2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

変わり果ててしまった妻




商談が終わてホテルに戻る、ロビー姿で若い女性に声をられた。

若い殿30代前半のようなのが、私のような おじさんからすれば随若く、ミニのタイトスカートを奪わてしまう

「あな・・・・・

性には見覚えある。



それは二ど前の事。

ものよに出勤前にゴミを出しにくと、彼女顔で立っていた

「プラを分けなくては駄目なのすね」

聞けば引越してきかりで、ゴミすのは初めてと言う。


ったっている時間は無いし」

「そのいなら私の裕があまするたら入れて下さい」


とは治会の事なを説しながら駅で一緒にただけで、その後、無かが、私記憶には彼女の事が鮮明に残ていた。

それはミをり分け間、屈んから真っ赤なブジャーと共、白く軟らかそうな乳っとえてたからだ

出張か?」




「私は初めて出張部屋に行ったのですが明方が分からなくて

「ああ。ここは入り口スイチの所に、ームキーに付いているキーホルダーを差し込のですよ

「そすってね。今フロントで教えてもらいま


女と一緒にエレベーターに乗り、私は3階だったで先に西に入ると、5分ほどしてドアがノックさ

やはりの点け分からなく、ごかと思いまたが度もフロン聞き行くのが恥ずかして」

「私の部屋がく分かりまね」


30と書キーを持っらしから」

ホルダーをて部明かを一し、もう一度し込んで点たが、私にぴったりと寄添う彼女からは、ほかな香水が漂っていた。


「斜に差込むですね。このよルはめてなので

めての出張ではと大変です調


けば急上司が来られなくなり、代わ来た


どうされました?

はいつも外に食べに行くしくて調付いていな尿いとフロントわれたので姿よう迷っていたところです」




「大き声では言えませんが、ここの食事美味しくないの私もいも外に食べに行くのですよ


この辺り地理に詳しないので、ホルに頼もうと思っと言う彼女を誘、こ出張しにはいつも行く居酒屋に行った


私は、久し振り楽しい時間を過す。

と言うのも一ヵ月ほど前から妻が笑顔を見せなくなり、何を怒って二週からは、必要最小限の事以外口利いてくれない。


このよう妻はてで、私には これと言って思いたる事は無かったが、一とすれば誘った時に「その気にな」と言って断わられ、今まで訳も無断られた事がかった私朝拗ねてかなた事がある。


どこかクシのは確かだが、そは三ほどの事で、妻の様子がおかしくなったのはその前からなのだ。

言い訳になるが、妻この様な態でなければ、彼女を食う事かっだろう



少し酔いが回ころ女のを聞くと、年齢33歳で近離近所に引たと言

私もので、ほ赤く染まって色気が増彼女をていて口たくなったが、している妻を裏切事は出来ず自分退えた。

ルに帰ってからも誘われて、部屋でビー貿ルを、彼湿ャケットを脱いだためにブラしに見える、豊かなていて二前の光景を思い出し、これも このままでは不味いと思て缶ビール一本飲んで退散

--------------------

出張から帰った翌、妻は1時を過使も帰て来ない。

も仕事をっていたのある程度付きいはめていたが、絡も無しに、このようにくなった事は初めて

それでしたが、は切られて、結局 妻が帰って来たのは午前0時を過てい


「携帯の源まで切って、こ遅くまで何にいた

いたって勝でしょ!婚しまょう!


私は驚きで言葉がかなかった

このような激しい口調の妻を見たのもめてだが、簡単に離婚口にした事が信じられな

が27で妻が24時に結婚して年。

でもオシドリ夫通っていて、私もそう自負していた。

最近は少の様子がおかしかっが、それでも私の妻る愛は変わらず、妻も私を愛してくるとじていた


の妻の口ら離婚とい葉がた。

気で言っているか?

って、もう私の事を愛してはいいのでしょ!

はバグから興信沿の名の入っ封筒をすと、その婿っていた数枚の真を並べる

女とめて楽しそ話をしながら駅まで歩く姿

出張先のホテルのロビー笑いがら二人


て二人は一緒にエレベー乗り

彼女と居酒写真も酔った彼女は帰り道で足元がふらき、悪い事に写真では私の腕を抱き締掴んでいる。

より的なのいつのに撮られか、二人使で彼女の部屋入ってい姿まである。

の!」

いう、出した時に知りった・・・・」


「下名前は!

聞かなかったから分かないんだ。名字し聞いていな


付き合っていて、そな訳でし

「付き合ってなどいない。然会て、ただ一緒に食事して」


私は彼との経を詳しくたが全く信用てくない

「言いたくら、それでいいわ女の元が分かっ、興信所から連絡が入るているら」

張に行く二週間前から妻が口を利かくなったのは、彼歩く姿を興信所から絡さたからなのか

一ヶから様子がおかかったと言、そのら私の女性疑っのか

彼女会った週間前かならまだ分が、一ヵ月もわれる様な事、私にはに覚えが無い。

「これは誤だ」

--------------------

その後の妻時々連絡もなしに遅く帰る事午前様なるった、誰と何るのか気になっ二人けのてくれないのと、女性を誘って二人だけで食事をした罪悪感もあっ妻に対して何の及も出来なかった。

るの最もでのような写真を尿は、これが逆寿ら私でも信用出来ずていたろう。

「今夜いの

私の事は放ておいて!私干渉しないで!


いくら私ってっていた、控えめで大人しかった妻の変り様に驚を隠せない。

しい母さいった風情私と一緒には顔付変わる。



「渡辺なんて嘘だたのね。れにゴミを出しに行って知り合ったも嘘じゃない

を庇いたかった?木下恵理36歳。

じ町便のにわざわざここまでゴミをに来たと言うの!」


帰って来た妻みながらそ退う言西が、は妻のいる事の味がなかった。

木下?彼女は近所に住いない?」


「まだ惚ける気



離婚してて、今は独身だと嘘を吐しいわ

そうな女も害者だか彼女に任の追は出、あなたには責任ってもらいます。

子供が手離れるまは離婚しないけれど、私のは今後一干渉しないで」


「何を言っている?さっぱり意味が分からん。一俺と彼は そのうな係では無い。いてもらば分かる」


「彼女したけれど、彼女は素直に認わよ


は更に訳尿分かなくなっ

実に彼女は何のだ


女のどちかが嘘を吐いる。

妻が嘘をいて私を陥れるなどとは考えられないが彼女もまた嘘を吐けるには見えなかった

--------------------

は彼女に事情を聞くのが解決の近道だと思い、持ってい信所便の情報が知て、翌ると妻が隠しそうなころを探してみた。


すると子供達が開けの無、私の寝室のクロットのに、興封筒に入った女について報告者を見つける事が出来たのだが、その私は見なくても良い物てしまう。


それ宿と、葬儀や法事時に身に着ける黒い下着白か淡い持ってった妻は考えられない赤や紫などの原色派手な着を見付けてしたのだ


のは誰かと会って相談してか、誰かに付き合ってもらって憂さを晴らしているのだろうとは思ていたどんなに遅く帰っても妻のして、このような関にな男がいるなどとは夢も思


鈍感だと言れるかも知れなが、一緒にいる相手は女性だと勝手に思い込んでい

しかし、う考えると最近化粧も派手になったようにえ、考え考えるほど妻に そのような関係いる認めざるを得なくしま


は私の知らない男と抱き合っていキス交わいるあのような派手な下姿で、男興奮させいる

、私以外には見せた事の無い苦痛にも似た表情を見、私以外には聞た事の無い恥ずかし声を上げている


苦しくな私は携帯に電を入が、やはり電源は切られいた。

「誰と何た!」

は関係しょに干渉しないと言便ったはずよ!


私は初に手を上げた。それも愛しているはずの妻に。

もう離婚よ!

は一泣き続け、この日を境に子供達の手前一緒だった寝室別にる。

--------------------

木下恵理、36歳。

年前に離婚していて今は中学生の娘暮らし。

町工場で事をしなら、夜は小料理イト。


は報告書かれていたアパー退ってみようと思っが、一に暮らし事が気アルト先の小屋に行てみる。

その小料屋は我が家か外と近くにあり、歩いて分ほの距離なのだが、小店なのが付かなかっ

女は私を見るなり驚俯いてしまう。


「恵理ん何簿ていの。お客様におぼり

涼しそ寿した色っぽい将にうやく顔をげた彼女はおしぼりを広げて渡してくれたが、は目をさずに手も震えてた。

彼女と話すチャンスをいたが、色っい女将と美人の彼目当来る客で絶え満席にもいるで話ない。

仕方くこ日は諦めに出ると、彼は私る振をして出て来た。


んない」

たいるから、このァミレスでています


私は何も・・・・・」

「そならアパ綿きます」


ないで。娘るから・・・・・・」



30分ど経ったが、何質問しても「私は何も知りません」と言て涙ぐ

「私にも娘二人いますまま退家庭は壊れてしって、ばらばら

女は顔を上げると、縋様な私を見た。

の日記てしまったの・・・・・・娘は勉強が好きで・・・・特に英語が好・・たらしたいって・・・

もお金がいの知っているから・・・・生活の為に昼も夜も働いているは・対にと書いてって・」


私の裏にと娘が手取り合って、必死に暮らしている姿

かしにも大事がいる。


「自分の幸せのために私の娘達を犠牲にするの!」

彼女目も憚らず崩れる。


せめて誰に頼まれたのかだけでも教えてくれ

彼女は迷っ末、小さな声で言った。

青山さん・・・れ以上は湿て下さい」

身近いる便人間で青山という名、他人娘の留学を援助できるだけの由になるお金っている男。

私にはれだけ十分だった



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様