2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

交通事故で入院した病院でハーフの美少女と知り合った





920 :名無しZ:05/03/04 22:34:32 ID:GI42rXoq
漏れも書くとすっか…

最初に漏れのスペック

年齢30歳(当時) 身長172㌢ 体重75㌔(格闘技やってたのでガッチリ体型)

顔 ブサ男…俳優の船越栄一郎に似てると言われた事あり('A`)

仕事 職人

備考 バイクとパソコンとツーリングが楽しみだけのヲタク毒男



921 :名無しZ:05/03/04 22:36:58 ID:GI42rXoq
3年

年も押し迫った12月、いつものに仕ビククで帰宅る途でウインカーも付けずに折しやがったールに挟事故った

「てめー!!ふざけねーぞ(゚Д)ゴルァ

転した香具師と一悶の後、警察を呼び現場検証とか保険屋の手配とかしてから救急車乗り病に向かた。

バイクはフロントフォーク逝ってて廃車にてた… _| ̄|○)

故った時は気が高っていたせいも別に何感じなった翌日になってからがすげー痛い。

仕事先に絡入れて病院に行くと外傷性の椎間板ヘルニアと診断されて翌日入院

年始を病で過ごす事にな

った…つねーなぁ…」

院生はヒマやる事がないしメャメチャ退。10日前後入院した後、半に退院。


10日ぐいの入院でヘルニアが治るワケもなく、リハビリに院に通う事なった

事故相手か補償ながらリハリに通う。の状況から手の割合がきく、俺の過失が少な言うほぼ100%の保もらえたので まぁ良かなとも思


バイクは新なりその新しいバイクでつもうにリハビリに行く。

ビリは腰をヘンなヒーターたい温めた後、するだなのだが、じーさん、ばーさんが多く待ち時間く時間がかかる

病院に行く前にニに寄って雑誌い、その雑誌を読みながらリ待ちをす

がリハビリに行く時の日課みたいなモノにって


ある日、いつものようにコンビニで今のパソコン雑誌を購入してから病院かう

察券を出した、待合室っこの椅子座るとパソ雑誌をて読み始める。

新し欲しいなぁ…今度休業稿ったら新し…」



927 :名無Z:05/03/04 23:31:55 ID:GI42rXoq
と考えながら雑誌を読んで服姿の女子が通って行た。

「ふ〜ん…午前中のこ時間に病院なんて授業中に怪我でもしたんな?」

別に気にしないでいた。


誌に飽きて、煙草でおうと思い、立ち上がると前にさっきの高生が座って

〜…毛をあんな髪に近い色めちゃってちDQNななんか

思っ顔を見る人さんゃないですか!!

ぃ…俗か何かですか日本制服を外人がるよ

のままのモデルさんみたな美人顔、身長も高くって俺らいる(俺172㌢


受け付け丸っ本人の性の名前がばれるとそのコ上がっ室にってく。

「は?どー考ても日本人じゃねーぞ…あのコ」

好奇心+あと友れたらなと思い

うぅん声けてみ寿うかなも恥かしいしなぁ俺30のオヤジだ

「病院で声かけ、なんだ?のオヤジとか言われもうリハビリに来れなくなっゃう…」

とネガティブ開の自分心の中の声



察室からそのコが出て来受け付けの看護婦さと普綺麗な日本語っている。

はぇ?ゃなの?

ハビけ付ら自が呼ばれたで外人女子高生はなハビリを受けその帰った。

保険の休業補償をけるには毎日病院に通っリハビリを受け、病院の証明を貰なくてはならない。


日後、また病院人女子生に出う。

さん、ばさんしか居ない病院の中で女はて見える。俺も気なって仕方が

「えぇいっ!くそ!モジモジてて仕方。普通に声をかてや

毒男のなけなしの勇振り絞って声をかける。

「あ、あの〜…怪したんすか?

ぁぁぁ婿もうちっと気の利いたセリフ言えねーのか俺('A`)



930 :77:05/03/04 23:46:10 ID:uepTDKec
わく


933 :名無しZ:05/03/04 23:54:24 ID:GI42rXoq
「へ?…あ…体育の授業で転んじゃって手首を怪我したんです…」

おぉぉ!!普通に答えてくれたぞ、勇気振り絞った甲斐があったな頑張ったよ俺( ´ー`)。

「あ…そーなんだ。大変だったね。俺もバイクで事故しちゃってさぁ…腰やっちゃったんだ」

と事故の話からギャグを入れながら普通の会話にもって行く。


彼女も最初は警戒していて嫌そうな顔していたが、病院は退屈だし笑い話をしながら話をする俺に暇つぶし程度の受け答えをしてくれた。

結構話込んでいると俺のリハビリの時間になり


「あ…じゃ、俺リハビリだから…」

とリハビリ室に入って行く。


「あ…うん、頑張ってくださいね」

と彼女が声をかけてくれた。


何を頑張れば良いんだかわからないけど、そんな事をお世辞でも言ってくれたのが嬉しかった。

「うしっ!!なんとか普通に喋れたぞっ。これからは押して押しまくってやる」と心に決めその日のリハビリを頑張った。

外人女子高生はかなり酷く転んで靭帯まで痛めたらしく、しばらく通院が必要との事。

幸運だぜ俺。仲良くなるチャンス増えたぜ俺

人の不幸を喜んでる最低なヤツです…俺('A`)



936 :名無しZ:05/03/05 00:34:09 ID:xFY9TxBV
外人女子高生(めんどいのでエリカ【仮名】と次からは書くです)は学校が終わる時間に病院に来るとの情報を得た。

仲良くなった毎日リハビリに来る世話好きばーさんに聞いたんですわ…(;´Д`)


俺のリハビリに行く時間も自動的に その時間となる( ´ー`)。

最初の内はブサ面な俺に話し掛けられるのを多分ウザがられていたと思う。

なんとなく雰囲気で分かるんだなぁ…こう言うのってさ…('A`)

それでもメゲずに話し掛けまくる。


普通に会話してお菓子やジュースを差し入れしたり、オススメのCD持ってきて貸したりする内に

「あっ、こんにちわぁ」とか

「あ…こないだのCDの○○って曲良かったですよ〜」


てな感じに普通に友達感覚で話せるようになってきた。

頑張ってるな俺。もっと仲良くなっちゃうぞ俺。


937 :名無しZ:05/03/05 00:40:08 ID:xFY9TxBV
病院に通うようになって1ヶ月ぐらい経ってエリカともだいぶ仲良くなれた。


その日も病院でエリカと話をする

「エリカは病院から家に帰るのって大変じゃない?」と聞いてみた。

「う〜ん…学校からは病院近いんだけど家までは遠いんですよね…」とエリカは言った。

結構仲良くなれたしコレはチャンスかもしれない…

なけなしの勇気振り絞って

「あ…良かったらバイクで家の近くまで送って行くけどどぉ?。今日はメット2つ丁度あるんだ」

ウソついてます俺、彼女と喋れた日から予備のメットは必ずバイクに入れてます俺…


「えっ?あ…う〜ん…」

彼女悩んでます。


「あ…嫌だったら別に良いんだ。ちょっと思っただけだからさ…」

直ぐに自分の意見を引っ込める根性無しな俺('A`)


「じゃぁ…○○駅まで送って貰っちゃおうかな?」

と彼女が言ってきた。

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!


「了解ですっ。じゃあリハビリ終わるまで待っててね」

「はぁーい、自販機のトコで待ってますね」


エリカと約束出来たぞ俺、やっと一歩踏み出せたよ俺( ´ー`)。



120 :名無しZ ◆dMsNeLSBQw :05/03/08 01:57:45 ID:fdJbKIrd
おねぇゃんいるの?」

といきなりガチとドアが開けられ


「あっ!もぉ!!ドけるにはノックしなさいって言ってしょっ!!!」

カさ怒ってす。


「あ…ども…」

カさん弟にこやかに挨拶する俺( ´ー`)。

リカ弟と初めて遇。

まりリカさんと似てないけど やっぱり外人っ顔してて小6の割にカッイイの…ブの俺としては何か納得で!!

エリカさん弟、俺とエリ一緒なの見ると

あ…おーちゃん彼氏連れんでだぁ…」

ぉぉエリカさん弟なてマ言いやがるっ!!

俺が硬してるとエカさん

「もぉっ!!良いから自分の部屋行ってなさいっ!!!」

と俺の前では見せない憤怒の顔弟を追っ払う

「ごめんなさい…弟うるさったでしょ?

んな事な

とそんな話やこん話をしている


「たぇっきたよ」

みょーな発音の日語が聞きた。



121 :名無しZ ◆dMsNeLSBQw :05/03/08 02:00:20 ID:fdJbKIrd
「はれ?誰か来たよ?」と俺が言うと

「あ…お母さんが帰ってきたみたい」

とエリカさん。


まぁ、弟はシカトしといても良いけどエリカさん母にはしっかり挨拶しとかないといけないっ!!。

「あ…お母さんなの?。ちゃんと挨拶しなきゃ」

と言うとエリカさんは

「あ…うん。」

というとエリカと一緒に階段を下りて行く。


「お母さん、友達の名無しZさん。パソコンの事すごく詳しいんで、今日はインターネットの接続とかしてもらってるの」

とエリカさん、エリカ母に俺を紹介する。

「あっ、どうも初めまして。名無しZと言います。今日はエリカさんに頼まれたのでパソコンの設定とかしにきました」


初めてエリカさん母を見ました…エリカさんの謎が解けたよ…

エリカさん母が外人さんだ…エリカさんハーフなんだね( ´ー`)。

エリカ母さん、かなーりお太りなのですが、髪、白髪に近いきれぇーな金髪。目の色、こんなんで見えるのか?と思った青色。顔、エリカさんをふっくらとさせたら こんな感じになんのかなぁ…って美形白人顔。


エリカ母「エリカの友達さんなのね。エリカと仲良くしてあげてね」

「はいっ。これからもヨロシクお願いしますっ」

と一応、無難に挨拶をしとく。

ちょろっと2、3言エリカ母さんとお話する。

内容は………良く覚えて無いっす…('A`)


エリカ母さん、日本語ふつーに話せるけどちょっと発音ヘンですた…




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 胸キュン, ほのぼの,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様