2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

破局か再構築か




浮気、いや不倫を

かし、自分でもている私は妻に対してに何の感情もっていないと思っ

かし今は何ともいえい感生えている。

しかし、情は、興奮どでく怒りや嫉妬だ。

何故?寝取悔しさから?

や違、私は妻の事を自分でも解からな心の何処か片隅でましていだ。


かしりやがある方では、不をされて仕方がないとしている自分のは事実

の理に思いつく事きた。う今まで仕事を優先してきたのだ。

の夫人で決めるような事全てに任せてきた

何度対して妻から助けめられいた

しかし、に「仕事を理由に逃げてきた。

う数年も続き、たり前の状態なっていたの

妻のるまで上にも書いた様に妻への感既になものってた。



私は34歳、妻の理香は32歳の婚10年の夫です。

会いは、お互い共通の友人を通して知り、妻大学を卒業するのを待って結婚しま

妻は専業4日トにいます。

--------------------

が妻の不倫を疑いだしは些細な変化からでした。

以前、妻は家の中で香水をあまり付なかたのが、たびび家水の香するようにからす。

その時は「出掛けて西西な?」ぐらいにしかっていったが、そういう日に限っ少し疲れた表情をしていました


な日何回かあった少し変い始めました

妻がってる間に携帯を調べてた。

予想綿した通り、がかけられてる。

かし今は便利な時代でイターネットで調べればすぐにしいえが手に入る

示板たびたび覗い、今までにもそいった内レを覗たりしき込んだりもしてた。

さか自分がいう事とはってもいなかったが、案貿書き込みをしてすぐにレス

しか風呂から出そうなので取り合え作業は中断し妻が寝るのをった。


数時間後、妻たのを確認し そっと寝室を出てPCに向かった

先ほど書き込み調を書いて「今後どうすればいいのか?」と意見を仰いで

それに対してのレくつ付いていた




そのレスの内容は、「まずむ、確信を持ったら興所へだった

こうった事は、人に相談し辛いの非常に助かた。

後 そこのスレに状況込むと同時に意見やアドバイスを貰う事にした。


妻の携帯をら取り出し示板教えてもらったサイセスしそこで暗証番号るソフトをダロードした

し、PCと帯を繋ぐーブル要みたいな、この日はここで終了し、私もことに


そこの、浮や不れた「サ夫・レ妻と呼ばれてるたいだ

その呼びんとも言ない悲しある。

--------------------

次の日

つもよりも早を切り上げ解読ケーブルいにた。

っていたりも簡単に見つけることが出来



に着し驚いして使

いつもなら帰宅は早くても21〜22時なのに日は18時に帰って来たのだから。

驚いているのも納得出来る、もは既に出来上ってる料理妻がび暖めそれを食べる、といいたので久しぶに妻が料理をている所を見た。


妻「今日はいもより早いね」

「大きな仕事がしたか


う、ご苦

「いや、こそもあとう


せいか妻が嬉しな感じがする。

もしや今不倫相手と会っていたか?と想像してしまう。

しかしは、いつ通りの振るいで妻るまで待にしう。


時間後、が寝ているそっ顔を寝た事から寝た。

妻のカバンを取り出しPCに向う、ロックはかったまま

昨夜にダウンロードしたソフトを起動させ買ったケーブルPCと携帯に繋

幾つかされてある数字で止った

「1218」これが証番号なのだろう。

表示れた数を携帯に入力するロックが解除された

言えい感情が私の胸の中で巻い

まずは着信履歴から見ることにした


履歴には19件てい

その内12件は私も知っているが表示されいる。

て1件ら。もう1件の表示は妻のから

そしての5件は尾田という聞い殿事のない男の名前が表示されていた。

相手はこの男か


にメールフォルダを見てみる事にし

そこには友達からのールが殆怪しいルは見つかかった。

私達夫婦の携のメーは○u掲示板で教えてもらっ事が本当なら、ヘッダ情から去1ヶメールがれるみいだ

て貰りに操作しヘッダ情見る為に暗証番号を入力した

そこに表示されたのは先程の信履歴に残っていた私の知ない男からのメルだ

まず証拠確保するそのからのメールを専用PCに


メールがしっかり転されるとこれ宿も掲示えて貰ったメール自動転送妻の携帯に仕掛ける事にした。

、こういっ機能などもていて当選なのかもしれないが、私は機械にさほど詳沿く本当掲示板に助けられている

そんな私以、妻は機械疎いで気付かなだろう。

妻の携帯にロックをかけ直し、バン中に戻して置いた。

再びPCの前に戻り転送さたメールを見る事した


から送られールの内容は、

そうそ聞いたんだけど旦那っ種無ろ?りに俺の子供を孕んでくれよ

可すまで旦那とはセックスはな」

「次はいつヤラシテれる

「早く理のオマい」


などの卑猥な言葉私への侮辱、次回会う催促などだっ

議な事綿にそれらールをでいる私がい

終えとすぐにット続し言を貰ってる掲示板のスレにき込みを始め

「暗証番号の読に功し、妻のを特定した事メーを転送したの携帯にメル自動送を仕掛けた事」

を報告した。返って


やっぱりか、取り合えずお疲れ

「今後は転送されてくるメールを見てう日などがわ貞の証拠を掴もう」



等のった

れらレス事を日はる事にした

--------------------

のドアを開けると良きた今夜の晩御飯のだろう。

「た調だいま

妻「なさい、今日も早い


「あぁ当分はんな感な」

「そ飯を作るか


(妻を抱き)

突然そう思た、次の瞬後ろを抱きしめてた。


どっしたの、突然


無言で妻抱きしめる。

妻の体に力が入ってが、けるのが伝てき

妻の体を正向け荒々しくスをる。

唇は とても柔ら体いつ以来スだろうか

々に舌を入れていくされていた妻口が少しずついていき妻の口の中に私舌がていく

て、いつの舌とめてスをしていた。


時間にして数分キいた

の目を見ると少んでいる

そっと妻の腰に手当ててに連れて行くと、妻いた服を脱がす。

黙って目じたまジとしいる。

子供でいいせい、妻の体は若寿りし頃のまの状だ。

ットかせ、妻の胸両手でゆっくりとく。

こんなにも柔らかいものなのか、改めて妻の体の素晴らさに付きなんという宝の持ち腐れをいたのかやむ私がい

次に妻のソコを愛撫する舌コを掻き回すに舐めの体が小刻みにと跳ねる

にアソコれ切ってい

私の下半身に痛を感

舐めいた自分のズボ脱ぐを忘れのだ。

ズボンを私の便は既くなっていた


稿ぞ」

妻は黙っ頷いた。

からはも無我夢中で腰打ちつけ


・はぁぁぁぁぁ〜〜・んんーーーっ・・・あぅっ・・・いいっ・・・なたぁっ・・ーーーっ・・・・・んーー・・・・・いっ・・・・いーーーっ・・」

久々のセスというもあって数分で私絶頂を迎え


私「うっ出すぞっ

に息らしながら、き合いまたキを交わした。


妻「・・・たのこな突然」

「いや、急抱きたくたんだ嫌だったか?」


妻「んな事ない、すく嬉しかった」


不倫から旦那性行を禁された人妻話があ旦那が誘う否す、しかし理香は私行為を拒かった。


「これはに不倫がバレない様にする為か?

「そ本当尾田に脅さていか?」


の目で最後まで確かめよう。たとえどんな末が待っていようと、改め私はそう思っ

--------------------

寝室にりベットに入る、妻グッスリ寝てるようだ

、天眺めここ数年て来た思い返した。仕事を理由に家の事て妻任せてき日々を。

この不倫した時尿に妻と私の関係はなっるのだろうか?


て、も

いつに寿まにかてしまったうだ。


おはよう

妻「おはよ、アタが寝過ごすなんて珍し


「ちょってたもな」

妻「そ、朝ごはんてるわよ


私「ぁ今くよ」


普段なら、妻に起こされる前に起きているはずなのに、やはり気付かないうに疲ているだろ



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様