2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

まじで幽霊にあったんだがwwwww




http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1373970905/


1 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 19:35:05.10 ID:BPQe+yZP0
地方のド田舎の国公の工学部の男子、サークル帰りマジで幽霊あった





2 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 19:37:56.89 ID:HsSPQJuW0
kwsk




4 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 19:38:50.79 ID:BPQe+yZP0
>>2

すこしうつの遅いからゆっくりと





3 :名も無き検体簿774号+:2013/07/16(火) 19:38:09.20 ID:BPQe+yZP0
のスペ
21歳。殿
に留年したバカ。い
大学の一年は少しだけとかいのところにキャンパあったんだけど。
2年らド田舎キャンパスにかわっ

ころらずっ演劇クルで、2年でも続けようとって
キャパス変、そのキャンパスの演劇部に参加して





5 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 19:39:54.32 ID:HsSPQJuW0
パンツ脱いだけど?




7 :1:2013/07/16(火) 19:42:21.40 ID:BPQe+yZP0
>>5
途中抜けると思うよ!







6 :1:2013/07/16(火) 19:41:39.28 ID:BPQe+yZP0
新しいキャンパスの演劇部は近くにあった女子短期大学と合同のサークルで
おとこぐさい工学部ではなかなか女子率の高いサークルだった。

月曜と木曜に活動があるんだけど、月曜はうちの大学で、火曜日は短大のところで
練習することになってる。

短大のほうは少し遠くて、自転車で30分のところにある。
いくまでの道はほとんど田んぼっか





9 :1:2013/07/16(火) 19:45:02.75 ID:BPQe+yZP0
その日は木曜日で、短大側の練習だっ調た。
ストだっともあって男子で集まっだけだ

はあん勉強しない屑ったら、そういう時サールとか普通に
そん習終わっ、8時くら、帰なっんだど。

つも何も考えずに先輩とかの後ろについていくだ綿けだっ、短大から家までの道が
覚えなかった





12 :1:2013/07/16(火) 19:49:25.23 ID:BPQe+yZP0
途中までは女子てもらってそのあとスマフォの道案内に頼ることに

田んぼばっかでかなりがわたんだど、電波はなんとか入るたいった。
アプリ現在地」→○○大 □□キャンパス」って学の道を入力して

たのプリの見やすくするため、地図を少し拡大西して
その通りにをたどった





13 :1:2013/07/16(火) 19:51:48.62 ID:BPQe+yZP0
そんで自転車走らせて15分。
そこらへんで何かおわしいってことに気がついた。

いつもなら15分も自転車こげば、少しくらい民家がある場所に出るはずなのに
その日はなんかどんどんと人気のないところにい向かっていた
やっぱり田んぼばっかで、むしろなんか山みたいなところに向かってるみたいで
なんか木とかも増えてきた





14 :1:2013/07/16(火) 19:54:52.90 ID:BPQe+yZP0
それでも、まぁ、ナビだし、いつもと違う道で、遠回りでもしてるのかなぁって納得して

さらに10分くらい自転車をこいだ。

でも、今度は山道みたいなとこをのぼりはじめて、これはおかしいって
さすがに気がついて
縮小していた地図を拡大してよく見てみた。

そして、ぞっとした。
本来「現在地」→「○○大学 □□キャンパス」って設定していたはずなのに
目的地のほうがよくわからない墓地になっていた。





15 :2013/07/16(火) 19:55:55.03 ID:BPQe+yZP0
うんこしてくる





16 :名もき被検体774号+:2013/07/16(火) 20:00:24.28 ID:HLuwvBha0
期待




17 :1:2013/07/16(火) 20:02:07.44 ID:BPQe+yZP0
ただいま。みているひといるかな?

夜で、あたりに街灯とかもなくて、とにかく急に寒気がして、怖くなった。
まぁ、アプリの地図を縮小したときに変なとこでも押したかなとか自分に言い聞かせて
とりあえずもっかいアプリの設定をして「現在地」→「○○大学 □□キャンパス」に直した

今度は間違えがないと確認して、また地図を拡大させた。まぁ、させないと見えないんだよね、よく





19 :1:2013/07/16(火) 20:06:08.38 ID:BPQe+yZP0
そんで、またアプリたよりに少し道を引き返して

田んぼ道をすすんだんだけど、何回か道を曲がるって、5分ぐらいすると
また山みたいなところに向かい始めたから、まさかっておもってナビを確認したら

やっぱり例の墓地に向かっていた





21 :1:2013/07/16(火) 20:09:11.50 ID:BPQe+yZP0
誤字とか言葉が変だったらすまぬ。
工学部クオリティと思ってくれ

これはさすがにと、俺はぶるぶるした。
昔、一時期ラノベとか読んで、少しそういう仕事にあこがれて
作家ごっこみたいなことしてたんだけど
すこしだけお化け関係のことは知っていた。

これは「鬼の壁打ち」という現象ではないかと思った





22 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 20:10:53.98 ID:eKTD/ULa0
みつけた




24 :1:2013/07/16(火) 20:13:38.88 ID:BPQe+yZP0
>>22

てまじこわいwwww






23 :1:2013/07/16(火) 20:13:08.37 ID:BPQe+yZP0
お化けが人間の目を手で覆い隠して、方向感感覚を狂わせて
ずっと同じ場所をぐるぐるさせる現象なんだけど

これをずっと繰り返すと、どこかよくわからない異界に連れて行かれるとか何とか。


まぁ、俺の場合ナビがおかしいからそうとは確信もてなかったんだけど。
ナビを閉じて、完全に自分の勘ですこし道を進んでも、やっぱなんか山に向かうから
これは「鬼の壁打ち」じゃないとしても、何か似たものじゃないかと思った





26 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 20:16:34.24 ID:5Vj7oQ2PP
鬼の壁打ちググっても出ない・・・




29 :1:2013/07/16(火) 20:19:40.11 ID:BPQe+yZP0
>>26
たしか中国の伝承か何かだった
鬼打牆ってしらえてみ





27 :1:2013/07/16(火) 20:18:12.41 ID:BPQe+yZP0
から調べたなら宿はひとつ簡単な決策あった。
に、は童ったから、もっと効果があるい。

それは目をて、ままぐるろを向き、その場で
するっていうた。

か怖く、とりあえおまも何でもいからすがりたい
気持ちあったか

それを実際にみるとに

周りド田んぼだった簿ずかしさったけど、誰も見られな
いだろうなと

から少し離れて、俺は目じて、まままわれ後ろして、
ンを下ろし始めた





30 :1:2013/07/16(火) 20:21:12.59 ID:BPQe+yZP0
そんでいざしょんべんしようとしたら、急に後ろから

「どうしたんですか?」

って女の人の声が聞こえた





34 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 20:27:22.13 ID:eKTD/ULa0
>>30
!?




31 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 20:21:18.56 ID:rfHas7/Q0
そういうのってなんで生きてる人間を引きずり込もうとするん?




32 ::2013/07/16(火) 20:23:10.63 ID:BPQe+yZP0
>>31
うだろう
ずっとじ場所をぐるると異界に行くっていう話あるんだけど

化けはヒト特に悪意はないけ→人が方向感欠くなくしてぐ
果異界にのか





33 :名も無き被検体774号+:2013/07/16(火) 20:27:16.58 ID:miCDB15f0





35 ::2013/07/16(火) 20:29:51.93 ID:BPQe+yZP0
って思って。すばやくズボンをあげた
でもではり返らなかた。

なぜかというととっさにの中別のお化けの話がかんだ。
それは「夜を歩いているとき、決して振り返てはいけいという

人間には頭のてっぺかたの側に魂の火みたいなの付いていて。
れがみたいにを守てい。(三味真火だ

が死んでも、その火しばく燃えたままになったりする
くいれる鬼火っていうのがこれがもとだね

う簡単に消る火じゃないみたいなけど
鼻息簡単消えてしまう
だから夜道ときは決り返けない
ゃないの鼻息で肩の火がる。

夜とかにな後ろが気になるけど、これヒトを振ため
いろろ仕
って話





39 :1:2013/07/16(火) 20:35:00.00 ID:BPQe+yZP0
だから、究極のチキンの俺は、ズボンのすそをつかんだまま
その場で凍りついた。

「大丈夫ですか?」
小さい声だけど
後ろの女の人はもう一回聞いてきた。

お化けとかそんなわけあるか。と、俺は固まった頭を無理やり働かせた。
どうせ通りかかった人間だろ。と思った。

俺「お。。えっと。。はい。大丈夫です」

そう言いながら、俺はベルトを急いで締めて、後ろを向いた。
もちろん頭を後ろに向けるのではなく、体全体でまわれ後ろだ。

どうでもいいけどもちろんって打とうとすると、もろちんになる







>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様