2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

なにかと縁のあるバレンタインデー




2月14日。学校帰り、俺はいつもの公園に呼びされた

ねえ、賢ちゃん調っと・・・好きったの。」

いつも男っぽいが、頬らめて俺に言。小さな袋の中には、可愛くされコレ

「手作りなの・・、た、てくれると・うしいんど」

愛い手袋をした手で、器用に俺に差し出す。いのこで動てしまいただれを受け取るけだった

返事・・、ワイトデーにちょ

そういって俺にっと背を向け走



時中使だった俺達は、保育園かの幼

家も近所、3から緒に育てきた佳からのいきなり告白。俺は、どうしいいからくなった。

の日は頭が真っなって何もえられなかった、な頬を涙が伝って

だ、菓を作るのが意な佳織が作尿た生チョコは、俺も一緒溶けてしまうんかと思ど美しかった。

佳織の事をると、俺はてしうで、極力考えないようにした

家ものに一緒校に通わなっ



んだん冷静に考えるようになったとうホデー。

は断た。らなればなら尿ない理由あった。


当時、俺はいじめられていた。

、とあ男子が白したところ、俺がとい理由でフられたこらしい。

受験を心配してなのか、表では普通に過しているが、のように受ける暴力・・・、

腹や背中にはんの痣や傷あっ。そ織を巻き込むけにはた。



情けなくてがみもなくてかえのキャンディーをして「ごめんったぐ走の部屋で


その日の夜、佳あっ理由たい。俺は、本当のが言えなかっ

「お前のこと、ほんとに大切な・の、・友だ思っるんだ・・・だか・・

だから』といっの、その先は何も思ない。受話器うから、佳織き声聞える。

「・めん・・。」

・・・・謝らなくてよ、私こそごめん・・」

「・・・明から通に喋ってくれよ




電話を切った後俺は泣いた




女っ行為かもしれ織と一緒ムセで取ったぬいぐるみを抱きながら泣いた。涙が枯れるまでと思う

もう カーテンのきまらは朝の光んでいたし、新聞達の単の音も聞え

その日、俺は学校を泣きすぎて酷い顔をしていらだ。


ぎこちないそあものの、日に日に佳織は以前佳織にってた。俺もしずつ以同じに接することができた



それらは何も無く、達は同じ高校に進学した

し距離があるが、いじから開されるめには遠くの高行きたかった

佳織は将来かなえるために、の高校を選したしい


入学式、達は全くたれていな制服を着て校した

「―――あ、同じクじゃん」

ほんとだねサレ縁?(笑)」

「そうとか言いようがないな

とをブクサいいがら、じ教室に入るりの奴と絡もう西、俺達は好きなィストにつて盛った。


さ、あのアルバムはやっぱハズレだと思う

それ俺った。なんか

「そうそう!貿やっあの賢ちゃ一番最初にせてくれたアルバム


してところ女子数人が来た


「ね、何

「○○だよ」

〜・・付き合んの

俺達は瞬硬た。も言いたくで、佳織にまようとおもった。

一瞬俺の方をチラ見たが、「え、んなじゃいよ」と、織はす。


自分らフったのにそうか、俺達なにもないか・・・」と、妙に落ち込んで簿


その後は普通にろんな奴と「な会話を交わした。いろんなやつと喋っが、やっぱり佳織と2人でほうが落ち着・・



れから月流れ俺達校3年生になっていた

退年でクがはなれたの、また3で同クラなれ俺は嬉った

は日を重ねるごとに俺の方がなり佳織は167、俺179cで、お互いに随分立つよになっていた。

バス部の、恋愛事でいろい事件があったり・・・


年になでに俺は4回、織は5回白を受けたたが、全った。の気持ちは、あの時わっ綿だ。

佳織の気持ちがうなのかからなかったが、俺は受験が終ったら告白しようと思っていた。


貿も佳織も得意分野が同じったたに、俺たちの志望校も同互いの家で勉強を教えあいたまにバで息抜きをしながら受験勉強に励んだ

して、ラストスパートをかけ期になり、学と家を往復て勉強するだ生活を送た。


な中、久しぶりに織からメーきた。

明日の夜、ちゃん行くら家に居てよ。

一方的なメールだが、んか可愛


しかし、何るんだ・・・?と、に思っていた。


じゃましま。」

「あ、佳織ちゃん!ぶりない!あがっ、賢、部屋に居ら」

りがござます


んな声が玄関から聞、佳織が部屋に入ってき

やっ

「ん。」、参考書を開きながら頷く

、どうしたんだよ いきなり。なか用事でもあんのか

「そういうわけじゃないんだけど。

「じゃあ勉強しろよ!(笑)」

「カレダーらいちゃんと見ろ鹿


そういて、俺に紙袋を突


・・・あ?・・・・・ああ

バレンタインデーだた。勉強の頭がいっぱいですっかれていた

本命?」と、にやけら冗談交じりに聞く。

・・・だったする?」織。

「んー、・・OKすってか」

談はもういい(笑)」

冗談じゃないって。本気。」


と佳織を見つめると、顔がになる。そして、ポポロと



「だって・・・姿あのめだってったら・・今は、ただ受験がんってて帰ろうっておもったの・・・

ちゃんは胸に閉まっ、新し恋しようっ思ったもした・・・でも・・・無理だの、私、賢ちゃんじゃないと・・だめの・
・・・・・それで?」


は、本能的に佳織抱きしめた

、好きだったっと。

でも、○たちといろいろあっていれてたから、それにお前を巻き込みたくなかっただ。

めん・・。」

え・・?うそ、そな話てないよ!

「嘘じゃいんだ・・


俺は残る見せた

佳織はをあて泣いたはそれを強く抱しめるしかなかった。


佳織の気持おさまった頃達はバストボー持って寒空のなか公園にた。

「・・ったな、そんなことがあったなんて」

佳織が俺にパスる。

なこと言う かっいだろ

いつら○○高校の連中と仲良かったからな、さすの俺抗する気なかたんだよ。

前に言ったら、○○たっ飛ばしに行そうだしさ(笑)」


佳織しなル。

「そんなことしないないじん。(笑)」

ボールを持て、佳織がドリブルはじめるきなるた揺れてしう。

して、佳と目が合た。普段ならなもないの、やはり意識してしまう。

「・佳織

「なに

付き俺達

ん〜

スリーポイントシュートをめた

ナイス!」

「・・のね賢ちん。付き合の、受験からにしなどうせもすぐだし、今ちゃうと・・なんか・・・

・ああ、そうだな」



のあと3ゲーてクタクり、『そろそろ帰ろうか』なんいながら自販機で温かいものを買おら、いつのクセでクエリをまった。


ふふっ、バカだね簿

バスケから体がやりたがっんだ多(笑)」

だよ・完璧にナマっちゃってるよね。


んなことをしながら、お互の家に帰湿


部屋に戻って、紙袋からチョ出すリボンに、真赤な包み紙・・・あときと同じラッピングだして中同じだった。

くカットされた生コを、口にれる。何故か、涙があふくて、、でも口のに溶け広がると幸な気分になる味・・

スケ部の部長とお互い頑張った最後試合も、文化祭も段の学校活も、俺はあいつが居たから張れた。

いつが、ずっと俺を好きてくれたら頑のかもしれない

は決め。受験がたら、プロポと。



験当の朝、車で受験会場へと向かった。

そして試験を終後、俺はこう言った。


「なあ・・・ちょっ、飯いにいかねぇ?

いいよ、もおかすい・・

「俺、おごるよ」

「ありがと


シャなイタリンの店に入って、俺達はピザとスタを堪能た。

で告白しようとたのだが、どちら泣いて殿しまうと店に迷惑だろうと思っやめた

そして家ろうとすると、が足を止め


ねえ・・・うち寄っていかない?」

・・あぁ。」

しぶりに入る佳部屋、相変わらずシンプルで、衣服シルバーラック収まっている

「相変わらず綺麗にしてんー。

そう

貿ああ、俺部屋んてゴミだだしな・・」

そんなことを言いながら、ソフに腰。CDを流し、佳織が隣に座った。


「・・・なぁ、佳織

何?」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:ほのぼの, 胸キュン, 青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様