2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

私が先生に恋した話





1 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 22:47:32.75 ID:IytVQWxb.net
もうこの恋が終わりそうなので、誰か話を聞いてもらえませんか?



2 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 22:57:23.38 ID:IytVQWxb.net
立ったのかな?初めて書き込みをするので多分書くのは遅いです。

誰か見ていてくれたらうれしいです。



3 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:00:14.12 ID:IytVQWxb.net
タイトルにある先生って言うのは学校の先生とかではなく職場の先生です。


先生:歯科医師 出会ったときは多分28歳くらいだったと思う メガネしてる 劇団ひとりに似てると言われるらしい

私:出会ったときは21歳くらいだったかなあ テレ東の狩野アナに似てるとたまに言われる



4 :名無しさの初恋2016/09/22(木) 23:04:11.59 ID:IytVQWxb.net
大学生の時、母親がをして もう同じるのやでしょうがなかた。

家で暮らしていので、とりあえず出たいと思いで関西に進もうと考えていた大学年生

でも先生とうず、学院に行くは閉ざされった

それが大学三年生冬くだっ

就活とかくしてなかった私は、もうすれいかわなか

絶望しかな



5 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:06:37.08 ID:IytVQWxb.net
そんなときにバイトから社員になってしまおうと考えた私は昔から興味があった医療系のバイトをしようと思った。

資格があるわけではないので、どうしようか迷ったが歯医者で働くことに決めた。

その歯医者に決めた理由は ただただナース服がかわいかったからだったと思う。



6 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:09:25.22 ID:IytVQWxb.net
そのバイト先で出会ったのが先生だった。

初めて先生を見たとき うわっめっちゃタイプだわと正直思った。

メガネで物事に興味なさそうなのに仕事ができる人だった。

笑いじわも手のきれいさも すごく好みだった。

先生には言ったことないけど、一目ぼれに近いものがあった。





7 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:13:17.54 ID:IytVQWxb.net
でも先生の名前をなぜか半年くらい覚えられなかったwww

なんでだろう?

仕事をしていくうちに この先生めっちゃこわいわあと思って少し距離を置くことにした。まあバイトって言う立場に甘えてた。


ある日 突然先生に そんなんでいいの?やる気がないなら辞めなよ といわれた。

負けず嫌いだった私はなぜか この先生に認めてもらえるようにがんばろう と思った

必死で働いて、誰よりもアシスタントにつくようにして、それなりに勉強もした

少しずつ先生としゃべるようになった



8 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:14:38.11 ID:IytVQWxb.net
る日んなラオケに行こうとなっ

まだ先とが怖かった私は先生が下手でめなきゃいけなくなったら どうよう

隣の席にうって こかった



9 :名無初恋2016/09/22(木) 23:15:46.39 ID:IytVQWxb.net
そうっていたのもかの間、先生と隣のしまった。

うわああああじかあああああああ と思っていたら先い始めた。

で1番歌がうだった





10 :名無しさん:2016/09/22(木) 23:16:45.56 ID:IytVQWxb.net
のカラげでぐっ距離がくなったと思う

みん ごはんたべたりラオケでオたりした。



11 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:18:58.44 ID:IytVQWxb.net
すごくすごく楽しかったのを覚えてる。

まあ、先生がこんな凡人のことなんか気にしないかと思っていたので完全に片思いだと思っていた。



12 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:22:06.68 ID:IytVQWxb.net
多分 終電を逃し日だったと思う。

私は職場から遠かったので、先生が泊めてくれると言ってくれたんだと思う。あんまり記憶がない。

先生の家は職場から まあまあ近かったので、緊張しながら泊まった。やられるなんて当時の私は全く考えていなかった。

今考えれば男の人の家にのこのこと行くのは危ないことだけど先生のことが好きだったし、それに先生と朝まで一緒にいられることで舞い上がっていた。



13 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:24:05.07 ID:IytVQWxb.net
寿自分ドで寝て、私は床にお布団を敷いてらって寝た

はあんまり眠なかったけど、先生は爆睡したと

も寝たいたら、を撫でてき



14 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:25:51.11 ID:IytVQWxb.net
えええええええええ

うしようううううううううううううううう

思ったが、とりえず寝た振りした。


少し時間がたってか起きたと思う。

先生はそのときオンライていのを聞いいたので見せらった

ゲームが手だた私は全くできなかった



15 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:26:41.61 ID:IytVQWxb.net
そろそろ帰ろうかと思って帰る支度をしたら


突然キスされた



16 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:27:40.03 ID:IytVQWxb.net
キスと言っても、一瞬だった

もう うれしすぎてあんまり記憶がない。



18 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:31:41.09 ID:IytVQWxb.net
で、先生は「うちに住めば」と言ってくれたので 私は実家を出ることを決めた。

自分でもすごい行動力だったと思う。

お父さんには友達の家にしばらく住むと嘘をついてスーツケース1つで家をでた。

何も怖くなかった。急に大人になった気がした。

もう しあわせの絶頂だった。



19 :無しさん恋:2016/09/22(木) 23:32:54.46 ID:IytVQWxb.net
待ち合わせして、タクシーにった。

を握ってれた。


の日からタクシーに乗るときはつなぐよなった。




20 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:34:42.15 ID:IytVQWxb.net
同棲が始まった。

もう常に先生が自分の隣にいるってだけで うれしくてうれしくて 多分ニタニタしていたと思う。

先生はよく食べる私のためによく外食につれてってくれた。

少し太った。




21 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:37:43.89 ID:IytVQWxb.net
さすがに外食ばっかりはなあと思った私は料理を作ることにした。


でも実家では ほとんど家事を手伝わせてもらえなかったので家事力は0

初めて炊いたご飯はモードを おじやにしちゃって やわやわなご飯ができた。先生は笑ってた。

シチューを作ればダマになり お好み焼きを作ろうとキャベツの千切りをすれば包丁で手を切ってしまうほどだった。



22 :名無しさんの恋:2016/09/22(木) 23:41:00.66 ID:IytVQWxb.net
で2ヶくらい先生の家 とき職場で撃の言葉を聞い


める

えええええええどういうこった

そして同ョンをることも聞いた


そのころ私は社員ることが決ま

がい職場考えられなた。



24 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:43:46.04 ID:IytVQWxb.net
私は実家に戻るのがいやだったので一人暮らしをはじめた。

先生は実家に戻ることになった。


先生は実家から遠い私の家によく遊びに来てくれた。

半同棲に近い状態だったと思う。

もうずっと先生と一緒にいたかったから、1年くらいで その家を引き払い 今の家で同棲を始めた



26 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:46:35.06 ID:IytVQWxb.net
引っ越してきた日の夜に大雪が降ってた。

先生は わざわざピザ屋に行って たくさんピザを買って来てくれた。

テーブルもない部屋でピザをほおばった。幸せだった。

これでずっと一緒にいられると思った。



27 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:48:07.05 ID:IytVQWxb.net
一人暮らしをしていたときにある程度家事はできるようになっていたので生活には困らなかった。

先生もご飯をおいしそうに食べてくれた。

奥さん気分で家事をしていた。いつかはプロポーズしてくれるのかなあと淡い期待をしていた。



28 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:50:10.20 ID:IytVQWxb.net
家には物が増え、ペアの食器とかお箸とかが増えた。

先生は新しい職場で稼いでくれたお金でいいマットレスを買ってくれた。

高かった。寝心地最高。



29 :名無しさんの初恋2016/09/22(木) 23:52:43.03 ID:IytVQWxb.net
何ヶ月か1回行にったと思う

生はな稿行に行くと具合が悪くなちゃう人でに帰ってくと すってる変な人だった。


ろんに行

は御朱集めるのが趣味たので、よき合ってく



30 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:55:27.36 ID:IytVQWxb.net
先生は彼女の存在を分かれるまで他人には言わない人だった。

でも私のことは何人かに言ってくれたらしく舞い上がった。


もちろん喧嘩することもあったけど、私がわーーーーーーと文句を言って先生が ごめんって言うスタイルだった。

先生が怒ったときは私は怖くなって あんまりしゃべらなくなってしまった。

まじめな話をするのが怖くて避けてた。

今思えばこの行動がだめだったのかもしれない。



31 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:56:53.57 ID:IytVQWxb.net
でも他愛もない話は楽しかった。

その日あったこととか、仕事のこととか先生は私の上司でもあったので わからないことは聞いていた。



32 :名無しさんの初恋:2016/09/22(木) 23:58:50.51 ID:IytVQWxb.net
先生は全く家事をしてくれなかった。ゴミ出しをしてくれるくらい。そのことに だんだん不満を持っていた。

家賃は半分負担していた。なんで私は仕事をして家事もやらなきゃいけないのかと。



33 :名無しさんの初恋:2016/09/23(金) 00:00:40.66 ID:5GAFZ0mh.net
今思えば先生に好きってほとんど言った事がなかったし言われたこともなかった。

先生は自分から甘えてくるタイプだったので、それで安心していた。

この人は私から離れることはないだろうと思い込んでいた。

実際に知り合いの人にもそういっていたので調子に乗っていた。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様