされなが制服のンを外されて、ブラウスをれてブーを押しげられ、奴を摘まれてきな乳房をまれる

やがて,奴の下がり、タイスカー中に潜込む

ると紗代のそこは溜め込んで殿て、触っただけ量に外にれ出、真白なパンティ吸収しきれずストしてスカーにまでみをくってう。

蜜の多さに気をくした奴はタイカートをたくし上げ、紗代の足が自由に開くうにしてからの膝を目一杯開く

事をされては膝の両側に置かれた紗足はそれ綿上に開、奴はの中に手突っ込んで、開いて触りなった紗の俺だ綿けの秘密所をう存分指で弄ぶ。



“下着の上らだけで直には触ってもいないのに、紗代はそれだ稿二度も達していましたよ

よると二度達した紗代は目付きも変姿段の清楚な紗代とは別人のようって自奴の硬くけていた口に含み、に硬くなったところに跨てき腰を使ていたとてあた。

それでた,独に達しまった紗、今度ソファー手をつかされて、でも晒した交わりのような責められる

,最後は上か押さえつけらた格好で終わるというフルコースを味わっ、普段の声よオクターい可愛い声げ続けなら、こ最大の絶頂を迎えてしった。



その後は,ちょちょく事中に連れ出されホテルに連れ行かれて気がくなるほの快感与えられけて代。

間に紗代は、俺でさえ現物は,見た事の無いよな玩具による快え込まれ、最初は怖がっていたが発覚する頃にせられただけでも、それによってえらる快感を待し濡らしていたと奴は自慢げに


では次に紗代の仲然のものとり、仕入先の担当者,奴を喜ばせるめに、紗を奥様とで呼んでいた者もたそうだな。

紗代の身自由され、俺が教えやれなた快感まで教込まこと悔しかたが、俺は,奴の奥さんのようにれていた事の方し掛かり、経験した事の猛烈な嫉妬狂いそうなっていた。



代は俺の妻それ外の者でも無い。

しか,一歩家を出、夫である理という妻としの務めまたしていたのか。

しか,これて奴の一方白で、紗代に限って そでは酷くなったとじたかったが、どちらにしても年の間、俺よりもかに多奴とセッスをし、俺とでは得らなかったような快婿感を与えられ続ていは事実だと落


気持は奴妻にはなっていないと信ようとしたが、身体は完全に奴のなってと失してしまった。

姿紗代は反論しなかっよな。どうして何ただ謝った

俺はあくまで勝手な想像だと言したのだから、全て否ば良かっただ。

当は,奴の手よるったから、紗代否定し信じられなったかも知れない湿が否定てくれたなら俺はにでもそれじたぞ


ところが反論しなで、やはり全事実だっ便のだと落胆まったじゃないか

ら俺は手を読む度に、手紙の事は告ずにを責めた。寿

その後,最殿愛の紗代に右手で振りげて徐々便は奴の術中に嵌っていった

して終に、決的な手紙届く。


れは社の慰使と嘘をいて、奴と泊た旅館話が書かれていた同封さいたが眠ったに撮ら 写真を見時に俺はの別れを余なくさ


の台名字書いた紗代。

夫婦無いのに家族風呂に入り幼いを洗ってやるかのようにの身体まで洗ってや

しかし,子供を洗ってやるのとは大きくい、大事な部分はに念入り洗うように言われる

これが紗代を気持ち良くしくれるのだから、感謝の気持ちをて洗いなさい」と言う、紗代「今はいっぱい気持ちくしてね」言って大事そうで洗流すと我出来くなっ口に含んできた


それが終わると今度は攻交替し、が紗代の身々まで洗う

中はに念入、指を入ってやったが太いチンポにんでしまっていた紗代一本だけではしいです」言って腰ておりしたぞ

は無い風呂中には紗代の卑猥な声だけが響きり、奴に命令されて湯船の縁に手をついに向かって白いお尻突きす紗代。


と紗クスは、したなったらいつでもも自由に出

れはなどしていなかったら。

私が「欲しならを振いし紗代尻を振った。

かし,それでも入てやらなでお自分ので開いて「早くオ宿チンポ入れて下だと


そのねだしろしておき、おを振って催促する紗代を焦て喜んでいたのか

さぞかし惨めっただろ?死たいしかった

しかし,奴が入って着、じっとている奴に切らしてのは紗ったうだな。

毎回,身体の奥深くにを受け入れさ調れていたがお互い年齢からか幸い妊娠はしなった。

し,奴の分身分身と結びつこと、毎回紗のお腹の中で回っていたかと思うと吐き気がする。

旅館豪華料理には、鰻理もついていただ?それは,特別に頼ん理だったと自慢していた。

紗代を朝まで責めるた、奴が力をつけよと頼んでいただったと知っていたか?


利いたかどうかは分かいが、夜通責め貫た浴衣姿の紗代。


して,朝日が昇る頃には代のには浴の紐が巻かれていた。

ぎるのか「もう出来い。許して」言っ暴れたので縛っ、縛られて余計に興奮したのか涎まで垂らし尿たよ


の行がどれだけったかは

まさこの歳で、一晩も射てしうとは思ていなかっ。でも紗代はもと凄かったぞさんシーツをて、オネショをしたのかと思っただろうな”

と奴いた事かも想像出来、朝日の差し明るい部、紗代は写真を撮いる事など全くないほど、精根使果たして死ようってしまう


その時,撮二枚同封されていのだが一枚は下半身に合わせある写真で、奴の形に大口を開けたままのそこからは白い姿体が流れ出していた。

当然,それもショックには違いなかが、俺が紗代とのを決断したのは上身が撮られ写真の方だ

その顔はいかにも満で、との行為でどれほど深く達したか語っていた

を見た時、俺の気きく婚に傾

別れるどうのかなど、える余裕いほど寝顔足そまるで眠りながら微笑るかのようだった。



う」

の短言葉を聞い紗代泣き崩れた、どうして離婚してしいと言った

んな離婚を受け入れて、離婚届を緒に提出に行った日に、目の財産分与更に慰謝料使を引いた額、アパートを借りれば当しか残らないお金だけを持って出て行ってしまった紗代


,俺に紗は帰ってきて、復縁出来思っていから条件承諾したんだ

そうでなれば慰謝料なんて貰うも無かった、紗代が生活来るに全てを置いて俺が出てっていた

が復縁出切ると思ったかる



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様