2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻とつきあうこととなったった本当の理由




妻がう事た切欠は、信じられない事に妻「今度事にでも誘って頂けんか」と声けられた事だった。

ではな他のも信じ難い来事使ったと思う。

何故なら妻、身長が10センチあるの長いモルのような美人で、会社の社娘だったから


ではマドンナ的、男子社西員の憧れの的だったが、隙のないは誰も声を掛ける事すら出来なかった

「香織君と付き合っているそうだ、君はもう34だろ早いもので織君も28にたとたが、ここらでそろそらどうかね。

々私は常務になる。

なれば、ずれして、は部長思って

その為にも早く身固め庭を持て落ち着け」


に目を掛けてくれいた高橋部長にそう言とん拍子で話は進付き合い始めて僅半年、部長夫妻の人で結婚。

2年には供も生ま綿れ、息子早2

子供は可沿愛い盛りで、妻はわらず綺麗優し


は何の不満もないが、1つるとすれば、繁に実帰る事ぐらい。

、そは私が多、そっているだけで、が帰る前は戻って来ていて息子と笑顔で満などと言ものでは無い

この世とは正にこの事で、私絶頂にあた。


んなある日、退ライバル社に入った元総に、出張先の会で偶然会う。

このは、の仲人をしてくれた当時、部長で今では常務の高橋常務期で、常に世を争イバルだった。

が直接聞いた訳では退職した理由が橋の下でなか働るからし

君は課ったらしいな。おめでとう」

話を聞くと、偶同じホテル泊まっていた


「狭調い業界だから得意先で会っても不思ではないが、ホテルまで一とは奇遇だ。これもかの縁だから、夜一?」使

社の探りいのかとも思ったがでは無かたにろ、仮にも元上司だったの誘いは難く、私はホ綿テルの居酒屋にた。


課長自ら商談か?

かに課長ってから、出張先も規湿きな会社だけに出張の数も減ったそれでも月に2回は・4日出張が有った

「課と言っ社で座ってられいのは、藤部長もよご存知じゃない

れよりも、こらは私長で、そは伊藤部長に出て来られては、ち目が無くなってしまいす」


「い、部長と言っても会社が天と地ほど

は、仕事話ばかりだが、酔いが回伊藤部長は、とんでもい事を言いだ


君は違いしだから、そ躍起に成らなくても良いろ。少しぐらい手加減てく

いいえ、営んて常に競争すか、うかうかしていたら降が有かも知れません




「いや君は組だ。高橋に付香織を嫁に貰た時点で、ち組だ」

は、これはしっり者の妻を貰ったから、出世出来るとい、妻に対ての褒め葉だ受け取っしま世辞だとても嬉しかったが、次の言葉でと知る。

「ただ、男とてはろう。男としは勝ち組どころか、最低便てしまたな

流石、酔っている元司でも頭にが上


「どう言う意味です?くらお世った伊も、その言方は許せない」

て、そうだろ。は上の愛人を引きけて、プライドを捨て出世をとた」

は伊藤長の言う意味が、すぐに理解来なた。


まさか・・知なかったと言う事は・・・・・・・・」

当時、橋部長部長で伊藤長には取締役が付た。

取締議で、自分よりも格高橋部長をにという話出た時

社内に愛人がいる様な間を常務にして良いのか」と暴した


しかし、それは個人の問題で会社に関係ね除け、身辺を綺麗る事という条件が付け加えられに終わ

「取役の人かは既に知たので、が先にを回していさ。重ずだが当の君まで知らなかたとは・・・・・

常務昔から腰低くて物腰も柔らく、便いつも笑さない優しい人な私に信じ事が沿来ない

し、伊藤、気性の激しとこ有るが、男気のある嘘のだと象があり、私が本当なのか分かずに惑うかりだっ、出張から家るとつものに妻と息子が笑顔で出迎えてくれた。


変わった事はかっか?

伊藤部長にわれ事が気になってっていた場沿これほど妻を侮は無いうしても切りい。

「いつもように、実稿行かて頂きた」

の笑顔を見ていると、やはり妻を信じよと思う。


は寝付かれ妻の顔を見て

そう言えば、私合うの、男性遍歴何も知らない

付き合っ時は、既、勿論女ではなかったが、互い様で別にもしった


社以来、目つ存だったのでにしていたが、社内では浮た噂はいた事い。

伊藤の話思い出し、妻が高熟練で、乱れてる姿が脳裏


伊藤部の話が本すれば、どの様に情入れたのだう?

その時、1人の男の顔がぶ。

は、伊部長付いていて、妻とじ営業二課

出世争で伊藤部長が勝ってれば、当は課長成っいたなど年係長だたか知れ

んな事を考えいたが、伊藤部長の言ていた事が本だっても、それ簿結婚するの話し。

は、に聞くまでも無く、結婚前の話しなので、何も言持。

今が幸せなら関係ないと、自着か


翌日出社高橋常ら話しれた

「昨まで出張だったらしいな。そ内部長に引げてやから、張れ。それうと、今度の出張つだ?

再来週の月曜から、4間の予定です」

「そうか、変だな。身を壊すなよ」

でに度か声をけてもって、の度に出張の予定を聞かれた様なする

今まの私何も思わず、気にもかっが、伊藤部長の話をたからか、何和感を覚えた。

部長橋常ら、私の出張に何か事はあります

「そう言われれば、何か予かれ事がある。君は橋常務の気に入、何かと心配しくれのだろう」

今一番いのある高務の事で、下手事はせないと思ったの部長も多語らない

しかし、を語らない事、逆に頻繁かれているのではなと疑る。

どうして常務が、私の出張予定を?


まさか今も。

どん考えは悪い方へと向かっまうが、戻って妻を見るとすごしだと安心する。

何より、結婚以来、妻に疑わしい行は無い。

格で、不倫な得ない。


しかも、幼いて不倫相手に会うなんて有りない

妻と一緒にいると、疑ってしうこと自体申しわうが人で考え込んでう。

仮に不倫していすれ、私の出張中しか考れない

実家に供をけて。

妻を疑ってる事悪感を覚えならも、頭の伊藤部言葉に支配されていく。


「今から織の実行かいか

間ほどの距離な、実家たのは

「ご無しておす」

「いや、いも香勝手すまないな。嫁行っに、そに帰て来なと言いのが、達も孫の顔を見たく、つい・・・・・・・・・

歳の離れた長男まだ大生で、今は義母と2人だけで暮らしている、寂しいのれない


「一杯どう?帰り香織に運転させればいい

は、振りに会った私を歓迎してれた。





「香織はお魔しているに、一人で出掛ける事もありまか?」

「無いな。女房とい物はよく行

はり私の取り越しだと安心て、味い酒たらふくご馳走った。


家に戻る、私はそのままソファーで横てしまい、妻は眠っ子供いて寝

んな寝てしまったら、風をひきますよ」

気付くとの前笑顔の妻の顔があり、体は薄い夏蒲団けてくれあった。

「も、こんな時間

何度起こ、起きくれないら」


妻の声を遮るようにき寄せてキると応えてくれたので、私尻を撫ぜてた。

「だめ湯が入った頃だ殿ら、お呂に入って来す」

嬉しそうバスルへ逃げて行


遅れ私も行、既に妻宿から上がって、スンジにボディープを付けいた。

りながら、妻を洗様子をじっ

「いやだー。そんなに見なで」

湯から出ると、妻を見て硬くなった物目の前突き出す。

「まウフッ」

妻は掌にディープぷり乗せて、慌しく両手を擦り合わ、私のオチンチンは泡で見えなくなて行簿

し、地良いの動に身を任せてると、急にお湯を掛、また姿を現したオチンチンに、今度は膝ちになった妻の唇が付い来る。


は、新当初のを思い出いた。

合ってた半年間は、いくらが迫っても手くかわされ、結局キス西り。

て妻と結れたのは、新婚旅行先テルだっ


その夜の妻は終始恥ずかしそう俯いていが、いざスが始まると乱れて終始声を上げ続け、も何も達してくれた

しかしその、いくら目のにオチンチンを持行って決して口にする事はく、ほど感じてれているのは私をしてくれているからで女で無かったが、左程く無のだと思た。


初めて妻が私を口にたのそれから3ヶ月ほど経っから

も、だ口に入れていだけ何もず、妻にと初めの経験なのと感

初はぎちなかっ妻も、私が何言わなく裏側に舌を這わせ、ら咥え、

わざと大きを出し吸ったして、徐にプ顔負けの性技せだしたが

れも愛するが故使ンチンが愛くなり、自然とそうるようにった思っていた


れらは演技だったのだろう

そのの妻はックも凄く献くし私がを任尿る事く、普段のらは像出ないような顔をせ、

その事全てが私だけの思う、男の独占欲を充満足てくれたが

れら全て高橋常仕込た技で、常務にも同いたのか

いや、も見ているのか?

のもでは無かっか?

妻の口の中で、私が急送に萎で行

「えっ?」

く洗、寝室に行こう」

寝室での妻はか私を奮い立たせいだ格になり、腰を妖く動かして誘いながら、我夢中で舌使っ

ごめん。てしまだ。明日頑ら・・・・・・・・」



しかし日も、そのまた次の日も結果同じ

ん」

私な夫だか謝らなで。きているのよ


のまま久に態が続くか知れないと脅え私は、私の思いいを信じながらに、切って掛けた。

鈴木先輩終っから、一杯付合っ頂けま寿せんか?

あえて鈴木係長とは呼ばずにが有るからとる。


お願しま。妻の事訊きたい事・・・」

の事で?」


妻と言ったけで、名前がすぐに出てどよく覚えていた事伊藤部長が常務と妻の事らせてのだと確信する。

出した事でどにか付き合ってはもらが、直接のイバルでは無かったにしろ、以前ライバル関った事で、を高橋務のだと思っていのか口は重い。


「率います以前 高橋事を調か?

「私は何も言えません。これ以上会社にくなるのは嫌すから」

しかしこれは認めしまってのと同じ事。


先日、藤部長お会いして、初めて聞いたもので」

「伊長!まさ、そで知らたとか・・・・・・


鈴木係長は驚いた顔伊藤じ反応を見

やはり常貿、愛人関に?」



>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様