2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

俺の嫁が寝とられた時の話をしようか





1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 13:09:09。35 ID:yXX+ET150
俺の嫁が寝とられた時の話をしようか…



12 :、名無しかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 13:15:49。39 ID:yXX+ET150
たまは仕事で帰り遅くなったり、に泊まりにることが多かった

糞みたな上司、俺仕事を押し付けてとっとと帰っちまうんだ

しかしゃないとできない仕事かったから、方ない言えば仕方い。

ぶし残業の毎だった。こで残たまったら、有給って嫁と行でも行こうかなと思ってた



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 13:18:26。80 ID:yXX+ET150
嫁は岐阜の出身なんだが、どうも「海」というのにあまり馴染みがないらしく、休みと言えば、水族館だ、海水浴だっていうんだ。

だから今度の休みには、日本海を見に行こうかって…

佐渡島行ってみようか…とか…話してた



31 :以名無しにかわりまてVIPがお送します:2008/08/28(木) 13:26:25。82 ID:yXX+ET150
とにかくませっ稼い

より早く終わら姿ば そのぶゆっが迎え

必死やった

はもう必死で

おかげ、自分で思っていたよ

類とかはできてたら、翌日日か有給とれる、と。

う思て急いで会社て、自宅までかった

いつり…久しぶに早い退社だっ



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 13:29:33。42 ID:yXX+ET150
自宅に近付いて来て、何か二人で飯を作ろうかと思って、スーパーから嫁のケータイに電話したんだ。

出ない

いつもなら鳴らし続けて出ないということはないんだが。

専業主婦だから特に用事という用事もないし、シャワーを浴びてるような時間でもない

不思議に思いながら、適当にビールかなんかを買っていたら電話がかかってきた





70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 13:40:35。29 ID:yXX+ET150
嫁「あれ?どうしたの?」

俺「いや、仕事早く終わったから今から帰る」

嫁「えっ!?今会社?」

俺「いや、家の前」


家の前のスーパーだったが、めんどくさいからこう言った

たしかに覚えてる

嫁「えっちょっとまって、スーパーよってきて欲しかったんだけど」

俺「ああ、いいけど。」


今、思えば、わざわざ俺に買い物に行かすような女じゃ無かった。仕事帰りの俺には、特に、最近優しかった。

ともあれ、この日はハチ合わせることは無かったんだ。ニアミスで済んだ。


ちょっと仕事しながら書いてる

ごめんな

今月の請求書がまだ出来てないんだ



85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 13:45:28。04 ID:yXX+ET150
この夜は、二人でご飯作った。

シチュー美味しかった

癒された

何も知らなかったから、すごい癒されて、休みの予定とか話した。どこに行こうかって感じで

その夜は、久しぶりにセクロスしたかったんだが、生理だったらしい

まぁ、嘘だったわけだが。

「旅行先でしようね♪」

あの笑顔は可愛かった



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 13:49:00。26 ID:yXX+ET150
翌日、上司に資料を渡して、有給の話をした。

ちょっと仕事が出てきて、どうしてもあと、二日仕事をしなければならなくなった。

ムッとしたが、仕方ない。その後は絶対に休みをくれるという話になった。



173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:06:05。70 ID:yXX+ET150
嫁に予定が変更したことを話したら、仕方ないねぇって感じだったが、逆に言えば予定は決まったので、それを元に、新潟行きの予定とかを立てた。

マリンピア日本海を見に行こうとか、二つ亀の海水浴場って行きたいとかなんか。

行きたかったな



197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:14:07。21 ID:yXX+ET150
次の日、上司と昼を食べた。

今回の仕事が片付いたらたぶん昇給してやれるって。こっそり教えてくれた。

なんだこいつ。いいやつだなと、思った。なんとなく打ち解けた感じがした。

自分で思ってるより、頼りにされてて、俺のことをなんとかしたいんだなっていう気持ちが伝わった。

忙しい思いさせてごめんなっていうのが、今思えば変な流れだった。



216 :以下、かわましてVIPがおます2008/08/28(木) 14:18:46。12 ID:yXX+ET150
の日の夜に、上司も誘われた。なだかちょっとだった

昼に沢山話をしたから もう充分だったんだが、奢っくれるとうし、俺のはこの手の上だから しぶしぶら付き合ってやった。

ら俺仕事を褒める上司

に、自信をっていいぞとか、なんかなこを言いた。


酔っ払っていった、ポロリとこぼしやがった

未だに、知るべきったのか知ぬべきだっのかはわからな

おまえさんなぁ、いるんだよ」



281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:40:35。26 ID:yXX+ET150
俺の名字はちょっと変わった名字だ。

ある日、上司が営業の帰りによった喫茶店で、俺と同じ名字で待ち合わせしている男がいた。

俺がさぼってるわけでもあるまいと思ってみてみると、俺の嫁が同じくらいの年の男と会っていた。

上司は結婚式に呼んだことや、時々写真を見せることもあったので嫁の顔を覚えていたようだ。

誰か、友達かな…と思ったんだろう。帰り際の嫁に軽く声をかけたら、嫁のリアクションがあまりにも大きかったので流石にあやしく思ったようだ。

後日、嫁から上司に電話があったそうだ。



294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:45:19。70 ID:yXX+ET150
先日の男とは、古くからの知り合いで、たまたま新宿で会いアドレスを交換し、時々会ったりしていたそうだ。

肉体関係はないが、彼の方から迫ってきたりしていて困っている、と。

なんとかして別れたいのだが、嫁が浮気をしたと俺に話すなどと脅されたらしく、うまく話ができない。助けてもらえないだろうかと。

そこで、上司は嫁の親戚という設定でその男と三者面談をしていたらしい。

が どうもある時期を境に、嫁が男の肩を持つような流れが増えてきた。

そして最終的には、三者面談も断られ、この二週間程、とにかく旦那の帰りを遅くしてほしいという要求だけが嫁から来るようになった。



そういう話だというのだ。はっきしいって理解できなかった



312 :、名無しにましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:50:52。13 ID:yXX+ET150
司は俺にに気を遣すぎだよ。ツン勢い余った感

つ自いなのを気に


つまり、最初俺の嫁の悩みを俺にばれないように解決しうとしたが、失敗してしまって、失敗を隠したいのと嫁の浮に俺が気付かない使ままで欲しと思っのか局は加することにな稿てしまったう情けなれ。

は、ようとしてると司に言い続けてたらしい




322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:52:45。30 ID:yXX+ET150
とにかく、そんな話を上司に聞かされて、夜も3時まで店にいた。

どうすることもできず俺は近くの満喫で寝て会社に行った。

嫁には何にも連絡しなかった。

嫁からは着信が入っていた。



385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:08:20。96 ID:yXX+ET150
上司と言っても社長じゃないから、マンガみたいに俺を自由に操作できるわけじゃない。所詮中間管理職だ。

ともあれ、上司は空回りしたまま、俺は帰宅するんだが、うっかり家に電話を入れ忘れた。


いや、あえて無言で帰ろうとしていたのかもしれない。

頭が真っ白で何も考えられなかったのか、何も考えられなかった自分を演出したかったのか…

そんなわけでハチ合わせするのだ。



390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:10:00。87 ID:yXX+ET150
っていうか、オチも何も、上司は男だ。期待させてたみたいだがごめん。

ちなみに40前半のuomoっぽい感じ。ヘタレだが、黙ってると良いオヤジ。休日は事務でヒト汗とかいってても違和感無い



414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:16:57。90 ID:yXX+ET150
家についてインターホンを押す。奥から嫁の声が聞こえる

「はーい、どちらさまですかー」

そういえば、何も言わずに帰ってきてしまったなと、この時気付く。改めて気づいたというか。そんな心境。

玄関を開けると嫁が驚いた顔を見せるが、それは俺が意外に早く帰ってきた驚きにすり替えられる。

「そうなんだー。体調悪いんだね。遅くまで残業お疲れ様。」

知らないスニーカーが一つ

この日から俺はナイキが大嫌いだ

「そうそう、ちょっと友達が来ててね。今、ご飯食べてたところなのー。お腹すいてない?」

「へぇ、珍しい。友達って誰?」

「高校の頃の友達の、森下(仮名)君」

聞いたことなかった。



475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:31:28。70 ID:yXX+ET150
嫁や結婚に関して否定的なレスが多いので、先にちょっと書いておく。

離婚もしてないし、今でも一緒に暮らしてる。

俺は嫁が好きなんだ。愛してんだよ

教会で神に約束したんだよ

クリスチャンじゃねぇが

そこを曲げたら、何が何だかわからない



543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:41:28。60 ID:yXX+ET150
許すとか、許さないじゃないんだよな

単純に嫁が好きなんだよな

あっちが別れたいってんなら仕方ないが、俺から別れを切り出すなんてできない。

ただ、パートナーとして歩んで行く以上、ルールとそれに違反した時の罰はあって然るべき。


そんなわけで…

まぁいいや、続き書くな



527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:38:23。34 ID:yXX+ET150
なんのこともなく、森下君に挨拶をする。

高校の友達ということで、我々は全員年が一緒だった。

俺は飯は食わなかったが、どういうわけか三人でおしゃべりを始めてしまう。

なんというか、殺意のようなものがわかない。

もっとこう、顔を見たら殴りかかる自分も想像したんだが、リアリティがないんだよな


彼は、まぁまぁ良い大学に入り、業界では名の知れた会社で営業をやっていたそうなのだが、限界を感じたとかそういう理由で、今はバイトをしているらしい。

バイトといっても、内容はそこそこのものなので、食うには困らないらしい。

東京で昔馴染みに会えるとは思っていなかったらしく、ここ最近親しくしていたとのこと。


間違いなく、この男だ。

嫁とこの男の名古屋弁が次第に耳障りに感じられてくる。



567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:46:09。36 ID:yXX+ET150
なんというか、途中からだんだん意地悪な気持ちが芽生えてきた。

こいつらは俺が何も知らないと思ってるんだなと。適当に誤魔化しておけばいいと。

俺がどれだけ嫁を愛してて、そのために苦労して結婚にこぎつけて、今の環境を築きあげてきたかも考えないで。


しかしまだ、どこか疑っていた。

自分が納得できる決定的証拠がない

それなら、嫁の携帯しかないよな

「ちょっとお手洗い。」

嫁の携帯はキッチンにいつも置いてある。

スッと取って、トイレに入る。

みつけた





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:寝取られ, すっきりした話, ちょっといい話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様