2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

本性




私、宮本也(仮名45歳妻、仮名)45歳、大学の娘高校生の息子がい

き合い出したのは高校3年の殿、とかく誰しく、真面目明るくクラスでも人気が有り、勉強ないでに明け暮れてい調に、どう宿付き合い西てくれたのか、自分でも不思議したが、とにかく妻に嫌われなに真面目になろうと努力し、妻のおかげで三流ですが大む事も出来まし


大学4の時で死に、私は思い切って大学て、父の社を継ぎました。

会社とても従業員3人の小さなですが、事も順調なのと1人になっ寂しさから、短大銀行に勤めていた妻と、1年後に結婚しました

は、子宝にも恵まれ毎日が幸せで何年ても妻への愛は変わる事なく、妻のり私の せでした。


息子が中学の時業主婦だった妻は、Aの母親部長を、久しりに見、はつらつとした妻姿にも有っのですが、

は、結婚ら妻が他の二人話をしていたり、窓会へ行くけでも心穏やなくラするぐらい嫉妬心が強為に、不安の方が大きかったです。

しかし妻には、嫉い器の小さな男とれるのが嫌で、を偽り、平静を装いした。


妻は、会合から帰る必ずその内容を話してれるのですが、何回か出席するTA会長の加藤)という男の話しそうにる様になました。

隣町にある大きな工場で部長をして年はで4年下さん、娘人の人家す。

親切で話も面白、気さなとてもい人だと妻は言うのです、あまも頻に名前が出くる事、会合は夜が多いに心でしたがからの癖で、心中を見ず快く送いました。西

--------------------

そんある日、夜の会合にたはずの加藤を連れり、聞くと、副会長に急用が出て2殿ってしまい、

人だでは気まずく、私人だで会嫌だから、家打ち合わせをさせいと藤かだったのです


2時間ほど話をしましたがが言う通り気さ面白何より回の私で、今まで不安は消え、すっかり加藤を用してしました

後で分ったが、今事は、加藤が最組んだ事あらかじ副会長出席出ないを選で我が家へ

がどういう男極める事好きなった妻がをしているのか、てみたいというらだっのです

ただ加貿の誤算調は、昔の私知らな事と、妻の前での私しか見ていないの妻を寝取られても泣きするやさしいだけ大人し男と思まった事です


息子業が近くなった頃 妻が、

「あなた。4月から勤めに出たら駄目かな。」

に最近不況沢は来ませ、親子べてのには困りません。

「今の生活で


「違うの今の尿活には十分足しいるけど、子供きくなった事だし何かしてたくて。・・あなたのは無理しょ。」


「ああ子が人辞めてわないとなあ。今そんな薄情な事は出来いし・・・。それこの歳でめられる所は有るのか。」


「え加藤さんが、私パソコンも出来るし、以前銀行に勤めで、の事務に是

ら5時までのパートで残業は無し約束だから遅くても5時4分位は家れるらいでしょ

・・お願


の所なら心配ないか





「決までいい。ヨーシ、食費ぐらは稼ぞ。


やはりお金か。」


簿ははれた。


加藤『百合子と こまま疎遠になりたくい。』『何とかてやるう思いからだとは知、妻 ずるずる加藤にはってきました。

--------------------

が勤めだして寿月ほど経った曜日の6時頃、妻話が有り

「あなた。めんなさい・・今日・残する事なって・

「残業はしい約束だろ

「・・に1人辞めって・・私け帰るは言くて。・・ごめんない。」

百合寿の立場もるから仕方ないか・・。帰りは何になるんだ。

「・・さい。・8時帰れると思います。・・子供達食事お願いします。・・・・・・ごめんなさい。」


時のの沈だ声と、「ごんなさいう言葉がやけ多いのが気になりしたが43歳の妻が1日残業するぐらいで、何をているのだと思い直し、電話を切りました


しかし次の金曜日も残業、そ次の日も残業と3週も続き、帰りも8時時になり、0時になりと段々遅くなり、

また妻が ほとんど笑顔を見なったので初はているからだと思っいましたが、流石何かあると思い、

次の金日の8時頃社へ行っ、工場は真っ暗したが事所に電気が点ていて、人影も人か見え殿取りし苦労だったのかと帰ろとした時、

に妻の車が事に気いて、妻の携帯に電話し退ましたが、 れていて繋りません


ば、そのまま張り込んで決着付けていれ、私にとっ番屈的な場所での、今でもら離ない妻の姿を見なんだですが、

は気が動転、どうしたら良いのか分からずに、急いで家へって妻の帰りを待た。


1時帰って来た妻寝室まれて行

行ってたんだ

「エッ・・・会社にいまた。」

「俺は日8時頃に、前の行ったんそうしたら お前の車は無いしも繋が便かっ沿おまえは何してい

しばく妻は、言でたが、目に涙を溜めて

コンビニにみん夕食を買いに行っていした。・・・帯も仕事の切っていて そのままいましたんなさ。」

妻が精嘘を吐いていのは、ら分ましたので、そめましたが、何を訊いても ただ謝るだけで、何も訊せまん。

その夜は、かなか寝付けず

『もしでは無かったら、俺は百合何て言ってしまたんだ。』

合子に限て浮気なんてない百合は今も私を愛てくいる

か訳が有るに違ない。・・・しかしに言えない訳ってだ。

『そう言えば、残業の日は帰ると直ぐ呂に入ってる・・・。夜も疲れたからと言て・・・・

『もしも浮気だとしたら相は誰だ。・・加藤・・・・い、それはり得。』


日後、私のてい悪の結果だった事をからの話で知りま

主人この度は申し訳御座いまた。

残業は させない約束だったのに、夜遅くまでてしまって。おけに弁当まで買いに行かせて

しばく残業をお願した限り早く帰っすの、宜しくお願います


「分かりました。」


一言だ返事して、こら携を切ました。

『妻は嘘ている。という事は加も嘘を吐ている。』


加藤は弁当のい訳まで知っていて、私番号までる。間違いない。加藤と妻い関係に。』


『妻加藤だ密・・。不。それしかない。』


『あの妻が私を裏切った。それも相手は信用いた加藤。


の前っ暗になの場に座り込みましたが、くして、貿付き合うの、てい頃の囁きた。


『悲しんでいる場。復讐だっ殺せ。』


今の私が囁きます。

『い。今のお前にだけやれるのか。・証拠だ。言逃れ出来ない証拠を掴むん。』


ぐにでもで行って殴り倒したを抑え、まず拠を押る事にしましが、の事で警してなかなか尻さない可能性も有るい、こちらから罠を仕ける事しました

--------------------

度、今週のと、息子は遠征、娘友達と旅

には知られたいのとの我長く続きそうも無かっこの日しか無いと思

「百合子、この間ごめん。事の事でイライしていて、変ないをかけて。」

いいえ。私こ心配をかけめんなさい

が有る為は俯いたままです。

急で悪いが、週の金曜から いつもの釣り仲間と、2泊で釣りに行って来る

気をてね

あ、仕事西来る。」




し、これけで全では有りませんしても、妻ら進んで浮してるとは思えなかったからです

らかので加藤に脅れて関係ってれば、私が留守にする事を加に教えない可ある思い

次の日 加して電話を貰った時のび、の話と趣味の持ち込み、今週末は、以外誰いな、それとく告げました

そので、妻をい正したい、加藤を殴り殺したいという気持ちを抑えれない様に平のが、気が狂いそな程かったです。

--------------------

いにそ日が来ました。

妻は人き時、殆ど笑顔を見せなくていたが、妻が出勤するに昼頃 出掛ける事を伝えると、し振りに少し笑みた。

せている事が、ずと辛ったのしょ

日から3日は、苦しみから解放され微笑だったと思いま

は、車に釣り道具とメラを積、家をてからレンを借りて乗換えグラ、帽サバイバルナイフを買って、妻の仕事が終わのを早くから待っていると

は、5時では無く4時過ぎ社を出、車にり込み車場を出ました。


今までが金曜だったのうなら今日かないと思っていましたが、まだ心の何で、間違いで有てくれという望持っ調いました。

しかし、行をすと、妻は、小園の駐車場に車をやがて加藤の乗っい車が横に止まり

妻は、あたりを気にら後席にり込ん、私な望みも絶たれ、でも怒鳴り込みたい衝動え、

言い逃れ出来ない様に、ホテルに入った所を殿尾行ました。

ころが、気付かれい様にを走っていたのでで信号機に捕まってしま不覚にもを見った

焦る持ち

この先にテルが4、る。そこに違い。』

を飛して、全てのモールを調べました、加藤の車にも有ません。

時捕えていればこうなったら証無い車の所で捕まえてぶっ殺す。』

--------------------

全に切てしまい公園へ急いで戻りましたが、その車は無く、わりに加藤の車てあ

訳が、分からずに、1時ちま戻っきまん。

今頃 加は百合子の身体を簿。クソー。

しかしどうして乗りんだ妻の車いと行ない所。

小さい車でないとない所・・・。い戻った・・・それも加藤と

ない。日は誰もて来妻の車加藤がて乗って行け西ば近も気付かれな。』

しか、いくら何でも百合子が我が家へ男を入れるだろうか。』

私の家は かなり古いが、敷地が広くいうえに趣味で結構大き木がある表かではの様子が分からず

に車止めてポケットにナイフれ、カメラを手に持って入っくと玄関横の客間と、客間横の部屋から廊下で繋が離れに明かりが点いています

離れは私の寝です。

合鍵で裏から中に入り、メラを構えて そっと客間ドア開けと、そこは妻の服と下着が便ぎ散した

いつら俺たちの寝す。

は、怒りと憎し妬と寂しさでが震えて、ソファーに座り込み、

人とも殺すのか。・・、百合子の事は まだいる。それの世も一なられは嫌だ。

しも加藤にされてとすれば・・・・訳をてからも遅くない。』

し、だけ殺そう。・不倫の証拠写だけでも撮っておしは罪も軽くなるろう。』

かれない様足音忍ばせのドア婿までからが聞こえした。


く聞こる様に、ドを当て

イイ〜・・イイ・・アッ・気持ちイイです〜

「どれ、百合お気に入りの、大きい方のイブに替えてあげう。」

「ヒィーもう・う・我慢出せん・・百子の・ください・ア〜・・使アッ・・そんなした・イッちー」

「おっと。のはまだ早いぞ。」

「イヤメないでー」

何だイブでイかったか。

「違いまイブは・ヤー・・ア・アッ・百合子は・宿好きなチン ○で・・イクのー

そう、そうか。でももうこれぼうな。」

私は、るで他人の情事盗みきしている錯覚に陥、聞き入てしまました。

「アアッ・イイ・・持ちイイ・・ン」

ッたら目だぞ。イッたは、合子きなン○いぞ。朝までバイだけでいいのか。」

・アッ・アッ・メです・ン・・我慢出来

「百合子本当に俺の○が好きだなよしよ今入れ・・・た穴にな。」

イヤ〜・はイすー・・百合子の・・マンに・合子のマ・・入れて下い・・ア〜ン」

「本当は百合子も尻の穴入れてしいんだろ。この前は指だけもヒーヒー言って、歓んだじゃないか。」

「嘘です・後ろはイヤ・アア・・イヤー」

「駄目だ。俺にって嘘を付いた上に、このでするのを嫌がった罰。」

「アア〜・・ごめんなさい・・ごめなさい・アッ・ごめんさい

最近あん従順だったの、久に逆らたおきをしないとな。」

めんない・アッ・アーン・・もういません・ンコ○・・百子のマン○にくだ寿い・アッ・アッ

いくら謝ても駄目。百合子んなに々を捏ねるかバイて来るのがやっとデオや他の道具をってれなかったろ。」

「アア〜ン・ごなさ・アン・・ごめんなさい・アン・アン・・アーン・

ほら、い様に百合子のお汁を塗ってやるかバイブ自分持っもっ尻を突き出

イヤ〜・・・ごめさい・ッ・・ア・後ろは・・アア〜ン」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様