2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

裸にされて写真撮られ脅迫されてた彼女




し、こっは目も当てられないぐらいのDQNだし読んで気悪くなるかしれません。

の文章ですが、これは僕の趣味が文章を書くことだからですごめんない。

スレんどいとかよ分からないけどあえず投


の状況

(僕20才 大学

彼女(19才 大学生

DQN男(ュ男1才 大学生


僕と女は学のラロスで知りった。年は僕が一つ上だは一浪稿から彼女とは同じ年次同じサークル

サークルの女は茶髪率高かった、優美きれいな黒髪だった黒品のある顔立ち、清楚装の優美は、学級でも発そな美人だ

からの人気も高て、僕だゃなく他の多くの男も優美にアプローチかけてた

幸運にも美はでくれて、ちは1年の6月から付き合いた。


優美は時一人暮しで実家だっ。だはよく彼女の家に泊行って二人で楽しい時過ごした

それ以外にも休日は遊園行ったり、お弁当ってピクニたりした

時々さなカもしたけどすぐ仲直りできたし僕と美の付きは、健全な大らしい本当に調な付き合いだった。

--------------------

付き合い始め年したとき、のサークル合宿あった

夏合宿は1週間の予定だけど、3日目ぐらがあって親戚に幸があのこと。仕方なく僕け、合宿を先に切り上帰ることにした。


亡くったのはの親戚で、顔よくらない人だけど、僕葬式出した。

遠方の親戚の家からる頃に、もう夏宿終わっ

家にると早美のところ

さっく優デートの付けようと思、夏合宿で疲れこも行きたくないとの

じゃあ、優美の家でマタリ過ごそうってこになって僕ぐに優美の家に行っ


美の家にてみた優美はすごく元気がなくて、赤だた。

れてるというより後みたいな感じだった。

僕がいろいろ話しかけて心ここにあらった感じ。

普段の優僕のだらジョークでもケラケラ笑ってれる明るて屈託のない子だど、そのときは「フーン」とそうなんだ」とか、っ気返し方ばりだった


普段、優美 よく僕に料理を作ってくれる。一人暮らしめてか もう一年以上経ってるから、優美の料理のも大分上達してる

でも今日はやる気がないっ言うからその日は僕料理をった。僕は、ソウメンとラダと、疲れる優美でも食べらうなもの


人で食事始めても、優美の箸は稿全然まなかた。ボーと食を眺めてて、ときどかす




ご飯食べながら僕がしかも、右か左に言けていく感じだた。


食欲ないなら、無理して食べてもいいよ。僕もうお腹っぱいし、で食べよう?


優美は、料理をってもらった手前、無理やり食べる感った。だら僕は美にそうった

当は まだまだ食べたかっ、僕食べてると優美付き合っちから僕優美と一緒に食事を中止することにした。


「ねえ?飲

は部屋テレビをながら片付けをしる僕に話しけてた。

優美は あんまりお酒が好ゃないいつもは僕が便んで、優美 それに付き合って感じだった。

いつは自分から飲もうなんてのに、どうし日は、優美ら酒をんだ?何があったんろう

引っかるったけど細かいことは飲みながらで聞こうと思のときは何聞かなかっ

優美は疲れてるみたいだったから僕一で近くのコンビニで氷とみを買い出しった


僕がコンビニから戻ってみいて

「ど?」

あわてて優美のそ駆け寄、優尋ねた。

美はめん。ごんね」をり返すばかりで話になら

あ、いいや。とえず飲もう?話はそれからでいから」

う言って僕はコップ出してってきたビールを注いだ。


コッにビルが注ると優美は一気それを飲した

優美こんしたとなんてかっ。いもの美は間かけてビール350ml缶を一本空けうなスローペースだ。

酒飲みの僕心そういスロースな優美をもどかしくえいた。


僕はぐいっとの飲み干す優美をっけにとられて見ていた

然とする僕をよそ、優美は自分ップビールを注いで、またた。


僕男「ちょっ、どたの? 何か悩みでもあるの? あるなら僕に相


僕は優美のすぐ隣移動し、優の肩抱きしめな言った

美は僕に抱きついてき調「ごめん」と繰りりだ

惑かかちゃら」と言なかうと美か、2時間けて話をした。

--------------------

宿中の飲み会で優美は早につぶれしまたら

つぶれ優美はークル仲間によ運ばれて そこ一人で寝てらしい

そこで同じサークル綿のドっそり忍び込ん、つぶれて寝婿の服をがせて携を撮その写真で脅してるとのことだった。

 キュの要求は

やらせろせなかっら写真バラまく。そなれば僕男との付き合もダメなるだろうし、サークルでも居場所なくなるぞ?

というものだっ

キュ男は、優美撮っ真を送てきて、にプレッシャーるってことだった


に送た写真を見せてもらった

ワンピーボタ全部外さ、ブラを上げら写真った

顔もきり映って、確に優美た。

枚は、優美パンツがろさアをップに撮った写真だった



を見、僕は頭が真っ白だった不思議とにりは沸かなかった。

だ、衝撃的な開に頭が着いていかなて、呆とその場にへ込むけだった。

優美は、を作ってそん写真撮らてしまこと巻きでしたことを何も謝って


まりのショックで、僕は話をすることさえ苦にな。視界が狭ま前がになっ。目前が真っになるって話たとえ話じゃな

の前は泣きながら何度る優美がいる。もう何も話したくない分だったけど、気を奮い立たて、は優慰めたもう必死になって慰めた。

「もう心ないよ。後は僕が何とかすから、安心していい」

たとえド男が優美に何をしても、は優美の側にずっといるから」

今回も、この先も何があってもが好だから

ークル飲みで潰れたんだっ優美に責任はない

(うサーは結構飲激しい)だからもう謝らないで

よく覚えてないけ、そんなことを言っう。


私、汚れったと優美が言ったとき

「気にすんなよ。優美が純粋無垢養の人だなんて、最初から誰もってないから」と言っ

僕の顔をいてた優、「慰め、ちょっとひどい?」と顔を上て、使いにを見なが泣き笑いで言った。

初めていではい優美の笑顔を見た気が



ままは優美にキスして、二でそのまット

そのは、特にしかた。

美とのセクロのときだは、今直面してる嫌なを忘ことができ

美を抱いている最、僕はの人が本好きだっった




セクロスが終てから、優美といろん昔話をした。に楽ばっで、優美尽きな

セクロス美は全部て肩の荷が下りたか いつもの優美らし気さを取りしてくれ すごくよ

れがすごくうれしかっ

--------------------

翌朝僕は日にキュ男に会いってこの問題に決着をつると優美にた。

て来言ったけど、優美はもう分苦しから、後はて。う何も心配しな家で鍵掛けうに言った。

優美一人でるのは不だとったけど美は納得しれて、僕人での家



家を出てからす電話た。

しても話したいことがあります」僕が言ったら今イトで出られないとのこと

応ドキュ男は湿ークルの先輩なので切れそなるのを必死抑え敬語を使話し

ドキュ男は今はうしてもら空いてるから、のとき話そうとのこだった。

ュ男のバイト先の人にこのことで迷惑掛るのも悪いから仕方なくュ男の要求を呑ことにした



間と場所沿キュ男定し

が指定した場は、喫茶店とかじゃなくて、気のない河原だった。

嫌な予感がたけど、一に帰て、その定の場所に行った

--------------------

気持ちがはやってたから約間の20分前に着いた。

夜の河には誰もいなしかも高架下だったからうるさくここなら行人は気づかなだろて、なった。



束の時間の5分前らいにドキュ男が来。嫌な予想は当たっに2人男を連れてき

美が写真撮られたことを他の二れたくなかったから僕はドキュ男と二人けで話をしたいとた。

キュ先輩だったか、そのとき僕はりを堪えてドキ男に敬語で話した。


「別4人で話せばいいん。こいつら、優美写真てるぜ?まえら?あの女すげえい体してたろ


ドキュ男のこ一言で、僕切れて

唐突にドキュ男かみかかってボココに殴った。

他の二はずいられたけどりはキュ男に中してたからドキュ男だけに的を絞ってったように殴

途中、殴られて意識が飛て、その後は覚えていな

意識がはったとは僕、倒れたドキュ男の口辺りに、近にあった大を何度もぶつけて



殴り合いなん、小学校った。

に言われてい頃空手を習わされてたけど、それ少しだけ

け」と書いたのは、空手で覚えた技を使たの西の突や蹴をかすときらいで 後もう、辺にあった石を持ってぶんたり、木の棒で相手の腹を突いり、もうグチャグチャの喧ぶりだったからだ


ドキュ男が気して動かなくなっから、とりあえず僕はで顔を叩くのをた。

ドキュ男は上前歯4、5本なかった。

ドキ携帯をポケッから探しへしって川に投げ捨てた



僕男「気はど、たいの? やたいなら、おの前も全部折るよ?」

1「いや、俺は。とりあえずドキュ男を医に連れてくよ

ド友2あ、じあ俺も。 俺ち、ドキュ男に呼ばれて来ただけら、えに恨みなんかない

僕男「じゃあ貸してくれる 優美の像消させてもらうから



とに人はすん帯を貸てくれた。

うちょっと人婿ソなのかと思ったら使の二人はドキュ男ほどクソじなかみた

僕は二人のデータ消去を確認して、そのった



さっはハッタリ、まだやる気満々みたい方しけど、体力的にはもう限界だ

急に激しい運したからっているのも辛かっ帰りは、膝ガクガクいってく歩けなかった

二人が大人しく引いくれて助かった。



にはすぐに絡できなかった。

「あっちゃっ

あれだけやたんだら、きっと傷捕だろ

退かな?

んなことになったらた優美は責任感じちゃうだろうな

「結局 切れ全部滅茶苦ゃっ

大学になっ目ぶってるけ、やっぱり荒っぽい父さんで、兄さんたちの兄弟なだな


んなこ便、とえず自宅に向かった。

--------------------

うちは、絵いた&DQNので、僕だけが大学にまで進学た。兄はともDQNのエリートコスだ

僕が一度も停学ならず高校を卒業、一浪したけど大学に行ったことを、は、生んって、すごく喜んでく



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話, これはひどい, ハメ撮り,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様