2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

リアルでシンデレラストーリー体験をした





13 :12:2006/09/09(土) 22:24:54
私は中高一貫校に通ってる高1女子です。

はっきり言って私はブスです。

中学時代には私に声をかけるのが男子の間で罰ゲームになったこともあるくらいでした。

親友のS子以外は女子にもあまり相手にされてなかったんじゃないかな。

そんな私に彼氏が出来た話を。。。。。



14 :12:2006/09/09(土) 22:26:29
期の月、後ろの席て同じクラスになったUになました

U君は無愛想で言葉使いも悪く少し怖い感じがするけどくての子告白したという噂をいました。

おい、ブサイク、お前フトテニス部だ

「え、あぁ、う・・・てか初対でブサとか・・・・」

サイクしか思いつかんw

寿っどぉーい、普に名前で呼んでよ」

自分のブスは知の上だたけど、無視とかされるんじゃなくて と話かけられたのがうれしかった。。

れかもU君にはおい、ブイク」ばれがらも少しずつだ宿する調なりま



15 :12:2006/09/09(土) 22:29:31
そんなある日の昼休み4.5人の子達がやって来ました。

そのギャル系?のグループには同じクラスの子や隣のクラスの子もいて中にU君に告白してふられたって噂の子もいました。

「あんたUのなんなの?」

「えっ?なんにもないよ・・」

「ブスのくせに可愛い子ぶるな」

他にもいろいろ言われました。


私は最近治まってた私への「プチイジメ」がまた始まるのかと かなり落ち込みました。


そして思ったとうり私は次の日からクラスのほとんどの女子から無視されるようになりました。

話かけても、一言か二言の会話しかなく、明らかに男子にも遠ざけられるようになりました。

それでも毎日頑張って学校には行きましたが、もう学校行きたくないなと思いはじめた頃でした。



16 12:2006/09/09(土) 22:32:59
学校に着くと私は自分ました。

くするとUが登校て教室に入ってくるないきなり大声で私に話かけてました。

おいっ!ブサイク!お前みなに無視されてんのかっ?」

教室が一瞬でまり返りました。

かまにU君は大声で続す。

「誰だに無視されてんだ?」


私は返事に困り黙ってました。U君睨み付けるに教室を見まし。まるで室全体が凍様になました


黙を破っのは こ前の昼休みに文句を言てきループのでもA美

 に誰がを無してもの人の勝ゃん

はっりゃうだ。で前そうなん?」

「だったら

「じゃつでに俺視してくんねーかな?・・・・ーいう根性腐っヤツと こっちそ口利きたねーなw

「Uに関ないゃん

「まぁ、そう言わずに頼むから俺も無視てくれや


そこには口調全然違う恐顔をがいました。



17 :12:2006/09/09(土) 22:35:02
ると突然笑い声がしました。

退、おいっ、おもしろそうじん。頼俺もぜてくれw」

君と同じ部活でした。N君声で教室中を見渡しながらました

「Tを無して 皆さぁーん俺とUも無視でしくおがいしまーすw」

に小な笑いが起こり緊張少し解けたような気がしました。



18 :12:2006/09/09(土) 22:37:39
それから その日は授業の間の休み時間のたびにクラスの女子が話かけてくれたり謝ってくれたりしました。

お昼のお弁当は いつも教室で一人か隣のクラスのS子と2人だったのに久しぶりに5人もの女子で学食で食べることになりました。

私は食堂のイスに座ると うれしいからなのかホッとしたからなのかよくわかんないけどいつの間にか泣いていました。

S子や何人かも、もらい泣きさせてしまい、周りから見たら何が起こったのか分からなかったんじゃないかな。。。。。



19 :12:2006/09/09(土) 22:40:16
私は昼休みの間にU君とN君にお礼を言おうと思っていたので食堂に来ていないか探しました。

そしたら向こうからU君やN君の男子5.6人のグループがやって来て私達のテーブルの横を通り抜けようとしました。

私がイスから立ち上がるとU君と目が合いました。

「あ、あの・・・」

U君は今まで見たことのない優しそうな顔で笑うと握った右手で二度自分の胸を叩き その拳を私に突き出すようにガッツポーズをして通り過ぎて行きました。

あとで聞いた話だと、そのポーズはU君達の部活で流行ってて、試合とかで仲間を応援する時にするサインらしいです。



20 :12:2006/09/09(土) 22:42:57
それからの私の学校生活は、さすがにクラス全員とはいかなくて相変わらず無視する人もいるけど、私にとっては平和な日々でした。

ところが、いつの頃からか「U君が私に気があるんじゃないか」とか「2人は付き合ってるらしい」といったような噂が流れはじめ、みんなに いろいろ言われるようになりました。

私はU君のこと好きだなんてトンデモナイ、命の恩人くらいに思っていたし ブスの私なんかと噂のたつU君に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

それでもU君はいつもと変わらず私の後ろの席から「おい、ブサイク」と話かけてくれてました。



21 :12:2006/09/09(土) 22:45:31
そんなあ日 6時限すんでHRのの前君が何やらニニヤしながらって来ました。

「おい、ちょっとんだけど前ら付き合の?」

「えっ?


後ろのU君に申し訳くて振返れませんでし

「なんだそりw」

なんぱガセかよ、おしろくねなー


前、俺とってたらしろのか?

とりず冷やして楽しーじんw

、そ

「U君めんね・・・変たっゃって・・



?お前のじゃいだろ。・・・・・つか、マジで付き合うか?w

「えっ・・・・・・、冗談、、やてよ・・・」

「うわは、U、ふれてやのwww

「い、、あの、、そーゃなくて、U君冗談言ってるか・・・・


私ブスのくせに、ありえないと分っ退、多分真赤な顔してたと。。


22 :12:2006/09/09(土) 22:49:20
「おいブサイク、冗談じゃないぞ、どーすんだよw」

「え?な、な、なにが?」

「だーか-らー俺と付き合ってみねー?」

周りの席の何人かの女子が悲鳴のような歓声をあげました。

「おいおい、U、そりゃ告白じゃねーぞ、脅しじゃんwww」

私は もう頭の中が真っ白で なにがなんだかわかんなくなってましたが、からかわれててもかまわない

「バーカ冗談だよ」・・・・でもかまわないと思いました。

「・・・・・・ハイ・・」

「えええええ・・・・・・マジ?お前らマジで言ってんの?ww」

「うっせーな、そーいうことだ。お前もう席に着けよw」

教室中がちょっとしたパニックみたいになりました。U君が・・・あのU君が・・・・女子の間で難攻不落と言われてたU君がよりによってあの子と・・・・って感じで。。。

友達とかにかなり冷やかされたりしたけど、そのたびに「U君に からかわれてるだけだから・・・」と言ってました。

それから その日はボーッとしたままで、部活に出ても半信半疑でいました。



23 :12:2006/09/09(土) 22:52:59
部室で着替えていると後輩がやって来て

「T先輩、彼氏さんから伝言なんですが、部活すんだら一緒に帰るぞって西門のとこにいろって」

「えぇぇ彼氏いたの?」

「誰?誰?誰?」

とか部室が大騒ぎになりました。


後輩が「バドミントン部のU先輩ですよね?中学でもカッイイって有名ですよw」

と言うと部室はますます大騒ぎになり

「いつから?」

「どっちが告白したの?」

とかいろいろ質問攻めにあいました。

「U君にからかわれてるだけだから・・・」と私はまだ信じれずにいました。



24 :12:2006/09/09(土) 22:55:04
部活がすんで西門のとこに行くと ほんとにU君がいました。

「おっせーぞw」

「ご、ごめんなさい」

U君の顔を見るとは口調とは逆に笑ってました。

一緒に並んで歩くだけで心臓がドキドキしてるのが自分で分りました。

「あのな、お前の彼氏になったら言ってやろうと思ってたんだけどな・・・」

「お前さ自分のことブスだと思ってるだろ?」

「だってそうだし・・・・」

「そーいうのはさ、人が勝手に言ってりゃいい話で自分が思ったらダメじゃね?」



25 :12:2006/09/09(土) 22:59:09
「まぁいいや、本題なんだけどさ、

うちの学校宿題多いし、厳しいソフトテニス部だから分らんでもないけどさ 

女の子なんだからさ、髪をしっかりブラシしてくるとか、もっとオシャレに気を使うとかしろよw」


「俺、席お前の後ろじゃん?朝、髪が跳ねてるのよく見るぞww」


「でさ、お前かなり色白だろ?でも年中部活で日焼けしてんじゃん?

そーいう肌のケアとかもさ 女の子なんだからしっかりしろって。

それだけでも、かなり可愛くなると思うぞw」


「あの・・・・・・どうしてあたしなのかな・・・・・」


「はぁ?」


「あたしみたいなブスじゃなくてもっとかわいい子にも告白されたこともあるでしょ?性格だって暗いし・・・・」


「うーん・・・・・・・今説明すんのメンドクセw」


「・・・・・・・U君・・・・・・・・からかってんの?・・」



26 :12:2006/09/09(土) 23:02:40
「俺が信用できんてことか・・」

「そうじゃないけど・・・・・・」

「あのな、お前俺のことどれくらい知ってんのか知らんけど、俺、お前のこと結構知ってるぞw」

「えっ?」

「まぁいいや、そのうち話すよ。で、日曜日 部活は?」

「えっ、あぁ、朝から1時まで」

「そのあとは?」

「なにもないけど・・・・・」

「じゃデートだw」

「えっ、あの、でも・・・・」

「2時にF駅な?」

「う、うん・・・・・」


U君らしいと言えばそうなんだけど、強引に決められちゃいました。


「じゃそんときに、なんでお前なのか話すかな・・・w」

「え?」

「俺も信用してもらいたいしなw」


U君と付き合うことになって、クラスや部活のみんなに知られて、日曜日デートすることになって。。。。。

その日は私にとっては忘れられない1日になってました。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, ちょっといい話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様