2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

戦い




5歳、鈴4、結婚21年を迎た夫婦です

私は昨年の支社に単赴任をていま幹線を利用すれば 2時間半程でるので、余程の事がい限り週末には家へ帰って す。

も仕事を持っているのです、やはり・日曜休みなので、月に一度は掃除をて 赴先へ来てくれいました

娘は遠く離れた所の大学行っているで 1暮らをしてい、1つ年下の子も昨年の春より大生と、1人暮しを始した


私には変妄想癖が有り会った事も無い妻の会社の社長上司同僚どとをして、私しか男を知らない妻が乱る姿を想像しては、1人興奮しありました

かし実での固い妻に限っ 現実に事は考られず、また現ってしまっては興奮るどころか 耐えないと分っていたので、あ湿でも想だけのはずで


昨年の1月ら2月に掛けて、妻に少不振ながありまたが不振な事と言っても普通でも無す。

し、また私妄想癖が始まり、赴な夜を埋るために、形式 小説風に書き妻に対する嫉心を楽んでいたのですがれはは無くなり、戦いまりま

これは その日記を元に書き直した物

--------------------

2月22日(土

妻の様子が変なので、今日からパソコン記を付けるにしました。

ただ、妻といる土曜、日曜は書けないので 後日ま西24日に書ています


朝、妻が朝一のてく、掃除や溜まった洗濯物付けてくれした。

いつもなので月は2回てく貿た事ります。

私達は月に一度、妻が赴任先に来てくれた時にスをした


夜、に迫ると、

「生理が来た駄目なの。ごんなさい。


「今月来た急にったと言って駄目で理で駄目

帰った時は子供がるからって出来ないだろ

生理になるのが分かっていて今日来

なっまだ1回もしてないぞ


ごめんなさ

は、勤めの仲間が辞めたので、土曜の合う者だけで送別会をするの。

うそんな歳でもなでし


も有りしたれよを抱いると何と言え安心感が有、この身赴任してから、一層強くなったような気がます。

--------------------

23

昨夜、文句過ぎたで、怒って早に帰ってしまいた。




少し言たかと思いますが、スが来なかっ便らだけでは無いです


今年になって、妻が何か変わたような気がしてました。

何がうのかとも答えられないのですが、長く夫婦をしているには分かります。

妻も決しクスが嫌では、むしろきな方でた。

れの普段清楚さから想像が付ど激し、上にった時の使いは誰が想像るでしょう。

昨年供達がいい夜にした時は、妻が3回絶頂を迎えた後出したのですが、、まだ許してくれずてきう一度させたほでした。


その妻が、ヶ月も無に平気な顔している。

って浮気は考えらないながも、な予感がして仕方がません

--------------------

3月1日(土

妻は、朝から、私がった間分の洗濯物を洗ってくれいます。

週の事をているのか、昨夜帰てから 何とく不機そうだったのですが、昼食2人で食べいる 笑顔も見せるようになり、少しほっとしした。

妻の事を疑いるのに、知らぬ間にを取ている自分が情けないです。

達と宿けて、で帰ので 妻を誘いましたが。

「こんな昼間から何考えいるの?信い。

寿りと断らしまました。

方からは、送別会に出掛てしまったので、を持した私は、の下着チェうとスを調べました。便

の下着の入っているらないので、いくつかけて調ると、やっと妻の下が入っている引き出しを見つける事が出来、浮気をしていると下着が変わると聞いたったで、もやと思いましが、慣れしか無安心しまし


まだ気で疑っていなかった私は、探偵った気分で他のタンスの引き出しも、隅から隅調べにし、一番下の引を開け、昔着てい類や普段あまりない物が入っています。

一番奥懐かしいセーターを見つ出しみると、下には隠すように綺麗なが有り、そこは見事も無ていま

アダルトショップで売っいるような物では無いのですが、ハイレグなど、色も形も普段見た事も無ような派手な物ばです

妻は、浮気してるかも知れないと思い、下着の事い詰くて 寝付かなかったのです、ベッドで横にな、色々事を像しいる内に眠ってしまいした

--------------------

日(

朝目と、妻は、隣ベッドまだ寝息を立ています。

起こないうにと寝室を出て脱衣場に行ってを調べると、に脱だ筈の衣より下に、黒い小固まりを見付けに取って広ると見た事も無西パンティーとでした。

れも、パンティーは洗ったらまだ濡れています。

居ても立ってもいられず、寝室に戻って妻を起しました。


夕べは帰ってき

1時頃だと思います。遅ってごめんな。名惜しくて。


「嘘をつけ。稿も覚えいるり美鈴にめの趣味は有ったか

んなさい私の勘違いかな?2時だったかも。れよなの?朝ら変な事ばかり聞集めそんな趣味は有りません。


それなら、タンスのの引き出しにってい箱の中は何れと、 着は どうった本当に別会だったのか?


濡れた黒い下着げ付けまし

妻は、一瞬驚きの表情をしまが、その後 泣出し


「酷い。浮気でもしている言いたいの?私は、あただけをて来たのに。下着も隠じゃ無くて、予備有ったのです。

枚駄目にな、あから1枚使っていました

の下ったのは帰りの稿車で トに行きたなり、家でもつと思ったけど、少・・・・・

でしたは私のを そういう目で見ていたの?」


の件も、予備してはでのとは違い 派手な物ばりで到底納得出来ませんが、浮気の確証がった訳で無く、、女の涙にに、後ろ髪を引れる思い 赴任に戻りました

--------------------

3月6木)

会社からると、毎晩事を考てしまい

が知らない男に抱かている姿想像してまい嫉妬で狂いそうります

私し知らい妻の姿を他のってしまったのかとうと、今迄のように嫉調を楽しむ裕など有りませ

に妻を抱きたくなり、妻めたく、電話をした。

「年度末く土日のちらしかそうも無いから、今月だ宿は美が来てれな?」

そちには行きん。あなた疑わたまま会になれません。」


「来の5日まで帰れないぞ。それま1回も来ないうのか?

頭を冷すの、丁度いゃないですか?」


こんな時月もえな苦しさか逃れたくて、ま浮気ていと決た訳では無いと、自分に言い聞かせまた。

変なものでこれを書き出た時は、無理おうと自分い聞かせてましたが、本当に浮気てい可能性があ今は、逆簿に妻の行動浮気では無いと否定して

--------------------

3月15日(土

土日のどちらかめる思っましたが今週も週も休めそうも有りん。

来週の3連休まった息子の引越しですが、達に手伝って貰うので 心配らないとメールが来


夜10時頃電話をすと、息子が出たので、手いが出来ない事を謝に代わるように言う事仲間事に行くと言って 出かけたまままだ帰ないと言われました



0時う一けると誰出ません

息子の部には電話が眠ってしまって聞ないのだろ調いました、私達の寝には話が置いてあるので、っていればは起きるはずす。

妻のけてみると、なん。

めて切ろうとした時にこえまた。


「なに?頃電話てくるなんて。何か有たのですか?

いや、別に。に掛けたのだが出なかったの。食事会て?

そう。友と居酒屋で食事してくなっった。も ます


居酒にしては や、微かにBGが聞こえます

それに、電話にの妻の遣いは、かなり乱れいるように感じました。

は動揺して、の後 何も言わずに電話をまいまし西

--------------------

3月29日(土)

日まと思っ仕事も、ようやく昨日付きました

あれか殿らの私は地獄の日々で、仕で疲れいても、マンョンると 妻の事考えてしまい深夜まで寝付ない

心身とも疲労困憊しいましたが、みになった事を告げずに赴家に着いたの夜9時を過ていました。

子は、既に1人ていて、が1人で待っているはずの家は留守だったで合鍵開けてると、疲れから食事ってしまいました。

--------------------

30日(

目が覚のは午前た。

、妻だ帰っておらず、コーヒーて、スト目玉焼きをべていると暫らして婿て来た妻私が居る事に驚き、何も言ない死で言い訳を始めた。


「友達相談乗ってしいが有るから 家来てしいと頼まれて、話が長くなってしまったの帰っても誰もいないのなまっていと言ので 泊めてもらったの。

帰れのな連絡し 早く帰っに。ごんなさい


う言い終る返事もし残して、慌を浴びに行きました

ないようにバスルー行き、いなりドアを開けると、物音に気付いたで前をした格好で、背しゃがみ込んでい、真なパティけがシ打たれていま

た。急なの?恥ずかしいら出退行って


「下着を洗っていか?また少し漏したか?れにしても見た事もい派手ンテーだな


妻は無言でていました。

チンって冷めたコーヒーを温め直して飲んでいると、戻っ妻は、ま生懸命い訳を始めました。


当は、気分転換るから 時々派手な下着を穿いていたのだけど、こを着ている事を知られるいくら夫婦でずかいかてあの。

それで、あなに見からなに洗濯して隠そうと思て。この前いてごめんね。」


妻のを確信しましたが妬心は復讐心にわり、意外と冷事がも不思議で

讐しも、相手が分からず証拠いのではされるだけです。


「も分か鈴をじるよ。そより2人だけだかからどうだ?」

気にはなれないのに、妻の反応を見るために言姿と。

「ごめんね。こんな昼間嫌な。誰客さんが来るかも知れないし、かなくて。

想像おりの答えでした


「来は私がらそね。

の前までは、もたくいと怒っていたやはり後いのか、優し口調の妻に戻ていました

--------------------

4月5日(土)

今週は、こちらに来はずの妻が、過ぎも来ません。

電話が有り。

「あた、さい行こうと思備していたけど急に気分悪くなしまっ年期障害な?早は も歳でって


・・・・。それより供もいないのだし、美鈴もこちらでらさないか?離れてらさないだろ


仕事辞めれば、今はにお金が掛かるので的にくなるのは分かっいまたが、なぜか無性に寂しくなったがそ言うと


ごめ。それは出来いわ今の仕が好きだ、今辞めると会社にも掛けてしまう。おい、続けさせてもうしで、あなたも戻って来らしょ?


7時に電しまし、妻ません。

沿回も電話しましたが、結局使ず、られてい繋がりませ

うやってか考ながらベッドに横になりました、浮かでくる、妻の白い裸体が他の男にている姿す。

妻が男に跨、腰振っている姿です。

--------------------

4月6日(日

悔しさで、とうとう何回も電話し続ました、妻が電に出たのはもう朝の8過ぎていました。


何処かにか?夕べ9時頃に電したが出なかったな。携帯も切らし。」


7時かまで、話し事を隠してくと。


・・・・・ごめん。あなただった



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫, ハメ撮り, SM_調教, 修羅場・人間関係, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様