2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

汚嫁の浮気から発覚した計画が、もはや犯罪レベルの内容だった
 
罰ゲームで女の子が急接近してくるようになった
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
彼女にアポなして会いにいったら3Pの真っ最中だった
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
山でありえない体験をした話
 
離婚届を置いて汚嫁の前から姿を消した。これから反撃するぞ。
 
嫁が媚薬で寝取られ、密かに4年間も関係が続いていた。あげくに3度の堕胎まで。
 
3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
妹とSEXしてしまいました
 
不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
接待で慰みものにされ続けていた妻
 
嫁が他人の子を妊娠してしまった
 
変わり果ててしまった妻
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

幼馴染でもある彼女が1ヶ月距離をおいたら雰囲気が変わってた





953 名 涙を飲んだ湿稿日: 03/07/26 02:09 ID:hEn0SUKT
幼稚からずっと同じで、大学ってよやく交際する事がました。

っと意識していたよが、在が当たり前すうに言えなかたってとこです。


で大学入ってこっち白しまた。

がにき合と言う事の男には指一本れさいとったで。

で交際も調でしたが、互いが初めの彼たので、使まで半りまし。そんなに焦りはしなたけど。

キスまで進ん初体・・・ってムー

から知ったんだけど、彼は色々と中学時の先生活の)に相談してたんだ

かも、や生。結婚してるけど、30前半でかっこいい先生。

はかなり人気があったけど、変態なんじゃないかて噂もあったどうしんなに彼女が信頼してかわかんなった。



954 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:18 ID:hEn0SUKT
嫉妬したけど俺はその先生は殆ど関わりがなかったし、嫌っていたタチたがら相談してるって知ってからも特に立ち入らなかった。

就職活動の時期になって、俺が最初に就職決めたんだけど、その後すぐに彼女も無事に決まったわけで、当然お互いでお祝いをしあって、彼女の方から母校に報告しにいこうと言ってきたわけ。



955 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:19 ID:hEn0SUKT
高校、小学校・・・最後に中学校に行ったんだけど、何か久々であまり知ってる先生は残っていなかったんだけど、教室とか世話になった先生とかすごく懐かしかった。

そんで授業中だったから、とりあえず放課後までいることになって部屋に案内されて そこで二人で待ってたら、例の男の先生が入って来た。

彼女が嬉しそうに内定を報告すると、その先公は俺の目の前で彼女を抱擁して頬にキスをしやがった・・・

さらに不思議なのは彼女が拒否反応を示さない事・・・

しかも その後も彼女に馴れ馴れしい外から見れば馬鹿としか言いようのない口調で彼女の髪や身体をべたべた触りながら喋ってやがった。

「裕香ちゃん、この後空いている?ご馳走するよ」だって・・・完全に俺の事を無視して二人の世界に入りやがっていた。



957 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:26 ID:hEn0SUKT
裕香(=彼女)は当然俺の目を気にして断ったが、多分、俺がいなければ確実にOKしていたと思う。

先公は裕香の携帯もメアドも知っている風だったし。

裕香と話は終わったのに何故か席から離れず、かと言って俺におめでとうを言う訳でもない。あんな光景を見て俺も先公と喋る気もしなかった。

むしろ怒りがこみあげていた。

先公はもちろん、触られていても拒否反応を示さない裕美に対して、怒りがこみあげていた。

・・・もしかすると、相談をしている時って、いつもああなんじゃないか・・・?と思い始めた。だとしたら裕美の態度も納得がいくし。

先公も俺がいるからと言って遠慮する必要はないだろうし(普通の人は遠慮するが・・・)とにかく俺は早く帰りたくて裕美に帰ろうと言った。

「じゃあ・、先に帰っていいよ。私はもう少し残るから」・・・・・・・・・

俺はそのまま怒りで席を立ったが、俺の背後で先公がニタリと笑っているのだと思うと背筋がゾッとした。

このまま振り向いて奴を殴りたかったが、大人の対応で俺は先に帰った。




960 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:37 ID:hEn0SUKT
その後は裕美から、食事に行くから今日は連絡出来ないとメールがあり、(何故俺も誘わなかったのか・・・と疑問だった)俺の怒りは頂点に達した。


翌日から俺は完全無視まではしなかったが、裕美を避けたり電話やメールを無視したりしていた。

すぐに許すというか話し合おうと思ったが、裕美の「何で怒ってるかわからないんだけど」の言葉にどうしても許せなかった。

1ヶ月・・・恐ろしいほどの長い期間に、裕美に対する愛情は膨れ上がるばかりで俺は耐え切れなくなり、裕美と話し合って、結局は俺が自分勝手だった事で仲直りをした。

このときの裕美に雰囲気が違っていたのには 俺は仲直りの喜びでまったく気が付かなかった。



964 名前: 涙を飲んだ男 投稿日 03/07/26 02:49 ID:hEn0SUKT
から何だ裕美の様子の変に気いた。

そしにな


けではな囲の奴も変わったと言きた

まえら、ついにか・・・!

最悪質問だが、少なくたちが付き合っているを知っている奴らはみんこうていたう。

裕美とはやってないし、裸見たこまだない。

頭の中にあ尿先公がかんきたのは言うまない・・・



965 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 02:52 ID:hEn0SUKT
すみません・・・全部書いたら先公を殴りに行く事を許してもらえますか・・・?心がダークになってきました。

殴りたい殴りたい殴りたい・・・


と言いつつも続き書きます。



966 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/07/26 02:52 ID:YCTCBcZz
殴れ。


967 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/07/26 02:55 ID:1l4Kc7X1
不倫してたんなら嫁さんにバラしてやるとかどうよ。


969 名前: 涙をだ男 投稿日: 03/07/26 03:02 ID:hEn0SUKT
967さん>そりでした。もう少で出来ます・・

離婚した女房に何を言えば(続き



968 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 03:00 ID:hEn0SUKT
それからと言うもの裕美とは決してうまくは進まなかった。


裕美が大人に見えたし、聞いても「何も変わってないよ」と決まった返事。

やっぱりあの先公と何かあったと思った。

裕美は奴に、社会人になってからの事や卒論の事などで色々と相変わらず相談に行っていたみたいだった。

大学の卒業間近に俺は裕美を誘って二人で旅行に行こうと誘った。

裕美との二人の最後の思い出の場所・・・熱海の旅館・・・まさか、裕美と卒業前に別れる事になるなんて信じられなかった・・・



971 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 03:07 ID:hEn0SUKT
夜も遅いので、まとめ書き込みで4連発で終わりです。悲しいので一気に書きます。

と同時に先公を殴りたい衝動にかられてます・・・


ちなみにハッピーエンドのハの字もこれから先は出てきませんので、崩壊と絶望に向かって一直線を走るのみです。すみません・・・

ハッピーエンドに出来なくて・・・




973 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 03:14 ID:hEn0SUKT
書き終了です・・・欝だ・・・

人の心に穴を開けそうな展開が続きそして終わります。

みなさんの心の準備はOKですか・・・眠れなくなったらすみません。



975 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/07/26 03:16 ID:tf1sk7RX
そう、全てを出しちゃって下さい。


976 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 03:23 ID:hEn0SUKT
では出します・・・深夜の欝世界・・・

暴力はしません・・・それに公の家には・・・



987 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 04:44 ID:rdZ4f9SI
今にし旅行の日 裕美の様子がったのだが、れていた俺は張しているだけだ思い便にとめなかった


熱海の旅館に着く女将さんに「先にお見えになってい」と俺達にった。

何のことかわかない俺は困惑して躊躇しると、「わかりまた」とだい女将さんと緒に歩いていった。

事態の飲み込めてい俺は黙って付しかなかった



988 名前: 涙を飲んだ男 投稿日: 03/07/26 04:44 ID:rdZ4f9SI
部屋に案内された俺は言葉を失った。

そこにはあの先公がいたのだ。


先公は俺には目もくれず裕美に近づき抱きしめてキスをした。

裕美も嫌がるどころか首に手をまわし「会いたかった…」と呟いた。

先公はさらに裕美の胸をまさぐりだしたが裕美は抵抗する様子もなかった。

俺は、やはり裕美はこいつにやられたのだと悟った。

俺は絶望と悲しみで放心状態だったが、先公はそんな俺を一瞥すると

「裕美はもう俺の女だ。わかったらさっさと帰れ」

とニヤニヤ笑いながら言った。


俺は何も言えず、逃げ出すようにその場から離れ一人帰京した。



989 名前:飲ん男 投稿日: 03/07/26 04:44 ID:rdZ4f9SI
その 共通の友人して美があの一ヶ月のように先公と会っていたこと公が離したを知った


数ヵ月後、の元に結婚式の調招待状がいた

そこには憎むの先姿と、俺が手入れることかった裕美せそうに微笑でる姿



990 名前職人 投稿日: 03/07/26 04:46 ID:rdZ4f9SI
以上で末様で


 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様