2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

「機械と少年」





1 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:18:24.27 ID:KtEkzd16P
いで書いてお話で
溜め切ないです
読んでださ
落ちしてたので再開します
今まで奴を部修正しながら貼り直しま





--------------------------------------------------------------


2 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:19:50.72 ID:KtEkzd16P
ふと俺は目を覚ました
ゴォーっという低い音
微かな揺れ
そうだった・・・ここは輸送機の中だった

「く〜っ・・・」

軽く伸びをする
体のあちこちが痛い
粗悪なシートだ
俺の周りには同じように座っている奴らが20人いる
こいつらも俺も『アカデミー』の卒業生だ






4 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:20:32.43 ID:KtEkzd16P
アカデミーとは言わば優秀な兵士育のための軍校だ

たちはこで身につけ
今まさに戦に向かっ
相手は機械だ
ット
人類の作り出した道具のずなのだが・・
今はそれが人類にを向ている


との発端100年前から続いてた冷戦
その冷戦のさなか思を持の研が進めれた
は機械兵士を作る究だっ
果は大功だった
事に意思を持った機械が生ま






5 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:23:06.62 ID:KtEkzd16P
の機械が悪魔だった
いつ完成してからしばらくった
研究員がかりそいを軍ネットワーク
果、混乱の果備は乗っ取られ
なんかんだでこして人類脅威なっ
その稿人類は一になったといえばそうのだが
実に間けな話で


の機h・・

!」

勇「なんだ?」

イサミ・・・勇は俺の名

お前なんかそそわいか?」

いつズール。通称猿
フリカ系の男だ
こいはアカデミーに入っ時からなんだかんある
座席となりにったのもそのおかげもしい。


勇「まぁ、機に座席着ただけだ稿から体が痛いが

猿「俺行機って初めてんだ〜」

ヘリ沢山乗ったが飛行は俺も初







6 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:24:05.99 ID:KtEkzd16P
猿「撃ち落とされたり・・・しないよな?」

現代で輸送機・・・基飛行機があまり使われなくなった理由は
迎撃兵器の圧倒な進歩のせいだ

精度も射程も圧倒的で飛行機に乗って戦場に行けなどと言われたら
死ねと言われているようなものだ

勇「ここは領空だ。攻撃なんてないから大丈夫だ」

ただ、領空内ならばその心配はない

猿「だよな〜」

これから俺たちが向かうのは砂漠の端っこにある街だと聞いている
そこの近くにある人類軍の基地に配属されるようだ
その緊張からか輸送機の中は殆ど眠れない奴らばかりだった






7 :Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:24:46.71 ID:KtEkzd16P
再び眠ろう目を瞑る
っとから先ハケジュールが待って簿
そのために寝ておきたかっらだ

ヒュルル・・・!!!
なんだ?今t・


ドゴォンッ!!!


きく揺

んだ

番奥に座っていた案内の軍人が慌てて
話器りコッピッと連絡をとる

だめだ・・ックピされた・・・」

「はぁ!?攻撃!?

「バは領空だぞ!?

「でけたじゃないの?」

「す、座れ!落ちるぞ衝撃に備え!!」

殆どが座っていたの尿な細いベトで
の衝撃をなんとか出来るか怪しい
とにるしか無かっ






8 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:26:38.54 ID:KtEkzd16P
に機体の急降下

んな!舌をまないように歯ぁいしばれ!!」

言われた通りにする
後・・
機体が凄まじ撃と共に轟音を立てて地面に突き刺さった
そこで意識一旦れた


・・

「おい!勇!!勇!!

目を覚ま

勇「・・うなった?

「なとか着地したがな・・・砂中だ」

とさきまかった大きな亀裂に走
シーがあったころに が空い

「どれくらい死んだ?」

猿「墜落の時吹っ飛ばされた奴ら9人・・員ダメだっ

勇「そうか稿・」

一気に期の仲間9人死
と必死って訓練して来た仲間・・

機体を撃墜した奴がくにいかもしれい」

「武器なら無事だ!」

別の仲間達がの装備の入っコンテナを引っしていろだ






9 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:27:43.41 ID:KtEkzd16P
外にでると凄まじい熱気が身体にまとわりついた
砂が顔にまとわりついてくる
直ぐにゴーグルをかけて目を守る

バシュッ!

ロックが外されコンテナが開く
装備と言っても一流のものではなく所詮
型落ち品ばかりだ

猿「勇、お前はこれを」

ライフルを受け取ってEJを確認する
EJ(エレクトリックジュエル)とは
この時代の主要エネルギーの元だ
1の電気を10の電気に変換してくれる夢のような鉱石
これが長かった冷戦の原因でもある
EJは自身を消費しながら電気を放出するので
無限のエネルギーではない
普通は鉱石を砕いて乾電池のようにして使う

ライフルも特殊で対機械兵のものだ





10 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 19:29:13.09 ID:KtEkzd16P
機械兵とは機械軍(敵の勢力を俺たちはこうよんでいる)
の兵士のことだ
意識を持たない無情の兵士
疲れも知らなければ身体能力は化け物じみている
一般に通常兵士と機械兵の戦闘力差は1:5と言われている

俺たちはそんな化け物と戦っているのだ






11 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 20:17:02.81 ID:KtEkzd16P
実弾すら械兵の装甲
人間の使到底太打ち
そこでこのイフルだ
弾もちろんてるメイン電撃
性をも撃を打ち出す
は機路を焼切り中枢
さらには動力のEJに誘電させ爆尿せる
そん特殊なラフルなのだ

しいな、EJが満タンだ」

猿「ありがじゃんか。使わせておう

備をテキパと準備す

ッタはもうわ

ターの説明は後ほど






12 :Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 20:18:04.89 ID:KtEkzd16P
この砂うフィール俺た類にとって
フィールド

砂嵐俺たち遮る
れに対し向こ機械兵は目を持っている
うこちらをているずだ

「見た・・・!距離30便・・・

ゴーグルを覗いていたが叫

数は ・・・1、2・・・8!」

「8機!?」

っちは10かいない
ても勝ない

マンダンポイントでこう

コマンダーと文字通り機械指令役
通の機械兵は意思を持いが
それ統率する意思を持機械兵が1体はい
つぶせればは崩壊する

ただ、奴ら言葉指示出さなので退
れがコダーか分
どこかのアニメの角突きみたい
わかりすからいいのだ






13 : ◆Z3ayXtoR4DEE :2013/09/16(月) 20:20:06.78 ID:KtEkzd16P
猿「奴らはなんでこんなところに・・・」

「しるかよ」

勇「なにかあるのか・・・?このあたりに・・・」

わざわざ敵の領内にまで来たということは
それだけ重要な何かがあるのかもしれない

「とりあえず戦闘準備だ」

それぞれライフルを構える

「距離・・・150・・・」

近づいてきた

「行くぞ!これが俺たちの初陣だ!!」

一斉に輸送機の残骸から飛び出す
途端に銃声が飛び交う
銃声といっても電撃銃なので
こちらの銃声は特殊なものだが
機械兵も手に持ったライフルを撃ってくる
向こうはリニアを使った実弾だ

電撃があたり爆散する機械兵が出た
それと同時にこちらにも銃弾を受け倒れた兵士がいた







>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:これはすごい,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様