2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

机の上に予言が書いてあった。





1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 03:57:56.77 ID:7wm2QxL+0.net
初めに言っておきたい事がある。

これからする話の奇妙な現象は君には理解できないし、理解しようとして欲しくもない。

だって今の僕でも、あの時の事は何一つ分かっちゃいないんだ。


多分、神様の気まぐれなんだろうね。忙しい天国の久しぶりの長期休暇に浮き足立った何処かの神様が、パッと目に留まった僕に悪戯をした。

そして幸いにも、その神様は悪い神様じゃなかったんだ。


僕はそう考える事にした。

いや、そうでも考えなきゃやってられなかったんだよ。

他に納得のいく説明が出来る? 普段使っている教室の机に落書きが書いてあって、その落書きが未来を予言している現象について。








2 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:01:10.31 ID:7wm2QxL+0.net
初めてその落書きに気づいたのは高校一年生の十月頃だったかな。

まだ残暑が続く中、唯一冷房が効いている図書室でいつものように本を読んでたんだ。


何を読んでいたんだっけな、昔から小さい文庫本が好きだったから、きっと文庫本。題名までは覚えていない。

帰宅部だった僕は放課後の有り余った時間を毎日図書室で水のように浪費した。


いつものように一九時頃まで本を読んで、そろそろ帰ろうと教室に置いてある鞄を取りに戻った。






3 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:03:27.55 ID:7wm2QxL+0.net
机の脇にぶら下がっている重いそれを持ち上げて、ふと机に目をやると僕は驚愕した。

机の上にでかでかと『めがねがわれる』と書いてあったのだ。


書いてあったと言っても鉛筆やボールペンで書かれたものではない。律儀にも消せないように彫刻刀のようなもので彫ってあった。

それを見た僕の頭にはイジメの三文字が浮かんだ。


しかしどんなに必死に考えても、僕をイジメるような人なんていないし、僕自身イジメられるような性格はしていないと思った。


どこかの誰かがひっそりと僕を恨んでいた可能性はある。そいつがこれをした、そう考える事もできたのだが、それを受け止めることはできなかった。


その日は逃げるように家に帰った。






4 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:07:54.93 ID:7wm2QxL+0.net
次の日の朝、念の為いつもより早起きして教室へ来てみると机の上の落書きは消えていた。

先生が気づいて机を変えてくれたのだろうか。そうだとすれば後できっと話を聞くために呼び出されるだろうな。


――そんな僕の考えは外れたようで、放課後になっても呼び出しをくらう事はなかった。

そうだとするなら、先生以外の誰かが机を変えてくれたのだろうか?よく分からなかったが、ありがたい事だった。

きっと机は変わっていなかったんだと思う。これも奇妙な話だ。








5 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/16(木) 04:09:04.47 ID:7wm2QxL+0.net
の日書室を訪れた

に読める文庫本が僕のお気に入りで、ハードカバーを毛していだったが、数い友人の一人に勧められて、珍しく分厚い本をんで


普段は眼鏡をかけているのだが時は目が疲のでして

の時室の長の上鏡を置いていた。






6 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:09:38.84 ID:7wm2QxL+0.net
ふとした拍子、机の真ん中に置いていたはずの眼鏡が机から落ちて、それを拾おうとした拍子に本が手から滑り落ち、物の見事にハードカバーを眼鏡に向けて落としてしまった。

加速度運動が働いているファーブル昆虫記程の大きさの本に下敷きにされた眼鏡はフレームだけを残しており、鏡と呼べる部分は見る影もなかった。


これが初めての予言体験だった。

その時の僕は偶然が重なった、面白いこともあるものだと思っただけだったが、その日も机の上の落書きを見つけてしまったんだ。


『きょうかしょをなくす』

もちろん、この予言も当たる事になる。






7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:10:09.28 ID:7wm2QxL+0.net
それから毎日、放課後の僕の机の上には予言が書かれることになる。

予言に共通しているのは、全て僕に関する事だということだ。それもマイナスな事。


例えば最初の眼鏡のように、僕の物が壊れたり、無くなったり。予言が書かれた次の日にそれは起こる。

そして、全て予言通りになるというわけでもないらしい。





8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:11:55.05 ID:7wm2QxL+0.net
僕の持っているお気に入りのボールペンがある。コンビニで買った八百円の三色ボールペンなのだが、これが壊れるという予言があった。

このペンは書き心地がすごく好みで、お気に入りだった。


アルバイトをしていない僕にとって八百円というのはなかなかに大きなもので、かといってボールペンに八百円を出してくれる親でもない。

そこで僕はそのボールペンを家に置いて学校へ行くことにした。予言を覆そうというのだ。


結論から言えば、成功である。






9 :も無き被検774号+@(^o^)/2015/07/16(木) 04:13:34.26 ID:7wm2QxL+0.net
僕の手で未のだ

とてな一たが、どこか吹かせてやという晴れかな気持で僕のはいっぱいなった。

来を事実を知ってら、にとっての印象は、だ若干の怖はあるものの種の予報のよものた。


報ほど曖昧な予測ではない、物語の中に出てくる知ほど正確ないる予知は一文だけ、はそれ僕が読解して、どかだ。

この時期の僕は輝いていと思う。新し具を買っもらった子供みいにはゃいでいた筈からね。





10 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:14:16.24 ID:7wm2QxL+0.net
何気ない日常の中で、何も役に立たない予言をただ僕一人だけが知っていて、そんなちょっとの非日常がとても楽しかったんだ。

しかし、ある日を境に事情が変わってくる。






11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:15:31.80 ID:7wm2QxL+0.net
胸騒ぎがした。虫言うのだ、僕はそのに何か起こることを予感していた


昨日書あっ知は『けむをなくす』なんてう、いつと同もないものた。

その時使ていた消しゴはボ、買い置既にてあった簿ら、無くなった所問題はない


の終了を鐘が鳴って、机の姿麗に並べてお筆記を筆箱に戻す時に、手いて消しゴムを落としてしまった

小さく丸まぼこの空き地で蹴ったサッカーボールのよにイレギュラに跳こかへ転がっていまっ。予知通り。

なってしったしゴムをするく、は次の始めた。





12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:17:14.33 ID:7wm2QxL+0.net
その日の帰りは図書室に寄らずに帰ることにした。これといって用事があった訳ではない。しいていうなら気まぐれだ。

確かに僕は本が好きだが、だからと言って人生全てを本に捧げているわけでもないし、読んだ本の数が同級生の中で一番というわけでもないだろう、と思う。


とっとと家に帰ってゲームでもしようと考えていた時に、後ろから声をかけられた。

「ねぇ、君」

振り向いた先にいたのは、隣のクラスの女子だった。名前は相良咲さがらさき。長い髪は校則にしたがった黒色で、キリリとした目つきはクールさを感じさせた。どこかまだあどけなさを残した顔つきで、いかにも高校生という風貌だ。







13 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:19:02.00 ID:7wm2QxL+0.net
ほとんど話したことの無い相手だった。まして高校生だ。自分のクラスですら、中学時代に比べればその人数は圧倒的。その大規模な集団が幾つもあるのだ。

友達が多ければ隣のクラスや、隣のまた隣のクラスの人とも知り合い程度にはなれたのだろうが、僕はそういう種類の人間ではない。


話が逸れてしまった、そう、その相良さん。僕が女の子に話しかけられた事も驚くべき事なのだが、その子の左手にはもっと驚くべき事が秘められていた。


僕が失くした筈の消しゴムを握っていたのである。

「これ、君のでしょ? はい」

相良さんは笑顔でその小さな消しゴムを差し出してきた。






14 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:19:31.02 ID:7wm2QxL+0.net
忘れていた朝の胸騒ぎを思い出した。また胸の奥がざわざわと蠢いて、少しだけ目眩がした。

予知が告げる今日は、他人の鑑賞であっさりと変わってしまった。


問題はない筈だった。僕にとってマイナスな事ばかりのその予知が変わる事は、むしろ好都合である筈だった。しかし、僕の中には大きな穴ができたような気分になったのだ。

僕にしか知り得ないその予知に、僕だけの秘密にしてひっそりと楽しんでいたその予知に、殆ど面識のない他人によってあっけなく覆されてしまうその予知に、僕は大きく大きく失望してしまった。








15 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:23:03.39 ID:7wm2QxL+0.net
相良さんから消しゴムを受け取って、頭を下げてその場からそそくさと離れた。

部活動をしている生徒の大きな声と、相良さんの迷惑な優しさを背中に感じながら、僕は校舎から出た。

去り際に見た彼女の顔は、とても嬉しそうだった。






16 :名もき被体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:28:31.39 ID:7wm2QxL+0.net
次の日、退屈な

室の後ろ窓際の席座る僕を手ひらの上立て窓のを眺めていた


昨日のを思い出す。

とても変わってしまう予知、未来。使





17 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:31:15.53 ID:7wm2QxL+0.net
毎日の楽しみであったその玩具は、相良さんの手によってあっけなく粉砕されてしまった。

考えてみれば当然の事だったのだ。未来を変えられるのは僕だけじゃない。未来を知っているからこそ、僕は僕自身の手で未来を変えているように感じていただけで、今も何処かで知らない誰かが、来るはずの未来を変えているのかもしれない。


こうも簡単に、至極柔軟に未来は変わるのだ。もしかすると僕が今右手を動かすだけで、未来が変わるのかもしれないな。

変わる前の未来と変わった後の未来を知らない僕にそれを測る術など無いのだが。まさにシュレーディンガーの猫だ。

そういえば昨日は予言を見ていないな。今日はどんな事が起こる予定なのだろう。また何かを失ったり、壊したりするのだろう。


それから僕は、簡単に変わる未来予知に意味を見出せず、日課であった予言の確認をしなくなった。






18 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/07/16(木) 04:31:38.04 ID:7wm2QxL+0.net
異変に気付く。

予言を初めて見た時から既に一ヶ月近くは経った。あの日から何かを失くしたり壊したりしなかった日はない。






19 :名無き体774号+@(^o^)/:2015/07/16(木) 04:33:29.72 ID:7wm2QxL+0.net
が、の相良さんに未来をえらてから週間、僕は何も失っ

かを失いそうなったり、壊しそうにと決まて彼女が僕の前ようった。


もしかしてあの子は僕予言を見ているろうか。

れを見て、僕を不憫にくれ沿いるだろうか


その僕は信を得るために、一週間簿予言見ることに








>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様