2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

あるお店の女の子に電話番号を渡して、、、




http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1391165520/


1 :名も無き被検体774号+:2014/01/31(金) 19:52:00.43 ID:qib14WXF0
つらつらと書き綴ってみる。



6 :1:2014/01/31(金) 19:57:56.99 ID:qib14WXF0
4年前の冬。当時

俺28歳。サラリーマン、営業。

女27歳。強いていえば絢香に似ている。

以下、あやか。



仕事で某小売店へ。

二号店 的な感じの店で、その当時はあやかがひとりでお店を任されていた。

はじめて行ったときは挨拶程度。

何回か通ったタイミングで「一緒にご飯食べ行きませんか」と一緒にケータイのアドレスを渡して店を出た。

返信がきた。

「食事はごめんなさい」だった。


7 :1:2014/01/31(金) 20:00:30.12 ID:qib14WXF0
その後もめげずに仕事ではなく、個人的な買い物を口実に彼女に会いに行った。

「聴いてみて」ってお店にCDを置いてきた。

次行ったら偶然お店で俺が置いていったCDを流してくれてた。

「聴いてますよ」って笑ってくれた。

ある日

「コーヒー飲みます?」と飲み物を差し出してくれた。

他にお客さんがいないときは、お店に行くたびにコーヒーを飲みながら談笑するようになった。


8 :1:2014/01/31(金) 20:03:17.78 ID:qib14WXF0
会って2ヵ月後。

一緒にご飯を食べた。少し緊張した。


出会って3ヶ月。

本を貸してもらって読んだりもした。


メールが来た。

「お客さんから野菜をもらったんだけど食べませんか?」

これ、田舎ならではw

メール返した 。

「えー?野菜とデート?野菜も捨てがたいけどそりゃデートを選ぶでしょもちろん!」

「コーヒーデートいつもしてるでしょ?お店閉める前に取りに来てくださいね」


そんなやりとりが結構あった。




9 :1:2014/01/31(金) 20:05:26.99 ID:qib14WXF0
ちなみにこれ、その当時、SNSで親しい友達限定で公開していた日記を掘り起こして書いてます。


10 :1:2014/01/31(金) 20:09:21.68 ID:qib14WXF0
出会って6ヶ月。

思い切った。


俺「映画観にいこう」

あやか「でも休みがあわないでしょ?」


俺「そんなもん合わせるし!どだ?」

あやか「いいですよ」


コーヒー飲んでる手、少し震えてたかもwww


12 :1:2014/01/31(金) 20:20:24.60 ID:qib14WXF0
数日後、

「映画何観ようか」

映画、何を観るか話しながら脱線した会話にも花が咲いた。


話の流れで

「1さんは彼女5人くらいいるしね」

と彼女は言った。


彼女がいるかと言われたら[5人くらいいる。]と強がりを言うのが俺の口癖だった。

もちろん彼女は俺に彼女がいないことは知っている。


17 :1:2014/01/31(金) 20:40:38.28 ID:qib14WXF0
その流れで

俺「ところであやかちゃんは彼氏できた?」



あやか「できました」




????

カレシ?
デキタ?

!!!!!

は?


18 :1:2014/01/31(金) 20:52:56.69 ID:qib14WXF0
俺「へ?・・・・ええと、、いつから?」

あやか「1ヶ月くらい前です」

動揺

俺「か、彼氏いるのに映画怒られない?」

そのあとも平静を装って会話を続けた。でもあんまり覚えてない。


別にね、そこまで落ち込んではないはず。

映画がてら紅葉ドライブを企てていた自分がアホらしくてwww

ぬるくなったコーヒーを飲みほして店を出た。

「おめでとう」を言えずに店を出た。


19 :1:2014/01/31(金) 21:25:06.42 ID:qib14WXF0
映画約束日数日前。

俺「やっぱりさ、彼氏に悪くない?映画とかさー。」

あやか「その件なんですけど、、、」


俺「どした?」

あやか「彼に聞いたんです。こういうときは隠して欲しいか、ちゃんと話して欲しいか。」


俺(こいつあほか)


俺「で?」

あやか「彼は、『別にやましい気持ちがないなら隠す必要がないでしょ。俺だったら話すよ』って。私も同じ考えだったんで、映画に行くことを彼に話しました。」


俺「男と映画に行くって言ったの?」

あやか「はい。彼、『行っておいで』って。」(ニヤニヤ)


俺(え?それノロケてんのか?分からん。)


あやか「ふーん。ならいいけどさ。」


俺(え?俺!ほんとに行くのか?だるくない?)


あやか「1さん、映画のついでに買い物に付き合って欲しいんです。」


俺「別にいいよ。」


あやか「よかった。友達の誕生日プレゼントと、私の部屋にダストボックスが欲しくて。」

俺「あーそう。いこういこう」(棒読み。)



20 :1:2014/01/31(金) 21:26:41.61 ID:qib14WXF0
そして映画前日。

e-mail

俺「明日よろしくね。」

あやか「位置さん、カフェ好きでしたよね?帰りに○○カフェに寄りません?」




ちょ!

ここにきて。「位置」さん?俺の名前は「1」だし。

ケータイの誤変換とはいえ、このタイミングで名前を間違えられる。

コノヤロウ・・・・・

空しいとです。


21 :1:2014/01/31(金) 21:37:38.01 ID:qib14WXF0
映画デート当日

駅の駐車場で待ち合わせ。

駅で待ち合わせても電車に乗らない。田舎。

僕の車に彼女が乗車し、いざ出発。


映画の放映時刻はお昼12:00。

最寄の映画館までは車で1時間。

僕らは9:30に待ち合わせをした。


あやか「先にご飯を食べないとお腹がすいて映画に集中できない」

早めの待ち合わせは、彼女からのそんなメールがきっかけ。


22 :1:2014/01/31(金) 21:39:08.37 ID:qib14WXF0
車中の1時間。会話はそれほどなかった。

彼女はずっと、窓の外を眺めていた。

広大な田園、連峰、果樹園。

美しい自然を目の当たりにすると、その度に彼女は息を呑む。

僕は運転しながらそんな彼女の挙動を横目で感じ息を呑んでいた。

あー、かわいい。

でも彼女には彼氏あり。


23 :1:2014/01/31(金) 21:41:20.29 ID:qib14WXF0
あやか「マックのクーポン券、持っていきますね?」

これも先日のメール。

僕らは迷わずマクドナルドに向かった。どうせならもっとうまいもんを食おうよ。とは、思わなかった。だって彼女には彼氏あり。

彼女は自分のポテトを、僕の顔を伺いながら差し出してきた。

あやか「sサイズにすれば良かった」

あー、かわいい。でも彼女には彼氏あり。


26 :1:2014/01/31(金) 21:49:19.95 ID:qib14WXF0
映画館は空いていた。

コビトが人間の家を借りながら住まう。そんな内容だった。

人間のエゴで小動物の大切な場所を奪ってんすよ僕ら。地球は誰のものなんだろ。とか考えた。

あやかとそんな話はしなかったけど。

おもしろかった。

映画の後の彼女のテンションは上々だった。

あやか「○○(映画のキャラクター)、可愛かったー。」

誰が可愛いって?

一番可愛いのは誰だよ。

あー、かわいい。でも彼女には彼氏あり。



27 :1:2014/01/31(金) 21:51:57.90 ID:qib14WXF0
そのあとは買い物。

まずは映画館の近くのビル内にある雑貨屋さん。

彼女はアロマに興味があるらしい。

パソコンのUSBポートに差し込むと匂いを発するアロマ。それを友人への贈り物にするという。

自分用にと小瓶に入ったアロマを眺めていた。

あやか「これと、これと、これ。1さんはどれが好き?」

グレープ、ストロベリー、パイン。

俺「朝、出かける前はグレープ。寝る前にストロベリー。休日の読書はパインかな」

サムイ、なんか俺、サムイ。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:失恋,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様