2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

鬼畜




飲みながの正月を思い出しした一人で過ごした侘しい正


は結婚して妻の家に入りました。

は、妻が高校3生の夏に父親が急死して、子家庭た為に、妻の母との経を考えの事で

名字こそ綿えなかっただ質婿養子の様な形で、妹妻とよく似可愛を21産んでいた為に若く綺麗で父親と兄2人所帯だった私には、居心地た。


後2の子供にも恵まれ、妻は子育てとートでいながら、明るく元気一杯の生を送ってですが、下子供が幼稚園の年になった時、張か帰ると妻は元気有りませ

何か有っのか?」

「あたには妹の婚費で助けもらったしなたに家族を背負わ来てい辛ど・・・来年・・・・大学をしてみたい


一瞬、驚きましが、妻にの死により妹のえて進学を断念して、家計を助け殿為に勤めている会したという経緯がありま

「裕子も子育やパトで張って来たから俺は構わないが、お母さんは何と言っている?

まで上に、貿達の事で世話を掻ける使ら、俺よりも先はお母さんの許可得なければ」


は、には既に了解得ているの


れなは賛だ。行けよ。そうって試験に合格したらの話だが」


「本当にいいの?あなた、ありがとう。

学校の教師なるのが子供らの夢った

でもんが死んだ時諦めたはだった。

ートは辞めてしまうけど、大業した例え教師は無熟の講師でもでも返すから


には趣味だ言ってを見付けては勉強を続たのは、夢を捨て湿れなかっのでしょう。

の日ら猛勉強まり、翌年、は見事歳の女子大生になったのです。

強ばかりしていく、私とき合で遊を殆ど知らず化粧や服装も地味だったのすが、それは女子大生になっらず、でさえ一般生よも歳が一回り違う、浮いた存在に成っていないか心た。


達は来ないか

たまには一緒茶を飲とか、るとか、多少したらどうだ?

れに、もうの服を着たが良くないか

その位余裕は有る?」


「友、仲間たいな達は何人も出来たけど、そんな贅沢はできなわ。なたやお母んにも、これ以上惑を掛ないし」


心配をする事になとは考えもしませんした

れと言うのも、2年の夏を過ぎ辺りから、妻の容姿が どんどん変わてしったのす。

髪を長く伸ばして明るい色に染め化粧派手にた為に5、6歳は若くなりました。




い娘が着ている様な物に変わり合いだとって帰りが遅くなる事も、子供をに任せて休日に出掛けりましたが、若い時苦労させた負い目が有るの母は何も言いませ

も、ただでさ7歳も若い妻若くなり、可愛く仕方が有りせんでした。


しかし、3年生になる更に派手になっていき、ラインを調した服や、今にもパンティーが見えうなニスカートま穿きだしたので、流石に放てはおけません

い、3歳で そのスカトは短ぎな胸の大きさを調した服は何だ子は2人の子供の母親なのだぞ」


う?ミニスカートて、今40代の奥さんだって穿いわよ


「それにして過ぎ。それでんだだ見えてしまう子は変わったな。化粧って、キャバラのおちゃみたし」


「似合っていると思うけどなー。それ、キャバクラに詳しそけれ、行った事るの


になって青春を謳歌している

その後も妻はミのンパなど理由に、帰宅が遅くな事が増えてきます

そんなある日、飲み会遅くって終電に乗り私がタクシ中、家から300メートほど離れた所に止まていた、白いスポーツカーから妻てくるのを目にしました。


んない。交え仲間事をていて、話盛り上がっしまって、すっかり帰りが遅なっまいまた」


。それでどうやって帰っ


電に乗り遅れたで、タクーで帰って来まし。贅沢をしてすみません」


妻が平然と嘘を吐寿た事が私にはシックでした

限っなど出はずは無と信ていたの時は、ま妻を疑う気持ちなど全く無く、ただ嘘を吐か事に腹を立ていました。


そうか。最近はードアのポーツタイプのクシ有るのだな」

がそう言残し寝室に行と、を追う様に入って来た妻の目には涙がってす。

「ごめんなさい。吐きました。当はゼ仲間に送もらいした。


「誰に?


・清水君も変関係では有ん。3送ってもらってたま私が最後になっただけです


本当か?本当は2人でホテ行っていたりして」


私は疑ってもいせんが、の方が綿ってもらった事を意識していたので、らかってると、妻は声をげて否定しました


ホテなんか行っていません。彼とはの様では有りません。手をいだも有りませ


めて激し口調で、逆に2人でっていたのではなかと勘ぐまし、妻の性や同生だとすと彼との歳が以上も違う事を考えれば、変な関係にる事は考え、仮に2人で会っていたとしも、遅い青春をしんだけと、多少に見していました


かし、その後も回数は減っやはり帰宅の遅いが有り、1週間経つ何故とは目を合わなくなて会話も減り、何かと理由をてセックスも拒ようになって行きした


に1ヶ月経は、私と同じにいる事すら避けうに成っい、私が眠るま供の部屋にいるので、2の時ど有ません。


うして俺を毎日毎日不機そうをして。何か不が有っらはっきりと言えよ


「避けてなんかません。それに満なんてません。いが・・・・」


お願いとは、ゼミで旅行に行く事でし

私が目撃した車ミだ、この事を私に言い辛く悩んでいたのと また勘違いしてしまい、これで以前の様な明るい妻にるのなら、教授や他の生も一緒で、2人く訳では無いのだと許可してしまいます


行から帰った妻はるくなるどころか更に私を避けるように成ってしした

くら鈍いも、流石にに何か有るのでは無いかと疑いました。

に何か有浮気か?いや妻に限ってそれは無い。簿なら何だ?妻た俺を嫌成ったのだろうか

の中が続き仕事中も考えしまうよてしま姿体の調子が悪いと勘違いした司や下から心配された、妻と事を はっりさようと退させて貰って、大に車めてしました。


「こんな時間に、どうかしましたか?」


、裕子に尋ねたい事が有る。おんや子供達にないか、今えないか?」


で来てい事をに言う、妻は何かしたらしく、には返出来ずに沈ます。

実は、ゼミの教授に資の整を手伝っと言わていて、は少し遅くなります。次第帰りますから、話は駄すか


を吐いてい感じ、その妻が出て来るの待っていると、白スポーツタイプの通り過ぎて行きした


車のリアウインドウは、有る大きなスッカーが貼って有ったので、日のと判ったのすがンドウは黒く中がよく見せん

もしかすると、妻が助席に乗っていかも知れないと思い、後駅前のフに入のでが、に反して降りて来たのは真面目そうな若者人だけでし

(待ち合わせ?)

どちらしても普通に電車で帰るなら、妻はここの前の道を通るはずなで、の若者の席てコーヒーを飲、後ろかし声がしました。

「清水じゃない。今日こで裕子奥様と待ち合わせか?


「俺は別に・・・・


「隠すな。清水と様が付いる事はう皆がている事だ」


「付合う・・・・・」


「隠すなっ間も2人で旅行たのだろ?高速のライブインで、清水と裕様を見掛た奴るぞ。そ、こいつが貸て欲しいCDが有ったので、携帯に電話しただが、宿なかっらしいな裕子奥様とアレの最中だっ



するもう人の若者が。

「何もったのしてしってたな。

実はそ後、携に出ったのかと配で宅にも電話してしま

するとお袋さん出てゼミで旅行に行っているとじゃなか。

ミなのにけ退け物にされたと思っ、慌てて こいつに電話たらも2人だけのゼミ旅行らと聞


え、の気が一引いきました。

今までに味わた事のない程感に襲れ、この清水という若者に対し殺意ら覚えま

し、そな私のも知らない若者達は、更に私を奈使の底にき落すうな話を続けま尿


「裕子奥はどうだ


どうだって、何だよ?」


セックスっているだろあのムチムチした身体、23度逝った位ではしないだろ?」


・・・・・・・


俺も以前人妻と付き合ってが、あまりセッので別れたけて何度でも出来ると思っている。人妻は ただも激しいのに、裕子奥様はあの身体だ旅行なんか行ったら、朝まで寝せてなかっただろ?何回ぐいされた


「俺達は、そんな・・・・・・・・」


「俺隠さなくてもいいじゃないか。裕子奥の、ンコ締まり具合はど


「俺はあのポリとた唇興味がんな唇でフラされたら、それだでも出していそうだ。当然フェラも貰っているのだろ?」


達は別・・・・」


「こな。清水は童貞だったたぞ。最初が人妻で良かったじゃない退か。筆おろしは、慣れリードしてうに限る々卒業裕子様に色々ても


てもってもれなくなり、彼らの方を振り向いて睨み付けましたが度その時、妻入ってきたの彼らも一斉に入りを見た為使私が睨んでいる事には気付きせん


「おっ、裕子の登場だ今からラブホても、あの太腿はな」


「あな澄ました顔をしていの時な声すのか、今度ゆっくえて。さて、邪魔退散する


人の若は妻に軽く下げと、厭付きで全身を舐るように見な出て行きました。


せてしまってご


「メールに、事なっていてけれど稿かさなよ」


「実は・・・・・・もう2人だけでは会えな。私辛。」


どうして?俺の事を嫌いになった


そうじゃないもこれ以人に嘘を吐いて、切ってい事が辛いの」


妻はが何付いと知、彼との関係思ったのでしう。


「俺より旦きなん


「困らせないで。主君に対するいはの。私には子だってし」


「駄目。何をわれも俺ない。例いになったと言われ


違う。私は彰が好。でも主人とは別れれないこのままだと人共不幸になる」


妻の言葉は、彼の方好き子供のに家庭ると聞こえま殿

これ上はいて立つと、2人のテーブルまし


「あなた!」

「えっ・・・・・・」


「裕配し無くても俺から別れてやる。子供達事も、俺が育てら心配簿するな。い、清水とか言った、俺の家庭を壊た責重いぞ。纏わり付いて、を必ず潰してやる」


そうい残して車に乗ると便を流しながら止めようとする妻をって家に帰りまが、彼には負け犬えに聞えたかも知れません


「哲也さん、どうし退?こんなに早く


問い掛けにも答えずに寝室に行くと彼に車で送ってもらったのか、ぐに妻入ってました。


「あなた、ごめんなさ。許し下さ


泣きながら土下座しま婿たが許せるはずが有


許す?許せる訳が無だろ。今有る帳と印鑑、ャッュカード全て出せ


して下さい。お願いから、聞い


「まずは俺の婿ったを先にし


私は妻が出してた物ポケトに入れした。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, これはひどい,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様