2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

9年間にもわたるメンヘラとの戦いを書いていく





1 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:12:30.12 ID:gRlmCOqV0
少し長くなりそうだが、やっと決着がついた。

愚痴のようなものだが、聞いてくれ。



2 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:21:56.68 ID:gRlmCOqV0
人がいないか・・・。需要はないかもしれんが、だらだらと書いていこう。


始まりは俺が高校二年のころだ。

俺はバスケ部に所属していたんだが、やつも女子バスケ部に所属していた。

便宜上、やつをAとする。


Aは当時高校三年生で引退を間近に迎えており、かなりかわいい部類に入る女の子だった。

かわいい系というべきか、身長は低くてよく笑う子だった。

部活内どころか、学校内でも有名な方だったのではないだろうか。

とにかく俺を含めた男子バスケ部員にとっては憧れだった。


俺の高校ではバスケ部は男女でコートをハーフで分けて使っていたから、練習中に目が合うことなんてザラだったんだが、それだけでも優越感に浸れたものだった。


そして、ある日Aからメールが入ったんだ。



3 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:26:19.70 ID:gRlmCOqV0
当時、俺はAのアドレスなんて知らなかったが、突然メールがきた。

俺と同じクラスのバスケ女子バスケ部員に聞いたと言っていたが、今になって考えればそれの真偽も定かではない。

俺は がたいが良く、体格の良い男性が好きだというAは俺に好意を抱いているらしかった。

まあ、それだけかわいい女の子が俺に好意を抱いているんだ。嬉しいよな。

そこからメールをしていくうちに仲は深まって、ついに俺は告白した。

「一生、大切にしてくれる?」

Aはそう言ったのを確かに覚えている。

これは完全にフラグだったんだな。



4 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:29:12.44 ID:0n2U/GPQ0
んでんでんでー


5 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:30:31.68 ID:gRlmCOqV0
それから、一緒に帰るようになった。

俺は自転車通学でAは電車通学だったから、学校から少し離れた駅まで自転車を押しながら歩いて帰った。

そして、付き合って二か月たったころからだろうか。

Aの奇行が始まった。


最初は、俺が同級生の女子バスケ部員と話していたとき。この同級生はBとする。

Bは そんなにかわいい子ではなかったんだが、同じクラスで部活も一緒ともなれば ある程度仲が良くなるのは当たり前だよな。

帰り道、その子とは仲が良いのかと聞かれた。

嫉妬されてるんだなとなんとなく感じた俺は、「たまに話す程度だよ」と答えた。

そのときは笑って「そっか」と言われたんだ。





6 :名も無検体774号+:2013/05/12(日) 02:30:38.62 ID:7FUy0t/S0
寝ないで、完結さられるなら見る


7 :名き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:32:09.73 ID:gRlmCOqV0
>>6
今日宿にさせつもりであるが、朝るかもな


して次の日、Bの上靴がなくった問題なった

は特 せず、かわいらいにしか思ってかった。

そしての手うなものが届きだした。


うよ「殺す」か、「不細工が」みたいなことをれが靴箱あったりしようだ。

は段々エスカレートして猫の死つかったこともった

この点でも、俺は仲の良んな嫌がらせがあるなんてと辛い気はなていたが、との関りは全く気付かでいた

て、Bは学校に来なくなった。

AはBがとにて本当にかわいそうだと言っていた。



8 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:35:01.96 ID:XMcwqcYBO
てス


9 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:35:34.83 ID:gRlmCOqV0
>>8
かった・・・本当に・・・


して、度は また別の俺じクスの害にた。

は本当にたクラが一緒なだで、たまた掃除の担当が同じだった

それで何かので笑るところをAに見


その後はのとと ほ簿ど同じ

は学校にこそ来るものがなくなり、明るい嘘のい女の子にった

ここでやっと俺関係性疑いだした

全体で問ってて、全校集宿もので開か

この事件の知の事実だった。使

に直接とはなかった、Aとの性なたかもしれない



10 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:37:00.17 ID:gRlmCOqV0
そして、俺は遠まわしにAに切りだした。

「BとCって子が、すごい嫌がらせにあったのは知ってるよね?気を悪くしないでほしいんだけど、Aは何も知らないよね?」

「どうしてそんなこと聞くの?」

「俺と同じクラスのやつだったからさ、少し心配になっちゃっただけだよ。ごめん。知ってるわけないよな」

「あいつらが悪いんだよ。私の俺君にちょっかい出すから。。。」


俺は言葉を失った。

あれだけ学校を騒がせた、俺の友人を苦しめた、その犯人がAだったのだから。



11 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:40:55.53 ID:gRlmCOqV0
そこからは本当に苦しかった。Aの笑顔が怖かった。


無邪気な笑顔の奥に何を秘めているのか、本当に怖くなったんだ。

そしてついに、俺は別れを告げた。


当時の俺は本当にAに恐怖心を抱いていて、会うことにすら恐怖を感じていた。

恋愛経験も少なかった俺は、電話で別れを告げた。今考えると、最低な行為ではある。


何時かは忘れたが、夜に電話で切り出した。

Aは電話の向こうで泣きじゃくり、「別れたくない。別れたくない」と連呼していた。二時間以上は話したと思う。

痺れを切らした俺は、明日、学校で話そうと言って電話を切った。

で、すぐに就寝。



12 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:42:25.62 ID:gRlmCOqV0
当時の俺は朝5時半に起きて走りに行くのが日課だった。

長電話をしたせいで辛かったが、毎日のリズムを変えたくなかった俺は その日も早起きした。

俺の部屋は窓際にベッドがあり、朝起きるとブラインドの隙間から天気を確認して走りに行っていた。

ブラインドに指を当て隙間を作り、外を見た。

その時間、まだ外は暗かったんだが、家の前の街頭の下に誰かいる。目を凝らしてよく見ると、Aだった。

このときの恐怖は本当にやばかった。

Aの家は俺の家から車で30分はかかるようなところだった。そして、電話を切ったのは終電もなくなっているような夜中。

歩いて家まで来ていた。そのときは自転車で来たのかと思ったが、後々聞いた話では歩きだったようだ。



13 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:45:25.33 ID:gRlmCOqV0
恐怖でどうしようもなかった俺は走りに行くのを諦め、共通の友人であるDに連絡を取り、迎えにきてもらう形をとった。

あくまで俺とは関係ない風を装ってもらった。

俺は風邪をひいてしまい走りには行っていないという設定にした。

Aの奇行を知っていたDは快く引き受けてくれた。

ブラインドから様子を伺っていると、だいぶしぶってはいたようだがようやく二人で歩き出した。

あれは本当に怖かった。


学校の昼休みに二人で話した。

案の定、号泣されたが、なんとか別れることができた。


だがな、ここからが本当の地獄だった。




15 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:47:01.67 ID:wyxNoxkS0
はよ


16 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:48:25.73 ID:gRlmCOqV0
は部活を辞める覚たんAが辞め

俺は内心ホッとしが、罪感のようなものもあた。Aがバスケを好なのはっていたからな。


別れ日程ったあるAからメールが入った

を消していかったが、連絡はこいだろうとタカをくくていた俺は焦った。

はめちゃ長文。



17 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:49:52.38 ID:gRlmCOqV0
「まだ1のことが大好きだ」

「どうして別れなくちゃいけないの」

「他に好きな人ができたんでしょ」

「1と一緒にいれない世界なんて必要ない。死んでやる」

「どうせ死ぬなら1を殺して天国で幸せになる」

「今、手首を切った」

「迎えに行く」


こんな内容のメール。

当時はメンヘラなんて言葉知らなかったし、あったのかも謎な時代。

怖かったよ。純粋に。

本当に来るわけなんてないのに、俺は家の鍵を閉めて怯えていた。



18 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:52:52.62 ID:gRlmCOqV0
俺はメールを無視し続けたが、ほぼ毎日のようにメールが届いた。ほとんどさっきのようなメール。


あるときは朝起きるとメールが20件なんてこともあった。

俺がアドレスを拒否すると、アドレスを変えて送ってきた。完全にいたちごっこだったな。

怖すぎて仕方なかったが、そんな日々も終わりが近づき、Aは卒業した。



19 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:53:57.03 ID:gRlmCOqV0
学校では俺はAを避け続けており、会うことはほとんどなかった。

俺は学校で一人の時間を作らないようにしていたため、向こうからのアクションもなかった。


卒業式の日、俺は座って卒業生入場を見ていたのだが、Aが来た。

俺はとっさに目をそらしたんだが、Aはずっとこっちを見ていた。

睨まれてはいなかったと思う。俺の記憶では、Aは笑顔でこちらを見ていた。



20 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:56:54.33 ID:kuDt9qI1O
ちょ、こえぇぇぇぇぇぇえぇwww


21 :も無被検体774号+:2013/05/12(日) 02:57:17.45 ID:gRlmCOqV0
Aは業し俺はバスケ部のキャプンになっ

アドレス更して なぜかAからのメールは続いており、分諦めていた。

実際に家宿けてなんてことはの時点でしな

きてAからのメー殿を消すこれが日課になっていた。


そし俺は専門学校学した。

やりことがあったわけでないが、事務か楽うなーぐに考た俺はビジネス系の専門学に進

して、俺は専門学校で彼ができた。



22 :名も無き被検体774号+:2013/05/12(日) 02:59:47.11 ID:gRlmCOqV0
Aがどういった進路に進んだのかは知らなかったが、大学に進学したということだけ風の噂で知っていた。

彼女と付き合い始めた次の日、Aからメールが届いた。


「なんで私というものがありながら彼女なんて作ったのか」

「浮気は嫌だってあれほど言ったのに」

「それもあんな不細工な女と」

「あの女は殺してやる」


そういった内容だった。唖然としました。

なぜ俺に彼女ができたことを知っているのか。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:マジキチ, オカルト・ホラー, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様