2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

10年に渡る片想いから解放された俺の話を聞いて




http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1373680239/


1 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 10:50:39.56 ID:1Y695z8e0
書きためてないけど聞いて欲しい





2 :も無被検体774号+:2013/07/13(土) 10:54:30.34 ID:1Y695z8e0
の始まりは高姿稿らなど、
公立でなく私学に進学した
昔のいもいない
校デー的なともは考えてだ。

誰でうと思うんだ生になっ女欲なとか思だろ?
あれと同じ事を思ってただよね。でも、所詮は低スペックの俺。
い、メンい、に誇特技もなにもない
といっあるわもない

局、中学時代と同じよ同じ味の仲綿間とるんでるよなってた。
女子との接点無とってよかたと思う





4 :名も無き被検774号+:2013/07/13(土) 10:59:00.97 ID:1Y695z8e0
ラス地味アニメや漫画が好 集団。
女? とそういうのは二元でいいやって感で諦てた
正直に言えば大学生に宿なったら…み逃避ともあっ

もあ、なんかアニメたいな春を送れるは思って
かっ

諦めていうか、自分はそういう主人になるビジョ見えなかっ
たってのもある。

アニメの主人公になはクラス居るリア充と思ってた。
普通子と話でるし、顔も格好いい背も高い そして
か青春してるって感じで 同じ教なのがモブCくらいの
存在なんだなってた

でも、それでもいいんじゃね?思ってた。
う逆立ちして自がそちにれると思ったし
ろうも思ってったんだ。





5 :も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 11:02:27.20 ID:RXGpv8090
ほう



7 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 11:05:02.49 ID:1Y695z8e0
そんな中で一人の同級生と知り合う事になった。
その小集団の友達の中学時代の同級生 イケメンで背が高い
コミュ力高い奴。仮に『喜多』とします。
こいつと知り合って俺の人生は色々な意味で変わったと思う。

最初の印象は『なにこの馴れ馴れしい奴』だと思った。
リア充系の人間がオタクの領域に踏み込んでくんなよ…とも思った。
背が高い、筋肉質で細身でどう見てもなんか既に格が違うみたいな感じなんだよ。
なので、割と最初の頃の印象ってジャイアンみたいな印象があったかな。
マイペースでこっちがどう思ってるのかとか気にせず唯我独尊って感じで
正直苦手だと思った。





9 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 11:09:14.94 ID:1Y695z8e0
腕力も強いらしく、切れたら怖い存在だと友達は喜多の事を言ってた。
でも、良い奴とも言ってた。

友達が喜多と接点あるのがなんとなくわからなかったけど
中学時代からの付き合いだからか…と納得させてた。
そんなに関わることも無いだろうなって思ってた。

でも、喜多はリア充グループだけじゃなく、こっちの小集団にも
顔を出してくるんだ。アニメや漫画の話というよりも
『何か面白い漫画ない?』と言って友達から漫画借りてくって感じ。
ディープなオタクじゃないにしても喜多は漫画は好きなんだなとはその頃思ってた。





10 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 11:11:20.17 ID:1Y695z8e0
文章下手なのは勘弁ね

喜多が来ることによって決定的に変わった事があったんだけど、
それはオタトークなのに女子が混じるってこと。

自分たちの小集団だけだと男子で完結してた話に女子が加わるんだ。
リア充すげぇ…と素直に思ってたよ。
※だとアニメや漫画の話題でも女子が引かないどころか
食いついてくるんだよね。
そして漫画を女子に貸したり…
女子に「ありがとう」って言ってもらえたり……

そういう意味での変化は顕著だったと思う。





11 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 11:15:02.27 ID:1Y695z8e0
図らずもっていうか、喜多のおかげで高校時代に女子と接点ができた
んだ。正直、喜多が居なかったら高校時代女子と会話するってことも
無かったんじゃないの?って思う。

業務的、事務的な会話はあっても雑談するなんて中学時代じゃありえ
なかったことなんだ。そんな風に女子と接していくと……そういう会
話から女の子に対して好意を持ってしまう。

漠然とした感情でも「いいな」と思う様になってたんだ。
この感覚は中学時代の「眺める」という段階から
「会話する」に移行した事で芽生えた感覚何じゃないかなって思う。
身近になるから好意を持つ、笑ってもらうとなんか嬉しい…
そういう甘酸っぱい感覚なんだよね。





14 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 11:18:46.83 ID:1Y695z8e0
貸し借りや、そういう共で女子上がるって
分が理想としていた学園活に近いのを送れてる
気になってた

だって子が通に俺の名前を覚くれて話しかけてくるよう
なった。

画の想を言ってくれり、こっちながらも会たんだ。

小市民的な満っていうか、とそういうささな幸せだけで
の頃は本当退せだったと思う。

でも寿中で気が付いゃうんだよ
子がきなのは多で俺じゃないと。





17 :名も無き被体774号+:2013/07/13(土) 11:22:33.72 ID:1Y695z8e0
第三者的に見いてわるんだよね

確かにの子は俺と通に話してくれて
、喜多が時とない時で全然違う

そういうのを目の前見せつけられると、
の子にとって俺は喜多達ホジシ
(その頃は友達と呼べ関係だたのかも妙だけ)で
ら女そこその扱いを受けるんじゃないのとか
想的何ともえなじにって

でも、の俺は卑屈だっ喜多を好きになるのは当然で
ろ今の状況に感んじゃない?って
感情を押そうとしたと思





20 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 11:51:49.12 ID:1Y695z8e0
喜多は普通に考えてモテてたと思う。
気さくなのもそうだけど、顔もいい、背も高いし体格もいい
いい意味で無邪気な感じで、人懐っこい。
その上物腰もスマートな面もある。

それに勝とうとか言う気は本当になかった。
俺が喜多のようなスペックだったら
どんなに人生…とか思ったりしてた。

喜多と仲良く…と言うほどではないにせよ よく話すようになったの
は高2の時。アニメの話をする友達とクラスが別になり、俺と喜多は
変わらず同じクラスだった。






21 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 11:56:26.79 ID:1Y695z8e0
同じクラスといっても基本的に俺が喜多に話しかけるってことは無かった。
でも、喜多は普通に俺に話しかけてくる。
その影響で俺も気が付けば普通に女子と会話している。
それが当たり前になってた。

女子と会話ができるからといって即好きになるという段階は過ぎてた
し 相手が自分をどう見てるのかは客観的に分かってたつもりだった。

そういう女子達の誰かと喜多が付き合う様子もないのは
その当時は不思議で仕方がなかった。
誰もかれもが…と言うわけじゃないにしても
クラスの女子と喜多が付き合ってもおかしくない…と思ってた。





22 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 12:01:09.80 ID:1Y695z8e0
時期は忘れたけど喜多とそういう恋愛話をしたことがあった。
「誰かと付き合わないのか?」みたいなことを聞いたんだけど
喜多は「よくわからない」みたいなことを言ってた。

その時の印象は喜多がなんかロマンチストだなと言う印象だった。
「恋に落ちてみたい」とかそういうなんか漫画チックな事を
言ってたから。

高校生にもなれば「やりたい」とかそっちが先じゃないの?
と思ってた自分からすると、正直喜多の答えは意外だったんだ。

こっちはエロ漫画とかでそっちの妄想に耽ってる最中、
喜多は「恋」とかそんなことを言うんだよね。
それこそ恋愛漫画みたいなドラマチックな恋愛を考えてるんだよ。





24 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 12:06:05.95 ID:1Y695z8e0
その時期を皮きりに…だけど、俺は喜多にそういうエロ媒体
漫画だとか動画だとかを見せるようになってた。

喜多はそういうのを見たことが無いわけじゃなかったらしいけど
「いまいちだった」というので、とにかくそういうのを
貸してやろうと思ったんだ。

雑誌であったり漫画だったり……同人誌だったり
正直に言えば、リア充だと思ってた喜多が自分と同じ童貞だってことで
妙なシンパシーを感じてたのかもしれない。
そんな妙な仲間意識もあったかもしれない。
それに、その分野ではなんとなく自分の方が一日の長があるとさえ
思ってたんだよね





25 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 12:09:37.44 ID:1Y695z8e0
家に招いてそういうのを見せたり読ませたりもしてた。

基本は学校で渡してたけど、見つかった際の事を考えて
家に招いて渡したり、その場で見せたりが多かった。

その目の前でそういうのを眺める喜多を見ると何故かドキドキした。
勃起したりしてるのかなと観たりもしてたけど、
喜多は本当に淡々と眺めるんだよね。

そんな喜多をずっと観察していて気が付いたことは
喜多はイラストの上手下手とかでなく、
ストーリーのあるのが好きと言う事だったんだ。





26 :名も無き被検体774号+:2013/07/13(土) 12:16:27.83 ID:1Y695z8e0
その頃は喜多が興奮しそうな…とかそういう観点で
エロ漫画や同人誌を探してたと思う。

意地というよりも、喜多を喜ばせたいとか…
なんで、そんな風に思ってたのかは自分でもわからんの。
でも、自分の好みとは違う物でも喜多が好きそうだな…と
思うものを買って貸したりしてた。

この頃から多分、歪んだ形だったかもしれないけど
喜多に対しては好意を抱いてたと思う。





28 :名も無き被検774号+:2013/07/13(土) 12:26:33.19 ID:1Y695z8e0
も、こ頃は純粋に喜多が喜びうなのを貸していって思っ
た。

そうい分でか優位見いだせなったからなのかも知れ
ど喜多が借たが使れない感想を言うびに っといいのを

思うになってれよかと言われと凄く嬉しかった
うのんだなってその作者のをさらに買ってみたり…

ういう関になってから、退俺に懐く…という言い方は適当じゃ

だけど、頼るよってきた……

見方かすれば便使わもしれけど
られるのは正直、悪い分じゃなかった。

して欲しいか、そ程度のお願いを聞くのは苦じ
かったし
そういう風い自分に頼喜多にて無い真
しょうがなかそんな風に思って

「ありがとうな」って笑顔で言われる結構…たのもあっ
俺なんかでも蔑むよう目でよね

時期は女子がなんで喜多に惚れのか凄く実してでもあ
と思う





29 :被検体774号+:2013/07/13(土) 12:33:08.14 ID:1Y695z8e0
そんな喜多の誰知らないような一面を自分だけが知って
位性はあったと思う

知らな、俺だけが知ってる秘密。

色々な卑猥なマンガや同人誌を見せるのは 白雪を踏み
るのに近

ういう歪んだ喜びが無かったとは言えないと思う。

んな自分喜多に影響を与えてるは、自の中で
喜びだった思う。
そうう数あるジャンルの多が味を示した

M』というカテゴーだったと思







>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様