2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

数年前、自殺しようとしてた俺が未だに生きてる話





1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 04:41:01.05 ID:AzPqcEyv.net
何となく語りたくなったから、つらつら書いてみようと思う



2 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 04:46:36.70 ID:AzPqcEyv.net
初めてのスレ立てなので、ゆっくりめになるかもしれない。

ちなみに書きためてもいない。


まあ、タイトル通りの話だ。

数年前の話だ。俺は、死にたかった。

なぜって、俺はいじめられっ子だった。



4 :名も無き被体774号+@(^o^)/2016/03/03(木) 04:57:02.74 ID:AzPqcEyv.net
それどんなもだったか、あんまり語とは思わない。

えば、るわかる、って言っくれる人もいもしないが、われると、本当のとこはわかんねえくせにって、思ってまう自分がいるだ。ひねくれてるとは思うけど。


教室で一人だ俺の気持ちなんて誰が想像できるんだって。



3 :名も無き被検体774号+@(^o^)/2016/03/03(木) 04:54:25.43 ID:K9mZqoMq.net
スペッ



5 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:08:12.22 ID:AzPqcEyv.net
お、人がいた。

それは追々語ってくことになると思う。書くの遅いけど。


続ける。

でも、いじめって離れてみるとと不思議なもんだよな。

あの教室って空間には、何かすごい圧力みたいなもんがかかってて、誰もそこから逃れられないみたいな、そんな感じってある。

何だろう、あそこだけ世界中のどこからも切り離された空間で、普遍的なルールに一切縛られないみたいな、そんな場所。

だからいじめが普通に行われる。

いじめっ子と、いじめられっ子がいて、それを普通の生徒も教師も見て見ぬふりをする。

どういう仕組みなんだろうな、あれ。



7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:16:49.13 ID:AzPqcEyv.net
そういうことを言うと、いじめられるほうにも理由がある、って話が出てくるけど

まあ、俺は個人的にはそれもそうかなって思う。

けど、何の理由もなきゃあいつらは誰もいじめない……・ってことにはならない。

だって、どんなことにも理由なんて山ほどある。

理由をあえて探す必要はない。



8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:22:37.83 ID:AzPqcEyv.net
顔がきもいとか、背が低いとか、足がのろいとか、それがどんな理由か知らないが、とにかくあいつらは俺をいじめた。

教師も見て見ぬふりをした。

かろうじて会話が続くって程度の友達(とはいわねえか……)もいつの間にか離れてった。

普通のやつらは、初めから俺の存在が見えてなかったのかってほど普通に学校生活を楽しんでるように見えた。

俺は学校を休みがちになった。



9 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:35:20.70 ID:AzPqcEyv.net
そうると、親が変に気た。

子供あっってのはうすうすづいてただろう

なこ信じないみった


他の親うかはしが、うちの親は何でも遠回に聞くん

仕事帰りにケーキ買ってきて「甘いもの食べたない」と 休みにどうって言う代わりに「今日は外に行ったら気持ちよう」とか息子俺でも正しく察すのが無だろ

だか、俺がいじめあってるもって思ても、「最○○くんってどうしての?」

それはあいらに目をつけられた俺か離れた知り合いですが何か?



10 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:42:27.23 ID:AzPqcEyv.net
とにかく、親は俺を腫れ物扱いした。

もともと触れても来ないレベルが、数キロ先で見守ってるレベルにまでレベルアップした。

そりゃいまならわかる。親だって悪気があってそうしたんじゃないってこと。

俺も触れるなって空気を出してたんだろうし、それを精一杯受け止めようとしたんだって。

けど、俺は俺でこう思ってた。

「親なら俺を助けろよ! あのいじめっ子とクソ教師をどうにかしろよ!」

けど、実際の話、それはないものねだりしてるだけだった。

「あんたいじめられてるんでしょ! お母さんが学校にいってあげる!」

そんなこと言われても、俺はますます追い詰められただけだろうから。



11 :名も検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 05:54:02.91 ID:AzPqcEyv.net
一度校を休み出と、らはかった

校になた俺は家の外にも出なくり、やがて部からも出なくなった。

食事はに置いくれたも、寝中にべる

誰と会わな誰ともしゃべらない

ゲーやパソコンで一日る。

見事な引きりの完成



12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 06:20:16.40 ID:AzPqcEyv.net
その頃の記憶は、途切れ途切れにしかない。

あまりに辛かったからか、それとも毎日同じことしかしてないせいで刺激がなんにもなかったからか。

いま思うと、あれはコールドスリープみたいなもんだったんじゃないかと思ってる。よくSF映画とかで、遠い星にいくときに使う、あれだ。

あんなふうに冷たく感覚を麻痺させて、まるで眠ってるみたいに、俺は生きていた。

ただ息をして、ただ心臓を動かしてることが、それでも「生きてる」って言うならだけど。



13 :名も無き検体774号+@(^o^)/:2016/03/03(木) 06:29:04.73 ID:AzPqcEyv.net
だから、それはずれく答えだったん思う。

ある俺は死のうと思った。

この苦しくてどうしようもない人生終わせようと思った。

考え、ずっと前から考えてたことみたに、ずっと胸に落ちた。


を検索た。

、方失敗しない

らりと結果が並ん

はその一つつを寧にみ込ん




14 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 06:32:34.50 ID:AzPqcEyv.net
自殺の方法は驚くほど簡単だった。

特別な道具なんて必要なく、勇気さえあれば引きこもりの俺でも

いつでもできる方法も見つかった。


その日は、下調べだけで終わったが、これでいつでも死ねることがわかった。



20 :名もき被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 13:47:43.19 ID:AzPqcEyv.net
見つて少しずつ


方法がわかったからといっすぐに殺を決行とはった

ろうな でぶんういうもんだ。

にた退 じあ死う! だんて、人間そなに簡じゃない。


にいま思え殺の方法を調べ退る行自体が一種のになっていと思自殺のかな。そんな言い方ないと思うけ、そな感

取り憑かれ いろんな調べた。それをいつ実行すだとか、際ど法を選ぶだ、妄想するは楽しか

は久々に感じた「生てる」ってだっ使かもしれない。



21 :名も無き被検774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 14:01:20.49 ID:AzPqcEyv.net
たぶん、はそれを遠に続けることができたと思う。死にた思うながらずに、その方法だ調べ続ける

言ったらいか、することは以前より多少は幸た。

ん、あいとクソ教師の名前を書ろうそう寿だけで嬉しくなった

な遺書を残して自殺したら、校は騒ぎになるだろう俺を苦したやつ傷を負うだろ

じめなてできやつのなんか傷つけられわけないら、俺思っは、やつらの人生とって意味ね。

一生陰口たかれ、学も退って人生終われば

俺はそれを高みら見物するってけだ、なんて本ってた


まあ、実際の話、そんことになるいんだけどさ。

殺したやつだって、大の中だ。

死んでたって、全国ニスで一でも流れればだ。



22 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 14:07:21.63 ID:AzPqcEyv.net
×一介 ○一回

でも厨房だった俺に そんなこと考えられるはずもなく、俺は毎日パソコン画面とにらめっこした。

そして、自分が死ぬところを想像してうっとりした。親が泣くところを想像して、もらい泣き?もした。

それから、やっぱりシメにあいつらが うちひしがれてるところを想像してにやにやした。

ああ、いじめられっ子で引きこもりの俺でも、あいつらに仕返しできるんだ!ってな。



23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 14:15:56.76 ID:AzPqcEyv.net
妄想はどんどん高まって、気分のいい日が続いていた。いままで鬱だったのが、一気に躁になった的な?


その頃になると、肝心の方法も決定していた。

やっぱり簡単で確実な首つりだろう。

ヒモは探せばあるだろうから、外へ出なくていいのもポイント高い。

あとは一歩踏み出すだけだ。


その気の緩みが、俺の生死を分けた瞬間だったかもしれない。



24 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 14:37:01.02 ID:AzPqcEyv.net
話は少し戻るが、自殺の方法を調べる際に、俺はいろんなサイトを訪れていた。

その中には、出会い系のようなサイトもあった。

自殺でなんで出会い系かって言うと、一人じゃ怖くて死ねない人が、仲間を募るためのものだ。

俺は別に仲間が欲しかったわけじゃないが、自殺を考えている人がたくさんいるというだけで何だか心強かった。

そこには連絡手段として掲示板があったけれど、掲示板は無難な言葉ばかりで、本格的に仲間を探す人はメッセージアプリ的なものを使っているらしかった。まあ、LINE的な?

俺は、どんな会話がされてるのかとか、あと自殺の情報?も知りたいと思い、そのアプリをインストールしていた。

もちろん、掲示板に載っている仲間募集のアドレスも登録した。


けど、恥ずかしながらそういうSNS的なものに縁のなかった俺は、それがどういう仕組みなのかいまいちわからないまま放置していた。

みんな個人個人でやりとりしているのか、表立って会話は見えなかったし、情報が載ってるようなものでもなかったからだ。



25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 14:55:43.85 ID:AzPqcEyv.net
けど、いよいよその日が訪れたときだった。

もちろん、前もって日にちを決めてたわけじゃない。けど、その日起きた瞬間、俺は、今日だ!って直感したんだ。

なぜって聞かれても、直感だから理由はないんだけど、目の前のもやが晴れたような気持ちだったのを覚えてる。

例えば、昔、子供がお祭りでもらったかなんかした風船をうっかり離して飛んでっちゃった、ってな場面に遭遇したことがあって。

その風船、一気に空まで飛んでいかないで、一回木の枝に引っかかったんだ。でもその木が高かったもんだから、みんな、あーあ、って見上げてるだけなんだけど。

俺はそのとき暇だったんだろうな。

当の子供が親に連れられて行っちまったあとも、その風船を見てたんだよ。何となく。

そのときは別に風も吹いてなくてさ、風船はずっとそこにあるわけ。

それ見て、物心ついたときから厨二な俺は、「あいつもどうせなら広い空に飛んでいきたかっただろうになあ」とか思ってるわけw

だけど、どっかに引っかかってるわけだから、そのうちガスが抜けて そのまま落ちてくるんだろうなーとか思ってたわけよ。



26 :も無き検体774号+@\(^o^)/:2016/03/03(木) 15:08:27.29 ID:AzPqcEyv.net
、それさ。

その風船、然ゆらっと動いたと思ったら、ふっと空に上ってったんだ。

対風なんかてないのに。誰か木を揺らしたわけでもないに。なぜか。

本当に、ふっと、るで自分だけのタイミングを待ってたってな感じ

ふわふわ遠くてったんだ。



ったけど、その日の俺はそんじだった。

まるであのときの風みたいにどっっかかっ解けて、あ飛べるって気づいた、みたい

のどかかない信がき上がきて、今日だ日がその日だ、て理解した、みたいな。


余談だけど、天啓を得りしちう人っな感覚姿なのかとも思





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:すっきりした話, 修羅場・人間関係, ためになる話, これはすごい, ためになる話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様