2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

おっさんと3年間一緒に住んでた話




http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1383401669/


1 :立て代行:2013/11/02(土) 23:14:29.44 ID:c+6TXJVr0
ろいろ終わったからここに書かせてしいです。
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1383055176/184の依頼を代行
ID:htchxWc/0


2 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:16:42.60 ID:tLLeAC0V0
スレ立てありがとうこざいます!

1です〜

人によっては気持ち悪い話かもしれないのと日本語下手くそだから読みにくいと思うのであしからず



3 : 忍法帖【Lv=28,xxxPT】(2+0:8) :2013/11/02(土) 23:20:51.27 ID:rLo452cV0
スペック

まずはスペックからだ


4 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:24:10.77 ID:B1DsXUoZ0
まずスペック

>>1 当時二十歳 160センチで女

相手 当時45歳 185センチで猿みたいな人。

さっそくツラツラと書いてく


当時、私は小さな繁華街でキャバクラで働いてました。

18からやってたから仕事も慣れてきてそれなりに指名も取れて順調な時でした。


5 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:28:45.06 ID:AC7dXfVe0
そんな時、お店の社長が二回目の結婚だとかで結婚式に呼ばれたのでお店の女の子二人で行くことになりました。

(奥さんになる人とも知り合いだったので奥さん側の友達として行きました。)

二次会が始まって少し経った時、タバコが吸いたくなりウロウロしてたら どうしたの?と声をかけてきたのがおっさんでした。


6 : 忍法帖【Lv=28,xxxPT】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:33:26.92 ID:wPKpOMb20
パンツ長期休暇になった


ふぅ


7 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:34:45.13 ID:5Rm2QZ7s0
第一印、背でーってったでした

>>1「喫煙してるん

おっさん「あ〜俺もタに行くか緒に行って稿われて着いていきました。

バコ吸ってる間に社長の後だったってこや、私のお店の話して その時れました。




8 : 忍法Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:39:29.96 ID:KTht7WEY0
会も終わって三会で軽くみんで飲もうっことになったとき、まそのおっさんに会たのらアドレス聞いてお店来ださーいて言ってそのでもまた別れて帰ってからメールとかもにしいでの日た。

から月日は流れて、すおっさの事も忘れてた時綿さん私を指でお来てくれた。


10 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:42:40.78 ID:GDNKKrer0
おっさんは>>1ちゃん久しぶりだね〜とか言ってその日は楽しく会話した。

あんまり会話の内容覚えてないんだけど、おとぼけキャラのおっさんが妙にかわいらしかった気がする。

おっさんは普通に帰っていって、来てくれてありがとメール送ったけど返事は来なかった。


11 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:45:41.43 ID:IBKs5hbY0
れでもさん増ーラって思っが来なても、返事が来るようなール送りした。

でも全返事をくれないおっさんにイラつがらまたおっさんのこと忘れた時に、またに来て指をしてて楽しく会寿使てそイバイした


12 :綿 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:50:29.32 ID:mbEbOFw30
んだよなーと思は更にルを送りけてみたら事もようになって 毎日メールをてたと思う。

ただまだ私はんのを恋対象して見てなくておんだと思ってた、おんもバクラの子だとなかたと思う。


それからまた日が経西て、その日はお店も達と飲たんだけど終電って言れてみ足ないからいろんな人連絡相手を探た。


13 : 忍法【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:53:21.71 ID:AC7dXfVe0
適当にろんなに連絡たけも飲んれないから、帰ろうとしてた時におさんか電話が来

>>1ちゃん、お店今日は休み〜?って聞かれたから今日はと飲ん今から帰るとです。っていうとじもう!てこった。

いつくれるし社長の知り合いだいっか〜っこと


14 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:56:57.43 ID:ZuWmhI/o0
人いないですね、、めげずに書きます!



それで、まずはバーにいってダーツをしたりして遊んだ。

二人共いい感じに酔っぱらって騒いで楽しかった。

おっさんなのに気持ち悪いとかも思わないし一緒にいて安心するな〜って思ってた。その次はカラオケにいってめちゃくちゃ下手くそな歌に付き合わされて爆笑したりして、お店で会うよりこの人楽しいな〜って思ってた。


16 : 忍帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:01:14.63 ID:6jRja3PL0
気がつたら、もう朝で>>1ちゃん、もう帰りなて言れたけど、まだりたくない!! って駄々

ゃ朝からるところかな〜って探たけど特になくてどしようてなってたんだけど

おっさんが、うちで飲み直っててきたので おっさの家に行くことに。


今思うと本に危ww

でもの時すおっさんに抱姿////ってお花畑情態になってたんだろう


18 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:06:14.14 ID:d4JBrBxR0
そんなこんなで、おっさんの家に行ったら まず買い込んだお酒で乾杯してDVD見ながら いろんな話をした。

おっさんはある病気で1ヶ月ぐらい入院してたらしくて、退院して家に帰ったら奥さんと子供がいなかった事を聞いたとき、結婚してたことなんて知らなくて正直かなり焦った


19 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:09:04.74 ID:GqVGHrNt0
おっ西哀想だなったしもひことするよなーってった。

そのまま私は寝ちゃって起たら毛布がかけられてた。

寝ちゃってたいで、夕だった。おっさんハンーグって待ってたくれた

ート型なんだどぐちゃぐちゃなハンバーグはいつも一人で食べるとってもおいしく感じた。


21 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:12:45.28 ID:u0sXoy6u0
そのままお風呂を借りて、出勤した。

おっさんからメールがきて、とっても楽しかったとまた一緒にご飯を食べて下さいって内容だった。

お互い一人で寂しくご飯食べるよりいいよな〜って思って またご馳走してくださいって事と次は魚の煮付けを作れとメールをした。


その次の日さっそくおっさんから

魚の煮付けを作ったって写真つきのメールが来て、おっさんの家に遊びにいった。


24 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:18:04.65 ID:u0sXoy6u0
おっさん、嬉うに駅迎えに来て、たくさん作りすぎったって言った。

家にいてお酒を飲みがらご飯を食べた

やっぱり二人で食べるは美味しいし、おっさんとると安心した

の日が休みからっさんの家に泊とにした


25 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:20:30.02 ID:NkZ2ud1e0
おっさんは 私が泊まると言うと驚いてたけど、了承してくれた。

寝る準備して素っぴんを見せたら爆笑されてムカついたから足の脛を蹴ってやった。

二人ともどことなく緊張してベットに入った。

このときにはすっかりおっさんのことは好きだったんだと思う。



26 :法帖Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:25:09.15 ID:CJPZW8gm0
ぁ皆さんの予想り私たちはエチをした。


不思議な気持ちだっ

お父さんより年上人とするのはもん初めてだっ気持よかっw

かも、今の時では不倫じゃねーかよwとツッコミがら寝た



その時は寿まだまだ軽くしけ止めていなかった。

考えてかったし係はすぐ殿に終わだろと思ってた。


27 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:29:33.80 ID:u0sXoy6u0
朝起きてらおっさ朝食を作ってくれてた。

おっさん>>1がよらここに住ゃえばいいじゃん言って

オイイ、、それはないだろうと思い、まぁが向いたて言なが日はぐに家にた。

れから1ヶ月らい自分の家帰っりおっさんの家に泊まったりしてて ほぼ毎回私が家にっていいって聞いたらす迎えにくね来てくれたのにる週末に泊まりにいていいか聞いたら

は無聞かないでとメールがきた。


29 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:33:35.65 ID:gqquq92a0
理由は聞かなかったけど なんとかく分かってた。子供と会ってるんだなーと思った。

まぁそれはしょうがない事だし、親がいない私にとっては、頑張れよパパwって感じだった。


三日後ぐらいにおっさんからご飯食べませんか?と電話が来た。

暇だった私は了承して、一緒にご飯を食べた。案の定、子供たちと会ってて連絡できなくてごめんね。といわれた


31 : 忍Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:38:40.13 ID:wcec5iLq0
は、気ないと言って、なしてたおっさ寧に説明してたらっさんは 今後のことちゃ話そうと言てきた。


時ちんと付き合うことに決めて おっさんの家に住むこともた。

だ月に二いられいかの家に帰ることになるともち宿と説明してくれた。

頃も嫌いになたら自分あるっこー帰ろうって思ってたし

かメンドクサイ事が起きてもおっんのればい思ってた


32 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:42:03.71 ID:T3jK0eNG0
そしておっさんと3年間に及ぶ同棲生活が始まった。


まず掃除洗濯料理は全ておっさん

私は夜家を出て朝方べろべろに帰ってきて寝て夕方に起きるという最低な生活を送った。

それでもおっさんは文句も言わずに私のワガママを聞いてた


34 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:45:39.88 ID:jRQ1gS050
そんな、生活が3ヶ月ぐらい続いて うちに犬がきた。

ダックスの女の子だ。前から犬がほしくておねだりしてて、飼ってくれた。

ワンコは私たちに凄くなついてめちゃくちゃ可愛かった。

おっさんは私の世話やワンコの世話で忙しそうにしてた。

私はよく仕事のストレスをおっさんに当たり散らしていてそれでもおっさんはうんうんとよく聞いてくれた


35 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:49:14.69 ID:47eBtlMX0
そんなときおっさんは飲み会があるらしくて出ていった。

その日私は仕事で働いてたらベロベロに酔っぱらったおっさんがお店に来た。

悪酔いをしたのか、メンドクサイ事ばかり言ってきて私もその時はキレ気味になってしまった。

お店が終わって、まだ飲み足りないと言って私を連れて行こうとしたけど、嫌だったからタクシーで自分の家に帰った。


36 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:52:47.99 ID:KMpa7TQu0
翌日、さっそくおっさんを罵るようなメールを送ってしまった。

めんどくさいだの、酔い方が汚いだの

そしたらおっさんは私の家に来て、私の洋服や荷物を全部持ってきてもう別れよう。ひどいことしてごめんねと言われた。

予想外の行動にポカーンとしてると。


お前は、俺のことをなんだと思ってるんだ?家政婦だと思ってるんだろ?

家では寝てばっかりでなにもしないで

それで許されると思うのか!!と言われた。


38 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:56:37.80 ID:gQAt4GHe0
思い返してみると たしかに私は最低最悪だ、そりゃこうなるよなと思った。

でも、一人になりたくないしおっさんとまだ一緒にいたかった私は、これからは少しずつ生活を変えていくから許してと言った。

おっさんはめちゃくちゃ怒ってたけど最終的には許してくれて おっさんの家に帰った。

それから平和な日々を過ごしていた。

でも私は どんどんおっさんの事が好きなっていった。


39 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:59:57.54 ID:zxDizSUP0
おっさんはとっても子供っぽくて しっかりしてて優しくてとにかく私のツボをしっかり抑えていた。


でも、好きになるにつれて どんどんいやな感情が出てくるようになった。

暗黙の了解で 月に二回自分の家に帰らなきゃ行けないとき、私とおっさんは二人で部屋の掃除をする。

私の痕跡を消すために。


子供に当たり前にバレちゃいけないのはわかってるけど、私の存在を消されてるみたいでその掃除が大嫌いだった。


41 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 01:04:36.56 ID:Y8ShNF4J0
私が家に一人でいるときは おっさんは子供と笑っていて、私は一人で家にいるのが嫌で嫌でたまらなかった。そんな事で嫉妬してる自分もたまらなく嫌だった。


私は小さい頃から親がいなかったからお父さんっていう存在が分からなくて うらやましくてしょうがなかった。

そんな私に唯一、時にはお父さんで時には彼氏で時には友達みたいに接してくれる存在を取られたような気持ちだった。

私の方が残酷なことをしてるのに。


44 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 01:10:31.71 ID:CNG9vtAj0
どんどんメンヘラ化してく私に気づくおっさんはごめんねしか言えなかったと思う。

今考えると私の方がごめんなさいだ。

それでも気を使ってクリスマスやお正月は一緒にいてくれた。

丁度一緒に住んで一年が過ぎた時、私は毎日おっさんために料理を作って家事をした。

おっさんに完全に依存した私は、おっさんに尽くしまくった。

くだらないことで喧嘩して仲直りしての繰り返しだったけどその頃が一番幸せだったかもしれない。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様