2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

俺が女の子としたかったやりとりを書いていく





1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 13:57:33.59 ID:KvC4mIRl0
「好きって十回言ってみて」
「好き好き好き好き好き好き好き好き好き好き、はい言ったぞ」

「じゃあ私のことは?」
「愛してるよ」

「……ばーか」
はい全部俺。




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 13:59:51.68 ID:KvC4mIRl0
ひょんなことから女の子と同衾することになり、夜。
おやすみ、と声を掛け合ってたらしばらくして、
背中越しに
「もう……寝ちゃいましたか?」
と、小さな声。

どう返事をしたらよい物か考えあぐねていると、
「寝てる……よね」って腕が回ってきた。背中に当たる彼女の額。
そして、
「好き。」
って彼女の小さな囁き声。ややあって聞こえてくる寝息。
こっちはもー眠気なんてぶっ飛んで非常事態だろ!




4 :以下、名無しにかわりてVIPが送りします:2011/07/30(土) 14:01:38.74 ID:KvC4mIRl0
「俺ちがと織姫になった、どるかなぁ」
「働けよニート」

「馬鹿、例えばだよ。遠距離って、やっぱ辛いのかね?
「例えばの意味いって。私たちないでしょ

らっと倦怠期宣言?」

愕してると彼事もげに言い放
「や、私、ぎは得だから」




6 :以下無しかわりしてVIPがおしま:2011/07/30(土) 14:02:22.23 ID:r3fjc/gT0


       ,,-―- 、                                 ,, -―-、
     /     \オエーー!!!                    /     
    ./ /   \  / ̄ ̄ ̄`   / ̄ ̄ヽ/   /i⌒| オエー!!
  |/      ヽ(゜  ヽ /         /  ゜)/   / /
      o ,r- ヽ..、.,/      (゜) ,_,  (゜     .,../ ,ー-、
    。゚o ,,-―- 、   簿   |    \ 。 |     ,, -―-、‘。、。、
    ,∴ : /      \ オエーー!!!!| ∴っ /      ヽ゚。
    ,。U / ⌒ヽ尿   \/ ̄ ̄\∵ ゚ U  ̄ヽ/   i⌒ヽ、|   U  オエーー!!
     U: |/    ヽ \  (゜ U ヽ。゜)/   /  /o 。   U 。
      ,,-―- 、゚ ’。o ..、./    U : 。 ヽ  .,../ ,ー-、  ,, -―-、
     /     \∴ / /      。  : ヽ   \‘。、` ヽ     ヽ
    ./ /⌒ヽ   \/ ̄   / ̄ ̄` 、   ̄ ̄   /i⌒| エー!!!
   。|/  ヽ \   ヽ゜)  ヽ /         /  )/   / /
      o ,rー-ヽ ..、.,/      Y ) ,_, (゜       ト、.,../ ,ー-、
    。゚。o //         |   /  \   |       \ \、` ヽ。、o
    o U °退/        |   /     |   |       \\。、
    o 。 U:/ヽ           |    | |         /⌒ヽ ヽU  o
    ゚U            ∵  |    | | ∴       /    `ヽU ∴
                       。  |    レ 。ヽ     /        U :l
                     , o \  /Jヽ。                |!
                   o  U ヽ/: ゚ 。              





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:03:09.28 ID:5G6KQAkT0
やめて
本当にやめて
おまえがかわいそうでしょうがない





13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:04:24.85 ID:wr5Eut2w0
まだだ
まだお前の願望はそんだけじゃないだろ?



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:05:19.51 ID:KvC4mIRl0
遠距離恋愛とか憧れだよね。
交通費がかかるからって、変わり番こに行き来するんだろ。
バスを待つのも楽しければ、バスに乗るのも楽しいってさ、
子どもの頃に思ったこととと一緒だよな。

違うのは、その行く先に彼女がいるってことくらいで。
「おかえり!」
「ただいま」
っていって出迎えて、抱きしめてみたいよね。




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:06:10.62 ID:KvC4mIRl0
初デートに遅刻したい。
改札を抜け、見つける彼女の姿。
駆け寄って
「ごめん、遅れた! ……待った?」
「ううん、今来たところだよ」ってやりとりしたい。

我に帰って、何コレ ベタすぎるって呆れたら、
彼女が楽しそうに笑ってる。
「こういうやりとり、夢だったんだ」

夢の時間は始まったばかりさ。




17 :以下、わりましVIPがお送します:2011/07/30(土) 14:07:34.49 ID:KvC4mIRl0
日の、部屋でろごしてると彼女がぽつりと言いだ
恋ってだよね

ユングでも読んだ?」
「スンダールの名言ょ、学いなぁ」

「うっ。で、それ?」
…いつか私も正に戻ゃうのかな」
だから俺は、のそりと上体を起こしな言うんだ。
丈夫だって、

俺が何度て錯覚るからさ

決まった、とら彼女がケタ笑い出

「……今ので125回目

れ直した直に茶化して、おやつう。




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:08:11.36 ID:FCahQz+m0
どうしてこんなになるまで放って置いたんだ!!!11



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:08:22.70 ID:9ljdFDvN0
125回目の錯覚wwwwwwwwwwww



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:08:45.01 ID:KvC4mIRl0
「デュワー、あっついー……」
とか言いながら 彼女に後ろからのし掛かれたい。

「俺も暑い、ひっつくな、さらに暑い、離れろばか」
って言うと
「いいじゃんー」って言いながらさらにくっつかれる。
そして彼女ったら

「……一汗流したらマシになるかもね?」

とニヤニヤ笑いながら後ろから俺の愚息をアアンッ!




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:10:18.53 ID:KvC4mIRl0
「毎日自己ベスト更新しちゃってね。
これもうギネス狙えるレベルだよね」

「お前のだらしなさが?」

「あら随分と活きのいい喧嘩ね。これおいくら?」

「ごめん非売品。で、なにが更新?」

「ん〜、>>1を好きだって気持ち、かな」
はい全部俺。




24 :以下、名しにわりましてVIPがおりします:2011/07/30(土) 14:10:40.12 ID:laCYcm320


      、  /L_ ,,
         | ̄'ー' ̄i,ノヽ,ノ   ' |
         j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        i′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.        j::::::::::::::::::::::::::::_;;、_;:一i:!
        i'/i/'ー一''"      ヾ
.       ||               i
       寿                |,
       ,|        _   _  '|
       !      ,r'´       `' .、! 
      j      r′          `, 
      |    i′           ヽ _
.      j         ●   ●    Y ゝ,
    _i            r 、      ヽ,,/ 
   r´  }            !  !      f
   ! ,  i             i  |_     |    っお前アホなん?
   `ヽ-|             L_,,ノ     i
      |                     |
      !    婿       ,;r===;,、     j
      ヽ          `===´    ノ 
        \               / 
          \           
            ヽ、       /
               `_,r'´





26 :以、名無しわりましてVIPがお送りしま2011/07/30(土) 14:11:24.06 ID:KvC4mIRl0
夕の前日、自室てるてる坊主作彼女
けれ品を、カーテンールへ逆まに吊ししまう。
「いや、で?」
「だって年に一度じん」
二人きりにしていし彼女は言う。

そんな不器用なさが、俺は たまらなく好だろう。
夕は織姫星に倣ってお部屋デートにしよか。




27 :下、名無わりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:11:42.26 ID:vzPyQuW1O
ち着



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:14:09.09 ID:+Z7QOk24P
あれ、歳食ったからかな……涙出てきそう……



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:14:28.70 ID:KvC4mIRl0
「女の恋愛は上書き保存、男の恋愛は名前をつけて保存らしいな」
「あー、それ聞いたことある」
テキトーに頷いてる彼女に向かって、
前日鏡の前で何度も練習した決め顔使って

「それなら俺は、お前との恋愛が終わったら
プログラムをアンインストールするな」

ってビシッ、と一言。
一瞬ボケッとした彼女は、破顔一笑でくっさー。

アホ、くさいってのは こういうこと言うんだよ、
とか言いながら俺は屁を扱いて。
照れ隠しだって二人とも解りながら、そういうやりとりしたい。




33 :以下しにかわましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:15:39.95 ID:KvC4mIRl0
夕近、スーパ夕食の買出したい。
たら なんか憩いの広なところで彼女が
「あ、笹出してる

「書くんか?」
「もっと……ん。完

 じゃあつければ
「お星様には出来なだから」
彼女は悪戯っぽく笑いな俺へ渡す。見れば、

『ずっときでいてね?』

るとも、って、く、俺もって。




34 :以下、名にかわりまてVIPがお送しま2011/07/30(土) 14:15:49.99 ID:KVH+6sB70
これ
うわあああああってるよ












もっやれ



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:16:08.68 ID:KvC4mIRl0
「迎えに来なくていいって行ったのに! なんで来たの?」
「んー、夕日が綺麗だったから?」
「もー、夕日さんありがと☆」
頭にヘリウム詰めてでもこういう会話したい。




36 :以無しにわりVIPが送りしす:2011/07/30(土) 14:17:17.54 ID:KvC4mIRl0
「こっきょながいトンをぬけ
に出して読む事頭の中にる悪い虫を
るのに良いとが言った
僕は早速、午後のベンチで実る。
「くかい、だと思いま

らかく、を含んだその声、真上から降ってきた。
見上げ。それが出会




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 14:17:46.07 ID:qAM0NHUu0


     \
       \   r'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`、::.   ___
 l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|__
 |l  \::      | |             |、:..  |[], 
 |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,
 |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::   
 |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
 |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    
 |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   
 |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::   
 |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   
 |l    | :|    | |             |l::::   
 |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   
 |l \\[]:|    | |              |l::::   
 |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   
 |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
 |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
 l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´

そうだ
これは夢なんだ
ぼくは今、夢を見ているんだ
目が覚めたとき、ぼくはまだ12歳
起きたらラジオ体操に行って、
朝ご飯を食べて、涼しい午前中にスイカを食べながら宿題して、
午後から友達とプールにいっておもいっきり遊ぶんだ・・・




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 感動・泣ける話, 青春, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様