2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

俺が不思議な場所から帰れなかったかもしれない時の話をする





1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:03:32.38 ID:h/PNYid40
もうかれこれ3ヶ月ぐらい経って落ち着いたから書く。
すまん、文才が無いので、ちゃんと伝えられるか不安だが、
なるべく分かりやすく書くように努力する。

スペック 32歳
職業 IT系自営業





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:04:12.76 ID:h/PNYid40
その日は 俺は朝っぱらからずっと自室に篭って書類を作ってた。
どうしてもお客さんに提出しなければならない書類があって、
それを仕上げるのに四苦八苦してた。

そして、10時頃だったと思う。
俺の携帯電話が鳴ったんだが、それは別のお客さん(仮にT社
とする)からのクレームの電話だった。

どうも俺が先日、そのお客さんのPCのローカルIPを変えた関
係で、プリンターが動かねえよ。
というクレームだった。

しかもバツの悪い事に、そのPCはお客さんの会長のPCで、
会長は案の定激怒していた。





8 :以、名無しにかわまし VIPがます:2012/10/12(金) 19:05:00.72 ID:h/PNYid40
俺は

ません、今ちと手せないので、コレが終わ
らすぐに姿

会長に謝りなら電話を切った。

んだき終沿り、車に急いで飛び乗
たのだが、んだかっと集中したせいか
お客さんの所までく自信がかった

んの所までは西35ぐら普通に行けば車で1時
間2分ぐで到する

あ、もういや。電車で行こう。

そう思って、は自宅の折たみ自転車を車にり込み、
そのま車をすぐ近くのT駅らせて車場に車
めて、駅のビニでパ買って、そのま自転車
引っ張っ売機で符を買った。

改札口て電車に載せてもらえんのかな
思いなら、自転車を折りたたんで抱えて改札
員のオッチャンは苦笑いし通してくれ

時点だったのかもしれん





9 :以下、名無しにかわVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:06:08.70 ID:h/PNYid40
からら聴た話では、普通別料金が必なはず。って
言われ

だがの時はんは普通に通してくれた。

俺はT社方向に向かう電車ームに突立って電車を待
ていたん電車は割とすぐに来た。

10分ぐらいだたと思

言っが、田ではいきなり電車を乗駅の
ームに立って、分で電車が来るとミラルだか
らな。

50分待ちとか普あるも

で、俺は車にたのだが、運良く座席つだけ開いていた。

ッキーいながは自転車を前ン。と置いて、
は席に座っ





11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:08:26.71 ID:h/PNYid40
だが、そこで俺は奇妙な事に気がついた。
電車ってのは、個人が各々好き勝手な事をしているもんだ。

大抵の人間は携帯をいじってる。本を読んでる。
音楽を聞いてる。寝てる。

そんな様子は微塵もなく、ただ、みんな真っ直ぐ前を向いて
手に膝を置いて、まるでマネキンのような格好で座ってた。

誰も何も話さない。ただ、みんな行儀よく真っ直ぐ向いてた。
そこでプシューとドアが閉じた。

電車は走り出したが、それも何か違ってた。
物凄いスピードで走ってた。
これは新幹線かよ!って思うようなスピードで。







14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:09:44.61 ID:XT6+ih7z0
ワッフルワッフル




15 :以下、名かわましてVIPがお送りし2012/10/12(金) 19:10:07.18 ID:h/PNYid40
外の景色もよ断できない位の速度で電車っ走り、
しばらくしていら、急にンネルのに入った

の中は本当に真っ暗、外の様子が全く何も見
を電車が走た。

そしたら車ウンスが鳴た。
「もうぐ駅に到着します。」





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:11:19.03 ID:h/PNYid40
え?と思った。普通ならここは、
「ご乗車ありがとう御座います。まもなく、◯◯駅、◯◯駅
に到着致します。電車を降りる際は〜」とか言うもんだ。

それが「もうすぐ駅に到着します。」
それだけ言うと、アナウンスはもう何も喋らなかった。





18 :、名無しにかわりしてVIPがりします:2012/10/12(金) 19:12:15.60 ID:h/PNYid40
その一瞬、ヒュン。とトンに駅しき一瞬だけ見
えて通過してまった。

「停車しのかよ!」と俺は内心突っ込んでたんだが、
ふっ座席の横を向と、そこにはボタンがあって、
「次の駅まります」と小な標識があるに気

ンマン電車なの!今更かよ!と思っ俺が今何
いるのかさっぱ検討かなかった

こんなに速いスピードで走ってんだからう近くまで来
しれい。そう思っていると、またアナウンスが。





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:13:13.70 ID:h/PNYid40
「次はー。軍事工場跡ー。軍事工場跡です。」

は????
軍事工場跡!?!?

俺は即座に混乱して、一体自分は何処にいるんだ?
ひょっとすると、乗る電車間違えた!?
俺はそう思って、席を立って急いでそのボタンを押したんだ。

そうすると、電車はみるみる間に速度を落とし、トンネルを
抜けて一つの駅で停車した。





22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:14:42.89 ID:h/PNYid40
そこは俺が今まで来たことも見たこともない駅で、無人改札
駅のようだった。

何よりもビビった事が、外が薄暗かった。
俺はビックリして、一体今何時なのかを知ろうとした。

駅の構造としてはホームは4つあったと思う。ただ、普通だ
とよ、ホームとホームは何らかの接続口があるもんだ。
大抵は歩道橋でホーム同士は接続されているもんなんだが、
そういう接続口は一切無かった。

つまり、別のホームに行く時には、一旦線路に降りなければ
ならないというような駅だった。

一番奥のホームの後ろは山になってた。

当然、時計なんてものは見当たらず、それどころか、ホーム
には柱すらなかった。





23 :以無しかわりてVIPがお送す:2012/10/12(金) 19:15:06.16 ID:SlCHVmDr0
何もない膝に手見つめてんって
怖い




24 :以下、名しにわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:16:34.54 ID:h/PNYid40
で、応そんな識は沿ったが、便上、俺降りた
無人口に一番近いームーム、一番奥を4番ホー
としよう。

口とっても便ホームから道へる為のコクリート
階段が一付いてるだけで、そは民あった。

昔風の木造の民民家とり、木造アパ
トと感じだった。
余談だが1番ホームかその家の庭覗けた

庭には屋根だけ無いバルームがあて、丸見えじゃ
とか思ってた。

タイ青でピッカピカ除されて、多分今でも
使われてるんじゃいかな






25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:16:48.14 ID:m50C4vIH0
50分待ちとか普通にある田舎では歩道橋が無いくらい普通
にあるもんだ。




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがおりし2012/10/12(金) 19:19:01.39 ID:h/PNYid40
>>25
たまーしい




26 :以下、名無しにかわりしてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:17:43.57 ID:h/PNYid40
か、今考れば、携帯電を見ればかったん、そん
にはテパリぎて考えかなかっ

んで、1番ホームから階段を降たアトの1階は実
お店で、な看板で「チャハン屋」とてあた。

木でた看板で、大きな筆でと書いてあっ
のをく覚ている

大きは小さかなスペースを1人のが何
か作って

チャーン屋て書いあるから多分チャーハンだとはが。





27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:18:22.87 ID:h/PNYid40
どうやらお店というより、窓越しに料理を渡すような屋台に
近いようなお店で、俺はテンパリながら
「す・・!すいません!今何時ですか!!」

って聞くと、男は鍋振りながら「5時34分!」
って答えた。

その瞬間、俺の頭によぎったのは、真っ赤に激怒したT社の
会長の顔だった。

あーーー!!どうしてこうなった!
ぜってーーー叱られる!5時過ぎとか終業時間じゃねえ
か!!!

オマエのすぐ向かいますってのは7時間後の事を言うのか!
とかぜってーー怒られる!






29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:19:10.59 ID:SlCHVmDr0
匂いとかはどうだった?




30 :無しにましてVIPがお送りしま2012/10/12(金) 19:20:33.40 ID:h/PNYid40
>>29
におはしょう油系のいだ




31 :以下調しにわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:21:23.10 ID:h/PNYid40
ますテンパッはそ駅を飛び出して道路に急い
ちろんいる場所を確認する為だ。

した、道路同士の2車線大き山道で今ま
向を見ると、先にはトンルがあって、トンネルの
は漆黒の

のトンネルっライトもんなんが、まったくの闇

道路の向こうは大きな川とたも

何処にいてまったんだ本気でパニクった。





33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:22:35.19 ID:h/PNYid40
持ってきた自転車に乗ったら3分ぐらいでトンネルには到着
するだろうが、まったく先の見えない闇。

これは・・・行ったら多分帰れない。
俺の本能がそう言っていた。







>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様