2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

逆転




生にとって一時成功が、ではないし、失敗わりないと近頃は思うのです。

生きていれ色々をするもですが、それに向き合う事で、初験がのものとのではないしょうか。

処にでもありそうな、下らない話ですが、薄っぺらに生きてきた私には貴勉強となりした。



そこそこの大学業し、全国区ではありまが、一様、地元では名の通った企業に無 事就職しました

人の言う、苦労知らず道を歩んでいただと思います。

自分りには挫味わたつもりで、人わせると、そのは世間知ら甘ちゃんだと冷やされてしまいます。

みは10年でも我慢出ると言いますが、私もそ感覚で自分の悩みは大物で、人の悩みは小さな物にられな物なだと自覚していす。


んな5歳で3年後入社した今の妻と職場したので

社当時野性的な美人でらも性的な雰囲 その風貌をり強いンパクト、男から か尿り人があ存在でし

業柄女性社員の多い職場でこれ程、人気のるのも珍しでした、私で まぁまぁの容姿人でした殿派手なのがいるなと思うくらいにし思わず沿それ気にるでもな過ごしていました。

、多数の男性社員からデ込みけてうで食事を付き合う程度とも真剣な交際に発展身持ちの堅い女で通た。

振り回されが高な女と、悔し紛れに言って回っているのを耳した事何度となくあす。

の私のった幸せ?に結び付くのですが・・・・・

しかし、ここに至るまに、これまの人生観が変わてしう経験てしまうのす。

--------------------

妻とあるプロジェじチームとな、残業続き、帰り遅く、一緒に食事や飲みに行く機えた事互い親密になきましたが、私にとてはールレンドの一人にしか過ぎせん。

ましてや、同僚が言うように身持ちのなら、それ上の深入りはが恥を掻くだけと思い、ある程度距離を取るのが賢明ろういたのです。私だけは高いもすから。


んなあ、珍しく酔っ彼女の口から意外な言葉

「私は貴方にちょ興味有るですけど、先輩はどですか

えっ?僕に?」

・・そうす。何不良ぽくて、でも時は真剣で、ンバラな所ってもじま迄いい男はいぱいいたど、先輩みたいな人は凄く年上の人にしか、いなかたわ」

さりげなくってののです。

まさか彼 そん事をるとは思っもみで、かなり驚いたでした。

若かた私は怖いもの知らずで、納の行かい事であれば上司るのも日常茶飯事、そ沿摯でした。

当時、そんな若も少った、女子社に支持されたのだといます

この時の妻も異質な雰気がに入っも知れません

強そうな顔をしているだけあっ、こんな時積極的のでしょ

それも私は男です。「それ光栄格好を付いましたが下は伸びていた事でしょう。

、そんなを言われて嬉し婿くない分けはありませんが、これをに交際たいとも思わなったのは、それりに交際相手が多たからだと思い

ていた訳ではなかったので、そな態度ールに映ったのかもしれまん。

れが女心を掻き立て計算はしていせんたが。





それと言うもの、彼女からお声掛繁で、れまでのールフレンド(セクスとは少しずつ遠にざるおえません。

女の押しに負け、付き合いが始ると同僚達のやっかみも多かったですが、そは私のプライドをくすぐるかあません。

しか、彼当たもそれなりで、庇のに一苦労したのを思います。

んな結婚を会に退職させました。と言うよりは、夫婦での勤務は認めらずらいがある職場であったのが大した


少し早い婚でありましたが、同齢の他める者りも給料く、贅なけ食べて行けろうと思い決断した

れでも、厳活だっなぁ、あ


年も経たないうちに2娘にも恵まれ、それなに幸せでしたが、想以上に勝気な妻の性手を焼き幾度と無く、離婚になりそ喧嘩もしたものです。

何せ予想はしていたのですんないのは験がありません。とも表のしようないです

、私が世間知らずだからと言われば二句も出ないのですが、にかくったは、んなに私が正論をうと自分の考を絶対に湿ないです

っては妻からアプローチはなく、私が熱烈に言寄ったのが由だと当りのよに言ってばからないのです。

一事万事調すから、想像して頂ければ理解い頂けないでか。一般簿んなものですかね?

便に話しても理解しようしない態度は、ているのものです。


そんな妻との生活ですがそれなりに幸も感じていたび人の面影もなく活をたので

何せ、結婚態経がないのでんなのだうと思い込んでたものでした

の強気な性格が私には苦痛に思える時々ありますが、幸せそうな顔している他の夫婦もでは分かり

性格的には合わないかもしいが、人前に出して自慢の来る容姿いる妻は そいない

私は人生経験かったのでうねそんな事で自分を誤化していました


かし妻はそ活だけでは、満足していたよ寿うで

--------------------

、妻専業婦にき足らなくなっでし

。仕事を始めもいかしら秋がめて簿る会社で人を募てるの。貴方が良から社推薦して


秋とと同期で入ってき社員で、ぱり結を機に退職女性すが、その後、離婚し1人で子供を育ててる妻の今も続く人で

「仕事かぁ?生活に困ってゃなんだ。生に歪が出来る認めいぞ」


「大夫よ。残業はて。5ら、退んなに遅くも6時にるわ

それら夕食の用意をしても貴方には迷惑を掛けいと思うの。

、子供達も手が掛からなくなったしいでしょう

私こ、糠みそ臭なりたいの御願い。いいでしょう


その頃娘達も高です

時間の仕事な婿まだしも、9時ら5迄のルタイムなはないのか?

の仕事をしていればいいとまで、古い考えがないと否定は出来ませ


宿供達んだ?


の子達には、もう許を得てるの。かえって私が六時中居ない方が退よ。勿論、誰にも不自由はさせいわ。だからいいょう?」


れ迄、習い事のサーク使たり、娘の学校の役をしり、積極的社会に関わって来てはいたですが、上昇彼女物足りないたのかも知れま

確かに子供はありすが、過しないがては己責と言う育が行き渡り、問こす事もありまでしたし、親にきにしたと言う態度でた。

んな子供達に育てたのですから迄よくやってくれていたのう。

それを思は今家庭を守って欲しかったので妻の望みに反対る事が出来せんでした

勤め始めたは、生き簿生きとし、内心では反対した事をなく思いもした

通り、帰ると食事の用意出来ていて、今迄と何も変ない生活を送々でした。

ら1程経って、微妙な変化が訪れます

--------------------

てかららくは、私く帰り、夕食の用意もんと、職場で私が煩いと思う程してのすが、1年位った辺りから、まり話したがりなくりました。

が妻の職場の話をても はぐのです。


それどころか宅時くなる事が増えてきたので

私も湿帰れではありませそれよりも遅い事がしばしば。当夕食の用意もしてありません。

子供達が不満を漏らすの無理ないでしょう。

宅時私と目事を避けるよ室に向かいます。

『何か変だ。何

当然湧きりま


ある堪りた私に問い掛けました

初めの約束と違うんかな?

仕事をしていば遅くなる事もあるだろ

しか頻繁が文うのも当う。

家事に差し支えるようなら考えてもと」


問い、妻は勝気な性格を間見ます

「私はこれでも会社で重がられてるの

っちゃど、の辺の無能な男よりは事が出来のよ。

確かにこの所遅くる事多いれど子供達にはちゃんと連絡してあわ。




だっ社で必要とされてを喜んでれていじゃの」


そうう妻の顔は、般を連せるものなのです

こうると何をって水掛け論なってしまい、思いるだけでしょ

これまでに度となく経験しての嫌な一面です。


・・約は約束だ。るべく早く帰っていよ」


「貴方に言われなくても分かってるわよ!


が強にも程がありつも通り自分の意見を曲げません

ない話私はそん議論するが嫌大半のは避けてました。

処の夫婦もと自分に言いかせて来いましたが、これからの長い婦生活をるとストレスなっていま

私もして温く、どちらと言ば我侭なだだっ子と自しています。

『こ結婚は失敗だっもしれない』

な時の片隅を占める正な気ちです。何度そんな事を考だろう

子供達にはし訳ないが、自分達の考え方の違いもり合えないが経てば、必然的に会話のい関係なっしまうのではないだろか?

いや、沿うそ夫婦なのかもしませ

れがとって本当の幸せなのだろうか?

しかし、私の疑念はだけ晴れようながします

でも倫に走っていなら、あん言い方は出来ないろう

甘いで?甘すよね。私う思います。

でも、その尿は、らそでいい。

その時の腹は決まっている。

そうなので

は この失敗もう心の中では結論を出してたので

は少いるところあっもう少し優しい女性がているのと思っています



私はある断をしていました

子供達が高卒業した離婚も含めたからの話いをとうと

私のそん考えを見かす調ように、次のは、私が帰るとしくを下げて


「貴方、昨はあんな言方して御免なさい。

とは思っているの。でも、私は素直に認めらのよ。分かっているんだけど出来ないの

に嫌な思いをさせてると思う本当ごめね。

それで、昨日の事なんだけく残業いようにする。

今日、長に御たら了解してくれの。

でも、水曜日だけは残業してくって。貴方、週1日だけて」


んな妻の面食ったは、またしても妻のペスにられてしまます。


週に1日くらいらしょうがないな。後の日は俺にはまだし、子供達事はちゃんとやてく


「分かっていますせてちょうだい。貴方は事にち込でね」


に1度残業で遅くなる。それを許可た私

しも妻は、私がく様事をしているのなら、そ了解したのもょう。間抜けな話で


しかし、曜日の残業とされたのなら、拠を掴むなった事実です。

まあ機会来たらよう念が、また頭もたげますが面臭いのです。


離婚言う言葉が頭に浮かんからにもこんな感で後回しにしてしまいま

こん私にの妻んな情を抱いているのょう

きっと、のない情けない、のぐさな男と映っている事でう。

も、初めからこんな男だった訳ではありません。私もう事は言っていので

しかしその末が私のいるのと違いちが疲れてしまっのでし

んなと他人が見たら、きっうだ宿らない駄亭主に映るだろうなと思います

も、もっと男らしり合えばいいにと言すもの。

尿も疲れた本当そんな事に

何時、そら俺男だ。きちんと落し付けると思っていても、中々そん時は訪ませんでした

いや、な時もきっと逃まうのだろうとさえ思っもので

--------------------

妻の残業の水曜日た。

やはり、帰宅は私よりいようで

事は娘達がてくれるのではしませ

妻の様子細かく観察してやろうと思ってい

10時をとに回って妻は宅し

、私には視線を合わさず浴室へと向います


「食事はすんのか少し話しでもしないか?帰る呂でもないだろう



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様